FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. ことばのたのしみ
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

秋のあくび

こんばんは。

肌寒い夜です。本をどっさり放出したのに、またまた何冊も買い込んで、眼精疲労から抜け出せません。苦笑。

石田ゆうすけ、という若いひとの本が面白いです。二十歳代に、七年間かけて自転車で世界を回ったというナイス・ガイで、その間一度も帰らなかった。「行かずに死ねるか」「洗面器でヤギごはん」「いちばん危険なトイレと一番の星空」など、夢中で読みました。

歌舞伎の家のお子のような面差しに、半端でない知性と野性が同居する魅力的なルックスで、それにも魅かれたし(照)、何より文章がうまくて、客観性がしっかりあって、とても繊細なものも感じます。自分自身を見る目が、その距離感がとてもすてきです。

私には、久々にヒット、の作家さんです。

原子力寄生委員会が出した(規制?)データについて、ちらちらテレビも見ましたが、なんだか悲しくなるばかりで、が~っとわ~っと書く気になれましぇん。


お返事書きます。

yuutaさん。

あのね~。もったいない、言うてたら、いつまでも捨てられんのよ~。

使えそうなものは、リサイクルショップへ持って行くし。

からだのことは、さぼりながら、ぼちぼち、しっかり、動かして行きますね。ご心配下さり、ありがとうございます。


ようこさん。

<8月~9月に行われた福島県民調査で
「福島に住み続けたい」6割
その他にも項目あれど
豊かな自然や豊富な農産物など
「震災前に福島に誇れるものはあった」79.6%
しかし
「震災後に誇れるものなくなった」21.3%
でした
「誇れるものなくなった」・・・
この悲しみの深さを福島県民の心の叫びを
わかってほしいです>

・・・わたしは、少なくとも去年の大惨事では何も失っていない人間なので、「わかる」とは、口が裂けても言えない気がします。

ただ、思うのは、福島の方々が失ってしまったもの、あまりにもたくさんのものを、惜しむ、悲しむ、辛い気持ちは、自分の中にも(ものすごく少しでも)あると、申し訳ないけど、感じている・・・。そういう方は、たくさん、おられると、思う。

それと。

福島の方々は、自分たちのせいで、失ったのではないと思います。誇れるものはなくなった、というのは、あまりにも辛い気持ちだ、とも、感じます。誇っていてもいいのに、と思うのは、ちがうかしら。

民謡も、いいものが沢山ありますね。

おっとさんの手紙が、無い、と。

それも何とも言えませんが、この世の人で亡くなった方は、でも、絶対、身近にいる、と信じています。

形のあるものはいつか消える、無くなる、と思うと、そう、私には、考えられるのですよ。

やっぱり、触れたい、確かめたいのは、事実ですけど。


えまさん。

引っ越しは、十日と十一日のようです。ムコ殿は、アメリカの掃除機をもう買い込んだり、お気に入りのマグを注文したりして、ご満悦。嬉しそうなので、こっちも嬉しいです。

時間かけて用意しています。

私も、そんなに健康ではないが、出来得る限り、元気出して行くよ!。




スポンサーサイト





  1. 2012.10.26 (金) 19:53
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012.10.27 (土) 15:38
  2. URL
  3. ようこ
  4. [ edit ]

kuonさん こんにちは

新相馬節、聴きました
こんなにいい民謡が生まれたところなのに・・
想いがあふれます
誇れるものか・・・
ほんとうはたくさんあるんだよね
原発事故イコール福島という
取れないイメージを背負わされて
何事もなかったかのようにふたをして
毎日を生きなければならない県民
負けずにたんたんと・・・と願うだけです。

四国のお遍路さんをしながら
徳光さんが番組で紹介してくれた一句です
あるお寺のご住職さんが読まれました
「曇りよし 晴れてなおよし 時雨よし」
ひようひようと生きていきましょう
と言ってくださっているのでしょうか。


kuonさん
ありがとうございます
ふあんになったとき、かたりかけてほしい
「てがみ」がほしかっただけです
それだけで、いきていけそうとおもったから。

えまさん
ありがとうございます
民宿がいそがしいときに重なった
おっとのかんびょう
今、悔やまれるのは
なぜおっとだけのことをおもってつくすことを
しなかったのか・・
もっといしきしてふたりのじかんを
もたなかったのか・・です
えまさん、大切なご主人と夫婦の時間を
たくさんたくさん・・・ね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・