FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. わははなこと
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

お詫びです。。

おはようございます。

お詫びを。

愛子さんは昨日、ご帰国の皇太子さまを玄関で出迎えておられました。

代表撮影の三人のお写真は上半身のみでしたが、探しまして見た動画では、黒いエナメルの靴とフリル付きの白いソックスでした。

ひょこんと、僅かばかり父君にお辞儀されて、両手をもにゅもにゅと所在なさげにしておられました。雅子さんは左頬にしっかりカメラを意識しつつの笑顔で、ばりばり話しかけておいででした。皇太子さまのデコは、既に「なかったこと」にされ終わった模様です。

続きは後に書かせていただくつもりです。

行ってまいります。
スポンサーサイト





  1. 2013.06.17 (月) 21:51
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

彼女はいっつも

彼に話しかけるのですね。

タラップに現れるときも
タラップを降りながらも

迎えの車に乗るときも

玄関で出迎えるときも

飛行機の中で長い時間一緒なのに
タラップを降りながらも、まだ話すことが?

「言った通りにしてください」
「うん・・・」
「わかっているんでしょうね」
「うん・・・」
「ほら、笑って!」
「はい」

とか、言っていたりして
(以上はワタクシの創作ですので)

東宮御所は、タヌキやキツネの棲む伏魔殿になりはててしまったような。

「お見舞いに黒真珠はおやめになったほうが」
と主人のためを思って言う人間もいないように思われます。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・