FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

訂正です。

すみません、ここではまだ、訂正の仕方がわからないので、ここで。
今朝書いた記事の「四年ほど」は、正しくは「四十年ほども」です。
「線」の字も「腺」になってます。
しっかり覚えます。
失礼しました。
スポンサーサイト





  1. 2011.05.25 (水) 11:20
  2. URL
  3. stainless steal
  4. [ edit ]

遅まきながら。。。

こんにちは ブログの開設 おめでとうございます

いつも なんとかなるよね~と 能天気なわたしですが
今回ばかりは 心底 怖いと思いました

何か 意見や 知識や 質問が出来るような そんな
分野では無く 申し訳なくも 情けない実情です

ですが 思いがブログ開設に至る情熱というか。。。
危機感というか。。。
「伝えなくては 言い続けなければ」

そう 思われる KUONさんに
(違いましたでしょうか?)

読ませて頂く ご挨拶をさせていただきたくて

昨日 某国の会社のものより 数段高性能な 除去剤が
日本で出来たが 国が某国に依頼しているから 使う可能性は どうかな~と 某朝のオープニングトークで 
某アナウンサーが もうしておりましたね。。。
(某が 多いの お許し下さいね)

今日も 従来より 相当高性能な ヨウ素を吸着する粉が 紹介されていましたよ
(ただし まだ放射性ヨウ素での実験ではないとの事ですが 結果は かなり期待できるとの発言でした)

東電と 国に 紹介しに行くも 検討します的なお答えだと。。。そんな内容でしたが
(理解不足な私ですから お許しくださいね)

緊急事態だと ご近所の国にも 不安を与える事態だと
認識しているのかしら。。。

国中の人が 水も 土も 空気も 恐れるようになり
亡国の危機に晒されても


(既に 足を 突っ込んでるとも言う?)

駄目なんだろうな~この国は。。。

と。。。だからと言って なにも声を上げない私の様な人間がいるのが

最も駄目なのだと 理解しているのですが。。。


だから こちらで 駄目な人間なりに 読ませて頂きますね いつまでも 安心して暮らせるまでは

関心を 持ち続けなければと 思います

  1. 2011.05.25 (水) 11:50
  2. URL
  3. やさい
  4. [ edit ]

今日もガンバ!

えっと~Blogで使用してるテンプレートに寄っても異なるんですが、アップした記事を訂正する時、記事の一番下の方に、Edit をポチしたら、その記事のエディター画面になります。
エディター画面の上の方で、誤字脱字を訂正したら、その下の方に、ズズ~と降りて行くと、<記事を保存><プレビュー>という四角が並んでるでしょう。
<記事を保存>したら、訂正が反映されます。
その時、反映まで暫く時間がをかかる時もありますから、何回かトップタイトル「今日も元気でいましょう^^」をポチポチしてみたら、早く訂正反映します。
これ・・コメントを訂正する時と同じ要領よ。
難しく考えなくてOK!

または、、自分のBlogにログインしたら、画面の何処か・・たぶん、上のほうに
Admin | Write | Edit というのが有るはずです。
新しく記事を書くときはWrite をポチしたら、すぐに新記事を書く画面になります。

Admin をポチしたら管理画面になります。
そしたら、左の欄のホームの上から5番目くらいに「コメント管理」と云うのがあるでしょう?
ここをポチして開いたら、コメントを削除したり、スパム報告、迷惑報告したりできます。
一旦削除したら、元には戻せないから、慎重にしなくちゃ行けませんが・・・・ここで、NGなコメは退治できます。

私も、皆に教えてもらいながら、継続してます。
継続は力なり!!   がんばれ~




 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・