FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

ふう。

こんばんは~。
二日ぶりです(大げさ?)。

海江田万里さんって、名前だけ、字面のみですと、ちょっとすてきです。
ご本人がステキでないとは、言ってませんよ。
手のひらに書かれた「忍」の文字を見て、大変だな~タフだな~厚顔だな~と。

まったくそんなこと意識してませんでしたが、先日ちら、と書いた岡林信康氏、明日お誕生日で、六十五歳になられる由。ほおお。

お家が教会で、同志社の神学部中退で、フォークの神様、なんて呼ばれてしまった人で、売れてない頃の「はっぴいえんど(坂本龍一キョウジュや、細野氏や)」をバックバンドに従えていた人で、美空ひばりさんと意気投合した人で、吉田日出子さんと「けっこん」していたこともある人。
・・・のようですが、私には「愛するひとへ」を歌ったひとであるな。
いい歌でした。

  知らないうちに
  僕は君を
  思いのままにしようとしていたんだね
  僕が人から
  されたくないことを
  僕は君にしようとしていたんだね

こんな歌詞でしたか。
もうね、ダメですよ、私に、こーゆーことを語らせると。
キリが無いですよ~。
他に「私たちの望むものは」「ラブ・ジェネレーション」「自由への長い旅」などが好きです。私は。
いわゆる放送禁止になったといわれる(実は自主規制)「手紙」「チューリップのアップリケ」などメッセージ性の強い歌(それが、あの「時代」、だったのですが)より、自分勝手な男が「ごめんね」って言ってるような、正直な歌が好きでした・・・・・・・・・・・・なんて調子にのっとるが、わたし、もしかして、単独暴走列車か???。

実物を、至近距離から拝見したこともあります、細くて痩せていて蒼白で、長髪で髭で、いささか垂れ目で、破滅型のオトコに魅かれて行くタイプのおんなのひとには、もう堪りません、な感じはありましたね。
けっこう明るい人だったらしいですが。
って、なんでダラダラ書いているかと言うと、当時。。だったおのこが、岡林のファンで、夢中で教えてくれたからですね。多分。

ぶっちぎれて別れて、ダメになると立ち直りの早いたちで、すっかり忘れていましたが、なぜか思い出したのですね。
ずっと、振られたばかりだったワタシ、と思い込んでいましたが、違うかも。
私が、きっと、ひどかったのね。
気が強くて。待てなくて。
いつもいつも。

そんな気がする、秋の夜です・・・間違い、夏の夜です。
蒸し暑うございます。
ふう。


スポンサーサイト





  1. 2011.07.22 (金) 00:08
  2. URL
  3. yuuta
  4. [ edit ]

No title

KUONさん 寝る前にこんばんは

岡林信康さんて 他にも歌あったのですね
山谷ブルースしか知りませんでした
運動家っていうんですか、、そういう方かと思ってました

次々と色々な歌が出てくるのにびっくり 感心してます
お話とっても楽しいです
本当にお好きなのね 私など曲がかかればハミングくらいはできますが、、、


今日フラ仲間の方がお姉さまに付き添って週末に
宮古に行ってこられた話をうかがいました
姪御さんが宮古に嫁がれてそこで被災されたそうです
運よく家族六人皆無事で 今は仮設住宅に入られて暮らしていらっしゃるとの事
お姉さまは高齢で(彼女も70代なので)娘さんの事が心配で
でも1人では心もとないので一緒に行かれたそうです

津波に何もかも流されて 家族も流されそうになって
ご主人が一生懸命引っ張り上げてくれたって
運よく助かったけれど 助かって良かったって喜ぶのは
なくなった方に申し訳ない気がするって

でも命が助かったんだから素直に喜んでいいんんだよって
姪御さんにお話したそうです

思ったよりみんな 宮古の人たちは元気で
これから頑張るぞって エネルギーに満ちていて
びっくりしました というお話でした

皆さんの生活が一日でも早く普通の暮らしになりますようにと祈りたいです

おやすみなさい
  1. 2011.07.22 (金) 17:36
  2. URL
  3. やさい
  4. [ edit ]

友よ~~♪

岡林信康さん、実物、至近距離で見ました、私も!
でも、どんな人だったか、覚えてないの・・

あのね、大学に入ったばかりの学園祭に来たのよ、、
でね、そのステージがチャチだといって怒って帰っちゃったの(爆)

友よ~~
夜明け前の 闇の中で~~
友よ~~
戦いの炎を燃やせ~~

夜明けは近い 夜明けは近い

友よ 
この闇の向こうには

友よ
輝く明日があ~~る~~~

・・・って云う歌が一番好きでした。

この歌を歌ってジ~ンときたり
自分の夢を語ったり
出来た私たちは、しあわせな学生さんだったね。。

友よ
君の涙 君の汗が

友よ~~
報われる その日がくる

友よ 
この闇の向こうには

友よ
輝く明日があ~~る~~~

友よ~~
昇りくる朝日の中で~~

友よ~
喜びを分かち合おう

友よ 
この闇の向こうには

友よ
輝く明日があ~~る~~~


むかし~の歌は何十年も覚えてて
今でも、歌えるのに・・・・・(--;

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・