FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

いや~、もう~もう~。

まだね、もう少し前は、まなじり決する感じで、嘘、言い逃れ、聞き逃すまじ、なんてハキ(覇気)があったのですけんど。

もう、あまりにも「なんじゃそれ~」な感じが続くと、がっかり疲れというか。自分、安全な場所で、何もしてないのに。
はっきり言って、今のようなことですと、畜産農家の方たち、どうしようも無いのでしょう?。
肉屋も。焼肉屋も。
消費者のほうは、判って来れば、買わない、という手があります。
多分、一回くらい、二回くらい、セシウムを含んでしまっていた餌を、飼い主がくれたので、もにゅもにゅと食べて、大きくなった牛さんの肉、食べたって、どうということは無いと思う。
私食べますよ。
でも、自分で作らないかなしさ、食べるものが無くなってゆくかも。。。
もーさんたちのことばかりであるはずもなく。

自分は、ものすごく、食べすぎなくらい食べて来たけど、孫たちは、と、考えます。
空腹感など知らずに育っていて。
もったない、という言葉は、ばあちゃんっ子の宿命、しっかり言われ続けて来ているが。
まあ、考えても仕方ないですか。
日本人の歴史の中でも、こんなに「飢え」に無縁だった時代は、ここ数十年のことにすぎないらしく。


出荷ストップ致し方なし。
で、どうされるんだ?。

子供達、おしっこにセシウムが出る、鼻血が出る、どうすればいいんだ?。

ひんしゅく覚悟で言いますと、自分のことで言いますと、過去、あまりにも身の周りに「どうすればいいんだ~」ということが続いて、ぼおっと、感覚を麻痺させて朝や夜を交互に送っていた時期、世界や国内で何が起こっていようと、ふ~ん、へ~え、それ何だ~、という感じでしか無くて。
誰が何で頑張って、どんな御褒美もらいはって「いま、悩んでいる誰かの」とか「何かの励みになってくれれば」とか言われたって、アリガトウ、とは、思えなかった。
ただ、その時の悩み、しんどさが、どうにかなってくれないかと、それしかありませんでした。

大きな事が起こって・・天災など・・初めは、みんなの大変、みんなの苦しみ、であるのだけど、少しずつ、個々の苦しみ、、個々の不幸に変化して行く。
みんなが大変、なうちは、頑張り易いですね、きっと。
バラけてくると、取り残され感・・・。

私には難しいことはわからないのだけど。
低温冷却ができるようになったら?、20キロ圏内の、警戒区域の方々が、帰れるように?とか、言っておられる方がいますね?。
一人で、独断で、発言してるんじゃあないよね。せいふの人ですもの。
それ、どういう意味か、わからない。
近くにいる人の背中なら、何いってるんだよ、とか、ぱーんと張り倒しちゃうかな。

ぐたいてきに、可能かどうかなんて、そんなこと。
だけど、忘れてはいません。
まだ寒かった時期に、無遠慮な不躾なテレビ局のハイエナ・マイクを向けられて、お行儀よく固い床に正座されて、
「いつか家に帰れるなら、我慢しています」。
そう言っておられた、東北の、我慢強いばあちゃんの顔と言葉を。
返して差し上げられるのか?無理でしょう?。

やさいさん、正直、汚染されていないところなんか、無いと思います。多いか少ないかだけ。
田んぼの稲ワラに積もって行っていたセシウムが、私たちみたいに、他のものは要らん、欲しいのはベヨンだけ!と、稲のワラだけををセレクトして寄って行ったとは考えられない。

この四ヶ月で、私が聞いて恐ろしかった言葉の幾つか。
どうして石棺にしなかったのだろう、という問いに「そんなことしたら利権がまわらない」と返ってきた言葉と「誰が、どれだけ、どうなろうと、変わらない、動かないものがあるんだ、現実に」という言葉、「長引こうがどうなろうが、それで大儲けするところがあるんだ、そちらの世界の力で動いて行くんだ」そして数日前に聞いた「いろいろな国の、何かの時の取り決めがあって日本はいま、世界中の普通の人に笑われながら、その取り決めに従ってものごとをしようとしているんだ、そうでなければ、隣の独裁国と同じ扱いになる、みんなと一緒にやって行けなくなるのだ」という言葉です。

こういうことばかり考えて、書いて、どうなるんだという惑いもあり、珍しく思いにふけっておりましたが、ええい、これでいいんだ、好きなようにやって行くじょ。

太陽光発電ね。
クリーンでいいですって。
でもやっぱり、お金を持っている側がお金を受け取り、持ってない方が今までより沢山払う。そういう図式で、新たな利権構造が発生すると聞きました。

やさいさん。

ロッテ歌のアルバム。
玉置宏さんの流れるような司会。
と、しゃぼん玉ホリデー。
ザ・ピーナッツの、フィナーレの歌まで、食い入るように見て(聞いて)いました。
とってもしゃれた番組、と当時、読むと、そうよそうよ、えっへん、な感じで(爆)。
ピーナッツ、すごく若かったと思うが、歌、うまかったですね。
「恋のバカンス」「恋のフーガ」。今、ピーナッツの歌、あれこれ聞くと。出て来るアクセサリー、圧倒的に「真珠のなんとか」が多いんです。
今みたいに、これでもかーって、アクセ、無かった時代で。
ウナセラディ東京もいいな。
「ザ・ベストテン」も、欠かさず見てたです。
寺尾聡さんの「ルビーの指輪」、ねんねこ袢纏着て、娘をおぶって買いに行った記憶。思いだすと笑えます。

月に一度、数十年来の友人と、カラオケします。
歌はいいな。やさいさんも、相当、歌がお好きそうと、にらんでましたよー。
何かあると、すぐ、歌のフレーズが浮かびます。

ぜんぜんお呼びじゃないんですが。
 ひとは~山谷を悪く言う~ 
 だけど~俺たーちーいな~くなりゃ~
 ビルも~ビルも道路も出来やしねえ~
 だ~れも~わかあっちゃ~くれねえが~
という歌、妙に気になってね。
岡林信康という人の歌でした。

わけのわからん青春時代でしたわ。
一緒に歌いたいな。
せーの!
馬鹿にしないでよ!

ねえ、えまさん。
えまさんの、愛しい弟さんやそこのお子たちの幸せ。
守ってあげたい、幸せ。
きっと、ぜいたく言われないと思うんです。
普通に、家族で、元気に、まじめに、朝を迎える、夜にはまた家族がそろう。
一緒にごはんを食べる、テレビを見て笑う。

枝野官房長官が、奥さんとお子さんを海外へ逃がしていたと報道されていたことについて「東京に、家に、ずっといる」と仰って、報道した側を訴えるとかいう報道がありました。
そりゃ、嘘の報道には立腹されるのもわからないではないが、大丈夫、な東京に、ご家族おられたのは、普通のことではないですか。
なんでそんなに腹が立つか、理解しにくいですね。
公の立場の方も大変でしょうが。
大丈夫では無かったですね。

牛には罪は無いな~、どう考えても。










スポンサーサイト





  1. 2011.07.20 (水) 07:55
  2. URL
  3. yuuta
  4. [ edit ]

No title

KUONさん おはようございます
台風の影響はいかがですか 雨が凄い降ってますね
被害がないといいのですが

山谷ブルースの岡林信康さん 一度歌を聞いたとき
この人ってどんな人だろう、、ととても興味を持ったのを覚えています
ほとんどマスコミに表れない方でしたよね

馬鹿にしないでよ
そっちのせいよ~ そっちのせいよ~
こっちはどうすりゃいいの~


枝野さんのお子さんが海外に、、、という話は
もうもうもう~~  震災の直後から聞いてましたよ
他のかたの家族もです、、、

テルテルのママ友から、、、
その方も脱出できるならしたい
ご自分のお国へ子供を連れて帰りたいと
でも、仕事もあるし家族単位でなくては、、、

だからここで頑張りますと
知り得るかぎりの情報をお知らせしますと

私はその方のお名前もお顔も存じませんし
知らないほうがいいんですよね
お国でこのような行動をとったら捕まってしまうのではないかな

海外なり 遠地なり 行ける人は行ったらいいと思う
ただ 自分がそのように危険を感じているのに
大丈夫だ ただちに影響はありません
それはないだろ!
もっとはっきり 危ないんだ みんなできる限り防衛してくれ
って なぜ言えないんだろう




  1. 2011.07.20 (水) 11:07
  2. URL
  3. えま
  4. [ edit ]

kuonさん  おはようございます。
台風大丈夫でしたか?

ホント牛には罪も無く
農家の方にも罪はないです。
何でも食べます。
だって食べられるもの、本当になくなるかも。

最大限の可能性、危険を回避するための動きを
国がしないで、誰が国民をまもれるのでしょうか。

yuutaさんが仰るとおり
せめて、はっきり危ないんだって言って欲しい。

今更言えない?
今更言ったら責任問題に発展するからか?
潔さが全く無いから、あきれるし、絶望的な気持ちにもなる。

誰も、責任とれって言ってるんじゃないですよね。
命を守りたいっていってるんです・・・それだけです。

私も歌大好きです。
カラオケに旦那と行きます。
百恵ちゃん世代です。

馬鹿にしないでよ
そっちのせいよ
ちょっと待って
プレイバック プレイバック

プレイバックできたら〇電さん、
ちゃんと本当の事言ってくれますか?

虚しい事いってますねスミマセン
頭の中がv-20じゃなくてv-474になってます。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・