FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

悲しい。

廃炉まで数十年かかると、ようやく言いにくいことを言い出されました。

想像できにくい話です。
想像したくないです。
私はもう、この世にいないが、生きて、懸命に暮らしている人たちが、いますね、そんな世にも。
いつだって人は、めぐり合い、結ばれ、次の世代を残し、延々と、命をつないで来たんですから。ちょっとロマンティックな言い方、させて下さい、あまりにも酷い現実ですから。

今日やどった命、今日生まれ出た命、今日、初めての一歩を踏み出した命。
そんな命たちを、どうするんだろう。

五年、十年、十五年、とか仰っていましたが、クリアに考えて、本気でする気なら、もう少し短い期間でできるものだと言う人います。希望的観測でなく、させてくれれば出来る。絶対に出来る。

でも出来ない。循環冷却をまた停止している汚染水処理場、あそこも、本気で、クリアに取り組めば、もっと早く、簡単に、余計な費用をかけず、汚泥の処理までを、迅速に出来る。
いろんなことが、任せてもらえれば出来る、と、歯噛みしている人たち、います。沢山。

なぜしないか。

早く片付けると、どこかが、誰かが、お金を儲けられないから。
利権構造に乱れが生じるから。
早くなんて、してはいけないんだ、いま取り付いているどこかは、これで数十年先の仕事まで、確保出来ているんだ。
よその人間なんか入れてやらないんだ、あっち行け、そっち行け、分け前はやらないよ。
分け前欲しいんじゃないよ。ばか。
出来ても仕事をさせないんですよ。がっちり、利権タワーは不滅で、崩壊などさせてはいかんから。

人間が、子供がどうなろうと、誰が苦しもうと悲しもうと、国土が汚れ海が汚れても、そんなこと考えないひとたちがいる、そういう人たちが、大きいものを動かしている。

そういう国なのです。
今の私の、私達の国は、そういう国なんだそうです。

そんな考え方で、わが国を見たくなかった。
そんなものではないと思っていたかった。
でも、否定できない。
ひとびとや牛や、野菜や、コメや、魚、あらゆるものにに、いい加減な人たちがしていること、犯罪だと思う。
犯罪も、大きすぎると、どうされようもないしね。
元・社長さんだって、あの方をどうこうしようとする人はいませんね。土下座させれちゃったけど、逃げられるからいいのか。

めっちゃ黒ココロでおります。
ネガチブだな。

悲しいです。
明日は少し、戻りたいです、元の呑気なヒトに。

消そうかな。
このまま。
悲しい。





スポンサーサイト





  1. 2011.07.11 (月) 12:07
  2. URL
  3. えま
  4. [ edit ]

No title

kuonさん お久しぶりです~v-22

毎日出張先で、携帯で拝見してました。
携帯でコメントできない不器用な私ですみません。
今日の悲しい・・・この記事は
本当に辛い・・・
しかし、事実は事実としてしっかり受け止めます。
ならば、どうするか考えていくしかないですよね。
私は呑気なのかも知れません。それは・・・嘘。

静かな、しかし、強い怒りが胸のうちにずっとあり、苦しいです。
それは何に対して向けられるべき怒りなのか、よくわからなかったけれど、私の中で今はっっきりした気がします。

kuonさん
気が狂いそうなくらいホントは怒っていて、
私の中の価値観がおかしいと国から言われているみたいで、
お前なんてちっぽけな人間は、どうなってもいいんだって言われているみたいで、ホントは絶望しそうです。
だから、気丈に、絶望はしたくない、こんな国に生まれても
まだ、幸せに生きていけたらって思う。
kuonさん落ち込まないでv-409
やさいさん、kuonさんから教えてもらった言葉
[色:FF00FF]クレド サラヤジ

いつも忘れないです。
ありがとうございます。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・