FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 旅のこと、とか
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

明日は広島へ

おととい八日、奈良・西の京の薬師寺で、東日本大震災の犠牲者の追悼法要が営まれました。

2011年の3月11日。

宮城県の南三陸町で「高台に逃げて下さい」「6メートルの津波が予想されます」「異常な潮の引き方です」「逃げてください」30分間、防災庁舎から無線で避難を呼びかけ続けた当時24歳の職員、遠藤未希さんのお父様が、被災者遺族として、娘さんへの手紙を朗読されました。

初めて授かった愛娘。その娘さんが、ぎりぎりまで町民に対して非難を呼びかけ続け、やっと逃げた姿は目撃されたものの、行方知れずになって。およそ半年後に見つかった。

足首に残されていて、身元確認の目印のひとつになったミサンガは、新婚の夫さんからのプレゼントのものだったそうです。

以下は新聞記事からの引用です。

「大地震でよく声を出して放送したね。怖かったよね。逃げたかったよね。それでもあなたは冷静に避難を呼び掛けた。本当にご苦労さまでした」。

「高台に逃げて下さい、という声は、これからくる大津波で第一に命を守るという防災の教訓になる。姿は見えなくても心の中にずっといる」

・・・などと、語りかけられました。

未来に希望を持って生きてほしいと「未希」と名付けられたそうです。<今、あなたから教えを受けています。いつでも一緒だよ>と読まれたお父様。

言葉もありませんでした。




さて。明日、私は、広島におります。

ひょんなことからそうなりました。

今まで、あのドームの下に立ったことはあったのに、資料館に足を踏み入れることが出来ませんでした。

明日は、その中へ、と思います。

私の母は、私が生まれる5年前に、偶然居合わせた広島で被爆しました。

自分からそれについて話すことはありませんでした。私の二人の姉は、母の被曝前に生まれていて、何も知りません、今も知りません。私だけが、知っていることなのです。奇妙な気持ちです。

このところお天気の具合が気難しく、明日は寒いのか温いのか、何を着て行けばいいのか。さっぱり予定が立ちません。

明日の朝、決めることにしましょう。

侍ジャパン、今日の試合にも勝てそうです。


スポンサーサイト






 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・