FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

水素の話(ラスト近いとこ読んで下さい)

こんばんは。

初夏と言うには「あづ過ぎる~」日中でした。

ハムスター・ハウスの中に、大理石の小さい板を入れてやりました。いつでもひんやり冷たいので、これからの季節には必需品。

小さいその板の上で、こてんと横向きに眠っているもっと小さな体を見ていると、生きているものの不思議と切なさで、胸がぎゅうんとなることがあります。

目をつむっていると、まつ毛もあります。口元を、ほわんと緩めて、小さな動物ながら、安心の中の眠りであることを、感じさせてくれます。喜ばせてくれます。

猫が好きなのです。それが、孫の欲しがったハムスターとの共生を受け入れて二年。

面白い動物です。体のほとんどが、胴体。手も足も、申し訳のように付いている。最低限のオプションみたいに。とりあえず、これだけはお付けしました~感がありあり。

尻尾も、とりあえず、哺乳類ですし、ま、ここに尻尾というものもあります、程度に、ぴこっとささやかに小さい。

胴体と手足のバランスを見ていると、この動物が、もともとは、人間の実験の対象として、人間の暮らすエリアに入ってきた過去を、思わずにいられません。

胴体だけあればよかった生き物・・・?。

しかし、逃げ出して、あるいは密かに連れ出されて飼われて増えて、生き残っている、生き抜いている。

ほっぺたに、詰め込めるだけの餌を詰め込んで、隠している。

時々、隠しておいた場所で、こちら(人間)に背中を向けて、こりこりこりこり、丸ごとのアーモンドやクルミの実などを、おいしそうに食べています。

キャベツや少しゆがいたブロッコリーなどは、頬袋には詰めないで、小さい手でしっかり支えて、くるくる回したりして、食べます。

耳を立てたり伏せたりで、感情を察することができます。

何グラムあるのでしょう。

温かい、柔らかい、手のひらの上で時には眠ってしまう存在。

ねずみ嫌いの方には申し訳ないことですが、顔は極上にかわいいし、毛づくろいのさまなど、気がおかしくなりそうに可愛い。

寿命は1~2年とも、2~3年とも聞きます。どちらにしても、私が見送ってやれる生き物であって、そのことが、私の安心ごとでもあります。

私のハムちゃんの名は「真珠」。なに、ハムスターにはさまざまある毛並みの色の「パール」という種類、それそのままなのですけど。

どうでもいいことを、だらだら書き連ねました。

あちこちで、気の毒な事故が起きているようで、ご家族、ご遺族のお気持ちを思うと、やりきれません。

つい、手の上に乗る小さい命のことを、考え込んでしまいました。


えまさん。

<ふくしまのみが当事者でない>ほんとに、何度もそう、書かせてもらっても来ました。地震も津波も原発事故も、たまたまあの時、福島だったと思うし、他の地域は、たまたま、そうでなかった。そうではないでしょうか。

要らんこと言いのKUONが、また、要らんこと書きます。

大新聞が書いておられる記事によれば、またネットでは、今年の、かの地方への旅行者が、激増しているとか。

そんなニュースの陰で、辛い思いをしておられる方も沢山だろうな。

みんなが、みんな、大変な時は、頑張れる、踏ん張れる、その後で、なんだか置いて行かれるような状況になって来ることが、辛いのではないかと思います。

例えが間違っているかも知れませんが、私が、養家から学寮へ入って、嬉しかったのは、みんな、みんな、同じ食べ物、同じ眠さ、しんどさ、だったことでした。食べ物の内容の話でなく、自分も、隣のケメコも、同じであることが、嬉しかった。

取り残されて行く感覚は、たまらないもののように推察します。

それ以上、私などに言えることは無いですが、そう、思えて仕方のない春です。


sarahさん。

ブログへは、どうぞどうぞお持ちになって、一人でも多くの方のお目に触れていただければいいのに、と、願います。

先日、原発事故現場から数キロのあたりは、もう「除染」は止めて・・・効果が期待できないので・・・それにかかるはずの莫大な費用を、避難されている帰れない方々に回す案が出ている、と、ありました。

やっと、それを言いだされた。

いささか知己のある方が、以前も書きましたが、現場数キロあたりに、用件があって入った。入るにも、けっこうな手続きが必要なようです。

詳しくは書けませんが、何をするにも、大気中の線量が高すぎると。

いろいろ、大変なようです。

事故直後から、沢山の方々が、目に見えないあたりで、仕事をしておられる。

saraさんに「どうぞお持ち下さい」と申し上げた、数日前の記事も、ほんの、ほんの一部ですね。

守秘義務と言うものが、口を開きにくくさせているようです。

また、ご紹介できることがありましたら、ご紹介させていただきます。

どこがどう腐っていたって、成り上がった人間のゲスなあたりが、権力を持った利己主義者だって、日本人の、名も無い多くは、まじめに、まともに、精いっぱい、自分の仕事に向き合っている。

やっぱり、どうしても、そう信じていたい私です。


ディランさん。

どなたかと、ご自分を、比べてどうこう、思われることは、無いのではないですかね?。

基本、自分には自分のことしかわからない気がする。で、そうであっても、他の人のいろんなことを、想像したり、慮ったりして、自分の場所を確かめて行くし、未熟なのは仕方ないと思うし、未熟とわかっているだけマシな気もするし、自分のことばかりだって、仕方がないことだってあると思いますよ、私は。

ただ、さ。

ストレートに書きますね。私は「お姉さま」「御姉さま」表記はともかく「おねえさま」は、やめて下さいね、と、申し上げたのですよ。

そんなことくらい、いいじゃん、好きに呼ばせてさしあげたらどうですか、と、そういう、とりなしを、私は、聞きたくないんです。神経質、と言うのかな・・・して欲しくないことって、あるのではないかな…。止めて下さい、と、勇気を出して、言ったんだ、私は。

止めてくれ!

こう、出たら、いかがなんでしょう・・・。

ムキになっていますが、理由はどうあれ、止めて欲しいと意思表示をした。意地悪するみたいで気がとがめながら(平気ではないです、これくらいのことが、気になる小心者です)、自分の気持ちを、伝えたのです。それを<嫌がられると思うけど>お姉さまと呼ばせて、と、おっしゃる気持ちが、わからないし。嫌だと私が感じるであろうと言いながら、なして、なじぇに、あなたは、そう言うか。

人の嫌がることをしない、というのは、初歩の初歩の話ではないのですかい。

・・・・・飲むゼオライト・・・・・。

それを、知らない訳ではないです。一年も前から知っています。しかし、それについて、どうかと言われたって、応じる答えを持っておりません。

知っているだけで、見たことも、触れたこともない。ディランさん、何度も、私がご紹介していたゼオを、注文して下さって、私が、しつこく、使い方にこだわったことを、知っていて下さると思います。

こうして、ああしてくれ、と、これで、こうなるようです、と。

私にもわからない「もの」でした。ただ、する価値はある、と信じて、少しでも「良」ければと、紹介を続けました、一度も「買って下さい」とは言わなかった、言えなかった。

誰にもわからず、誰も言わない、けど、現実のは効果がある、と調べて、使用する価値はあると思う、ただ、しっかり理解して、使って下され、と、しつこく言い続けた。セシウムが、一番イヤなやつだ、との考えのもとにです。

自分では、そうだったと考えているの。

そんな、医師でも科学者でもない小心者のわたくしに、飲むゼオ、いかがざんしょ、と問われて、どんな答えを想定されますか。私には、何も言えませんし、言いませんよ。

知識としては「知っている」が、現実に、実際には「知らない」のだから。

そういう答えでいいですか。

ディランさん、いつぞやのコメントで書いておられました。

<きちんとしたことを、きとんと発表しないからいけないんだ。>

その通りと、私も、思います。同じです。

それで、沢山の人々が、いろんな苦しみ、悩みを抱えている。

何なのだろう、この国は。なんてこと、言っていたってラチがあかんので。

聞いて参りました。おそらく、どこにも、こんなことは出ていないであろう、水素の話。

信じて下さるとしたら言います。どこにも書いていないが本当の話。

水素。H。

水素のことに、ものすごく詳しい方の話。水素は、ダメージを受けた細胞の修復に、大きな力を持つ。

たとえば放射能によってダメージを受けたDNA。

生体には、ダメージを受けたら、素早く再生して、ダメージを取り戻そうという働きがあります。

放射能にやられても、ぱりぱり、細胞が修復されればいい。乱暴な言い方ですが、そういうことです。

水はH2Oと書きますね。事実もそう。水素が一つに酸素が二つ、それが、水。大切な水。

ものすごく簡単に言うと「いい」と言われてきている酸素・O。確かに「いい」のですが、酸素は、腕が二本あるので、相手の手の二本と、つないでしまう。

人間の二本の腕だと想像して見て下さい。

一人の人(一つの単位)が、両手を差し出して、もう一人の人の手を取ると、その二人の手は、他とはつながれないでしょう。

水素は、手が一つと想像して下さい。

一つの手を、誰かの一つの手とつなぐと、手が一つずつ余裕があるので、他の人と手をつなげますね。

その人はまた、他の人と。どんどん、いっぱい、手をつなぐことが出来て行く。

ウイ・アー・ザ・ワールド、ですわ。

それが、細胞の中で起きる。

水素はそうして、細胞に対して有効なので(私の書き方が拙くてうまくお届けできないかもしれませんが)、わかりやすい言葉で言えば、細胞の修復に役立つ、ということなのです。

修復は早い方がいいのです。

DNAには、いろんな(雑ですんません)細胞の順序が定まっていて、その順序が、放射能その他の強烈で強引なヤツにダメージくらわせられて、順番がくるったり抜けたりする、と、そこに「癌」というものが発生したり、順番通りの形を作りにくくなったり・・・するのですね。巨大な花が咲くとか。

放射能の害というのは、量の多寡だけでなく何度も言うようにタイミング、という観点から考えると、細胞に入り込みやすい水素が「よろしい」ということに、うなずける。

ってか、有名でなくお金儲けもド下手、な、この水素氏の話は、本当のことです。そう思って、書かせてもらいました。

話のご紹介まで。

赤い字で、大きな文字で「止めてくれ」とも怒鳴ったが、こういう話も書きました。心が弱っているかも知れない人に、きついこと書いてるな~と、己をどつきたくなりながら・・・ちょっと、自分が被害者っぽいかな・・・。

・・甲状腺の病気のうち、バセドウ病は、甲状腺機能が亢進する方ですね。だるいし、気の毒な症状が出ますね。ここではもう、放射性ヨウ素のことには触れません。高校生のお嬢さんの、同級生。たまらないですね、考えると。

目が、前に出て来ることも多い。見ればわかる。私もこれでしたよ。

バセドウの治療と目が出る治療は、同じではないと思います。しっかり治療を受けられることを、遠くから願っております。






























スポンサーサイト






 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・