FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

離ればなれで

こういうことが、ネットで話題になっていました。


東電の元社長・清水正孝氏が、東電が筆頭株主である石油関係の上場企業の、社外取締役に就かれた。天下りをされた、ということですね。

下世話に過ぎるとは思いますが書いてみます、一部に出ている、月々の報酬額は20万円。う~ん。

この方は、昨年4月上旬(4日といわれる)、東北や他が超・大変だった最中に、入院先の病院からご自分でパソコンを操作して、住宅ローンを一括返済されたともあります。事実でしょう。

今年の3月11日は、ハワイに滞在しておられて、あらゆる式典には関与されていない。

どうしてこの人が捕まらないのか、私にはわかりませんが、この人をつかまえたら、大変なことになるからだ、と、物知りの人が教えてくれました。

行方不明の方がまだ沢山おられて、皆さんが一時避難所で、毎日、おにぎりやパンや、をなんとか食べておられて、常用の薬が無くて苦しい思いをしておられて、情報すらまともに得られない中で、心配ばかりが膨れ上がっていて、トイレへ行くさえ我慢して・・・地震、津波の脅威に揺さぶられるただなかに爆発した原子力発電所の事故が悲惨に追い打ちをかけていた、その時期。状況の時に、頭のどこをどう押せば、自分の持ち家の一軒のローンを、無くしておこう、という考えが浮かぶのか。

6月8日に、国会へ呼ばれておられるそうですが、できたら、じいいいっと、何かを話される時の顔を、眺めていたいものです。国会中継して下さい。ぜひして下さい。


やさいさん。

なんと言っていいのか、ずっと考えていましたが、うまく言えません。

あれこれ書いて消し、書いて消し。思いはいっぱいあるのに・・・あるからか・・・。

病院は、病む人を看取るところでなくなっているのですね。法律などもどんどん変わって、病む人が身を横たえてひととき安らぐ、なんてのじゃなくて、検査や積極的な治療や、点数でしっかり、かけた手のモトが取れる(ひどい言い方ですが)でない人を、置いておく余裕は無い。気持ちも無い、きっと。

医学によって示された治療に「NO」なら、あ、じゃ、に、なってしまうようですね。もちろん、医学の進歩によってもたらされる、素晴らしいことの方が多いとは思っていますが。

夫さんのお父さんの、胃に穴をあけて栄養分を注入する「胃瘻」を、要りませんとことわり、のどに穴を開けることを、本人の意思でないと断ったら、じゃあどうしてここにいるんですか、と、ドクターにキれられたと、友が言うておりました。

管だらけになって生かされていたくない、と、望みながら叶えられない人が、多くて。

・・・うちの夫も、医者の言うこと勧めること、全部を受け入れようとしないので、聞かないので、いやがられています。

敬意は抱いているのですが、データ中心の「治療」に、心からついて行くことが難しいのです。

自分の体について、感じることを述べようとしても、データの前では無力というか。

お医者さんにかかっていて、全面的におっしゃることを受け入れないのは、失礼なことだと言う人もいますが、気まずいとか、そういうことがあるのは解るとして、どうして、全部、言うとおりにせなあかんのでしょう。そんな気持ちが、どっかりと、あってしまうのですね、自分の中に。

自分の口から言わなければ「被ばく」に関する疑問も、昔話のことのようであったし。

今はやっぱり、何かに執り付かれている人みたいに思われるのか、でも、妄想も「許してあげますよ、うん、うん」みたいな。

・・・なんて、自分の気持ちが先行していってしまいます。

やさいさん。

なんとも言えないけど。

抑えて、こらえて、でもぶるぶる小さく震えている、今だって十分幼い心細い女の子の姿が見えてしまう。

肩をがっしと握って(きっと可能だと思うの、わたし、てのひらも分厚いし)・・・やっぱり、何も言えないだろうな。

言えないんだよ。ごめんね~。

でも、言ってね。一緒にこっそり、離ればなれで、泣いたりできるかも~~~~~。













スポンサーサイト





  1. 2012.06.04 (月) 20:11
  2. URL
  3. ようこ
  4. [ edit ]

No title

kuonさん こんばんは

ご無沙汰してました。
言葉が出てきませんが
kuonさんの飾らない語り口が恋しくなって
来てしまいました。

ご主人が病気になられたこと知らずにごめんなさい。

物事を小さくしか捉えられなかった自分でした。

kuonさん
時々、また、おじゃましてもいいですか?

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・