FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 3
  4. [ edit ]

今日も元気に暮れそうです。

私の場合、どの状態が「元気」なのか、漠然としているのですが。
クルマにはねられず、財布も落とさず、夕方帰宅してごはんを頂き、こうしてパソの前に座れて「よかったあ」という感じが、今日のそれですかね。

コメントの管理、というところへコメントくださっていたディランさま。
えー。お申し付けは、承りました~。よーく解りました。
来てくださって、とてもありがとうございます。

同じくnaomiさま。
清水の舞台から、えーいと飛んでのコメント、ありがとうございます。
私も、やさいさんに初めてコメント送信したときは、どっきどっき、あと、躁状態でしたよ。視界が開けたみたいで、毎日がとても楽しくなりました。
私も内気者ですし・・・むむ・・・信ずる者は救われる・・・だあは~。
また書いて下さいね。
お待ちしております。
あんなに内気(しつこい)でしたのに、なんと、ブログなんてものを持ってしまいましたよ。

sarahさま。
来てくださってありがとうございます。
毎日、信じられない、というか、それ、ダメ、そんなのいけない、ということが、目に耳に入って来ます。

今日は仕事で大阪へ出ました、大阪の街は、にぎやかで人が多くて、ハイヒールはいた妊婦さん、転びそうになっても、お腹に手を当ててぐっと踏ん張り、見ていたおばちゃん(わたし)のキモを冷やしたなんて、てんで気づかずにまた歩いて行かれ、特に変わったことなど何も無い、ように見えました。
私の周囲は、変わっていないように「見えます」。
この二ヵ月半、ずっとそうでした。
その間に、沢山の動物たちが、お腹を空かし、飼い主を見失って不安な気持ちで。
sarahさまが「忘れない」と仰るつらい現実が、山ほど、あった、あるのですね。

ぜんぜんバロックやロココでない種類の本なのですが、あえてご一読をお勧めしたい本があります。
芥川賞作家の、辺見庸さんの「もの食う人びと」という本。
絶対、sarahさま向きでないと思う、けど、あえて今、どうでしょうと。
お厭なら、もちろん無視してください。
中に、チェルノブイリ原発四号機が、事故の後「石棺」にされ、一旦退避したが戻って来た村の人々が、訪れた著者に、森で採れたキノコなどの料理をふるまってくれる様子が描かれています。
リアルです。
私は、何年も以前にこれを読み、最近また読みました。
私の読後感などどうでもいいですが、この本、他にもいろいろな場面が描かれ、著者は、売られていた残飯を食べたり外国の塀の中の食べ物をお相伴したり、しています。
グルメ本の対極にあるような本です。
なんで、こんなこと思いついたのか自分にも不明ですが、sarahさまが泣かれても、お勧めしちゃったので、消さないでおきますね。
ひどいことしてごめんなさい。
嫌われるかもしれませんね(好かれてると思ってるのか((怒)))発言ですね)。

週間文春、週間新潮、週間現代、週間毎日、週間朝日(は読まない。きらいだ~)ねど、読み比べて、いつも感じることをまた感じました。
お互い、ライバル(かなんだか知らんけど)の足を引っ張ったり、揚げ足取ったりおちょくったり、で多くの前半の記事が構成されているのはいつもと同じ、学者の意見も、ライバルが聞いてるのと反対側の意見を出そうとしてるのもいつもと同じ、管はだめだ、あかん、と言ってるのは、少し似ているのかな。
男性週刊誌って、万年野党の某政党と同じで、言いたいこと言い放題。
自分もそうですけど。
スポンサーサイト





  1. 2011.05.27 (金) 02:05
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

本のご紹介、ありがとうございます

むむ・・・、ヨンだことのない分野の本かと・・・。
心に余裕ができたらと・・・、心に留めておきます、ありがとうございます。

ドイツとスイスが脱・原発に大きく舵を切りました。
この動きが世界中に広まってほしいと、ただただ祈ります。
あまりにも大きな犠牲の中、一筋の光明です。
  1. 2011.05.27 (金) 09:45
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011.05.27 (金) 10:12
  2. URL
  3. stainless steal
  4. [ edit ]

無知ですが。。。

おはようございます
KUONさん ご存じな事だとおもいますが。。。

先日 奈良で 2500年前の 地層から 本当にきれいなままの クワガタの化石が 発掘されましたね

凄い事だな~素晴らしいな~v-10
記事を読んだ時は 無邪気に子供の様に 嬉しかったんですよ ですが。。。
ほんの 2mほど掘った土が 縄文時代!!

素人は 思う。。。

後の人々が 何かの理由で 土を掘ってみたら
原発ごみの不法投棄で。。。v-40

残留濃度が 高くて 作業に当たった方も その土地の近隣住民も 強制退去 作物も不可v-12

無知な故の 想像ですv-27

ですが ごみの不法投棄は全国規模ですよね
絶対安全 管理してます と 言われてもね

どうなのよ? ほんとなの? 信じられないでしょ?

と また 無知で素人は 思うのですねv-15

縄文人も つい近代までの人々も こんな危ない物体とは 付き合いがありませんでしたよね。。。きっと
安心して 発掘出来ましたね クワガタv-238

極端な想像でしょう?
でも どうなんだろう ありえない事と 自分を言い聞かせられない。。。

勉強すれば むやみな心配も なくなる?

否、 お上は信じられないv-38

一生懸命 必死で後作業に関わる方々の努力に 涙が出ます。。。

でも お上は 駄目v-40

クワガタ化石ひとつで こんなつまらない想像をするなんて。。。
すごい すごい と 子供の様に喜ぶだけでいたいですね 気づくんじゃなかったです

つまらない 話を ごめんなさいv-13


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・