FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 悲しいこと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

消さないで!



地位も名誉もお金も山海の珍味も、きれーなおねいさんの接待も何も要らん、というヒトは「落とせない」と聞きます。そのヒトが「信念」をお持ちですと、その「信念」の揺らぐことは、持ち主自身の事情でないかぎり、無いのではないかと思われます。

のっけから、えらいことおげひんなはじめ方をしてしまいました、小出裕章・京大助教は、拝察をお許しいただければそんな方で、ですから、とても信用申し上げてまいりました。

小出先生の仰ることを「たねまきジャーナル」で聞かせていただき、学んだり怒ったり呆れたり悲しんだり、していました。

その、小出先生と、この方も普通じゃない燃えるジャーナリスト魂、燃える食いつき鬼(賞賛の意をこめて)、誇るべき関西女性パワー、の、水野さんとの最優良番組(と、私が勝手に認定・えらそーにすみません)である「たねまきジャーナル」が、近々、打ち切り???だとか。びっくり。

なぜだ。

週刊誌の見出し風ではあって、失礼を承知で、ここ数日のこの番組の内容のサワリを、連ねさせてもらいました。


7月18日

大飯原発の場合 1秒間に80トンという海水を引き込んでまた海に戻す 日本にはそんな大河が20か30しか無いというぐらいの巨大な大河を作っている 小出裕章(MBS)

7月19日

六ケ所の再処理工場が1日33京ベクレル(原発1年分相当)放出するしくみ 小出裕章(MBS)

7月25日

高浜原発 再稼働の最有力候補「いくつもの事故調査委員会がこれまでのやり方や組織ではダメだと異口同音に指摘をしている。それなのに今までどおりの組織が今までどおりのやり方で動かすと、いう判断が一体どこから出てくるのか 私にはわからない」 小出裕章(MBS)

7月26日

最悪の核施設 六ヶ所再処理工場の排出規制「濃度規制を外して海へ長い放水管をしいて、沖合で海底から放出。海は広いぜ大きいぜということで薄まってしまうからいいんだよという、そういう規制の仕方」小出裕章(MBS)


8月1日

保安院が玄海1号に「2033年まで十分健全」とお墨付きーー「割れてしまったら手の施しようがない (原発事故以降保安院のメンバーは)全く変わっていません」小出裕章(MBS)




他では聞き得ないことがここで語られていたと思います。

この番組が、なんで「打ち切り」なのかは存じませぬが、黙っていられないので、ここへ「存続を願う気持ち」を電話すると通じるよ、というところへ、電話してみました。

06-6359-1123

電話はすぐに毎日放送へつながり、電話の大変ニガテなわたしが、もごもご言っても、丁寧に「担当」のところへつないでくれました。

担当の声は女性で、クールな態度で、私は「たねまきジャーナル」が打ち切りになるかも、と聞いたが、そんなことしないで、ぜひ、続けてもらいたくて、ご迷惑でしょうが電話してしまいました」と申しました。
苗字も告げると、相手の方は「お名前はいただいておりませんが、申し伝えます」と言われました。

「どこに申し伝えるか」とワタシ。

「番組担当と、編成のところへ」とのお返事でした。

メールは今までに、どれだけ打って来たかわからんくらいですが、電話は、ほんとに、もごもごになるのです、いいトシして、ねえ。でも、かけてみました。

これはつまり、遠回りにでも、今の対・原発状況への「ノー」。NOにもつながることと考えます。

よろしければ、電話をしていただければ、と思います。


スポンサーサイト






 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・