FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 呆然となること
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

聖と邪と。

数年前になりますか、天皇陛下の、外国への公式訪問に関してのご発言です。

天皇陛下
「私どもが結婚したころはまだ国事行為の臨時代行に関する法律が無く,天皇が皇太子に­国事行為を委任して,外国を訪問することはできませんでした。そのようなわけで,元首­である国賓を我が国にお迎えすると,しばらく後に,私が昭和天皇の名代として,それぞ­れの国を皇太子妃と共に答訪することになっていました。

 私どもの結婚の翌年,昭和35年9月の日米修好条約100周年に当たっての米国訪問は­,皇太子の立場で皇太子妃と共にこれを行いましたが,2か月後の11月に,皇太子妃と­共にイラン,エチオピア,インド,ネパールを,それぞれの元首の我が国訪問への答礼と­して行ったときは,昭和天皇の名代として,これを行いました。この4か国訪問が昭和の­時代に私が昭和天皇の名代として皇太子妃と共に各国を訪問した始まりでした。この名代­としての外国訪問は,国事行為の臨時代行に関する法律が昭和39年に施行された後も続­けられ,昭和46年になってようやく昭和天皇,香淳皇后のヨーロッパ諸国御訪問が実現­する運びになりました。このご訪問は昭和天皇,香淳皇后にとってもお喜びだったと思い­ますが,私どもにとっても喜ばしいことでした。天皇の名代ということは,相手国にそれ­に準ずる接遇を求めることになり,私には相手国に礼を欠くように思われ,心の重いこと­でした。各国とも寛容に日本政府の申出を受け入れ,私どもを温かく迎えてくれたことに­,深く感謝しています。

 昭和50年の昭和天皇,香淳皇后の米国ご訪問以降は,ご高齢の関係で,再び私が名代と­して皇太子妃と共に外国を訪問するようになりました。その後国際間の交流が盛んになる­につれ,国賓の数も増え,極力答礼に努めたものの,そのすべてに答礼を果たすことが不­可能な状態の中で昭和の終わりを迎えました。

 平成に入ってからは,私どもの外国訪問は国賓に対する答訪という形ではなく,政府が訪­問国を検討し,決定するということになっています。

 私どもの外国訪問を振り返ってみますと,国賓に対する名代としての答訪という立場から­多くの国々を訪問する機会に恵まれたことは,国内の行事も同時に行い,特に皇后は三人­の子どもの育児も行いながらのことで,大変なことであったと思いますが,私どもにとっ­ては,多くの経験を得る機会となり,幸せなことであったと思います。それと同時に名代­という立場が各国から受け入れられるように,自分自身を厳しく律してきたつもりで,こ­のような理由から,私どもが私的に外国を訪問したことは一度もありません。

 現在,皇太子夫妻は名代の立場で外国を訪問することはありませんから,皇太子夫妻の立­場で,本人,政府,そして国民が望ましいと考える在り方で,外国訪問を含めた国際交流­に携わっていくことができると思います。選択肢が広いだけに,一層的確な判断が求めら­れてくると思われますが,国際交流に関心と意欲を持っていることを聞いていますので,­関係者の意見を徴し,二人でよく考えて進めていくことを願っています。」


誰かと誰かを比較するなど、してはならないことだと思います。この場に書くのはおそれおおい気もしますが、自分も、自身の力の及ばないところで、あれやこれと比較されて、傷ついた記憶を持っています。数十年を経て消えてくれない記憶もあります。

ただ、天皇陛下のお言葉を、改めて噛みしめてみますと、

ああ・・・あかん、無理や、このお立場に座られるのはあの方たちには無理や・・・と、思ってしまいます。

現在の天皇皇后両陛下は、外国へ行かれると「聖職者のようだ」と言われるとのこと、それは、少なくとも欧米社会においては、最高の褒め言葉にあたるそうです。

現・東宮夫婦に対してそういった感を抱く人は・・・。

細かいことはともかく(あり過ぎるので)、ポイントになる点のみ。

沖縄戦終結、広島・長崎原爆の日、終戦記念日

は、昭和天皇・現天皇ご一家が私的外出を慎み、黙祷を捧げて来られた日。

皇太子一家は05年に花火大会(妹たちと)、3年前の終戦記念日に愛子様の友達を東宮御所に招き批判された、
戦後65年の節目に当たる2010年もお食事会でした。

比べる気にもならないとは、このことです。



やさいさん。

両班とは朝鮮の貴族のことだと知り、貴族を名乗るからには、以前書いた「ノブレス・オブリージュ=「高貴なる者に伴う義務」という概念を持って生きている人々だと、根拠なく考えていました。

敬われる代わりに、いざ、の時は決然と矢面に立てる人格、とか。

それがそうでなく・・。

<<公は民のためにあるという考えは微塵もなく、民が公のためにあると考える人たちですね。>>

げんなりします、でも、すっごく納得。そうなんだろうなあ、と、納得、なんと、わが国の皇太子妃を含む身内の考え方の基本が、そうであるとは。

以下の「法則」は、kazumotoigutiさんという方がブログに書かれていたことで。

一人でほおお、と読むには興味深いが、ここでご紹介するには・・・と、いささかためらいがあった、それでも、このブログ主さんが「物理学者」さんであるところに、興味を覚えて。なんとなく相反するものに思えませんか? 。

ほらほら、こんなん出てるよ、と、もしかして悪趣味の部類になるかも知れませんが、こんなんも、出てました。

東宮家に関わる、法則、だそうです。


<<<●2001年以前
目黒の小和田二世帯住宅を建てた豊建設(高島屋の子会社)、倒産。
木工職人(愛子さまのおもちゃ作った人)若くして急死。
1996年1月23日 学習院大学元学長(同大名誉教授、皇太子の恩師・論文指導)、安田元久氏(77歳)、皇太子が雅子を今度連れて行くと約束した矢先、自宅火災により妻とともに焼死。(この時の皇太子にかけられた雅子妃の励ましの言葉→「あまり気を落とさないように」)
1996年7月14日 君島一郎(雅子妃婚約後の正式写真に洋服が使われたデザイナー)、急死。

●2002年
2002年11月21日 雅子妃と皇太子の結婚前のデートに自宅を提供するなどしていた高円宮(47歳)、若くして急死。
2002年 森英恵(雅子妃のウエディングドレスデザイナー)会社倒産。
2002年 26世宗家観世清和が愛人作って男の子産ませ、妻のあすかさんは長男と共に追い出され離婚。(観世清和は皇太子のご学友、あすかさんは愛子さまご生誕時に雅子妃にメッセージを贈っている)観世さんに悪影響を受け、宝生流の家元夫人、自殺。
2002年12月5日 愛子さまのベビードレスを作った「杉山繊維工業」倒産。

●2003年
2003年1月21日 東宮で大膳として料理の腕をふるった渡辺誠さん(54歳)、若くして急死。
2003年 岡村孝子、離婚(NTV系“皇太子様・雅子様ご成婚スペシャル”テーマ曲『フォーエバー・ロマンス』作詞/作曲)

●2004年
2004年6月10日 野村万之丞(皇太子のご学友・44歳)、若くして急死。
2004年9月27日 森村桂(雅子妃ご成婚の時にお祝いのケーキを焼く)、病院で自殺。
2004年 堤医師(雅子妃の不妊治療担当医師)、研究費横領疑惑で失脚。

●2005年
2005年7月 李玖氏(李垠殿下と梨本宮方子女王の息子)「東宮夫妻には是非、韓国に訪問していただきたい」と言った途端に心臓麻痺で死去。
2005年11月 アメリカのノルト女史、急死(同年2月に皇太子が彼女の詩を紹介)
2005年12月13日 「愛子さまに」と2002年10月に贈られた象が、牙で飼育員を殺害。(2006年3月6日、上野動物園休園日を貸し切り。愛子さま、象に餌やりを体験)

●2006年
2006年1月中旬 雅子妃の愛馬「空勇(そらいさむ)」が、 主馬班の職員Aを蹴り上げ腸炸裂の重傷。
2006年2月24日 韓国人指揮者チョン・ミュンフン、パリのコンサートを病気の為に突然キャンセル(同年2月10日、雅子妃はお気に入りのチョン氏を招き2時間も英語で歓談)
2006年
3月29日 学習院院長・田島義博氏(75歳)死去。(2005年11月15日 学習院幼稚園合格発表、愛子さま入園決定)
2006年3月31日 猪口大臣、上智大学を解雇。(大臣就任時のブルーのドレスは雅子妃ご成婚祝賀晩餐会用に作ったものだった)
2006年3月5日 雅子妃の希望で、WBC日本-韓国戦を観戦し、いつものように途中で帰る→日本まさかの逆転負け。
2006年3月13日 いつもの雅子妃の希望で、東京ディズニーランドを実妹親子&別一組親子と一緒に遊び、予定を数十分超過して帰る。同年3月29日にオリエンタルランドが7年間で総額約12億円の申告漏れ発覚。
2006年9月28日 雅子妃の祖父江頭葬儀の翌日に皇宮警察官(19歳)が、赤坂御用地内にある警備待機所のトイレでピストル自殺。
2006年10月14日 のじぎく兵庫大会で選手や観客ら計91人が熱中症などで救護所で手当てを受け、うち3人が病院に運ばれた。皇太子は13~15日にかけて、歓迎の集いや開会式に参加。

●2007年
2007年5月5日 皇太子一家御料牧場の静養にて、馬車で牧場散策中に馬が暴走、御者の宮内庁車馬課職員が足を骨折。(週刊新潮同記事より、1年程前に皇太子が御所内で乗馬中に落馬との情報もあり)
2007年5月28日 港区の衆院赤坂議員宿舎の自室で松岡利勝農相(62)首吊り自殺。27日の日本ダービーに競馬を管轄する農相の名で皇太子を招待していた。
2007年7月7日 皇太子がモンゴルを訪問。伝統文化の案内役を務めた朝青龍関の両親に対し、(愛子が)朝青龍関のファンで、本名のダグワドルジを覚えて呼んでいます」と語る。同月25日 「腰の疲労骨折とひざ痛で全治6週間」で夏巡業への参加を見合わせていた朝青龍関が、炎天下のモンゴルでサッカーイベントに出場していた様子が同日午後に報道される。日本相撲協会から「減俸。2月場所出場停止。自宅謹慎」の重い処分が下される。その後、適応障害の治療として一時モンゴルに帰国。2008年1月場所で復帰するが、千秋楽にて白鵬関に敗れ優勝を逃す。騒動は一応の終結を迎えたが、「サッカーをしていただけで処分された」というモンゴルでの誤解はとけていない。。
2007年7月28日 皇太子佐賀県行啓で高校総体開会式に出席。同日開会式は急激に気温が上昇、出場選手や観客ら計117人が体調不良を訴え、救護テントに運び込まれた。8月2日陸上競技の最中に台風5号の接近でテントが吹き飛ばされ2人が怪我を負った。8月3日竜巻発生、更に激しい雷雨で度々競技が中断、一部競技は翌日以降に順延。
2007年10月22日に皇太子が登山で訪れたことのある雲取山、雲取山荘前の大木が突然枯れる(日時未確定だが、2008年春の可能性が高い)。雲取山荘主人「前年秋まで青々としていた葉が春にすべて落ちて枯れてしまいました。あっという間の出来事でした。」(2009年1月16日:読売新聞の記事より)

●2008年
2008年1月 歌会始めで皇太子が「蒼(あを)き水たたふる阿蘇の火口より噴煙はのぼる身にひびきつつ」という歌を発表。同年3月12日、熊本・阿蘇市で野焼きの火が山林に燃え移り、7ヘクタール以上が焼失。
2008年7月31日 田崎真珠資金繰り悪化で社長ら退任。皇太子婚約発表後、雅子さんが田崎真珠の博物館を訪ね、テレビで取り上げられる。その後、雅子さんに田崎真珠から数百万円相当の大粒の真珠ネックレスが贈呈されるが、即返却したとされている。
2008年8月8日 皇太子富士山初登頂。前日7日に富士宮口新5合目から登り始めた皇太子は、午前5時頃8合目の小屋でご来光を眺め、6:20過ぎに山頂へ。同年8月9日静岡県富士宮市の富士山登山道6~7合目間で、登山客が落雷による感電死。1955年以降富士山で落雷で亡くなられた方は 1982年と2001年に一人ずつ。同年8月9日 富士山初冠雪。過去最速で94年ぶり記録更新。甲府気象台によると、昼過ぎから大気の状態が不安定になり、山頂近くでひょうが降った。
2008年9月 皇太子妃お気に入りの那須のパン屋、独立出店以来2度放火された後に閉店。
2008年9月1日 第91代内閣総理大臣福田康夫、内閣総理大臣及び自民党総裁辞任。公私にわたり小和田恒氏と縁が深く、総裁選時に「皇室典範改正(改悪)」を公言した人物。
2008年9月6日 ホテルオークラ神戸の飲食店で食中毒が発生。同年4月28日には同ホテルで日伯交流年・ブラジル移住100周年記念レセプションが開催されており、皇太子が出席していた。
2008年9月8日 日本相撲協会北の湖理事長辞任。皇太子一家の大相撲観戦時に北の湖理事長は後ろに座って解説。
2008年12月 大分キヤノンが業績悪化で1000人以上の従業員削減が明らかに。さらには2009年1月に裏金脱税疑惑も発覚。2007年12月4日に大分キヤノン株式会社を視察しており、皇太子愛用のカメラもキャノンであるとのこと。

●2009年
2009年2月 水戸プラザホテルで集団食中毒発生。同ホテルには2008年11月に皇太子が単独公務で宿泊している。
2009年2月23日 洋菓子老舗「神田精養軒」自己破産申請へ。2007年皇太子が十二指腸ポリープの手術入院していた際、雅子さんが洋食レストラン『精養軒』から連日出前を取っていたとのこと。
2009年3月13日 ダルビッシュ有投手がバス運転手の不注意で危機一髪。ダルビッシュ投手がアリゾナ合宿の宿舎ホテル駐車場で荷物出しをしていたところ、バスが急に発車、その後も今度はバスがバックしてきて危ない目に。同年3月5日、WBC開幕戦で皇太子夫妻の強い希望により面会していた。
2009年3月18日 トルコでタクシーが横転し通行人をなぎ倒しながら壁に激突し、日本から観光で訪れていた13歳の少年が重傷を負う事故が発生。同年3月14日から3月18日まで皇太子は初のトルコ訪問をしている。
2009年3月31日 児童養護施設「幸保愛児園」にて、10年間にわたっての施設の運営費約2000万円の私的流用、入所児童への虐待が発覚。雅子妃は1997年頃から毎年、同施設にクリスマスのメッセージを贈っていた。
2009年4月3日 イチローがめまいと頭痛を訴え、出血性胃潰瘍と診断され、メジャーリーグ進出後、初めて故障者リストに登録されたとマリナーズが発表。同年3月5日、WBC中国戦の試合前に観戦に訪れた皇太子夫妻と面会していた。
2009年4月30日 オランダ西部の都市アペルドールンで王族によるパレードを見学しようと集まっていた群衆に車が突っ込み、17人が死傷する惨劇が起こる。アペルドールンは2006年に皇太子夫妻がオランダ静養で訪れている。
2009年7月15日 長崎県佐世保市の大型リゾート施設「ハウステンボス」が経営状況悪化で支援要請。同日より皇太子は長崎県行啓。翌16日にはハウステンボス訪問をしている。なお、2009年7月30日には長崎オランダ村のシンボルだった帆船が火災で消失。
2009年7月20日 横浜ベイスターズの内川聖一内野手が、両太もも裏の筋肉に張りが出たため今季初の欠場。同年7月12日には皇太子一家が神宮球場においてヤクルト×横浜戦を観戦しており、内川選手は「愛子様お気に入りの選手」と報道されている。
2009年8月27日 横浜×阪神の試合で横浜ファンが観客席から転落死。同年7月12日には皇太子一家が神宮球場においてヤクルト×横浜戦を観戦している。
2009年9月 常総学院が野球部員の新型インフルエンザ感染で秋季茨城大会への出場を辞退。来春のセンバツが消える。常総学院は同年夏の甲子園にも出場しており、同大会の開会式には皇太子が出席。さらに皇太子が観戦した開幕戦にも常総学院が登場している。
2009年11月25日 スペイン国王の長女・エレナ王女が離婚。エレナ王女は皇太子夫妻の「運命の出会い」のきっかけになった人。(1986年10月18日、スペイン・エレナ王女歓迎パーティーで雅子さんが、名簿に手書きで名前を書き加え、急遽飛び込みで参加した)

●2010年
2010年2月2日 アメリカでトヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」のブレーキの苦情が多発したことから、大規模なリコールへ発展。日本でもリコール問題が持ち上がる。皇太子は2004年10月8日、トヨタ自動車株式会社堤工場を視察に訪れている。なお、2007年10月13日には皇太子が乗車中の公用車(トヨタのセンチュリー)が、突然エンジントラブルで停車するという出来事も起こっている。また、トヨタ自動車相談役でもある奥田碩は女性・女系天皇容認派であり、皇室典範に関する有識者会議のメンバーでもあった。
2010年2月4日 朝青龍が日本相撲協会の理事会で事情聴取を受けた後、突然、暴行問題の責任を取る形で現役を引退することを表明した。
2010年2月13日 東京・目黒区のケニア大使公邸で火事。同時期にケニアのアンボセリ国立公園では干ばつで野生動物のエサ不足がおきていた。同年3月に皇太子はアフリカ訪問でケニアを訪れており、その関連で2009年12月18日には在ケニア大使の進講も受けている。
2010年4月下旬 「那須どうぶつ王国」が季節はずれの雪のため、動物たちを屋外に出すのをやめ、一部の施設が臨時休園。この時期の雪は開園してから初で、異例の措置とのこと。「那須どうぶつ王国」は皇太子一家が静養で毎年訪れるほどのお気に入りの場所である。
2010年4月26日 奈良で魚が大量死しているのが発見される。同年4月22日・23日に皇太子は公務で奈良を訪れている。なお、未確認情報ではあるが皇太子の訪れた奈良の平城遷都1300年祭会場で、23日にスタッフが転落か怪我をして救急車が来た、という書き込みあり。
2010年4月 皇居ランナーに苦情続出。看板を設置しても効果がなく問題になる。皇太子は以前から平日にSPを引き連れて皇居をマーキングするかのように走っており(毎月100km走ってるという報道あり)、皇居ランナーの一人であることが知られている。
2010年5月20日 大関・琴光喜が野球賭博に手を染めているという報道が出る。当初は関与を否定していたものの、のちに角界全体を揺るがす大事件に発展。複数の親方・力士が処分される中、琴光喜も7月の名古屋場所休場が決まる。琴光喜は愛子さまお気に入りの力士として知られている。
2010年5月26日 ヤクルトの高田監督が成績不振の責任を取り、辞任を発表。2009年7月には皇太子一家がヤクルト×横浜戦を観戦しており、学生時代に雅子さんは、選手時代の高田監督の大ファン(練習場までおっかけるほど)だったことが知られている。なお、横浜もシーズン途中で大矢監督が辞任し、後任人事の契約関係が問題になった。
2010年5月27日 4月下旬におきた米ルイジアナ州沖のメキシコ湾での原油流出事故が米史上最悪の流出量になったことを米地質調査所(USGS)などの調査団が発表。2006年3月に皇太子はメキシコで行われた世界水フォーラムに出席しており、また2009年9月には日本メキシコ交流400周年記念式典に出席、2010年2月には日本メキシコ交流400周年記念特別展「ガレオン船が運んだ友好の夢」開催記念式典にも出席している。
2010年6月 週刊新潮2010.6.10号において、「プリンセスマサコ」の著者ベン・ヒルズ氏が、日本語版を発行した北川明氏を印税未払いで訴訟を辞さない構えであることが報じられる。(32000部の売り上げに対する印税230万265円(税別)が未払いのまま、とのこと。北川氏はノーコメント)
2010年6月 ブラジルで豪雨による洪水で1000人にも及ぶ行方不明者が出る被害に。2008年6月には皇太子がブラジル訪問をしている。また、洪水被害を受けた町のひとつであるペルナンブコは弦楽器の弓の産地としても有名だが、皇太子は趣味でヴィオラを弾くことも知られており、二重の意味で法則ではとの声も。
2010年6月22日 観世流シテ方能楽師の関根祥人さん死去。関根氏は学習院幼稚園時代の遊びのグループ「ロケット団」(「ジェット団」も有った)のリーダーで、皇太子は他の6~7人の仲間とよく一緒に遊んだとのこと。また1993年9月には、東宮仮御所で皇太子夫妻成婚を祝う会が開かれたとき、関根氏を含む4人の能楽師が舞を舞った。関根氏の葬儀が営まれた7/3は、マドンナだったOという女性を偲んでのミニ同窓会を開く予定で、関根氏も公演終了後に参加する予定だった。
2010年7月4日 日本相撲協会の臨時の理事会で琴光喜の解雇処分が決定し、琴光喜が角界を去る。琴光喜は愛子さまお気に入りの力士として知られており、また琴光喜も自分の子供の名前に愛子さんから1字もらって名付けていた。
2010年7月29日 日本酒「越後鶴亀」で知られる清酒メーカー「上原酒造」が新潟地裁に民事再生法の適用を申請。負債総額は約8億9700万円。主力銘柄の越後鶴亀は、1993年に皇太子ご成婚の際の宮中晩さん会で、祝い酒として振る舞われたことで知られていた。
2010年7月25日 埼玉県秩父市の「ぶどう沢」付近で、山岳事故の救助中の県の防災ヘリが墜落。その後も野次馬登山者、取材に行ったテレビ関係者が死亡し、連鎖的な遭難が相次ぐ。同年6月には、雅子さんと愛子さんが学習院の校外学習で秩父を訪れており、過去に皇太子が秩父へ登山に来たことも。
2010年9月16日 高級フレンチレストラン「シェ・松尾」倒産事業支援会社に事業を譲渡及び債務整理。シェ・松尾では雅子さんが結婚直前の1993年6月4日、小和田一家と江頭豊・寿々子夫妻で、お祝いディナーが同店2階にある個室インペリアルルームで開かれたとのこと。このことはオーナーシェフ松尾幸造氏が自身の著書にて写真入りで明かしている。
2010年9月30日 TBSグループがプロ野球の横浜ベイスターズを売却する方向で検討と報道される。2009年7月には皇太子一家がヤクルト×横浜戦を観戦しており、横浜ベイスターズは愛子さまのお気に入りと報道された内川選手が所属している球団である。


この他にも、下記のような話題があったが
法則かどうかの判断が難しいので一旦保留に。

皇太子が開会式に出席した高校総体や甲子園で生徒が続々とインフルエンザにかかった
皇太子の水関連(水源地や下水処理場視察など関心を示した後ゲリラ豪雨や下水道事故がおこる)
ダルビッシュ離婚危機 → 離婚
雅子さんがかまぼこ工場見学に行った後、神奈川に黒い粉(富士山の土らしい)
皇太子が演奏会でゴジラを演奏→小笠原で地震&津波
力士の野球賭博で逮捕された人の中に「梓弓」という四股名を持っていた人がいる
「ねむの木学園」5億詐取事件>>>

・・・まあああ、よくお調べになったこと、と、びっくりです。

他にも、ネットの海を、妙な溺れ方をするまいぞ、と心しつつ(ということにして下さい~)していて、こんな一文に突き当たりました。


<<<死んだチッソ江頭は、晩年、皇居の庭を散歩するのが楽しみだったと言う

これを聞いた時、耳疑った
住んでんのかよ?東宮御所に江頭チッソが?!って

病床の晩年を、
東宮御所で療養=一般民が皇室の金(税金)で私的療養していたという噂は、
本当だったのかと>>>。

これは「6月のシャンプー」さんのブログで読みました。晩年は、しかるべき施設で過ごした人と思っていたので、これにも驚き。真偽は、私にはわかりません、が、過ごしたかどうかは??でも、けっこう自由に散歩くらいは、していたかも、とか、穿ってしまいます。絶対無い、と、言いきれませんもの。

やさいさん。

御存じかもしれませんが、

YOUTUBE「日本人を大量虐殺した天皇家の皇太子妃、雅子の一族」という、すごいタイトルの動画を、見て下さい。

チッソ、水俣病、それに加えてあの問題この問題、勢揃いで。


スポンサーサイト






 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・