FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 今の思い
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

誰がザルなの?

週刊現代の今週号の表紙に「雅子妃でよかったのかなー結婚して20年、いま国民が思うこと」とある。

一読、そ~んな言い方って無いやろ~、と、思いました。

毎日毎日、退けだの去れだの書き散らしているKUONが何を言うか! と驚かれるかもしれません。

実際、今も思いはぶれておりません。

皇太子ご夫婦(わざと「ご夫妻」と書かないんです、変なこだわりでしょうか)には、その公的な立場から降りて頂きたいです。

本当に、その日が現実に来るまで。パソ打つ手がよれよれ、へにゃへにゃになっても(イヤみなやっちゃな)願い続ける所存です。

それと、雅子妃でよかったのかな、という物言いとは別問題です。この言い方は失礼だ。

20年昔に戻れるわけじゃない。

それに雅子さんは、昭和天皇が反対の意を強く示されたに関わらず、当時、後藤田氏が「皇居前にムシロ旗が立つ」と明言されるようなことがあっても、皇太子・ナルちゃんが、どうしてもこうしても、わが妻に、と望まれた女性。

わが妻=未来の日本国皇后であると、わかっておられたかどうかは・・・。

それで、あのこともこのこともむにゃむにゃのままにご成婚へ。

そのむにゃむにゃ部分が、やはり大切なことだったようで、徐々に、ツケが、回って来て。

結婚期間の半分以上が「ご療養中の東宮妃」の図式になっております。

私は週刊現代を買いました。その記事を熟読。

例の香山リカが言うてる。

<<<普通の女性であれば、皇室と言う形式や伝統を重んじる世界に順応していかざるを得ません。ところが、意志が強く実質的な役割を皇室で担いたいと考えて嫁いだ雅子妃は、どうしても順応できなかた。恐らく、いまだに一歩も妥協できていないと思います。その表れの一つが、宮中祭祀への不参加。雅子妃にとって、祭祀は皇室の形式主義の最たるものに映り、好きではないのでしょう。「私がそれをやる意味はあるのか」と、物事を合理的に考えてしまうタイプですからね。男女機械均等法の第一世代として(KUON註・この精神科医は、この言葉だけは言わずにいられないヒトです)キャリアを積み、「皇室外交を担ってほしい」という皇太子のプロポーズを信じて、「私にしかできないことをやろう」と皇室に嫁いだ雅子妃にとって、この「結婚はミスマッチだったのです」

とか。「普通の女性であれば」って・・・。血中民族度の違いかどうか、粗雑な物言いが目に余るひとですね。

雅子さんが皇室に順応できないでいるのは、誰の目にも明らかなこと。
いまだに一歩も妥協できていない、と書く香山リカさまの勢いにはびっくりしますが、
雅子さまにとって、祭祀は皇室の形式主義の最たるものに映り、好きではないのでしょう
と書かれるに至っては、ちょろい反論意志など煩悶のもと、疲労を呼ぶだけ。


同誌上では、元・最高裁判事であられるという園部逸夫氏なる方が、

<<<皇室典範には、皇后や皇太子妃の公務については一言も書かれていない。>>>

<<<体調が悪くて公務ができなかった皇太子妃は、これまでにもたくさんいたでしょう>>>

と書かれ、雅子妃個人をことさら糾弾することに、違和感を覚える、としておられる。反論権を持たない皇族、その雅子妃に一方的に批判を浴びせるのは、まるで弱い者イジメのようだ、と。

これまで、体調が悪くて公務が出来なかった皇太子妃がたくさんおられたかどうかは、何とかして調べたいものだと思います。そんなにおられた? 

いや、園部さん、私はむしろ、雅子妃が、ここまで来たら、反論されればいいと考えるものです。

自分は、こう、考えていると。ご自分の言葉で語られればいいのではないかと考えます。

このたびのオランダ行きの前にも、記者会見の設定はあったのに。頑張って参りたいです、と仰れば、ひねくれ者の私でも、頑張って下さい、と、思ったかどうかは、想像範囲では言えませんが。

弱い者イジメ・・・この方も、国民のせいで雅子様は傷ついて・・・なのか。

<<<皇室典範には、皇后や皇太子妃の公務については一言も書かれていない。>>>にしても。

デパートやスケート場やねずみランドを借り切ってお遊びになられても、見て見ぬふりをするべき、とも、書いていない気がします。これは言い過ぎかもしれません。


週刊現代の記事は、あちこちの方々の意見をちりばめてあって、読者は、取りたいところを取るように、とのご意図なのかと感じますが、取りたいところを私がとるなら、この方の、このご意見を。


<<<雅子妃は優秀な方なので、本来は国際的な場で活躍できるはずの能力を((すみません、ここら、略させていただきます)でも、私はこういうことができる、こういう能力があるという自分を前に出す思い自体が、皇室の「無私の精神」とは反対のものなのです。
自分の能力にこだわるのは一般の国民であって、皇室はそれを「超越した存在です。「自分」のためではなく「国民」や「国」のためという無私の精神が、皇室を皇室たらしめている。

宮中祭祀はまさにそれで、国民に幸せが訪れるようにと祈るものです。一般人は神社に行くと自分たちのことを祈るけれど、皇室は国民や国のために祈っている。

それによって無私の精神が生まれてくる。だからこそ。雅子妃にもぜひ宮中祭祀に取り組んでいただきたいのです。
今のままだと、雅子妃はただのセレブという印象です。皇室はそれを遥かに超えた、世界の王室の中でもトップに立つ存在。

雅子妃には、皇室の存在理由やお務めについてご理解いただくことを切望します>>>。

・・・なんとねんごろな、お優しいお言葉でしょう。高崎経済大学教授の、八木秀次さんという方の言いです。

一つだけ、雅子さんはただのセレブという印象、この部分だけには、アタマ傾げます。

セレブには見えません。セレブって、お召し物はともかくとして、肌や髪への気配り手入れのすごい人、というのが、ナマイキわたしの、セレブ感・・・。意地悪いこと蒸し返します、オランダでのドレス姿、あのお姿は、耳の裏側まで米糠の袋でこすりまくって清潔感ぴかぴかの、昔のしゃきっと婆ちゃんが言ってた「お引きずり」。

それだ~、っと、納得。

しようと思えばできるのに、起きてすぐ髪もまとめないで、ぞんぞろぞおおっと、裾を引きずってあるくみたいな、だらしない女性に向ける、しゃっきり庶民のあざけりの言葉なのだそう。

不敬罪のある時代なら私、確実に、このひとことでやられてるか・・・。

言いつつ、ね。

雅子さんでよかったか、なんて、今、言われてもねえ、だと、思う。

雅子さん、だったんですよ、実際、20年前は。林真理子があの日のご成婚パレードにについて「雅子妃の勝利」なんて書いていたのを覚えています。あの日のテレビ画面には、あの宗教の三色旗、なんてものも、あらわれていなかったし。

当時の皇后陛下へのご挨拶に、全く似合わないピンクのスーツを着ておられたのも、おいたわしい感じでした。

おっかけを自称する子連れの女性がマスコミに取り上げられたりして、まあ大変なこと、でした。

でも、言っちゃいます、結論として「違うかった」。

なら。それなら、今の時点から考える、ということで。

学会の方は、今はどうだか知りませんが、鳥居をくぐるのもNG、だとか。それで皇太子殿下も、どこやらの鳥居を、くぐられるのを回避された、とか。不穏な話が増殖しつつあります。

神道の祭祀など、務まられるべくもない。

そしてここは大切、皇室の「おつとめ」は、やる気の無い者が、務めきられるようなものでもなかろう。

∴ 。

故に、「でよかったのかな」、とかでなく、真摯にま向かわれるお方のみに、そのことは、と考えて、どこに間違いのございましょう。

「で、よくはなかった」のです。それがわかった。

過ちはただす。これ、ダメ?。

いとやんごとなききわにはあらねど、すぐれてときめきたもうありけり。とは、ならなかった平成。

判明している。これ以上間違えの無いように、されるわけには行かないのかなあ、と、惑う次第にございます。

無理なものは無理。いかに清らかな水も、ザルに溜めることはできません。


スポンサーサイト






 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・