Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARTICLE PAGE


中国人女性、Eさんから、プレゼントが届きました。色彩のとても美しい陶板画、お菓子、お茶。

お茶は、ぎゅっと固められていて、大きめの厚めのボタンみたい。薄い紙に一個ずつくるんであって、それが100個、細かい刺繍を施された袋に入っています。

ストーブの上の、煮出し専用のヤカンに、ぽん、と入れて、濃く煎じて飲んでいます。コーヒーみたいに真っ黒いお茶になっても、優しいのど触りです。

暮れに、恒例のクリスマス・カードをくれていて、そこには、こんなことが書かれていました。

<政治のことで、日本といろいろ、困ったことになるのは悲しいです。日本には〇〇さん(私ら夫婦)や学校の時の友達が沢山いて、私はそんな人たちが大切・・・>

私も書きました。政治のことはともかく、Eさんは、いつだって私たちの、忘れがたい中国の友人です・・・。

文化大革命ですべてを奪われ、家族ばらばらになり、そんな中で、勉強したい、学問をしたい望みを持ちつづけて、ちょっとした縁で、私たちが、日本での保証人にならせてもらった人です。

誰も知った人のいない日本で、頑張って大学、大学院と卒業した。

始めて大仏殿へ一緒に行った時。

大仏様の巨大さもさはさりながら。あちこちをちょこちょこ歩いている鳩を見ながら。

「日本人はどうして鳩を食べませんか」

と首を傾げていた。

夏の熱い夜、アイスクリームをみやげにアパートを訪れたら、上半身、何も着けないで本を読んでいた。暑いですから。服は要りません。なるほど、と思った。

美しい日本語を話し、日本語で論文を書き、同じく留学生だった夫さんと日本で結婚し、一人息子を授かり、その子が小学校に上がる時点で、中国へ帰りました。

子どもは、中国で教育を受けさせたいと。

・・・そのEさんは、上海で、しっかりした生活を営んでいるんです。11年の東日本大震災の時にも、丁寧な見舞状をくれた。

「日本人が怒っているとか全く報道されませんが、言論統制があるのですか、規制がかけられているのですか、中国にいるアメリカ人やフランス人は・・・・こんなことを言っています」

と、教えてくれたりしました。やはり国外の人が、本当のことを知っている、と感じました。





スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment