FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. ゆれ・ふら・とーく
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

う~~~~む。


こんにちは。

気温が低く、汗もかかず、過ごしやすい日なのです。

あたまの中はぐっちゃぐちゃです。

今日の午後二時から三時までの、一時間ほどの間に、私のあたまの中を通り過ぎたいろんな言葉、いろんな思い。

週刊誌を一冊、買ったのです。あまり買ったことのない雑誌。現代、とかいう一冊です。

表紙に、真ん中に大きな文字で、

日本人よ、戦いますか

  中国が攻めてくる

と太い文字が踊ってる。戦いませんよ、何言ってんだぁ、とブツクサ言いながら駅の階段を降り、売店(言い方レトロですか?)見ると、夕刊紙(買わない)の一面に自衛隊がどうとか、せんそうだ~、みたいな記事が。おとこたち、戦争って聞いて、嬉しいのだろうか。

電車が来て乗ったら、ものすごい数の若い娘さんたちが、わーきゃー騒いでいる。

車両変えようかとも思ったが、二駅なのでそのまま、観察させていただく。

みんなお化粧上手、歯も綺麗、髪もつやつや、でも傍若無人。

むっちゃくちゃ、きー、とか、ひゃー、とか、げはははは、とか、そんでぇーカレシがぁー喚き倒しておられました。沢山ひとがいるのできっと、いつもより、普段より、ホントより、集団心理で五月蠅く、おげひんに、高揚してるんだな、と、善意に解釈しておいたばーちゃんでした。

スカートはいて脚開いて、のけぞって笑うのだけは、やめたがいいな、とも思った。

せっかく若くてきれいでフレッシュなのだから。

古いか。この感慨、レトロですかぁああああ。

中韓問題、なんて、よその話なんだろうな。私は、そのうちいなくなるが、あの子たち、これから長いのにな、とか、この心配も、レトロで大きなお世話だな、きっと。

今日は「きっと」が多いな。自分にムリさせてるからだな、きっと。


帰宅して、いつもの癖で、何か所かブログをのぞき(初めはのぞくだけ)、ええっとびっくりのニュースを読む。



(CNN) 
米ペンシルベニア州のスリーマイル島原子力発電所で20日、
原子炉冷却ポンプに不具合が発生し、原子炉が緊急停止した。
米原子力規制委員会(NRC)が明らかにした。

同原発を運営する電力大手エクセロンによると、同日午後2時20分ごろ、1号炉が自動停止した。
この過程で蒸気が放出され、近隣住民には大きな物音が聞こえたが、
一般に危険が及ぶことはないとしている。

NRCによれば、4基ある原子炉冷却ポンプのうちの1基が機能停止したとみられる。
残る3基が作動していても、異常が検出されればシステムが停止する仕組みで、NRC報道官は
「原子炉の安全システムが設計通りに機能していることを示すもの」と話している。

同原子炉の緊急停止は過去1カ月で2度目となる。
8月22日には加圧水用の加熱装置に問題が見つかり、この装置の交換が行われた。
検査の結果、残る2つの装置に問題はないと判断し、9月5日に原子炉の運転を再開していたという。

加圧水型のスリーマイル島原発は1974年から運転を開始し、約80万世帯に電力を供給できる能力がある。
エクセロンによると、20日の緊急停止による停電などは起きていない。

同原発は1979年の事故で2号炉が炉心溶融を起こした。
この事故は現在に至るまで、米国史上最悪の原発事故となっている。



<<<蒸気が放出され、近隣住民には大きな物音が聞こえたが、一般に危険が及ぶことはないとしている。>>>

・・・・・これって。

原発が、ばくはつ、したということではないのだろうか。

アメリカだって、自分の国のこういう事故は、詳しく言いたくないよね、隠しますよね。

・・・きょうは私、それに関するような話で。

「官邸の100時間)木村英昭。著、の中に「放棄」という文字がある。

少し前に、去年の事故直後、東京電力が現場からの「(人員の)撤退}を申し出たとか、当時の菅首相が怒り飛ばしてそんなことはダメだ、とおっしゃったとか、東電は「ウチはそんなん言うてない」と否定したとか、の話が、ありました。

ところがそれは実は、そんなどころでなく・・・という話で。

著者の木村氏は「これは原発放棄事件だ」と、断じておられ、原発を稼働させる資格が東電にあるのか、と。と。と。

日本の良心とも信ずる「たねまきジャーナル」は結局、九月いっぱいで、おしまいになるそうです。

日本に「良心」は無くなるのか、なんて弱音は吐いたらあかんやろけど、ますます無茶苦茶になって来ているとしか考えられない「いま」を、ぼーっと見ているだけでも、思えてしまうものなあ・・・。

yuutaさん。

マミオのことは、話しだせばキリが無いです。

普通にぶちゃいくで、まるっとしていて、脚なども頑丈そうに太くて、という猫が望みだった私のところへ、お腹に赤ちゃんを抱えて(多分)捨てられた、蒼い瞳のシャムネコが、来てくれたのでした。行き倒れみたいな状態で。

うちのソファは当時、濃いめのベージュ色でした。そこに横たわる、シャム特有の焦げ茶とベージュの毛色の猫は、まこと美しく、気品あり、優雅であり、本当に私は見とれる日々でしたよ。

母性的な猫で。幼かった娘がわーんと泣き出すと、飛んで来て、涙を舐めとってくれました。

子どもを、可愛がりたいと願って甘やかしていた私、娘どもは、愛されることを当然のごとく受け止めて育っていた。それが悪いとも思いませんが。

二人の娘に、愛されるだけでなく愛することを教えてくれたのが、マミオ、マミだったと思います。

・・・なんてカタリ出すと、とめどが無い。

子どもも、猫も、お日さまをあびてうっとりと昼寝をし、寒い夜にはくっつきあって眠る。

幸せな時代だったなあ、と思います。

いま、わたしは、私たちがいなくなった後のこの国で、生きて行く孫の世代が、不安でなりません。

どうなって行くんだろう、どうして行くんだろう、と。。。今日はいささかしめっぽくて、ごめんなさい、ですね。


sarahさん。

お部屋、のぞかせてもらって来ました。

私も不安、そしてです。

福島4号機のことに触れておられる動画、いただかせてくださいね。



 福島第一原発の事故から1年半。実は今、同原発の「4号機」が、さらなる放射性物質を地上に撒き散らし、人類を未曾有の危険にさらそうとしている。それなのに国と東電にはまるで危機感がない---。外交官時代から脱原発の志を貫いてきた信念の人・村田光平さん(元駐スイス大使)が、その空恐ろしい実情を語る。

--------------------------------------------------------------------------------



驚くべき杜撰さが明らかになった

村田光平氏(元駐スイス大使)

 去る8月31日、「福島原発4号機の核燃料問題を考える議員と市民の院内集会」が衆議院第一議員会館で行われました。私も特別スピーカーとして出席しましたが、この集会で驚くべきことが判明しましたので、急ぎご報告したいと思います。

 一言で言うと、ここで明らかになったのは、呆れ果てるしかない原発事故処理体制の実態です。事態は放置できないレベルに達しており、世界的な一大事になりつつあります。少なくとも、今の事故処理体制の信じがたい杜撰さが、国内外から根本的に厳しく問われることは必至です。

 こういうと、多くの人は「福島第一原発の事故処理は一段落したんじゃないのか?」といぶかしく思うかもしれません。しかし、実態はまったく違います。一段落どころか、これまでの量をはるかに上回る放射性物質による汚染が、明日にでも起こる可能性があるのです。まずはこのことから説明しましょう。

「福島4号機」の崩壊が招くメルトダウンと世界の破局

 今、世界を脅かしている大問題があります。それは福島第一原発の「4号機問題」です。4号機には使用済み核燃料プールがあり、そこに残っている1535本の核燃料棒がさらなる惨事を引き起こす可能性があるのです。

 昨年3月11日の東日本大震災で福島第一原発が大事故を起こしたのは周知の通りですが、4号機の建屋は、このときの水素爆発で大変傷んでいます。しかも地盤に不等沈下があって、倒壊する危険もあります。

 現在、4号機のプールにある1535本の核燃料棒はかろうじて冷却されていますが、もし4号機が倒壊すれば、冷やす術はありません。そうなると、最悪の事態---核燃料棒が溶け、メルトダウンが起き、膨大な放射性物質が撒き散らされるという、いまだ人類が経験したことがない悲劇が起こります。

 そうなれば、これまで放出された分の数倍、数十倍の放射性物質が拡散し、福島第一原発の一帯には誰も近寄ることができなくなります。すべての人員が原発から撤退しなければならなくなるのは言うまでもありません。その結果、4号機のみならず、1号機から6号機までの事故後処置も難しくなり、全機がメルトダウンを起こす可能性もあります。

 今、4号機も含めて、福島第一原発に残されている核燃料棒の総数は1万4225本にのぼります。米国の核科学者ロバート・アルバレス氏によれば、チェルノブイリの85倍のセシウム137が福島第一原発に存在するそうです。4号機に限っても、セシウム137の量はチェルノブイリの10倍になるのだとか。

 したがって4号機の崩壊は、日本のみならず、世界的な広範囲の汚染を招くでしょう。「究極の破局に繋がることは確実」と多くの科学者は見ています。



。。。。。。。。。。。明日は、元気を出しましょうね。



スポンサーサイト


  1. 2012.09.22 (土) 17:22
  2. URL
  3. yuuta
  4. [ edit ]

KUONさん
マミオちゃんはシャム猫ですか~
高貴さを生まれながらに備えている そんな猫ですね

お嬢さんとマミオちゃんの光景が目に浮かぶようです


これからの日本で、、いえ地球で生きていく人たちの憂い少なき事を、、、と思わずにいられません
思うだけの自分に情けなさを感じたりしますね

ぶれないリーダーが出てきてくれることを願います

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。