FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 虚しいこと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

夜間飛行     ?

正式な発表は14日とかだそうですが、6月18日に予定されていた皇太子ご夫妻の宮城県ご訪問は、無し、になったようです。

4月、5月と計画され、延びて6月になっていたのですが、やはり、行かれないと。

少し前に書かせてもらいましたが、宮城県K市在住の私どもの仕事相手の女性とその周辺は「別に、無理して来てくれなくてもいい」との意見。

何時間か来てくれて、何千万か使って、それはいいとしても

体調のすぐれない中、被災地の皆様を励ましたい一心で、とか、背中のむず痒くなるようなことを言われて「来て頂かなくても」いい、と。このヒト、すらっと本当のこと、口にする方なんです。

・・・何もご存じなく、雅子様が来てくれる、と、待っておられる方もおいでなのでしょうか。



6月6日には、珍しくも寬仁親王殿下のお墓参りをなさった東宮ご夫婦でしたが、雅子さんは、皇太子の傍らで足を踏み出すタイミングをミス。入内されて20年、未だに夫様より先に歩いてはいけないとか(一応のマナーとして)わかっておられないご様子で、またテレビカメラは、そんなとこを撮ってしまうし。

今度こそは痩せられた感じで、お顔に精彩なく、明らかに、よくなんかなっていない風に見えるけど、成婚20年を語る皇太子は「少しずつ良くなって来ていて・・・」とか、発言しておられました。

何が何だかわからんわって感じ。

6月9日には東宮御所で、両陛下、秋篠宮両殿下、黒田さんご夫妻、雅子さんの妹さんの礼子さん節子さん各夫婦まで集まっての結婚20年をことほぐ宴だったとか。

翌、10日。皇太子さんはお一人でスペインへ発たれたのでしたが、左のオデコに、けっこう目立つ傷があって。

鈍器が、ばーんと宙を飛んでぶつかったら出来るかな、って傷なんです。出来たての傷。生々しい。

東宮御所では夜間、灰皿とかそんな類の物体が自然に勝手に突発的にぴゆ~んと飛んで、御所の主のデコを直撃する、みたいなオカルトティックな現象が・・・?。

夜間飛行。して実態は。ううむ。

10日の朝、皇太子は傷デコながらにこやかに発ち、雅子さんは満面の笑顔で見送り、秋篠宮さまは暗い表情で憮然と頭を下げられ、紀子妃は、雅子のかぶっていない、丁寧な服装用のお帽子をお召しでした。

雅子さん、おかしいです、何か、全部。

皇后陛下はといえば、その10日から、まともに体調を崩してしまわれ・・・。


ラピスさん。

<<<無関心ではいたくないと思っています>>>。

エラソーな言い方で申し訳ないですが、ここが大切と考えます。

私も小心者ゆえ、まわりくどい言い方で逃げていることも多いのですが、日々、おかしい、違うのでは、と???なことを、自分なりに、書いていたいと念じています。

暖かくお見守り下さり、ありがとうございます。

これからも、どうぞよろしく!。

sarahさん。誕生日の今夜も、インゲンの胡麻和えや銀ムツの煮付けや、ソーメンや枝豆など、代わり映えのしない晩ごはんを頂いて、満足、満足。

ぢいさんがチョコくれたこと、そっと聞いてもらいますね。チョコって・・・。何か違う気がしないでもないが、そーゆーこと一切しないで来た人なので、感謝。笑、大笑い。

・・・東宮以外はみんな知ってる・・・ような気は、するような、しないような。

あまりひどい恥をかかせないで、さらーっとご移譲がなれば、と、もう既に、私の夢、みたいになって来ています。

夢は、見るものでなく実行するものだ、と、中村哲さんのお言葉を、今日も読んで・・・。

<<<愛子ちゃんは東宮夫妻の、雅子妃は小和田夫妻の犠牲者のようにも思います>>>。

犠牲者。太宰の「斜陽」でしたか「美しい犠牲者」なんて言葉があったような・・・何を突然ブンガクしてるんだか。苦笑。愛子さんはともかく、雅子さん、見ていると虚しいんです。私。

愛子さんが、もう少し幼い頃の動画が忘れられないです。

悠仁さまがお生まれになり、東宮家のお三方が見舞いに行かれた折り。

愛子さん、その日、お父様の後ろに隠れて報道の人たちを避けていたのですが、表へ出されて、報道陣に向かって、このように仰った。

「や~め~ろ~よ~」。

音声は消されています。この頃から、愛子さんの発語が出されなくなったようです。

愛子さんには、直接の罪など、ありません。しかし、そこが難しいところで。

いつも優しい気持ちで私を見て下さっていて、本当にありがとうございます。

また。またまたまた。


スポンサーサイト






 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・