FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. ゆれ・ふら・とーく
  2. tb: 0
  3. cm: 3
  4. [ edit ]

おめでとうございます。

東北地方へ定期的にボランティアに行っておられる方に聞いたのですが。

福島の方々は、いろんなことを、本当に、知らされていないと。

それは私もずっと、そうなのだと聞いていました。

テレビニュースの内容も、新聞報道も、他の地域のものとは違うと。

今回も、痛ましい思いで、知らされていない話を聞いていました。

ただ私は、つめたい人間なのか、一年半たった今でも、当初と同じとは、考えられない。

初めは、情報自体が混乱、錯綜していて、すべてばらばらだったし、ほとんどはテレビを通じて政府の、主に官房長官の大本営発表が、たのみだったということはあったと思います。

今は違います。

女性用週刊誌でさえ(この言い方、問題ありますかね)、先日には「事故を起こした、爆発した原子炉からは、今でも、非常に微量になって来てはいるが、放射性物質・・・セシウムその他・・・は、漏れ出続けている」と、書いています。

今では、情報が届かない、とは、言えないと考えています。なんでこんなこと言っているかと言うと、悔しいからです。

大きいから小さいまで、主に「政治」の都合で。もっと言えば「御金」の問題で。

本当のことが明かされない。それと、お年を召したら、動けない、動きにくいですね、現実に。

政権が変わったらまた、スイシンジャーが大活躍始めるのでしょうね。


今日も青い空。

空を見ていると、なにもかも、夢か幻のようです。

夢か幻ならいいのに。


ノーベル賞受賞の山中氏、本当に胸のすくニュースでした。

日本人として嬉しく誇らしい。

50歳だという氏の、端正なかんばせの、眉が整えられている様子に、二人のお嬢さんの存在と、睦まじい親子関係の今風の雰囲気の一端を垣間見た思いで、ほんのり温かい思いを楽しみました。

優れた方が努力と鍛錬の結果を現されて、とても品のある学者さんが「洗濯機を直そうとしていたら」と、カジュアルに語られるのも好もしく、気分のいい朝でした。

スポンサーサイト





  1. 2012.10.09 (火) 16:47
  2. URL
  3. えま
  4. [ edit ]

v-34kuonさん こんにちわv-34

昨日素敵な充実した旅から帰りました。
本日から、いつもの日常に戻り、
しかし、いつもの日常が大きく変わっていて
それは、自分の頭からもやっと霧が晴れたような
晴天の空が目の前に広がっているよう・・・
永い事土の中で蠢いていた、幼虫みたいな私でしたが
土から這い出して大きな世界に飛び出した感じです。
素敵な旅と出会いに大きな力を頂きましたv-352v-352

さっき、凄い長文でコメントを打っていましたが、
ウトウトしてハッと目を覚まし誤って消してしまい・・・ガ~~ンv-406
諦めず今、あらためて打っていますv-410

yuutaさん、ようこさん
ありがとうございました・・・v-398
本当に楽しい時間と、優しい思いやりの心
おもてなしの心を
ありがとうございました。
はまやさんで美味しい平潟のお魚、沢山のぷりぷりした新鮮なお刺身を、
お腹一杯、美味しい純米酒とともに頂きました。
今度は鮟鱇の季節にまた必ず伺わせて下さいねv-351

yuutaさん、あっという間に時の経つのを忘れるほど楽しい時間でした。
お会いできて嬉しかったです・・・v-351
ようこさん、ようこさんの真直ぐなお人柄
頑張り屋さんの女将さん
エールを送るどころか、私が元気を頂きました。

kuonさん 
本当に本当にありがとうございます。
旅と出会いは素晴らしいものだと
あらためて感じています。

  1. 2012.10.09 (火) 17:42
  2. URL
  3. やまね
  4. [ edit ]

KUONさん、こんばんは。

>政権が変わったらまた、スイシンジャーが大活躍始めるのでしょうね。

でもね・・・

農協さんが脱原発推進に乗り出すそうで、勇気付けられませんか?

大切な農業、国を挙げて育てなくちゃいけません。
原発なんて、とんでもない。

「最終処分方法が決まらないのなら、原発はダメだな」と、ダーさん。脱原発賛成になったようです。
  1. 2012.10.09 (火) 18:10
  2. URL
  3. えま
  4. [ edit ]

再びおじゃましますv-22


今回法事で東京と茨城に住む弟夫婦と再会し
茨城の弟夫婦は東京に住む弟より
放射能に関しての情報をより的確に知っていました。
家族を守る意識の違いが、情報を収集できるアンテナを持てていると感じました。

しかし、弟達はいまだに放射能が出続けている事実に対する大きな不安を抱えたまま、生活を強いられる事にどう、納得していけばいいのか・・・
姉として、伯母として、何ができるんだろうか・・・

本当に泣きたくなりますね。
自分だけ安全な所にいていいのかなあと・・・v-409
でも、私の所が逃げ場所だよと、今回弟達には言ってきました。
姪も甥もうんうんと頷いていました。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・