FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. ゆれ・ふら・とーく
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

ブルー・コスモス

空が派手に鳴っています。もうすぐ、スコールみたいな雨が来るのでしょうか。

今年は夕立が多いですね。暑い上に、エアコン使って熱い空気を外に出すし、舗装道路も焼けついていて、熱された空気が上空にあがって積乱雲が発生しやすく、それで雨が雑な降り方をするんだ。そう聞いて、なるほど~、と感じ入った私は、理科の時間は空想タイムだったヒトです。

夏休みのばあちゃん業の最後の仕上げに(?)、映画に連れて行きました。「おおかみこどもの雨と雪」。二年生の女の子にも十分わかるし、私にも、十分以上の感動を与えてくれるアニメーション映画でした。

日本のアニメーションは、本当にすぐれていると、感じ入った次第。ここ十年か、もっとか、の、ディズニー・アニメは、主人公の顔のつくり方に、私は、ですが違和感があり、ジブリの作品は、私は、ですがもう一つ自由になれず(何を言いたいんだか・苦笑)、今日のは、とっても素直に入って行けて、最後まで、気持ちよかったのでした。

主人公の「はな」さんが良く、はなさんが恋した「おおかみ男」は、もろに私のタイプで・・・いやあほんま、昔の自分も、出逢っていれば、あの、ひょろっとした、首筋の美しい「おおかみ」氏に、ころんと・・・たぶん、行ってた、ような気分で、楽しかったんです。

切ない話なのですけど。

奨学金受けてバイトしながら大学へ通っていた「はな」さんが、まあ、頑張るお母さんになって。

マイノリティ、と言うとちょっと何か違うかも、とにかく、周囲のみんなと同じでない、違う、ということについて、リアルに感じさせるシーンがいっぱいあって。

他と「違う」どうしの心の触れ合い、とか。

自分無しではいられなかった息子が、手を離れて行くことへの、うーむ、あんまりうまく言えないです。

子どもの独立とか、生きる方向への必死の親の思いとか、いろいろ、思わせてくれました。

何より、画面が美しい。

押し付けがましくなく、美しかったです。


福島県は、県内の18歳未満の子供を対象に、すでに甲状腺検査を行っているんですけれども、
これまでの検査の結果、36%ほどの子どもの甲状腺にしこりなどが見つかっております。


・・・36パーセントというと、三人に一人の子どもさんが、甲状腺の異常を抱えている、という、今までのどんな常識もくつがえす結果が出ているとの、話です。

この、多くは「経過観察」ということだと。

放っておいたら首のしこりが消えていた、という話を、待つのでしょうか。

お父さん、お母さん、じいちゃん、ばあちゃん、暴れて下さい。普通じゃないです。

一番わかりやすい形ではじめに現れて来る、放射能による異常です。はじめから分かりきっていたこと。

それが、どんどん増えて、36パーセントにまで達している。

いろいろ、いっぱい、ひどいデータが露わになって来ている模様なのですが、いちばん聞いて欲しい、わかっていただきたいかたに「届かない」。



今年の八月も、今日で終わりです。

とことん力を出し切る人々に感動したり、先を見る余裕なく足元の火を消したいだけの権力者の愚を見せつつけられたり、溺れるために川へ向かって走り続けるレミングのような、洗脳された集団の姿に呆然となったり、さまざまな思いが胸を去来した八月も、終わり。

少し早いですが、あまりに美しかったので、青いコスモスの花を、配させてもらいました。


  やがて秋……

             立原 道造


やがて 秋が 来るだらう
夕ぐれが親しげに僕らにはなしかけ
樹木が老いた人たちの身ぶりのやうに
あらはなかげをくらく夜の方に投げ

すべてが不確かにゆらいでゐる
かへつてしづかなあさい吐息にやうに……
(昨日でないばかりに それは明日)と
僕らのおもひは ささやきかはすであらう

――秋が かうして かへつて来た
さうして 秋がまた たたずむ と
ゆるしを乞ふ人のやうに……

やがて忘れなかつたことのかたみに
しかし かたみなく 過ぎて行くであらう
秋は……さうして……ふたたびある夕ぐれに――



スポンサーサイト





  1. 2012.09.01 (土) 13:09
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012.09.01 (土) 19:49
  2. URL
  3. えま
  4. [ edit ]

kuonさん 

素敵な詩をありがとうございます。

いっきに、秋の気配の風が
開け放っている窓辺に吹き込んできて、
夏の後姿を見送るような
名残惜しいような

あんなに暑くて死にそうだったのに・・・

人はなんて無いものねだりをしてしまうのか・・・
なんて色々考えてしまう今日この頃です。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・