FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 悲しいこと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

悲し過ぎます、今度も。

クラブ活動に一生懸命だった少年は、悩んで、悩んで、自分の生を終わらせてしまった。

自死する人の気持ちなど、誰にもわからないとは思うけど。

報じられていることからだけ、想像してみても。

主将を、止めようとか、止めろとか、さんざん迷い、苦しんで、それでも、続けようと努力したのだと思う。

その意志を告げて、顧問教師に言われた言葉が「じゃ、明日からも殴られていいんだな」だった、とか。

沢山殴られて、体の痛みもそうだけど心の痛みが、とか、きいた風なことを言う人間がいる。

そうかな。

殴られたら、痛い。何十発も殴られ続けたら、イヤになってしまう、精神がどうだとか、そんなんじゃなくて、ただ、もう、殴られるのはイヤだ、辛い、という気持ちになるんじゃないかな。

一発殴られたって、忘れられない。そこにこもっている「負」の思いが、全部わかるし。とにかく、痛いし。痛いんですよ。ビンタ張られたら。どうしてそれをするかな。旧の軍隊でやっていたという、それを、いいと思えるかな。。

当たり前みたいに、どうして、人の体を、思いきり殴ったりできるのだろう。大きな体の、強い男が、十七歳の少年を。

愛の鞭って、嘘だ、そんなの。殴ることが普通に、当たり前になってしまっていただけのこと。自分だって痛いんだ、なんて嘘。殴るより殴られる方が、実際、痛いに決まっている。人前でそれをされる、気持ちだって傷つく、見ている誰もが助けてくれない。どうしようもないではないですか。

・・・少年は、主将を続けるんだな、明日から殴られてもいいんだな、と、言われて。

もう終わりだ、もういい。そう、思い決めてしまったのではないかな。

お母さんは、深刻な顔で帰ったとは、おっしゃっていないし。心を決めてしまっていたから、既に抜けてしまっていたんだ、きっと。

可哀そうで、悲しくて、涙が出ます。

クラブを放り出したり、主将の立場を放り出したり。大人が、死ぬくらいなら放り出してもいい、などというような言葉は、わからないんだ、きっと、真面目な、一生懸命な子だったんだ。

可哀そうでたまりません。

顧問も、教師も、みんなみんな、隠せるものなら隠したかった、だから、少年が無念の思いで死んだ後も、黙っていた、嘘をついていた。そしてようやく、いつものように、少しずつ認めて行く、みたいなことになっている。

生んで育てたわが子を、こんな形で失って。嘘をつかれて、ごまかされそうになって。

お父さん、お母さんの気持ちも。

家族に遺書をのこして逝ってしまった、十七歳の命を思うと、ただ、可哀そうで、悲しくて、たまりません。

スポンサーサイト






 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・