FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

歩みが進みますように!

いや~、もう、KUONでも姉御でもビクトリアでもミヒ、でも、なんでもええようなもんですが。

KUONというHNは、自分では気にいっている名前ですよ。

KUONはね。KUONもね〔キショク悪いぶりっこですね~これ)今日、のーみそ溶けておりました。
溶けて、シワが、どんどん崩れて流れて、へーたんなのーみそになる。
のーみそにはシワが大切らしいのに。

お腹の脂肪、背中の脂肪、肝臓にへばりついているらしい脂肪、なんかも、この暑さでとろとろ、溶けて流れてくれるなら、この激暑も許してあげてもいいけど。
道路工事のおじさんたち、見てると、そんなに汗もかかないで仕事しておられるの、すごいな~。

福島の現場の方々も、暑さプラス防護服で。頑張ってください、としか言えませんが。

stainless stealさんも、溶けておられましたか。
いっしょやね。何、喜んでるんだか。
仕事も、お子達の学校の行事も、精一杯、しておられるんだ。
いいな~。

<溶けるかと思うほど働いて思いました
頑張って、がんばってる東北関連の人々に
汗の努力の分、歩みが進みますように>

・・・わたしたち(たち、って、勝手に書かせてもらいますが)何の力も持ってないけど、こんな風に思い続けることは出来ますよね。

思うことを、頑張ります。
溶けながらでも、頑張れます。













スポンサーサイト





  1. 2011.07.06 (水) 00:07
  2. URL
  3. yuuta
  4. [ edit ]

No title

KUONさん こんばんは
KUONてお名前 奈良にお住まいのKUONさんにピッタリです
奈良って憧れます 中学校の修学旅行でしか訪れたことないの
一度ゆっくり じっくりお寺を巡ってみたいです

つい昔話をしてしまって そんなのに
丁寧にお話してくださっていつもありがとう

母親は、、どうなんでしょうね~幸せだったかどうかは、、
昔の人は生活自体が大変でしたものね 
幸せを感じるか 不幸せと嘆くかは その人次第ってとこあるでしょう?

母を亡くしたのは小4のときでしたが その時もワンワン声をあげて泣いて悲しかったんだけど
ものすごく体に穴が空いたみたいになったのは中学生の時なんです
その時の家庭環境も影響してたかもしれないけれど
ある日突然寂しくてさみしくて毎日のように泣いてました
泣こうと思わないのに勝手に涙が出てるの
ごはん食べてたのかどうかもわからない 泣いてました
やはり夏だった 
家には地方から出てきて住み込みで働いているお姉さんたちがいたのだけど
そんな私を見て心配して家のものに言ってくれたんですね
急遽長女の所に行かされる事になって突然転校しました
色々ありましたが こうして今いることにいつも感謝するのよ
母や姉たちは 私にとって反面教師の役割
結婚してからの世界が 家族 友達含めて大事な宝物と感じています

ごめんなさい つまらない話して 自分の話はもうこれっきりね
いつも、ありがとう 感謝してます

あ、そういえば その後の面倒をみてくれた叔母は
やさいさんが言われるように 母の事”あねさん”て呼んでたわ

 
  1. 2011.07.06 (水) 02:25
  2. URL
  3. ディラン
  4. [ edit ]

到着しました^^

KUON御姉様

たくさんなのに先に送っていただいてスミマセン^^;
明日いやもう今日、郵便局へ行きます。
いつもいつも、本当にありがとうございますm(_ _)m

今日。。。いや、もう昨日。。。は、
関西方面もやや大きめの地震があったようですね。
大丈夫でしたか?

お辞めになった、お馬鹿な大臣様の辞任会見を見ていて。。。
きっと福島原発も、あんな輩の犠牲になったンだろうなぁ...と
思わずには居られませんでした。。。

政治家なんて、あんなんばっかなんでしょうね、きっと。。。
情けなや日本><

おやすみなさい。。。。。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・