FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 今の思い
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

うどん ドーナツ 牛乳


連休は多分仕事なので(って、なんで言い訳しているのでしょう、わたしは)、今日はバーゲンセールへ行ってまいりました。

近鉄百貨店のバーゲン。服やバッグの買い物ではないです、残念ながら。

わが家は常時六人の家族がおり、まれにもう一つ、口が増えます。米や水や牛乳など、重いものは生協に頼んでいます、かさばる物も。それだけでは賄いきれない食材を、他のスーパーでも調達します。醤油や味噌は、慣れた味のものを使いたいし。

で、毎年二度ほどの楽しみは、近鉄のバーゲン、それも、お歳暮ギフトの、時期を超えた商品の、大放出なのですね。

家族みな、よくコーヒーを飲むのですが、若い人たちは、インスタントでちゃっちゃと作って、まことアメリカンな喫し方。それ用に、瓶が六本とか八本入っている箱を、幾つも買う。これ、うふふ、メーカー品が、半額なのです。それと、日清などの油も、沢山入っている箱を幾つも買う。カートにどっさり積んで、よれよれと、催し物会場を巡ります。

少し欠けている分厚いどんこしいたけ。いいダシの出そうな身厚の昆布の、耳付き。上等のくず粉とか、かなり引かれているそういう物を籠に入れ、ディチェコ(でしたっけ?)のパスタとか、本来はすごっくいい値段の(と言ってもしれてるんですけどね)オリーブオイルを、割安に買う。うふふ。これ楽しい。大好き。海苔も、考え込む値段のものを、いつものより少し高価につくだけなら、こういう時には、買い、だ。毎回出ていて、毎回必ず買うハムも、忘れず取る。

北海道から来ている美味しそうな生鮭、カマに近いとこ、と頼んで買います。白いご飯に鮭は、うちらの食生活の原点ですばい。

と、楽しく浮かれてウロウロして、生鮮物以外は送ってもらうことにして、おやつに蓬莱の豚まん買って(これが愛しきジャンクフード)、今日はそのまま帰りました。

Amazonで本を頼んでいたのが、届いておりました。

「変な給食」幕内秀夫・著。

思いっきりストレートな書名です。

不思議な食べ物や食べ方についての本を読むのが、止まりません。

この本も、う~~~む、と、うなったりもして、すぐに読了。うちの孫どもは、こんな極端な給食ではないな~。これは、断りにもあるように、ある種選ばれて、すごく変、なメニューが挙げられているからだよなあ。

だけど。

皆様。家の孫たちの、小学校の給食は、ご飯が出る日にはほとんどすべて、麦ごはん、なのです。

自分で混ぜるちらし寿司の日も。自分で乗せる何とか丼の時も。麦ごはん。

栄養的には、あり、であろうが、私の感覚では、寿司に麦ごはん、は、いかがなものか、という思いがある。ビタミンB(でしたっけ?)の欠乏を予防する、と・・・しかし、寿司に麦ごはん、は、自分的には、う~~~~む。

・・・など、常々、疑問は抱きつつ、バランス考えて、あれだけの給食費で、牛乳までつけて出して下さっているんだ、と、感謝の方向に、オノレの気持ちを向けるべく、つとめておったのでしたが。

今日来た本に、カラー写真であげられている給食メニュー。

少し、並べさせて下さいませ。各、一食分です。

〇生クリームサンド。やきそば。牛乳。

〇カレーうどん。アメリカンドッグ。小倉白玉。牛乳。

〇黒糖パン。桜エビのかきあげ。みそ汁。牛乳。

〇食パン。あげしゅうまい。おぞうに。スライスチーズ。みかん。牛乳。

〇冷やし中華。原宿ドッグ。牛乳。

〇コッペパン。肉じゃが。みたらしだんご。牛乳。

〇みそラーメン。手作りあんドーナツ。くだもの。牛乳。

エトセテラ、続いて眺めて来て、新潟県の三条市の取り組み、としてピックアップされているメニュー。

〇ごはん。さけとしめじのみそがらめ。いそかあえ。いものこじる。牛乳。

〇ごはん。ホッケのしおやき。ピ-ナッツなます。ぶたにくとさつまいものうまに。牛乳。

・・・などを見て、ほおっと、安堵の思いがこみあげたのでした。

これは自分の感じ方なので批判するとか、そんな気は無いけれど、現代の子どもが、こういう給食で育って、自分の家庭において、無茶な食生活の中で大きくなっているのも、むべなるかな、と、うなずく思いでした。

いま幼い子たちの、親の世代が、すでに、こういう風に育ってきている。

そしてずっと考え続けているのは、やきそばとおにぎりとか、カップ麺とコーラとか、たまの休日ならともかく、全く野菜を摂らない、バランスも考えない、そういう食行動が常態化しているとしたら、放射能の問題なども、ものすごく気にする人々と、全く無関心にスルーして行く人々とは、大きく分かれているのだろうな、ということでもあります。

食に関心が無い、ということは、そういうことでもあるのだろうな、と、勝手に、お節介に、少しだけ(だって「家族の勝手でしょ」らしいから)胸を痛めております。


唐突ですが、教育委員会など要らない、と、わたしも思う。ずっと思っていた。
これ、ひとこと、申し上げたかったです、ふう。


ソナチネさん。

ありがとうございました。

点と点が、うまく結びついて、日本の水が、少しでも、少しでも・・・と、願いますね。



スポンサーサイト






 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・