FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 3
  4. [ edit ]

忘れなぐさ


すこしご無沙汰をいたしました。

昨日、新しい「事務所」・・・一応・・・の、契約をしました。印鑑証明の一枚の紙を持参して、実印そのものを持っていないという木瓜(ぼけ)ぶりでしたが、なんとか賃貸契約を終えました。G・Wに、ごそごそ動くつもりです。引越し業の方は頼まず、自分らでする、程度の引っ越しです。

とりあえず、仕事の場として昼間だけそこにいる、という感じで借りましたが、孫どもが大きくなって、祖父母を今ほど必要としなくなったら、ぢいさんと二人、ささやかな生活をできるくらいの物件ではあります。

どうも私は家移りが好きな気がします。

窓から見える風景が変わったり、身の周りの小物雑貨が、その時に好きなもの、になったりするのが新鮮で嬉しい。食器を整理して、その時に欲しいものを、少し変えたりするのも、楽しい。

二十年以上住んで、ローンも終えて、子育てをそこでした家を出て、今の家に来る時、ものすごく沢山の物を処分しました。もらい物の食器のセットなどは、真っ先に。本も衣類も、がっさがっさと処分しました。家具も。

すっきりしたはずなのに、まだ余分な物があって、やはり買うこともし、増えて来ています。

また、選別です。この作業も、けっこう楽しい。やっと整理ができる、という、雑な人間なりの方程式もあって。

着るものも本も処分します。しつけのついたままの和服、娘が二人いるから、と、しまいこんでいましたが、沢山あるわけでもないほとんどの着物は、不要なもの。広い家に住んでいて、着物の手入れをしたり眺めたりが大好き、という(こーゆー人種も実在します)知人に、無期限で預かって頂けることになったのが安心。場所ふさぎでしたから・・・持たせてくれた母には申し訳ないが、質草になる世の中でなし、古さに値打ちのつくようなものでもなし。いつも見に行くだけですが骨董品屋のおじさんに言わせると、かなりな旧家から出る和服類でも、今どきは「箪笥一さお、中身は全部で千円」という話です。

お蚕さんにすまない気がします。

整理するのにあれこれしていると、薬剤のせいで年中荒れている手や、もろくなって引っかかりの出来ている爪を、薄物の、絹ものの、繊細な手触りの着物たちが、イヤがるようで。

大ざっぱな、雑な女性の人生を来たんだなあ、と、いささかの感慨もあり。

絣や紬の数枚だけ、身の近くに残します。いざとなれば座布団カバーにする。いま、既に、大島の座布団カバー、夏になる時出してくる。私のぜいたくですわ~。

この頃、アジアン・テイスト、エスニックと言えば聞こえはいいが(そうでもない?)、どっこも締め付けない、風が吹けば風に従う、みたいな、楽ちんでサイズは問わないお洋服が、気に入って、そんな店に頼っております、するとどうなるか。

がばっと被って支度できました、の生活をしていると、楽なの。とっても。でもさ。

街で、着慣れてこなれて、すっきりと和服を着こなしている方を見ると、つい、見とれていることも、皆無にあらず。私の実感では(あくまで私のです)、そういう方って、中身は案外、さばさば、がはは、のお方もおありなようですね。

今度も、減らして、身軽になる。一つの「モノ」だけ、気に入る物が出るまで無いままでいようと思う・・・何かって、内緒で~す。・・・誰も、知りたくないですよね。へへ。

物を少なく、少なく、して行こうと思います。好きな物だけ、少しだけ。まだ、終の棲家でないとは思うので、いつでも動けるように、しておきたい。


ディランさん。お返事遅くなりました。

ご子息、かなりよくなられたとのこと、よかったですね。

<お母さんは、風邪をひいても放射能のせいにする>・・・・・・う~む。何とも言えんですね。

<まともに取り合ってくれない>。・・・ね。何とも言い難いですね。

今まで、あったことの無いことですからね。この先どうなるか、誰にもわからないし、言いようが無いですね。

<福島の学校のプールの水を>・・・何とも言えませんね。福島の子どもたちにも、プールで遊ぶ権利がある。それは全く、その通りでしょうから。そう言われたら、あ、そうですか、以外の言葉を持たないわけで。

この場合の「権利」について、自分なりの思いはあります。何が「権利」か、まじめに、考えていた・・・今まで・・・けど、私が考えても、どうもならんようで。あったりまえですね~~~

ヤケで言うのではないが、個人個人の権利、問題に、横から出せる言葉は無いですわ。

うちのぢいさんは、もう、放射能のことは、考えるのも書くのもやめたら、と言います。

私のブログにも交友関係にも一切関わっていない彼が口に出すのは、ささやかなアドバイスであって、まったく強制力を持たない(私には)ものでありまして、私は、うが~、ふへ~、とか、そういう返事を返している気がします。

今回の事故が起こるずっと以前から、妻である私が、うんにゃ? はぁぁん?と、乗って来ないにもめげず、放射能話を延々と語っていた彼は、最近、時々しか、これについての思いを出さなくなりました。

それにも理由があると推し量るのですけど、言うてみたとてせんの無いこと。

磯の千鳥があぁぁ、ちと、鳴くわいなぁ、とてちてしゃん・・。

無駄な、無能な、ぐちぐちを。ぶつぶつを。いつでもどうぞ。

私もきっと、止められないで、ぐちぐち、ぶつぶつ、言っている気がします。




yuutaさん。

ほんにお久しぶりです。そういう気がします。

事務所へは、五月一日からぼちぼちと、です。

以前から必要は感じていたんですが孫に気を引かれて、決行できませんでした。どこより、私が仕事に使ってる部屋にこもっていて、テレビは見る、ゲームする、手元のセロファンテープが使いたい時には無い、というありさまで、思い切った次第。

簡単に引っ越しできるのも、何も持っていない、家も借り物だからできることです。

とんこさんも、お元気なようで何よりです。うちの娘も、離婚して転居して、心機一転、頑張っています。

初夏の風邪に、お互い、気をつけたいものですね。

いつも声をかけて頂いて、ありがとうございます。また。






スポンサーサイト





  1. 2012.04.25 (水) 14:33
  2. URL
  3. yuuta
  4. [ edit ]

NoTitle

KUONさん こんにちは

とても久しぶり~な感じがしません?

わすれな草の名前で写真サイトに投稿してたの思い出しましたわv-410
例の問題あったとこ すっかり忘れてたって関係ないネ

事務所のお引越しで忙しかったんですね
新事務所創設おめでとうございますv-300v-425

我が家は引っ越す幸運には恵まれないけど
家の中は片付けないと~がらくた同様の物に ドンドン侵食されてきています

着物もね 片付けられないのよね
v-20の関連品も同じく
片付けてるつもりが眺める事になってしまう

動画茨城県民文化センターですね
87年か~ ありがとうv-10

  1. 2012.04.25 (水) 21:36
  2. URL
  3. ディラン
  4. [ edit ]

いつもありがとう…

あの、誤解しないで下さいね^^;

別に福島の学校でプールに入るなとは
いいません…水の入れ替え方に唖然としたのは事実ですけど

果たして水を入れ替えたところで
それって大丈夫なんでしょうか…


今日は、職場のチェーン店であるドラッグストアの社長様の
ありがた~いお話を聞く勉強会でした。
あのイオングループの会長様とも
親交があるそうな…
まあ一応、一部上場企業の
社長様です。

今の経済の状況…
これからの企業の方針…
いろんな話が出ましたが

放射能のホの字も出なかった…

出るわけない……か(; ̄ェ ̄)
  1. 2012.04.26 (木) 08:47
  2. URL
  3. えま
  4. [ edit ]

NoTitle

kuonさん  おはようございますv-481

お引越しなのですね。
お忙しいけれど、処分したり整理したり
結構、爽快だったりしますよね、きっと。

私主人と一緒になってから、今の棲家に越してくる前、転勤生活でした。
長くて1年、最短3ヶ月で計12回引越ししましたv-394
主人の仕事の都合でしたが、13回目の時主人は会社を辞めました。
引越しの度、不用品の整理をしていき、
当時はいつもすっきりしていたなあ。
しかし、いつ転勤辞令がくるか、ひやひやしていた。

今、ずっと動かずにいると、溜まる溜まる~v-388
色々な、訳もわからない余分なものが。
何処に、何が入っているかさえ思い出せない状況です・・・v-401v-401v-401
心して片付けなければ、捨てられないもんですね・・・

今は、簡単には物を買わなくなりました。
どうしても、気に入ったものだけでいいと思います。
kuonさんに同感
気に入った物が見つかるまで無くてもいいやって思いました。

娘さん心機一転、頑張っておられるのですね・・・
新しい人生の1歩を歩みだされて・・・
娘さんの人生も、気に入った何かが見つかるまでゆったりと
そしてキラキラ輝くものになるでしょうv-352v-352
すみません、えらそうに・・・(ぺこり)

お忙しい中、御身体ご無理なされませんように・・・v-351

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・