FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 今の思い
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

自然的に


40年もナースを続けているかつての同級生が、奈良に来たからと連絡をくれていたので、懐かしく昼ご飯を共にしました。

一緒にいたのは2時間ほどでした。彼女は、流産が増えている傾向だ、もっと増えると思う、と言っていました。現在は、関東の方で、産婦人科病院の婦長(師長)をつとめている人です。

妊娠初期の胎児は、自分に具合のわるいものに影響を受けてしまうと、流れ易い。

放射能や今いうPM2,5などに、強い影響を受けると言っても、生まれて来るまでに流れてしまう子が沢山いる、それも自然の摂理。

私にも流産の経験があります、自分には平気なものではなかった。

次の子は、生まれて来たが、心臓に問題を抱えていて。

胎児の性別も、秘めている疾患も知り得なかった頃のことでした。自分を責めるしかない若い母親でした。

そのような頃より、倍くらいの数の自然流産が今はあると、同級生は、あくまで淡々と話すのでしたが、中絶も多い、と言った。そして別れるまで彼女が話し続けたのは、出生前診断の最新の在り方や起こって来る問題について、でした。

複雑な思いで私は、話に耳を傾けていたのですが、実際に現場にいて、さまざまな母と子の在り方、加えて、力を持つ祖父や祖母の思惑が入り乱れて、お腹に授かった子を、ただ楽しみに待つ、という自然のことまでが、現実的に中断されたりしている、そんな話に、口をはさむことは出来がたいのでした。

男の子なら産みたい、あるいは女の子しか産みたくない。そういう選択を、夫婦で普通にする時代であると。

産み分けはまだ出来にくいので、つまり、胎内で性別が判れば、必要とそうでない、の選択を、という話なのだそうでした。身震いしました、わたし。


やさいさん。

<同じ感覚の方がいて、良かった・・です!>

そのお言葉は、私の方が言わせてもらいたいことですよ!。

・・・暗いことや、おどろおどろしいことばっかり書いているなあ、わたし・・・と、自分のことをうなだれていて・・・。コメント嬉しかったです。

と言いながら、日に三人の死刑執行、について。

仰る通り、ハンコ押したくないから、先送りして来た。それは事実でしょう。嬉しいことであるはずがない。が、その職についた以上・・・。なんて書くと、ひどい、とか、言われるのかな。

ひどいこと、というのは、別の方向にあるはずなのですが。

政権がくるくる変わる現状、いや、今までの状態ですと、大臣でいる間は知らん顔していよう、と考える方が・・おられないとは信じたいが・・あるいは、さて大臣になった、嬉しいなランララン、仕事は何をするんだ、えええええ。もう、交代するの?ボク、みたいな・・・これも「ひどいこと」の一つではないのでしょうか、どんなことでも、最低3年、頑張らないと何も出来ないとは、普通に考えられる範囲だと思うのですが・・・逃げていたい法務大臣のおかげ・・・せい?で、死刑は、なかなか執行されずに来た、という面があるのは、現実のようです。

記憶が間違っているかも知れませんが、いつ、どういう順序で死刑を執行する、についての、決まり事って、とっても少ないようで。

死刑廃止を言う人によっては、刑を実行する公務員の精神的苦痛を考えろ、なる意見もあるんです。

何人もの人間が、同時に同じ動作をすることで、具体的に、実行されたのは誰の動きによって、とは判らない仕組みだそうです。だから執行人の苦痛は無い、と断言はできませんけど。大変なお仕事と思いますけど。なんか、変、そのリクツ、わたしには。

そういう理屈が、へきえきだと、思うんです、私。

人権派と自称するひとびとのこねくり回す変な理屈。被害者は、そのことでまた、傷つけられる。



スポンサーサイト






 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


<<思い  | BLOG TOP |  人形>>

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・