FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 3
  4. [ edit ]

言い過ぎですか。

こんばんは。

以下の記事を貼らせていただきます。

私のコメントは入れません。本当にそうだと思う、と、それだけ、書かせていただきますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「福島第一原発の現場より」

今日、第一原発の現場に入りました。

業務上の守秘義務もありますが、書けるだけ書かせて頂きます。

重要免震棟で説明を受け、骨組みだけになっている4号機、3号機を間近に見てきました。
... 本日の最高値は1,000μsv/h。異次元の世界です。

素直な感想としては、進んでいるが進んでいない。そして進んでもいるということ。
重要免震棟は線量の確保ができていますが、一歩外を出ると高い線量であることは紛れもない事実。

そのような中で、最前線でこの事故を押さえていこうと、尽力している方々がいること、当然のこととして仕事をしている方々がいることが、自身にとって大きな励みになりました。

間違いなく言えることは、現場の支えがなければ、東日本は吹っ飛んでいました。
今でも千本近くの燃料棒がむき出しの燃料プールに残っており、格納容器よりも危険な存在です。
今回の事故は、いい意味では上澄みの爆発。燃料自体の反応で燃料そのものが飛び散っていれば、      われらが八王子メンバーでさえも当事者になっていたという甚大さを実感しました。

そして、誤っていけないのは、今回の事故は最悪ではなかったこと。
重要免震棟がギリギリ半年前に完成していなければ、現地での対応は不可能であり、            間違いなく今の日本はないということ。                                                           
幸いなことに最悪を免れることができたという、恐ろしい事実をもっと皆で共有すべきと感じます。

いいですか、本当にぎりぎりの状態でした。今、それぞれの事業をどう展開させていくかといった議論をしていますが、それは奇跡的なラインが守られたから出来る話にすぎません。

墨田であれ、八王子であれ、日立であれ、東京全体であれ、おそらく西日本であれ、紙一重だったのです。  そしてしっかり対応しなければ、これからも紙一重であり続けるのです。

ふくしまが当事者というのは明らかな誤解。本当に日本全体が当事者となるべき問題なんです。       きっとこれを実感はできないでしょう。キツメのトーンになってしまいますが、共有できる皆さんだからあえて言います。

この重さを心に刻みつけてほしい。

その上で、当事者としてやはり皆さんにはかかわってほしい。
当事者として、外部支援者ではなく、自分自身が自分自身の仕事やライフスタイルをどう見直していくか、  この原発に依存するエネルギー消費の仕事やライフスタイルの在り方を、真剣に考えるしかないと感じます。

むき出しの鉄骨を見て、改めて事態の深刻さを痛感しました。テレビとは明らかに違うのです。       そして、その現場で体一つで作業している方々がいます。
その中には被災者がいます。
われわれ日本人はそういった方々に今この時も支えられているのです。

改めて福島を支援するということが誤解であることを実感しました。
逆に福島の地で今を支えていること、それによって日本が支えられているのです。

だからこそ、この問題は皆がまさに当事者なのです。
東京にいては分からない。福島市にいては分からない。

ゆえに分からないではなく、想像を働かせる、思いを巡らせるしかないのでしょう。

第一原発の構内でわれらの前司さんの伊達重機のクレーン車と運命的にすれ違いました。逃げない彼らがいる。そういった人がいるから、普通の生活が送れている。それは今も変わらない。

皆さん、原発が収束していないというのは事実。そして福島の問題ではないことを、しっかりと共有しましょう。ふくしまの問題と考えること自体が誤りだと、本当に痛感しています。

それが私の今日の報告です。

===================================================

小出裕章先生は、福井県高浜の原発の、ちょっと難しい言葉ですが、脆性遷移温度、というもののこと、4月の25日に温度が95度になったということについて、いつもの様にわかりやすい話をしておられます。

武田邦彦先生のブログでは、魚のことを記しておられます。


お返事を書かせていただきます。


ディランさん。

誤解はしていないと思いますよ。していない。

確かに、プールの水、その他について、私も、考えていることはある、、、大丈夫か、と、強く、感じます。そういうことばかり、考えて来ていたのだから。書けない(書かない)が知っていることも、無いとはいいません。

去年の新聞に出ていた。夏、プールが禁止されていた。水泳部の中学生が「放射能はきらい、将来、放射能でどうかなるって大人は言うけど、どうなってもいいから練習したい」

そう言って、泣くのだと。

その子に、周囲の大人が、どんな風に言ってあげたか、知ることはできませんが。辛い記事でした。

大人、きちんと説明してあげられたのでしょうか。

・・・でもね。それはもう、言えない気がしています。

そこで、生活していて、そこで子育てしておられて、動かないか動けないか判りませんが、その方たちがされることに、少なくとも私は、もう、何も言えない。言わない。

気持ちを放り投げるのではないと、自分自身は強く思っていますが、実際、よその人に何がわかる、と言われれば、何も言えない。黙るしかないのです。

いろんなことが、結局すべて、そうなのです。自分だって一時、そう考えて息していた時期があります。

ただ、私の、自分なりの「大変」は、まったく個人的なもので、たとえば死んだ方が楽か、と考えるようなことがあっても、外に向かって「わめく」ことは出来ない。あなたが愚かなのです、と、言われるくらいのことだったでしょう。

子どもの頃から、それなりにいろんなことがあったけれど、すべて、誰にも言えないことでした。



・・・・・言わなくなる。言えなくなる。距離が開いて来る感じになりますね。

そうなると、関心が薄れた、忘れられた、と、今度は、言われがちになります。風化させてゆく、風化させてはいけないのに、と。

言われたくない言葉、言われたい言葉。

私は「大変ですね、頑張って下さい」とか「心は一つ」とかの類のことは、すらりと口に出せなくて、それで済ませるくらいなら、いっそ、きっぱり沈黙する。したい。

で、沈黙して、発言をしないでいると、無知は罪だ、もっと知って欲しい、と、こうも言われます。

知っているけど黙っているんだ、いい加減に近づけないんだ、と、言ってみたって、きっと虚しい。

大気中の線量は出している、土壌のも出ている、水のことなど、どこにも出していないです。

実数が出ると、辛いのでしょう、痛いのでしょう、どうしようもないんだから。

昨日、権利云々と書いて、ディランさんに気を遣わせたのは、このへんのことですね。

私は、少しでも僅かでも被曝させないでいて下されば、と、ずっと、お節介に考えて来たから。

そう言って、現実に、その時顔を合わせていた人に、言われましたよ。

「うちらの子も、いろいろ、楽しいことをする権利があるでしょ」と。

その通りです、黙りました。

・・・・・そういうこと、だったのでした。


もうこれくらいで、止めておきましょう。

経済界、産業界の人たちは、放射能の「ほ」の字も、出されない。それは、その方たちにとって「是」なのです。その世界では、お金のことが、一番大切なのです。そうなんだよ、ディランさん。。


えまさん。

転勤族であられましたか。

いや、私自身は、転勤とか、に、縁の無い生活をして来ましたので(会社が潰れて競売にかかる家を放り出されたことはあります)、あまりピンと来ないのですが、近所で親しくさせてもらっていた方が、銀行員の奥さんでした。言われたら即、支度して、一週間後には移っていなければならない、とか聞いて、へえ、たいへんやぁ、と、綺麗好きの彼女だからできるなぁ、とか、全く現実感がなかった・・・・・。

御主人は、単身赴任もされていたのでした。

13回って、すごい数字ですね。3か月で転勤ってのも、すごいような気が・・・。

今は、えまさん、ほんとに、ゆっくりできる時ですね。

ゆっくり、ゆうっくり、なさって下さいね。

娘(長女)は、こんなこと書くのも露悪的と思いますが、別れた人と、離婚後の方がうまく、仕事上の付き合いを保っているようです。
同じ業界だし、共同で営んでいるスタジオもあるから、ケンカできないのかと思っていたら、夫婦でなくなって、逆にスッキリだと。住まいも離れたから、分担がしやすくなったと。

夫婦でいたから、夜、一緒に帰っても、おんなのひとがごはんを用意するのが当たり前だったり、洗濯したり、畳んだりも。そうするもんだ、と、互いに疑わなかったと言うから、何も言えません。

ばか。

でも、そう思っていた、と、言うのだからね。

傍から見てどうでも、私は、娘がそれでいいなら黙っているし、元・夫氏がうまく暮らしているなら、うまく行っていないより、気が休まります。もう、放っておくんです。頑張って、しっかり生きていろ。

それだけ。

三十路半ばにして、体はって仕事していても、いつもとってもビンボーな人ですが、お風呂にいい香りをさせたり、トイレのタオルに凝ってみたり、楽しく暮らしている様子です。生徒さんが沢山いて下さって、手作りのケーキを下さったり、大事にしてもらっているみたいです。

感謝です。






スポンサーサイト





  1. 2012.04.27 (金) 16:47
  2. URL
  3. えま
  4. [ edit ]

NoTitle

kuonさん ありがとうございます。


今の日本は、福島のあの場所に支えられている・・・
福島だけが当事者ではない、
日本全体が当事者なのだ・・・
胸が一杯になりました。
本当、本当にそう思います。
今も、現場で事故を抑えようと必死で作業しておられる多くの方々
今この時も支えられているのですね。
その真実をもっともっと報道すればいいのにと思います。v-409





  1. 2012.04.28 (土) 01:45
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

こんばんは

新緑の季節ですね~i-260i-260i-260i-260i-265i-265i-265

「倭は 國のまほろば たたなづく 青垣 山隱れる 倭しうるはし」
こんな歌が思い出されます。

日本は毎日、どこかしらで地震があって、
こんにゃく?おとうふ?のような国なのだと実感しています。
何をどう考えても、
こんな土地の上に、しかも逃げ場もない狭い島の上に、
原発は在り得ません、絶対に。

またブログにお借りします、いつもいつも、すみませんv-390

今日も明日も元気でいましょうね。
何も終わっていないから。これから、だもの。

今、この時も働いてくださっている皆さんに感謝しつつ。

  1. 2012.04.28 (土) 22:55
  2. URL
  3. ディラン
  4. [ edit ]

情けないです…

こんばんは、姉様…

また嫌だと云われそうですが
ココに書き込む皆様の文面を拝見していると
つくづく、己の未熟さが身にしみます。
私が書いてることは…
まったく余裕がないことを
言い訳にさせていただいたとしても
自分のことばかり…


ギリギリの場所で、踏ん張っておられる方々にだって御家族はおありですよね……恥ずかしくなります。


だから今夜はやっぱり
姉様と呼ばせて下さい。

姉様…教えてくださいませ。


最近、PC徘徊をしておりましたら
飲むゼオライトの液体を販売している
ことを知りました。
これって、どない⁇⁇


長女の同級生がバセドウ病になりました。



 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・