FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. ノンタイトル
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

熱い思い熱いコーヒー

古い友達が電話をくれました。

「二人行けんねんけど、誰も他にいてへんねん、あんた、私と一緒に南座、行かんな~」

歌舞伎を「おごって」くれたのでした。この「行かんな~」と言うのは、解説しますと、行かねばならない、という強制形になります。

彼女は海老蔵さんのファン。エビのファンになる以前に「いい」と口にしたのは、かつての巨人軍の「悪太郎」、堀内氏のみ。独身時代からの付き合いですが、いろんなものへの好みの基準がどのへんにあるのか、私にはサッパリ、のお人。お互い様か。彼女は、チュンサンよりサンヒョクの方がいいに「決まってるやん」と、言い放った過去を持つ。

私は、歌舞伎もいいな~と思いつつ、そんなによく行けないし知らないので、誰がどう、とも言えない。舞台の真ん中に出ている人は、やっぱり全然光り方が違う、と感じることは出来る。

。。。仕事先から直行ということになったけど、今はそんなに身なりのことを緊張しない、歌舞伎ってほんと間口が広いと思うのは、てんでばらばら、いろんな服装の人が、それぞれ全く気にしない風に集まっておられること。

ぴしっと隙の無い(のだろうと思う)和服姿の人。けっこうタッタと歩いているのに、裾に乱れた感じが無いのに、同性ながら見とれます。

ウェストゴムのズボン(多分)にポシェット斜め掛けの、カジュアルなおばちゃまも。一人で来ている常連さんみたいな方は、そういうタイプも多いらしく。今日はグループの女性たちも多く、きゃーきゃー、あの役者さんこの役者さんのポスター(?)の前で、楽しそうにはしゃいでいた。芝居見物って、女のひとの楽しみなんだ、昔から。

愛之助さんも、出てはるし。

夢のように綺麗で、華やかで、役者さんの体の中に、熱い鉄の棒が秘められていて、その棒は強くとっても柔らかく、自在に役者さんの意志を形に変えているようで、泣く芝居でないのに私は、ぼろぼろと涙がこぼれました。

何か違っていたなあ、と思い・・・自分の仕事や自分の役割を、普通に、真面目にしているしかないのに、なにかおかしな具合に・・思い上がりのように・・力んでいたなあ、と、感じて。

別世界に連れて来てくれた友達に、感謝したことでした。

感謝の気持ちは、もちろん現したつもり・・・帰り道の、喫茶店で、いっぱいの熱いコーヒーを。

喜んで、コーヒー飲んでくれました。

私が御馳走になったのは、歌舞伎そのものと、おいちいもの・みっちりのお弁当と・・お父様を亡くされたばかりの、中村勘九郎さんが、堂々と励んでおられる姿。でした。


で。帰って、フィギュア女子フリーの、後半を見るのに間に合いました。

浅田真央さん優勝。

今日はことさら、美しい真央さんだった。。うっとり。

5位に入った本郷理華さんという選手。うんとお若いみたいの方、根性あってびっくりした。

荒っぽいのは荒っぽいんでしょう、今はまだ、でも長い手足であれもこれも、すべての技をこれでもかあ、とやり切って、なんか、すごいものを見た~。というオドロキ。

白鳥はもちろん美しいのだ、もちろん。でも、バレエのことで言うと、私は、ずっと、黒鳥の踊りにも、魅かれていた。

このすっげえ、黒鳥を滑った選手、本郷さんが、これから、どう伸びて行かれるか、楽しみになりました。


歌舞伎や、スケートや。そういう素晴らしいものを、楽しめて、幸せな日でした。

明日は書けるかわかりません、明日の午後から26日まで、留守にするので、もしかして、メリー・クリスマス、は、申し上げられないかも・・・。


やまねさん。

コメントをありがとうございます。

おっしゃる通りと思います。

信じて、前を向いて。

おいしいものを食べるでもいい、それで、心が明るい方へ戻れば。

ほんとに、そう思います、ありがとうございます。

世界が終る、とかじゃなくて。。そういう感じでも無かったのでも、落ち込んじまいました。

自分の優柔不断な甘さに・・というとまた、KUONちゃんの言い訳が始まってしまうの。

自分の中に太陽を飼うんだ。そうだ。

何も終わってなどいない、こんなに、美しいものはいっぱいあって。とにかく、自分は生きていられて。

。。お寒いので、月並みですが、お風邪を召しませぬように。

私は先日来、あまりお耳に触れさせたくない話ですが、急性腸炎とぼーこー炎に続いてやられていました。

冷えはあかんです。抗生物質がよく効いてくれています。

明日、岩手へ行く予定です、無事に行って帰って来ま~す。
スポンサーサイト






 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・