FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. ゆれ・ふら・とーく
  2. tb: 1
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

風の通る場所

大本営発表によると。

<甲状腺がん「確定」12人 福島の18歳以下、9人増>2013年6月5日

だとのことです。

<<<東京電力福島第一原発事故による放射線の影響を調べている福島県の県民健康管理調査で、十八歳以下で甲状腺がんの診断が「確定」した人が九人増え十二人に、「がんの疑い」は十五人になった。

これまで一次検査の結果が確定した約十七万四千人の内訳。五日に福島市で開く検討委員会で報告される。検討委の二月までの調査報告では、がん確定は三人、疑いは七人だった。

 これまで調査主体の福島県立医大は、チェルノブイリ原発事故によるがんが見つかったのが、事故の四~五年後以降だったとして「放射線の影響は考えられない」と説明している。

 甲状腺検査は、震災当時十八歳以下の人約三十六万人が対象。一次検査でしこりの大きさなどを調べ、軽い方から「A1」「A2」「B」「C」と判定。BとCが二次検査を受ける。>>>

はっきり書けばこの検査は、被曝の影響が少なくあることを目指してなされるもので、子どもさんの病気を、なるべく早く見つけ出して、何とか手を打ってさしあげるためにされるものではないです。

甲状腺の病気は大人の女性に多く、子どもに多く発症されるものではなかった。

それが、1、6倍だか160倍になるとか、数字のレトリックはあるにせよ。実際に増えているのだし、原発事故の放射線の影響は考えられない、と言う福島県立医大がおかしい・・・おかしくないですね、そこは、そういう方向へ導くための機関ですから。

このたびやっと辞めたとか辞めるとか聞く福島県立医大の副学長・・・放射能の影響など無い、とするためにわざわざその職に就いた山下・メンデレ・俊一は、事故直後、1ミリどころか100ミリシーベルトでも大丈夫、と、講演してまわった大罪人です。

私はもう、どう書いていいか判らなくなっているのですが、甲状腺のことばかり言っているけど。

あの日から今に至るまで、降り続いている放射性物質は、ヨウ素だけではないのに。

なぜヨウ素が関係する甲状腺のことばかりが取り上げられるかといえば、それが、それだけが、国際的に放射性物質との因果関係が認められている(イヤイヤ認めた)ものだからです。

恐ろしいのは、セシウム。放射性セシウム134と137が、主に降ったのですが、それは、簡単に言うと、白血病を引き起こす。甲状腺に限らず、DNAに悪さをして癌を発生させます。しかし、ヨウ素と甲状腺とのごとき因果関係は、認められていない。

つまり、どんな病気が起こっても、認めてくれない。余談ですが、原因は垂れ流された有機水銀でしかあり得ないのに、水俣病の裁判が、今でも続いている。

認めたくないのです、国も企業も。どんな裁判でもそうです。

ともかく、甲状腺ばかりが気にするべき対象ではないんです。

そんなこと、1ミリも言わない。新聞やテレビが原発事故に触れる時、よく、事態は「未だに」とか、そんな言葉を使う。血圧があがるくらい腹が立ちます。未だに、じゃ、なあああああああああああいっと。

これからなんだあああああああああああ、っと。

あの時。うろうろ、空の上から現場を見下ろしに行ったりして、早く早くうたなければならなかった手を打たず(打てず)、東電へ乗り込んで撤退なんかさせん、っと怒鳴りつけたこと(だけ)を美談のごとく語る元・首相、今のところ大丈夫です、と発言し続けて、その後はどっかへ消えている(どっかにいる?)官房長官、いま、この事態をどう、お考えなのでしょう。

心拍数のばくばくとなる知らせでした。

子どもさんが育つ土地ではなくなっている・・・と、安全なところにいる自分が書いて、どうなることでしょう。でもここで、自嘲してしまう自分がおります。おこがましい、と知りつつ。

少し前に、どこでしたかね、避難を促される土地に、おじいさんとおばあさんが残って、それまでのような暮らしを保たれていた。

桜の季節には万朶の桜が、二人のくつろぐ縁側に降り注いだ。

そしておばあさんが世を去って、おじいさんが残って。

やっぱり、他にだあれも人のいないそこで、ずっとずっと続けて来た暮らしを、されている・・・。

なんてグラビア写真を見て。

自分だって、子育て孫育て終わって、仕事もなんとかやり終えて、だったら、移りたくないだろうなああ、と、しみじみしておりましたら、ぢいさんが現れ。

年取ってて、もう癌も何もコワクなくなってもね、と、言います。

「放射能って、浴びると、からだがしんどいもんだからね」

と。・・うちのぢいさん、ごくごく短期で症状は消えましたが、被曝による急性症状出たヒトですから・・。

あの時は私、え、このヒト死ぬのかしら、とか思い、焦ったし、悪妻でごめんでした、とココロの中(だけで)お詫びしたし・・・ガラにもなく・・・。

被曝すると、意味なく「しんどい」ことがあります。急に死んだりする人もいます。増えています。その因果関係を、どこの医者に行けば立証できるか。無くは無いが少ないです。

時間がかかります。

諦める人は諦めてしまう・・・それを、待っている、加害者と呼ばれる側では。




で。

今日はテレビの横で手仕事をしておりました。

皇太子夫婦の話だけ、テレビで見ました。

ご成婚二十周年の前に、ということで皇太子お一人で。

雅子さんのこと、語っておられました。

オランダ行きは自信につながった、とか。

少しずついい方へ向かっている、とか。

ゆっくりお見守り頂きたい、とか。

そうらしいです。

音楽を通じて親交の深い、というご年配の方も。

<雅子さまあっての皇太子さま>。

<ご病気であっても、しっかり支えておられる>。

とか、いかに睦まじく、二人の仲がいいか、言うてでした。

・・・国民、というか。

うちらみたいに不敬にぎゃあぎゃあと、祭祀だの矜持だの、五月蠅くわめき倒す、わかってない国民の一部、が、諦めて。

はいはい、仲のいいのを見せつけるのが仕事なんですね、家族三人、てれてれ幸せなら、それが重要任務なんですね、と、心得て、あたたかく見守れば、いいのかな。

いいのかな、って。誰にふってるのかな?。

・・・まるで、本当に、馬鹿みたいでした。


pumpkinママさん。

お忙しかったのですか。もう元気になりました、私。笑。

体調不良でブログ休みなんて、おおお、まるであの、やんごとなききわみにてはあられない東宮妃殿下みたいじゃないですかあ。全く違いますね、失礼しました。

なぜか、ヒゲの殿下のご葬儀には行かれたし、年祭(?)にも出られたようですね。深々お辞儀されて。私ね、告白しますが、しおらしくしていて動作を間違っておられたりするの見ると、もしかして、そんな悪いヒトでもないんじゃないか、なんて、ちろ、と、思ってしまうんですよ。ううん、でも、大事なことに一切目を向けない動かない、それはダメだ、それがダメなんだ、と、考え直すのですけどね。

どうされたいのでしょうか。

申し訳ないこと書きますが、実家のおとうさんに何かあったら(あるに決まってる年齢)あの方、どうなるんでしょうかね。
またごてごて書きました。お仕事、お楽しみ、どちらも頑張って下さいね! 。


・・・美しい三文字のHNの、初めましてのお方様。

コメントをありがとうございます。

私もとても嬉しいです。

また、何か、書いて来て下さいね、お待ちしております。

風の通る場所にいるのが大好きです私。

てのひらの上に綺麗なものを眺めることも。



スポンサーサイト





  1. 2013.06.08 (土) 01:10
  2. URL
  3. ラピス
  4. [ edit ]

KUON様

こんばんは(*^_^*)
今日も訪問させていただきました。
思いがけず、KUON様からのメッセージを拝見する事ができて、
私の中にも爽やかな風が通り抜けました。
ありがとうございました。

KUON様は、皇太子殿下の会見をご覧になったのですね。
皇室の在り方も時代とともに変化する部分があっても仕方ないとは思うのですが、
天皇陛下になられる方が、宮中祭祀や神事について、
「無私の心で、神々に国家と国民のために祈る」事を一番に考えてくださる方でありますようにと願っています。

KUON様の「てのひらの上に綺麗なものを眺める」という言葉に、
私も綺麗なものをてのひらに乗せて眺めてみたくなり、
小さな狛犬の香炉を手に取りしばし眺めて、
「全てが益々良くなりますように」と、声に出して言ってみました(*^_^*)

ブログの更新を楽しみにしております。
また、お邪魔させてくださいね。










  1. 2013.06.09 (日) 00:55
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

  1. 2013/06/08(土) 08:42
  2. ケノーベル エージェント

ケノーベルからリンクのご案内(2013/06/08 08:42)

福島市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・