KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

ご挨拶。

気持ちが落ち着いてから書こうと思っていました。

ご存じの方はご存じでしょうか、でれでれ草と伏見顕正のブログが閉じられました。内容が規約に反したからと聞けば、なるほどと思います。

追記・トド子さまより

>私は規約違反云々でFDDを消し去った訳ではありません。
>あくまでも正攻法で法律の矛盾を突いただけです。


よくわかりました。

・・・あれらについては、もうここでは書きません。それでも信じておられる方は、思いのままにされるだけのことでしょう。

恐ろしかったのは、あの匿名の掲示板です。

あれらが放り出す無いこと無いことのネタを都合よくキャッチし、真偽かまわず当該ブログを読んだことも無い者たちが、理由もわからず突然ある日、捏造や誹謗中傷の嵐に突き倒されて身を庇うすべも無く転がされてしまった状態の、罪咎の無いブロガーさんがたを、嗜虐趣味をそこで同じくする仮想集団となって無茶苦茶に踏みまくり、顔写真を潰し、家族友人までを極限まで侮辱し、汚い言葉で貶め続けた、狂熱狂乱の時期のことでした。

こんな楽しいことやっていいのか、という感覚でもあったか。匿名で。自分は安全な場所から。どうやら同じ思いの仲間はいるし暴言吐くのは自分だけでは無い、やっちゃえ。

もっと強い刺激が欲しい、誰か写真を探して来い。もっともっと。もっと落としてやれ、もっと辱めてやれ。

自死を促す書き込みもあった、まだ生きているのかと言い捨てていた。もう関係ないとも書いてあった。人間ではないとわたしが感じたのは、そのあたりでもあります。レイプ犯のやり方です。それがまかり通っていた、ある時期。

良識的な書き込みもありました。いっしょうけんめい、それは違うと書いていた方もありました。しかし。

爆発的な狂乱のときには、まともな意見など通る隙間は無い。

ただただ、嵐は、何もかもを襲い、巻きこみ踏み潰して行く。

・・・狂ったような加虐の喜びに没頭したヤカラの中には、でれでれ草、伏見のブログのなき今、まるで何も気になっていない者もいるでしょう。

いつも考えるのですが、自分から「悪」を行う者もいれば、おそるおそる尻尾の方から、本当は投げたいかそうでもないのか判らないまま、皆に石を投げられている対象に向かって、エイヤと投げてみる者もいる。

一個投げたからいいや、ちゃんと、自分も投げたと言って、仲間のままでいられる。もういいや。そんな者もいる。

もっと投げる者もいる、人にツブテが当たるのが面白い者もいる。一度だけで、もう止めようと後ずさりする者もいる。

後になって、自分(も)石を投げた、逃げようのない人に向かってツブテを投げた、と。

心に痛みを持つ者は、ここに挙げた、どのタイプなのだろうかと。

自分が、ある日、何かに巻き込まれて。理不尽だと怒る時、過去のことを、思い出す者はいるか、いないか。

もしもいつか親になって、自分の子どもがいじめに遭ったらどうするのか、など、考えます。

わけのわからないことを書きました。

自分のことも含めて、これどうなるのだろう、どうすればいいのだろうと、途方にくれる思いでいた時に、立ちあがって下さったブロガーのトド子さんに、深い感謝を捧げます。

BBさんにも。

裏のコメントであれこれ支えて下さった方々にも感謝します。

黙って支えて下さった読者さん方に、感謝します。

もう私から離れますと、挨拶して離れて行かれた方、お気持ちはとてもよくわかります。よろしければまた、KUONのブログをのぞきにいらして下さいね。

こういう記事は、終わりにしたいです。

・・・この記事を持ち出すこと、禁止させていただきます。

誹謗中傷、なさりたいなら、どうぞ覚悟の上、なさって下さい。わかったな、ゲスども。

たいせつに思ってしまう


八月という季節は、もの思うこと多い季節です。

青島からの引き揚げ者で、戦争によって運命を無茶苦茶にされた一人でいらしたうたの師は、こんなうたを遺されました。

  ハイビスカス ブーゲンビリアの赤い花 平和といふは痛みのごとし

口に出しては言われませんでしたが、美智子さんのことが大嫌いでした。威厳とユーモアに満ち、何につけ抑制の効いた方が、美智子さんの話題になると変わられた。わたしを可愛がって下さいました。師のことも、あれこれと思い出す八月です。

・・毎日訪問してはあれこれ学ばせていただいているブログの最新のページにあった、特攻に散った方々の辞世。

引かせてもらいます。



国のため   父母にうけたる  精神(こころ)もて

     我れは散るなり   桜のごとく

    《 松尾 登代喜 19歳 》



皇国の  弥栄(いやさか)祈り  玉と散る

     心のうちぞ  たのしかりける

     《 若杉 潤二郎 24歳 》


今更に  我が受けて来し  数々の

     人の情を 思ひ思ふかな

     《 鷲尾 克己 22歳 》


人の世ハ  別れるものと  知りながら

     別れハなどて  かくも悲しき

     《 上原 良司 22歳 》


大命の  まにまに逝かむ  今日の日を

     吾が父母や  何とたゝへん

     《 渡辺 綱三 18歳 》


しきしまの  大和心を  一ひらに

     こめて散りゆく  若櫻花

     《 高田 豊志 19歳 》


櫻花(はな)と散り  九段に還るを  夢に見つ

     敵艦屠らん  我は征くなり

     《 浅川 又之 23歳 》


来る年も  咲きて匂へよ  櫻花

     われなきあとも  大和島根に

     《 長澤 徳治 24歳 》


   君がため 雄々しく散らん 櫻花

     《 上成 義徳 25歳 》

来る年も  また来る年も  とこしへに

     咲けと祈りて  我は咲くらむ

     《 桂 正 21歳 》


君が代を  寿(ことほ)ぎまつり  我れゆかん

     死での旅路は  米鬼もろとも

     《 國吉 秀俊 21歳 》


かへらじと  思ふこゝろの  ひとすじに

     玉と砕けて  御国まもらん

     《 菊池 誠 22歳 》


岩が根も  砕けざらめや  武士(もののふ)の

     国の為にと  思ひ切る太刀

     《 熊澤 弘之 22歳 》



      【 死出の旅 】 


古郷の  梅をながめて  さまよひぬ

     これも遂に  最後となりぬ


死出の旅と  知りても母は  笑顔にて

     送りてくれぬ  我くに去る日


広き広き  ホームに立ちて  見送るは

     母と妹と   共二人のみ 


奉げたる  生命にあれど  尚しかも

     惜しみて遂に  究め得ざりき


我が生命  捧ぐるは易し  然れども

     國救ひ得ざれば  嗚呼如何にせん

     《 小林 敏男 23歳 》  


>終戦を数か月後に控えた昭和20年春・・・・

>紛れもなく、愛する者を守るために散った命があったのです


>靖國に眠る英霊に、感謝こそすれ愚かにも否定する

>現代人たちを見て、私は言いようの無い淋しさと

>恥ずかしさ、そして小さな怒りを感じています


>この問題は無理強いすべきものでもなく、日本人として

>どう向き合うべきか自身が判断すればよい事でしょう


>日本の元首である天皇、政(まつりごと)の長である総理大臣

>多くの日本人が素直な心で参拝したときに、英霊は成仏できるのだと

>私は思っています。

 

・・引用ここまで。ありがとうございました。


わたしの孫息子は、甲子園にはまったく無縁のフツーの高校の野球部員。夏休みのいまも、毎日、弁当とサブの弁当と二つの水筒を持って出かけて行く。家族旅行も今年は無いようです。テレビを見る時間は無くても、イマドキですから今日の試合はどちらが勝って、誰それがこんな記録を、などということもよく知っています。教えてくれます。野球が好きなのですね。

好きなことにうちこめているのはそれだけでシアワセ、などと要らんこと言うばあちゃんに、そうだよね、と、素直にうなずいております、今は。

雄々しい辞世をのこして、片道分だけの燃料を、おもちゃみたいな飛行機に積んで。明日は俺が征くからなと笑顔で見送る同輩に、笑顔でこたえて発って行った若桜たちは、でも、その多くは、望みが叶わなかった。

恰好の標的にされて撃ち落とされたり、体当たり地点に至ることができないままに墜落して海の藻屑になったり。

散華は、多く、叶わなかったのでした。

特攻に行かれた方々は、辞世に添えられた年齢も数え年で云った時代ですから、夢の甲子園で明日は準決勝を戦う球児たちと、ほとんど変わらない。

そんな風に、考えてしまうのです。

平和のこの世の球児たち。精いっぱい、頑張って欲しい。いまは、それが、できるのですから。


自分が若かったころは、こんなにも、人の命を惜しいと思うこころはありませんでした。

ひとの気持ちを、今のように大切なものと感じるこころを、持っていなかったと思います。




叩き割られた窓を

わたしは黙っていた方がいい、と判断し、ふつうに過ごしていようと心がけていたのです。

こんなことを言えるのも、私の「巻き込まれ」は、そんなにひどいものでなかったし、私を守って下さろうとする無言の力のあることを、感じていたからです。

信じられないくらい酷い目に遭わされてしまわれた、何人ものブロガーさんが、あらわれてしまいました。

トド子さんと仰るブロガーさんが、8月はじめにご自分のブログで、法的な動きを始めると明かされました。裁判への途につかれると。心配するしか出来なかった私は、文字通りからだが震えるような感動を覚えました。そのトド子さんの記事へのコメントとして、わがまま親父さんが、カナダからは難しいらしいことも含め、日本でのトド子さんの動きに、お願いしますと(見えませんが)頭を深く下げておいででした。

今までのことは、やはり私は黙っていようと思います。思うこと言いたいこと自分なりにありますが、黙っています。

ただ、どうしても胸に詰まって動きようのない怒りの思いを、吐き出させていただきたいと思います。

まず。

伏見さんという方は、過去に私に、ごく丁寧な態度で不思議な質問をして来られたことがあり、私の、その質問への答えは「ノーだ」と明確だったにかかわらず、私の「ノー」を無視して自分流の流れで勝手なことを書いていたことがありました。それ以外には、私に対しては無茶苦茶なことはしておられません。私の名前を出されていても、そんなには無茶はされていなかった、それは実感です。

でれでれ草さんという方も、かつて私にコメントを下さったことがあります。はっきりとは覚えていませんが、私の記事の何かを借りていいですかという、しごく丁重なお申し出であり、私は何かの条件付きで、どうぞとお返事したような気がします。その条件とは、うたのことについては、わたしKUONのところの記事からと明記を願います、だったような気がします。

それ以後も以前も、私は、伏見さんもでれでれ草さんのところも、ごく稀にしか訪問しませんでした。他意は無く、単に、考え方も感性も異なる方々ですので、ということで。でれでれ草さんの、なるほどそうか、という・・愛子さんの顔のことや・・の記事で、自分のブログに画像をお借りしたことはありました。細かいことをよくされるなあと、自分にはできないことですので、感心していました。

ちなみに私は、愛子さんは替え玉がいると信じています。

・・私のブログに、あの方がたの記事を読んで下さいと言って来られる方が何人かおられましたが、行く時もあり、そのままだった時もあり。


今日、お二人のブログを訪問したら、伏見さんのところは随分様子が変わっていました。

映画「陰陽師」の萬斎さんの姿だったプロフィール写真が、幼い可愛いお子さんの写真になっていました。穢れをしらない時代の、ご本人でしょうか。

室町から続く薩摩武士の家にお育ちになったお方なのだと、初めて知りました。武士道の方だったのですね。

記事もずいぶん変わっていました。先日読んでびっくりした、激しく攻撃的な、あのブロガーさんや他のブロガーさんへの、なんというか世界の終りのように私には感じられた悪口雑言のごとき数々が、無くなっていたように思いました。初め読んだ時は、ひどい誹謗中傷のように感じられた文言が、私の探し忘れなのか、無いように思い、あらどうしちゃったのかしらと、ボーゼンとなりました。

(付け加えます。いま・夜の10時前、伏見さんはまた萬斎・陰陽師のお姿でした。凛々しいですわ)。

私が、よう見つけなかっただけかもしれません。

でれでれ草さんは、ブログの管理人さんがお変わりになったとか。親戚筋の方が新たな方らしいですが、ご自分の方でも法的なたたかいをされる、と、読んだような気がするのは、私の思い違いでしょうか。

つい先日、多分私のことかと読んだのでしたが(それまでにも最近もKUONのことを「和歌の師匠」などと書いて。ブロガーさんを庇ったつもりが大外れ、のような言い方しておられましたので)、

「歌詠み師匠、養父の親戚が公家とか言って(書いて?)いたけど、危ない」とかあやしい」とか。

書いておられたのは、前のでれでれ草さんだったか、今のでれでれ草さんだったのか。アブナイだったかアヤシイだったか、いったい、何がアブナイやらアヤシイ、なのか、私には理解し難しいです。私はその言葉で語ったことは無いですが、身内を何やら言われるのは心外なのは確かで。

ブログの管理人が変わるって、具体的に想像できませんが、引継ぎとか大変ではないのかな、と。

猛暑の折り、おからだおいといになって、など、余計なことを思ったりもいたします。

・・・・・・このあたりで、私の「まず」は終わります。


いま、悲しいと感じていることを書きます。

わがまま親父さんのことです。

今は、鬱の時期に入っておられるのでしょう。今回のことで傷ついて馬鹿な男と自虐し、鬱だと無防備にバラシしておられるそのことまで、揶揄されている。

カナダへ国籍を移したのは、とうぜん親父さんご夫妻の意志でいらした。それを前置きに、何か書きたい。

周囲は移民して来られた方ばかり。買い物に行っても日本語でない。

パソコンに向かって何かを書いたり、他の方のサイトを訪問したりが、親父さんの「日本語の世界」だったと思います。

パソコンの中に、もう70歳近くなり「欲しいものといって、もうほとんど無い」と感じておられる親父さんの世界があったのだと思います。

大切な世界だったと思います。

最新の記事で、

「すべてを削除して消える」

とか書いておられますが、どうしてここまで追い詰められてしまわなければならなかったか。

もう、無茶苦茶に親父さんはじめ何人かのブロガーさんたちを叩き、踏みつけ、やりたい放題した伏見さん、でれでれ草さん、そしてあの掲示板でそれに乗って好き放題の言葉の暴力、乱暴狼藉をはたらいた多くのこころない人たち。

面白かったか、加虐的なヨロコビに震えられたか。おおっぴらに匿名で人をいじめるって、楽しいことですか。

こんなこと書いたら、わたしに、何か言って来られるのでしょうか。私の知らないところで、何かいわれるのか。

トド子さんは

「肉を斬らせて骨を断つ」

と書いておられます。それは、私の処世訓でもあります。同じ。あの方と同じ土俵には乗りようもありませんが。

わがまま親父さんは、自業自得、自分もと、自分を責める言葉を、騒動のはじめに書いておられます。

何があったのか無かったのか、わからないことをここでどうこうは言えません。

が。

ブログを閉ざすときは死んだ後。そのことは依頼してある、とも書いておられました。

ともかく。いま。こういうことで、あのブログを失うと思うと、辛いです。自分の意志でなく暴力的に閉ざされるのだとしたら、それはダメです。

ずっと先ででも、また、書いていただきたい。

パソコンは、ブログは、カナダにいる親父さんにとって、祖国日本とつながる、大切な窓です。

その窓を、ぐっちゃぐちゃに潰してしまっていいのでしょうか。

平気でいますか、あの人たちは。あの人たちに、いったい、いま傷ついているあの方やあの方が、いったい、何をしたというのか。

うまく言えたかどうかわかりませんが、勢いのまま、このまま、アップします。






勝手に持ち出さないでね、ミジンコの文章。

古い友人などが、一度書いておけと勧めてくれますし、私が書かなければ自分が何度でもこのブログに来て書くよ。と申します。

家族や友人にブログに出て来られるのは本意でなく(過去に一度だけありました)、わたしはもの申すべき立場でないと思っているのですが、あまりに心配してくれているので、すこしだけ書かせてもらいます。知っていること、心外と感じていることなどを。

何についてかと言うと、まず、あの掲示板にいっとき書き込まれていた「KUONさん」のことを。

私も(も、です。お気に召さないと、誰でもそう言われるようです)どなたかの勝手に仰る〇〇人でなく、普通に日本人です。何百年も前から日本人です。

これ、「わたしはちょうせんじんでない」と言うことは、言うこと自体が差別だと自分で感じているので、あまり使いたくない言葉です。でも仕方ない、今は、本当のこととして、わたしは日本人だと申します。

この〇〇人という言い方と、今はセットになっている感のある「そうか」という言葉。

わたしKUONもそうかである、と。これは明らかに違うと明言せざるを得ないです。私は自分の意識では「日本教」としかいいようの無い、樹にも虫にも月にも神を感じてしまう感性で神さまを 信じている・・というより、その自然の大きさの中で、日々を生かしていただいている人間の一人であると思い、形式としては、朝毎に神棚にお供え物を捧げ、手を合わせ、毎月婚家の墓に詣で、帰途は、ここ数十年ずっと、春日大社へお詣りして返る。そういう人間です。他の宗教である訳がないのです。

ただ。娘が手術を受けた際に、クリスチャンである女性が、彼女のために祈っていいかと申し出て下さったお気持ちは嬉しく、自分はそちらを向く意志は無いがと口に出して後、祈って下さる背後から手を合わせていたことはあります。たいへんありがたかったです。

自分と思想信条は異なっても、やみくもに違うものを攻撃するというのは私には受け入れられないことで、これは「きれいごと」ではないと思っています。

私は、過去に自分のオフ会(こう記しておきます)で、現在ひどい誹謗中傷にさらされておられる女性ブロガーさんとそのお仲間さんの二人の女性に、お会いしました。ぜひ加わらせて欲しいとのことで、あの時はお受入れしたのでした。

お二人とも仕事や家庭やブログ活動を、大事になさっている方々なのだと思います。

ブログも読ませていただいています。私よりずいぶん先輩のようです。正直、気持ちの重なりはあまり感じませんが、学ばせてもらうこともたくさんあります。実名を挙げてご迷惑をおかけするかも知りませんが、それは違う、ということが暴力的な激しさで流布されています、仕方が無い、思うこと書きます。

ふぶきさんは(意味不明のここの読者さんもおいででしょうが)、わがまま親父さんとは一切、何の関わりも無い。ブログの訪問などされているかどうかまでは、知りません。ブログ読みに行くくらい、何の問題でも無い。

ふぶきさんは、親父さんに会ったことは無いと私は断言できます。

ジュゴンさんとおっしゃる方も、無茶苦茶な目にあっておられると感じています。

ご自分のブログに、ご自分の活動や私的なあれこれを書いておられるだけ。私は熱心な読者ではありませんでしたが、お会いしたこともある方ですので、今回のあまりにもな晒され方は酷いの一言に尽きると。政治的な何ものも、あの方には無いと思う。

何より。

彼女は、一個人、私人です。その私人が、アップしている写真のことなどで笑われこきおろされ、あのサイトに於いて

「そんな写真があるのなら誰か貼ってくれ」

などとやられている。

私人です。そこまでやられていいと私には思えません。

私自身、皇室のことにもう触れたくない、と思いを定めるまでは、国民に対して不敬傲岸不遜な皇族たちの写真の、ひどいものも臆さず貼って。こんなことでいいのだろうか、認められますか、と、さんざんやって来た人間です。

とはいえ、替え歌(これは一度ある)、コラの自分で嫌悪を感じものには意識的に触れませんでした。ウソ捏造を自分でしかけた覚えもありません。

なので、そのお前が、と言われる筋合いはありません。してはいけないことが為されている、と。そう言いたい。

言ってみれば皇室のメンバーは、公人です。公人には公人としてのあらまほしい生き方がある。それがなされていない。私は、皇族を、素直に仰ぎたかった。単なる愚かなセレブだと。知りたくなかった。私感ですからどうこう言われたくないです、ここ。

・・・私人にしてはひどい誹謗中傷、あざ嗤われおちょくられ、大切な記念であろう個人のブログへのアップ写真まで引き下げなければいられないようなやられ方。されなくてはいけない理由が無いはずです。それこそ「人権」の言葉が、ここにはまって来るはず。

ふぶきさんもジュゴンさんも、前述したように私のオフ会に来られはしましたが、ぼーっとしていた主催者の私とはほとんど話すことも無いまま別れて以来そのまま。もうお会いすることも無い方々ですが、云われているような方々では無い、ごく普通に普通の日本女性だと確信していますし、カルトの一員の匂いも感じませんでした、断言します。これだけは、お節介でも申し上げたかった。どんな気持ちでおられるかと、平気ではいられませんでした。

カナダのわがまま親父さんも、ひどい目に遭っておられます。

これはどうだろう、と思う事だけ書いても。

毎週教会へ通っている、と何度も書いておられますのにね。なんでそうかなんだか。

親父さんも私人です。カナダ国籍を取得されて・・・つまり、犯罪歴があっては不可能なこと。若い頃のヤンチャぶりを、自身書いておられた、そういうことが爆発的に誇張されたのか、信じられない嘘がばらまかれ、おそらく面白半分にはやされ。写真の顔の部分にコラされ・・・どんな失礼なことかもわかっていないのでしょう、やった方は。自分自身を泥靴で踏みにじられると同じ事です。

私人である親父さんの写真を引っ張り出して勝手なことを言い散らしている。

イジメで死んでしまう子って、こういう風に追い詰められるのかな、と。本気でそう思いました。

今のたとえば親父さんに対するあれは。年齢に対する、実際に年を重ねて皺も出来ている人間に対する、身長だの体型だのに対する、無神経でおそれ知らずのイジメだなあと思っています。

男にも女にも中間の人にも偏見の無い、経験と年齢に洗われ,いぶされた魅力的な人間なのに。

言いたいことはいっぱいあります。が。このへんで辞めておこうと思う気持ちの裏側には、まともな神経と言葉の選択では太刀打ちできないだろうと言う、私自身の、ああまで人のことを無茶苦茶にできる人(たち?中枢部分は単数にも私には思えるのですが)への、本能的な恐怖と・・・恐怖以外には何かな・・・恐怖ですよ、こちら向いて来られたらイヤだなあ、こわいなあ、という、原初的な思い・・・他の言葉は、身を守るため自粛します。

少しだけ、書いてみました。

ここのところ、妙に肩に力の入ったお方から「ddさま読んで下さい」など言って来られないので、気が楽です。読みたければ自分で行って読ませてもらう。あたりまえでしょ。


私は、頑固で意地が強く、誰かにいまさら今の時点で洗脳されたり、ブログの内容をコロッと変えたりするような、素直で扱いやすい人間ではありません。残念やなあ。

喧嘩もキライ。攻撃されるのもするのもイヤ。けど、長い間生きて来て、時にそういうことに巻きこまれたりするかも、の危機管理意識くらいは備えていて。

今日のこの文章ぜんぶ。勝手に持ち出すの禁止します。

小さなへたれブログの主が何を云うかと、笑うやつは笑いなさい。わかったか、〇スども。

ですわ。おほほ。



それだけのこと。

いいえ。

諦めるのではない。そんなことではない。

折れるのでもない。

切り捨てるのです。

わたしが、切り捨てる。それだけのことですよ。


« 新しい記事へ  | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん