KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

後半は暗いです。

ご無沙汰しております。もしかしてご心配をいただいていたらごめんなさい。

なんとか普通ぽい暮らし方に戻っています。

肩甲骨から頸筋にかけてキンキンに張ってしまい、大げさですが一時は息をするのもしんどく痛く、ブログも書けませんでした。

やっとなんとか戻って来ましたら、コメント欄、どなた様のもすべて、設定した覚えのない「拒否中」になってしまっております。どうしたら今までのようになるか、調べてみたけど、メカおんちの私の調べではどうもなりません。

で、お願いします。

どーすればコメント欄の「拒否中」「拒否」が消せるかを、できればこれは内緒の裏コメントで教えて下さると助かります。

なんでヒミツで欲しいかと申しますと、以下のごとききしょくのわるい、あくいに満ちたコメントが、いっぱい来ておりまして。

このコメントは「拒否」しても拒めないで、何度も来ていたのでした。

もう済みましたので消してもいいのですが、一度、さらしてみようかと。

イヤなもんキライの方は、黒い文字はお目に触れさせないで済まされるがよろしいかと。

・では、拒否を解く方法を、おおしえ下さい。


・他人に向かって ↓ こんなこと書いて来る何かも、いるのですよね。これ全部では無いです、はじめのは消してしまいまして。

こういうのを、完全に「拒否」する方法が、わたし、わかりません。

kuon,、と書いてあるのは、あっちが勝手に名乗っておられるの。内容は、一応申し上げておきますが、いうまでも無いですが、勝手に書かれてしまっているだけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Kuon

長女 在日社長 不倫 愛人 婚家離縁 性病 jisatsu
Kuon 先祖 狗肉多食 凶悪動物霊 怨念 因果応報

| 2018-01-24 | Kuon #gJtHMeAM URL [ 編集 ]
Kuon

対kuon choufuku祈祷 負kuon
近隣住民 憎悪怨念

| 2018-01-24 | Kuon #gJtHMeAM URL [ 編集 ]

Kuon

延命及厄難生滅方法

百日
亥乃刻…念仏千回読誦
丑三刻…提婆達多千回読誦
辰乃刻…題目千回読誦

二百日
公衆便所素手清掃行(近鉄駅構内)…毎日午前中

一年
自宅水行

上記終了後
七日連続
九州山奥滝行

| 2018-01-28 | Kuon #gJtHMeAM URL [ 編集 ]

| 2018-01-24 | Kuon #gJtHMeAM URL [ 編集

Kuon

汝乃白丁非男非女祖先霊 狗肉多食大罪 地獄落 苦嘆悲鳴 子孫頼助求 此即因果応報 長女子宮破裂

| 2018-01-28 | Kuon #gJtHMeAM URL [ 編集 ]

Kuon

韓人妾 不倫 不義妊娠 夫泣発狂 堕胎 性病発覚 婚家離縁 自死

| 2018-01-28 | Kuon #gJtHMeAM URL [ 編集 ]


暗いなあ。嬉しいですか、これしてて。

呪詛は自分に還る。もう来ないでね、あなた不幸そうです。




圭なんか捨てておしまいなさい、と、ミジンコのたわごと。追記あります。

こんばんは。

片道1時間半の電車の中で、駅頭でがさがさっと買った三冊の週刊誌、その中の「眞子さまのお相手の家の金銭的醜聞」の部分、すべて読めたのですが。

ただ。あの親子に関わってしまった男性の言っておられること、それに対する母親および息子の対応。示し合わせたような一致ぶりで、この「竹田氏」とはじめ仮名で出た「山田氏(これも仮名だそうだ・・・)は、もしかして、何人かの記者の前で、録音なども許した状態で「真相」を話されたのかな、と、感じました。

息子もぴったり添っての「援助交際」。母親はひたすら厚顔であり、息子は、大きく世話になった母親の元・婚約者に声をかけられて「露骨にイヤな顔を見せた」と。それ、本人が

「実はこういう風でしてね~」とか話さなければ出て来ないセリフ、見えない光景。

男女間のお金の流れなんかに他人は何を言うこともできないとは思いますが。

ICUの入学金を出して欲しい、から始まって、トータルで439万3000円。それだけ、出したのか取ったのか、圭はそれで、留学までしている。

卒業記念の写真は、帝国ホテルで撮った、母親の金づるの(失礼)お金で。言っては何だが言うが,見栄っ張りの幼稚園児みたいな写り。テーコクホテルが好きなのか。あそこで、結婚式するのか、内親王さんと。一般的には必要な費用の60パーセントくらいは、男性側が持つといわれ・・・るのは、古い話かな。ある方が出す、あったりまえじゃん、なのかな。

とにかく、通常は同じ話題が同時に出るパターンは無いに等しい週刊新潮誌、文春誌が、同じ週にこの話題。珍しいです。もう一冊、女性誌である「ミテコ・セブン」とも呼ばれる女性セブンも。同じような記事を出しています。

それぞれの誌面の特徴として、どなたを貶めるか否かの「個性」は出そうとしつつ。

まるで「本当のこと」であるかのごとき、三誌の内容の似た・・・

あ、いや。

ホントのことだから違うように出て来ようがない。そう思えば、何の不思議も無いのです。

はい、息子を出汁に男の人からお金を贈与され、贈与であったがゆえに、返せと言われて激怒した、圭氏が呼ばうところの「お母様」。

お母さま。留学。英語ぺらぺ~ら。気取って見たって上品ぶったって(上品にはいっさい見えませんが)不要になれば恩人もへったくれも無いという感性。

ホントのことみたいに、酷似しているのです、三誌の内容が。

品位のかけらもありませんです。あ、いや、この話題に初めから「品位」なんぞという希少価値なもんは、無関係なのでした。

よね?。

こうなって来て、まだ、話は粛々と進むのでしょうかしら。始めから私は思っています、初めの頃に書いた気もします。

進むしかない。なんて。思いこまなくていい。道は変わってもいい。何をしてもどうしても、哂う人間、後ろ指さす人間、おります。それは仕方がない。毅然として笑われておられるしか無いと思う、それは身から出たなんとか。

勇気を持って振り返り、無かったはずのもっと違う道へ、今度こそまっすぐに踏みこんで行こうとする人間を、でも、笑う、そやす、ような者ばかりではないと思っています。

圭なんか、ええい、やぁっと。捨てておしまいあそばせ、眞子さん。私が愚かでしたと。勇気を持って。あの男はダメです。両目を開いて、それだけはわかっていただきたい。

眞子さまは、世間知らずのただの、恋に恋した女の子、ではない。実際はそうでしかなくても。でも違う、と、言ってさしあげたい、ミジンコKUONは。

眞子さまは、内親王さんでいらっしゃるのですよ。と。

あの男と結婚するほどの「自由」とは無縁。それは自覚していただきたいと、民の一人として願います。

支離滅裂になって行っている気がします・・・でもこのまま。

・・・お返事、ごめんなさい、今日は書けません。ゆっくり書きたいので、どうぞお待ち下さいね。


お詫びです。

女性セブンには、文春、新潮誌と肩を並べる記述はありません。実は他に数誌を読んでいて、言い訳できない凡ミスを犯してしまいました。セブン誌は、あのK家の事実より何より、

(美智子さまも、初孫の結婚の行く末を大変気にかけられてゐると言います・・by宮内庁関係者・・など書いてある。

あと、秋篠宮ご夫妻の前では眞子さまのご結婚の話題に触れてはならない雰囲気が、とか。

年末年始の皇族方の一堂に会した機会にも、眞子さまの結婚の話は一切出なかった、とか。

へえええ、と読みました。

圭ママの「彫金師の恋人」についても少し。圭氏は、同居までしていたこの彫金師はおいやだったようです、もうじきこの方についての記事も多分、書きます。

「週刊女性」誌が第二弾を。今はフレーフレー、のKUON.。

宮内庁の一部の「抵抗勢力」が、結婚は考え直すべきでは、と言うてる、と、ミテコセブン誌は、そんなフツーにまともっぽいひとびとを、ワルモンみたいに書いておりますが。そんな方々もおられるのね、中には。私は今は、その「抵抗勢力に、フレー、フレー。だって、その方たち、まともじゃん、と思いますから。


走り書き。

おはようございます。

近況をすこし、カタります。

昨日は夫の先日の(正月休み明けの)体調不良の、原因と結果と先行き・予後のはっきりした日でした。

もうすぐ古希を迎えるオットの身に起こったのは脳梗塞。脳幹に出血痕があり、それは、あとわずかのずれで半身不随になったであろう部位で、急激にろれつが回らなくなり、のどが不調になって水分、固形分、吞みこむことが難しくなった。しかし彼は、5年前と同様、いま医者へ行ったら入院させられる、今は入院なんかしてられへんのや。と激しく主張、回らぬ口で、ロレロレと「しごと、ろうすんのや、ぬういんなんか、せえへんれ、おれはいま、そんなのんきんこと、ちあうねや」と。5年前と同様、梃子でも動かん。

結果的に、まずは鍼治療を受け、MRIの予約を取り、あれやこれやと「入院しないでやり過ごす」方法を模索して時間稼ぎ。

昨日、ドクターが仰ったことはズバリ、私の考えと予測とぴったり。今更どっこも入院なんかさせてくれませんよ、と横目でチラッとにらんだ風のドクターに、はあ、そーなんですか、まあこわいこと~とかとぼけて。ワタシそんなんお手のもの。今後の治療方針も、夫のうなずける(受け入れ可能な)ものであり、私は内心、

「あ~うまいこといった、せやけど生きてる心地せんかった、ヨミと動きが外れたら仕事どころじゃないもんね、あるいみバクチやったわ、あ~肩凝った、首凝った、左半身ガチガチや、パソコンも打たれへん、ゴハン作るのもしんどう・・・あ、そうや、今日は北京さんから出前とっちゃお、父ちゃんの入院回避作戦成功祝や(不遜なワタシ・・・)

梗塞の起きた場所がすべてのラッキーやった、ありがとう梗塞のタイミングの神様(そんなのありか?)、でもどうしても、仕事休めないんだったんです、たっくさんの皆さまにすっごい迷惑が・・・。


とか。そんなことを考えていたのでした。アタマ、手足、どうもない、これは大丈夫や、との、勝手な判断で、救急車呼ばなかったんでした・・・。薬はしっかりのんでもらうことにします。
(漢方薬,鍼灸など頼りながらの暴挙でしたので、よいこは真似をなさらないで頂きたいです)。

・・これが、昨日のことでした。

今日は、夫のお母さんについて病院へ行きます。これは毎度のことで、オーケーなことです。

明日は私が治療を受けに行く日で、まあ、トシとると、あれやこれやあるものですわ。

で。

今日の朝刊の週刊新潮誌と文春誌。広告を見る限りでは、歩調を合わせて、せんだって週刊女性誌が報じた「小室家の金銭問題」を書いている模様。

430万円、母親が付き合っていた男性から・・・というアレ。他の男性と同居していた件は、まだ、追いついていないようですね。

いまは詳細はわからない。今日の病院の帰り、二誌とも買うか否かはわかりません。

今更、殿下が「困惑しておられる」とか。

こういうのを何と言うのでしょうね。

つまり何も調べずにいた、ということなのでしょうかしら。特権階級のひとびと、その周囲のふぬけた公務員、どんだけの人間がアホやってたんや、と普通に思う。

結婚は両性の合意によって、とか。今の法律ではそうらしい。それでもいいのでしょう、今の時代のふつうの人たちは。そうは言っても、周囲に及ぼす影響も考えます、周囲も、良かれの方向で口もはさみます。

皇室の結婚。皇族の結婚。無責任すぎるし軽々し過ぎるしバカバカし過ぎる。

両殿下及びご当人は、あまりにも「雑音」が多過ぎるゆえに、世の中の声など気になさらない習慣がしみとおっておられたのだと思います。コムロ某とやらについても、「真面目な青年」に見えた、ということで、親族の自死なども「当人のことではないし」と見過ごされていた。絶対的平等主義? 絶対的本人主義? そうとでもいうのか、それもいいのでしょう、そういったやり方の通用する世界では。

ああ、もっともっと言い募りたくなって来そうです。無菌培養でお育ちの内親王を、自由だの本人主義だの。初めてお付き合いした方と結婚するつもりだった、だの。

無責任、そして、愚か。よそのお嬢ちゃんの話なら、こんなこと言いません。

眞子さまの話だから、イライラもやもやジリジリします。国民は迷惑です。そんなこと、考えてもおられないでしょうけどね。





今夜はお休み。

こんばんは。

お寒うございますね。

今日は、ワケを書くとまた、おっかしなことをしつこく書いて来るヤカラが大喜びしそうですので、訳は述べず、今夜は休ませて歌抱きます、と。お知らせのみとさせていただきます。ちょいと忙しいから、と、言い訳させてもらいましょ。

また、ここ、覗いて下さいね、おっかし過ぎる人以外は。




花いちもんめ。

今年もよろしくお願い申し上げます。

ふつうの朝が戻ってきた、と、今朝は五人を送り出し、家の中には犬とハムスターとわたしのみ。

思わず、あ~くたびれた~、となってしまい、総てのことは後で~、と、横になってあっという間に寝に入ったようで、目覚めたらお昼過ぎでした。

思えばハードな年末年始でした。でも無事になんとかあれもこれも何とか・・・とオノレに言い訳も叶う、で、、睡魔のゆうわくに、負けて嬉しい花いちもんめ。

明日からもっとふつうの日常が戻る、今年も、ヨイショ、とか、あたたた、とか言いながら、いささかは外ではお澄ましもして、暮らしてまいる所存にてございます。

みなさま、旧タイトル名のように、「今日も元気でいましょうね」と、お呼びかけをさせていただきます。


« 新しい記事へ  | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん