Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARTICLE PAGE

上善如水

部屋の中には、しゅんしゅんと湯の滾る音。

障子越しに、もうすぐ春、と予感させる柔らかい日差し。

誰も他にいない、私だけがいる世界、なんて贅沢な土曜日のひととき。

で。

で、の意味は無いのですが。汗。

で、老子です。

久しぶりに触れて、はああ、ええなあ、と。

私は、この中国の哲人とは、対極にいる人間だと、かなしいかな自覚しておりまして、だから、老子さまに触れると、何度でもいつでも、ええなあ、と、感じられるのではないかしら。

聖を甘受できるのは、己の俗の部分なのでしょう。

あ。いま、すごくいいこと↑、考え付いた気がする。うふう、うふふ。


以下、老子さまのオコトバより。



河や海が数知れぬ渓流の

そそぐところとなるのは、

身を低きに置くからである。


同様に賢者は、人の上に立たんと欲すれば、

人の下に身を置き、

人の前に立たんと欲すれば、

人の後ろに身を置く。


かくして、賢者は人の上に立てども、

人はその重みを感じることなく、

人の前に立てども、

人の心は傷つくことがない。


--------------------------------------------------------------------------------


自分の心がしっかりと落ち着いていれば、

どんなことがあっても、

深い谷のように、流れる水を

静かに受け入れることができる。


--------------------------------------------------------------------------------


言葉にうまく表現できないものを、

あたかも見てきたように流暢に話せること自体が、

道を知らない証拠である。


--------------------------------------------------------------------------------


つま先立ちする者は、長く立っていられない。

大股で歩く者も、長くは歩けない。


--------------------------------------------------------------------------------


自分自身に満足することができ、

誰とも自分を比べず、誰とも競わなければ、

誰もがあなたを尊敬してくれることだろう。


--------------------------------------------------------------------------------


誰かを深く愛せば、強さが生まれる。

誰かに深く愛されれば、勇気が生まれる。


--------------------------------------------------------------------------------


自分の才知を見せびらかすのは、やめなさい。

たとえ才知があっても、世間一般の人たち、

あるいは常識と同調して生きなさい。


--------------------------------------------------------------------------------


水は丸い器に入れれば丸くなり、

四角い器に入れれば四角になる。


万物に恩恵をあたえながら、

少しも自慢することなく、

つねに低い所へ位置する。

そのあり方はきわめて柔軟で謙虚だ。


それでいて硬い岩でも打ち砕く力を秘めている。

一見、主体性がないように見えるが、

その実つねに低いところへ流れようと

強固な主体性を秘め、

何も為してないように見えながら、

万物に恩恵を与えている。


時には水蒸気となり氷となって、

その姿は臨機応変、自由自在。

人間もかくありたいものだ。


--------------------------------------------------------------------------------


今持っているものに満足し、

ありのままの姿を喜びなさい。


何も欠けていないと悟れば、

全世界が自分のものとなる。


--------------------------------------------------------------------------------



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment