FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 今の思い
  2. tb: 0
  3. cm: 16
  4. [ edit ]

指輪

早くに目が覚めてしまいました。

あまり出歩かなかったこの一週間ほど。いにしえのGSの動画にはまって、YOUTUBEをどんどか、見ておりました。

中学生でザ・ビートルズに出会わせていただき、以後もずっと聴き続けていつつ、女子高校生の私は、毎朝、グループ・サウンズのテレビでの一曲を聴いてからでないと、ガッコへ向かえない病をこじらせておりました。おはよう720、という番組があったのでした。

校則違反の私服で、やはり重度のGS病にとりつかれていたユリちゃんと、ナンバってどう行くんだぁ? と、ドキドキしながら大阪・難波まで出て、おどおどと探して、そのジャズ喫茶(と当時は呼称した)へ入り込み。思い出せばシケたちゃちな店であったと記憶します、でも、憧れの、憧れの、グルウプ・サウンズを、見られるお店・・・で、今は遠い伝説、ジ・オックスというバンドの「失神」シーンを、目撃したのでありました。

愛ちゃんとヒデトが、舞台の上でトランス状態になって、ぶっ倒れるのを、見ました。手際よく係の大人が出て来て、若くて体重の軽そうな二人を、とっとと運び出して行きました。ユリちゃんと私は、呆然自失。夢遊病状態で寮へ帰り、当分、抜け出られませんでした。「ナンバ一番」へは、あと、何度も行った・・・あんなに「行きたい」場所は、当時、他にありませなんだ。

ユリちゃんは「こんにゃく屋の息子なんだよ」と嬉しそうに言っていたリーダーの福井サンが好きでしたが、リード・ヴォーカルの「野口ヒデト」も好きでした。私は実は、沢田研二、ジュリー、が、とても、とても。

などということを、思い出して。昔のGSの動画を見ていた・・・みんな、不良みたいに、ロクデナシみたいに、当時の大人の方々に言われていたけど。今見れば、いま見ても、いま見るとなお、魅力的。華もあり夢もあり。

ユリちゃんの好きだったヒデトは、GS衰退の後、演歌をうたったりいろいろのようですが、このたび驚いた。歌をきっちり歌っている。他のバンドの歌を振られても、崩さないできちんと唄っている。浜の不良、のはずのゴールデン・カップスの面々、十代から一流の不良だったはずの(おかしな言い方ですけど)マモル・マヌーも、うた、崩さないで唄っている。亡くなったデイブさんは、歌、ものすごく崩している、その横でマモル、昔のままで、味の深くなった歌を、きちんと唄っている。ジュリーは・・ジュリーは、歌を崩して唄っていたことは無い。ただの一度も、ありません。

歌手ですもの。

・・空が、朝の色になって来ています。午前五時。

もう少し、眠ろうかな、お布団に戻って。

同じ寮で同じごはんを食べて、同じ歌番組に胸を熱くした、ユリちゃん。亡くなってもう、十五年になります。脳幹に血栓が詰まって、一瞬にして植物人間になって。

見舞いに行っても、本人はもう、何の反応も示せなかった。湿らせたガーゼで目を覆われ、のどには太いパイプ、仰向けに寝かされて微動だにしないユリちゃんの耳元に、かつてのオックスの歌を、小さい音で流してみた。とうぜんユリちゃんは、ピクリともしなかった。ユリちゃんの、広いおでこを、つい撫でたくなって,撫でました。綺麗に茶色に染められていた髪の、おでこの生え際の二ミリほどが、新しく生えて来ていて、その二ミリは、お洒落だったユリちゃんが、いきなり倒れてからの時間の経過をものがたっていて。辛かった。

意識の戻らないまま、ユリちゃんは、同期の中の二番目として、旅立って行ったのでした。

優しいコで、「ヒデトは小さい時に親が離婚して苦労して」と、自分のきょうだいのような話しぶりで、ヒデトの幸せを願っていました。

その、今は「真木 ひでと」になっている彼の、何年前の動画を見ていて、左手の薬指に指輪があるのを見つけました。地味な指輪。おそらく結婚指輪。そういう指輪をしたままの歌手を、あまり見たことは無い。不意に思ったのは、ヒデトには奥さんがいると、ネットの情報で見ていたこと・・・奥さんがいて何の不思議もない、ふつう。でも。

ユリちゃん、ヒデト、いま、幸せなんだろうねえ、、などというホトケごころが、ふっと湧き上がってきた、私でした。






スポンサーサイト


  1. 2018.06.27 (水) 09:31
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018.06.27 (水) 15:56
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・秘密の〇さん

ん~高円宮家の三女さんのご婚約。

けっこうなお話ではないでしょうか。宮家から一般のお方のところへ嫁がれる。私には「おめでとうございます」以外のことばは無いです。皇室へ入って来られるのでなく、降りられるのですから、お幸せに、と思います。

お二方、お似合いでないですか。細かいことを、何も知らないのに「あげつらう」趣味は、私にはありません。おめでとうございます。これだけです。
  1. 2018.06.27 (水) 22:35
  2. URL
  3. アイリス@
  4. [ edit ]

GS!

kuon様
こんばんは!
GS.私も大好きでした。

ヤング720
私も朝 これを見てから学校にいきました。
終わりまで見ると遅刻したのでした。

いつも後ろ髪引かれる思いで
途中でテレビから離れて家を出たものでした。
ナンバ一番、実際に行っておられたのですね!

あぁ、憧れのナンバ一番と
銀座ACB.
東京や、関西のお方がどれ程
羨ましかった事か、、、

地方の中学生の私には
明星や平凡が唯一の情報源でした。

あと、ティーンルックが大好きで
今でもコマーシャルソング、歌えます。

セブンティーンより少し前に発刊されて
GSの波が消えた時に
同じ様に消えて行きました。

寺山修司が編集した
読者から詩や、ちょっとした短編を集めた
「水曜日の天使」という本今でも持っています。
kuon様、投稿しておられませんでしたか?

その中に抜群に文章の上手い人が
いたのです。kuon様の文章ののセンスを
その人の文に感じます。

初めてkuon様のブログを拝見した時に、その本にの載っていた文を思い出したくらいです。
あと皆川博子の 文章もです。
これは初めてコメント入れた時に書いた覚えがあります。ハンドルネームは今と違っていたかもしれません。


楽しい、楽しい時代でした。
オックスの、マイガール、
タイガースの僕のマリー、
ゴールデンカップスの銀色のグラス、
スパイダーズのノーノーボーイ、

良い歌が沢山でしたね。
束の間、あの頃を思い出して幸せな気持ちになりました。
数年前にGS仲間と
本牧のゴールデンカップに行きました。
表からしみじみ眺めて
中には入らなかった、、。
もったいなくて。

大人になるという事は
こうして、来たいところに来られるのね、
と、お互いに喜び合った
老人二人でした。




  1. 2018.06.27 (水) 23:07
  2. URL
  3. アイリス@
  4. [ edit ]

訂正

すみません、
最後の老人二人、を私たち二人
に変えます。
見た目はどうあれ、
あの時の私達のハァトは
老人ではなかった!
ワクワクしていた頃の女学生でした。

あだやおろそかに、
言葉を選んではいけないと反省して
再び出て参りました。
そういう訳で、
宜しくお願い申し上げます。
  1. 2018.06.27 (水) 23:55
  2. URL
  3. アイリス@
  4. [ edit ]

再三再四すみません!

オックスの歌の題名間違ってました。
マイガール、マイガール🎵で始まる
ガールフレンドでした(≧∇≦)
訂正ばかり、
しつこくて、ごめんなさい。



  1. 2018.06.28 (木) 10:56
  2. URL
  3. hakonei
  4. [ edit ]

お見舞い申し上げます。

KUON様

地震被災のお見舞いを申し上げます。
復旧が手際よく行われたご様子ですが、
ご自愛くださいませ。

私も、関西地方に住んでおりまして、
ライフラインの復旧に手間取りましたが、
作業をされる方々の懸命さと汗に、誰一人苦情を言う人が無くて…。


GSを振り返られることは、
ご友人とご一緒された時間でいらっしゃるのですね。

私もあっと言う間に、あの心振るわせた時間に戻らせて頂きました。

沢田研二さんが囁いてくれるソノシートが欲しくて、たくさん明治チョコレートを買いました。
両親に懇願して、浅草国際劇場で愛さんとヒデトさんの失神シーンを観ました、。
当時、ザ・タイガースは身近で観られる存在ではなくなっていました。
ザ・ジャガーズの「君に会いたい」も岡本信さんが綺麗過ぎました。

ついつい、懐かしく思い出しました。
ありがとうございます。
  1. 2018.06.28 (木) 16:57
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

アイリス@さん

驚いてピクピクしました。
いにしえのGSファン、ひそかに多いのは知っておりますが。

ティーンルック。あまり書いたこと無いですが、私、その雑誌でも新人賞もらってます。「も」と書いたのは、他にも新人賞もらって・・当時は雑誌の創刊が多く、書き手を求められていた時代なのでした。佐藤愛子さんも少女小説書いておられた。他にもいろんな方が。でも、編集者側は若くて読者に近い書き手が欲しかったのね。で、私、勧められるままに名前いくつか使いました、自分のことなのにほぼ忘れている体たらくですが・・こんなに甘いもんなんや、と、思っていたと思います、自分で。

寺山修司さんのそれ、どうだったのか・・いきなり、17や18で「書き手」の世界に行ってしまったのでした・・寺山さんは、あまり書いたこと無いけど(ホラだとか自慢だとか思われそうで)そんなに会ったこと無いが、ロマンチックな手紙くれて可愛がって下さいました。ほめてくれた。井上ひさしさんもすごくほめてくれました。GS界もそうだったと思うけど、いろんなものがムンムンしていた時代だった気がします。

私はそして面食いだったので、寺山さんや井上ひさしさんより、違う方のオノコを見てばかりいたのでした。(笑)。

信じてもらえないかもですが、集英社小学館講談社学研ええと、ティーンルックは主婦と生活社でしたね。新人賞や次席もらいました、どこかへ行ったけど立派なタテももらった・・やはり若いやる気満々の編集者があちこちに沢山いてはって、書け書けと励まして下さった。でも、これは以前も書いたけど、養父は私の行ってた学校の校長だったり理事だったりで、文士なんかにさせんと大激怒。学校にも寮にも、私にコンタクトして来るそういうところと連絡とらせるな、と。

当時は封書か電話の世界でしたから。すっごく妨害していただきました。

そんな中でも、ナンバ一番行ったりしてた、ツヨかったな私。(笑)。

懐かしい名前「ティーンルック」。当時の自分の作品が載っている、埃まみれの雑誌、手元に数冊だけ残っています。小説JとかJ文芸とかの、主に活字の方の。小説を書いていたのですよ。当時は、なんぼでも書けた。怖さ知らずで。もっといっぱい、沢山、母が残してくれていたのでしたが、事情でそれも、残っていません。ティーンルック、で思いだしたこと、沢山あります。

ありがとうございます。

「シャープ・ホークス」という、若き日の、今は亡き安岡力也がいたグループの「海へ帰ろう」という歌も好きでした。力也には会わせてもらった。背の高い、優しい優しい目をした男の人でした。息子さんが、がんばって、お墓を建ててあげられたみたいですね。私が会ったような頃は、初めの奥さんと小さな女の子がいた。

みんなに、いろんな人生があって。生き延びて昔話をしている自分も、なんか、許してやれますね。心配、迷惑、いっぱいかけたけど、思い出すと養父も、優しい顔をしてくださっています。

こんなこと書いていると果てがありません。

悲しい思いもしましたが(妨害は苦しいことでした私には)、私のためにして下さったことと、思うようにしている。仰るように、若くて,夢中になれて、いい時代でした。

夢のようにすてきな時代でした。ジュリーは、還暦コンサートに行きました。最高の歌を聴かせて下さいました、ジュリー。

とりとめのないことを。また、GS時代のこと、書きたいな・・・

オックスのひでとさんは健在で、改めて調べたら、9月に参加するステージ券、三日で完売したとか。今日、ネットで調べた(笑)。本人さんのサイトもあって、読みふけってしまいました。元気でよかった、どころの話ではない(笑)。



・hakoneiさん

お見舞いをいただき、ありがとうございます。私のところは、ほぼ大丈夫だったのです。あなた様のところも、あれこれ戻られたとか。何よりです。戻ることのできることなら、よしとせねば、ですね。

懐かしい時代への思いを、共有させていただいたのですね。

ジュリー。愛ちゃんとヒデト。愛さんは会社の経営なさってますね。

岡本信さんは、五十代の若さで亡くなられて。息子さんが素敵なあいさつで見送られたとか。このたび、そんなことなども新たに知りました。ジャガーズはいい歌が何曲もありますね。懐かしさに火がついて、いま、あれもこれもと、まだ、ほじっています。

気恥ずかしい言葉ではありますが、一部屋に大きな火鉢が一つ、みたいな学寮で、やかんでインスタントラーメン作って皆で食べた、太る太ると言いながら食べた、ジュリーやトッポやのグラビア眺めて試験勉強がはかどらなかった、あの頃を「青春」と呼ぶなら。

>私もあっと言う間に、あの心振るわせた時間に戻らせて頂きました。

そうだったんですね。私もまだ、頑張ろうと、思います。

ホント。





  1. 2018.06.28 (木) 17:43
  2. URL
  3. ラム酒
  4. [ edit ]

濃いような、
はかないような、人生。

今は、天国から、御友人達を見守っていらっしゃると思います。

暑いですね。
kuon様、皆様、どうぞ、御自愛下さいませ。
  1. 2018.06.28 (木) 20:14
  2. URL
  3. アイリス@
  4. [ edit ]

こんばんは!
お返事ありがとうございました。

シャープホークスの遠い渚
良い歌でした(≧∇≦)

🎵しーあーわーせ過ぎると優しく泣いた
あなたはもう居ない、
という歌詞でしたか、
すぐ出て来ました。

50年前夢中になった事は今でもすぐに
思い出せますのに、
昨日が曖昧です(笑)

やはりティーンルックにkuon様
関わっておられたのですね。

同じ香りを感じるのです。

雑誌の個性とkuon様の文章と。

うっとりします。

大好きな、文化と勢いのあったあの時代。

イラストも文章も人の心を鷲掴みにして
違う世界に案内してくれたあの時代。

字を脳が楽しんで綺麗な漢字も沢山おぼえて。

今は大抵忘れてしまいましたが、、

あの頃はティーンルック派とセブンティーン派
があったように思います。

セブンティーンが陽の下のマーガレットなら

ティーンルックは、
古い洋館の前に咲く
紫陽花みたいな 感じの雑誌でした。

私は断然ティーンルック派。

装苑と服装、といったら服装が好きでした。

あまりに、コアな内容ですみません。

書いたらきりが無いのでこのへんでやめます。
あぁ、本当にGSについて書いたら
エンドレス!

ドーパミンがタラタラ流れて
楽しいです(笑)

楽しいひと時をありがとうございました。
ヒデトの指輪、
派手でない指輪、収録の時にしていた
という、多分結婚指輪。

ヒデトは、幸せなんだなぁ、と
ほっこりしました。
結婚指輪をはめたまま
歌うスワンの涙。

過ぎ去りし時間を感じて
感無量です。

ありがとうございました。


  1. 2018.06.28 (木) 21:05
  2. URL
  3. アイリス@
  4. [ edit ]

またもや

海へ帰ろうと、遠い渚は
違う歌でしたね!
すっと
思い出したつもりで
全く違う歌を思い出してました!

あぁ、記憶に自信のあった
あの頃の事まで曖昧になってしまって
いるようです(T . T)

何度も、何度も すんません、、涙(T . T)
  1. 2018.06.29 (金) 17:07
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

お返事遅くなりました。

・ラム酒さん

設備もそんなに整っていない学寮で、十代の一時期を共に過ごした仲間。高校卒業後は、ほとんどがその上の学校へ進学を決めていたなか、私は高校卒業してほどなく「抜けま~す」とばかり勝手にずらかって「物書き」になったので、しばしは遠ざかっていたのです。地理的にも。でも、何年かたって会えば、なつかしく愛おしくそのままお喋りの始まる、そんな感じでした。

仲をつないでくれる懇切な仲間もいて、楽しい邂逅が幾つもあった。・・・ゆりちゃんは看護師になって、子を二人産んで看護師長になって、張り切って働いていて、ある日、今日は食欲が無い、と言っていて、突然くずおれて、そのまま植物人間に。


ご主人が、出棺の際に慟哭されて。私たち、懸命に立っていましたが。

色の白い口元の愛くるしい、まっすぐで優しい級友でした。
忘れません。忘れられません。他にエピソードもありますが、またの機会に。

ありがとうございます、お互い、体には気を付けて参りたいですね。


・アイリス@さん。

ワタシは、セブンティーンにも、書かせてもろてました・・漫画家さんは囲い込みがあった(ある?)ようですが、私はそんな大物でもなし、けっこう自由にさせてもらってたと思います。7ティーンの方は、見開き2ページほどの短いの。一字一字気をつけて、いっしょうけんめい書いていました。ハカがいかないと言う編集者もいましたが、意味がわからず。

あれこれの時期を経て、商業ペースに無縁になって長いですが、やはり自分のためだけの書き物でも、ハカのいかないワタシです(笑)。これで行きますよ、もう。

「海へ帰ろう」は、YOUTUBEにも出てこないのですよ。「遠い渚」はすぐ見られます。最近、何度も視聴しました。三根さんのギター。むかし男の子たちは、ビートルズ聴いててGSなんか、とか演奏はストーンだぜぇ、とか言ってて
(共学校でした)馬鹿にしてた、ふん、うっせえんだよ、とか冷たい目で見てたけど、ほんまに、ギターすごいですわ。

記憶力だけは、というのは、私のジフでもありましたのに、最近それがあやしい・・あやし過ぎるのは、多分、同じ。あまりお気になさいませんよう。いいやないですか、間違えたって。
  1. 2018.06.29 (金) 17:53
  2. URL
  3. 咲良
  4. [ edit ]

早く梅雨が明けますように

クオンさんはたぶん私の祖母と同年くらいかと思いますが、体調はいかがですか?
祖母も普段は自力で歩きますが、車イスもバンバン使ってます。その方が歩けるようになるんだそうです。
ご主人も退院されてからどんなふうですか?いろいろ無理はしないでくださいね。
  1. 2018.06.29 (金) 20:04
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・咲良さん

おばあさまと私、同じくらいの年齢ですか? 私は68歳になりました。

初めての車椅子は、初めての長女夫婦との出雲旅行の折に、ムコさんが借りてきてくれたのでした。娘とはかなり年が違うので、もう若者ではないのですが(笑)優しいひとで、いっしょうけんめい押してくれました。

とても嬉しかったです。帰り路の空に、長い間、虹が出ていて。忘れられない旅になったのでした。

夫は、仕事励んでいてくれます。自分たちはもう、望むことと言って無いのですが、仕事を続けてくれる世代のためにと、老骨にムチ打って、頑張っていてくれます。感謝、と、素直に言いますね。

ずっと脚が痛いのですが、サントリーのロコ〇ア、というのが良かったみたいで、膝の痛みが和らいできています。できるだけ自力で歩こう、と、今は考えていますが。

ありがとうございました。おばあちゃまをお大切に。優しいお孫さんで、お幸せですね。ほんとに。
  1. 2018.07.01 (日) 15:03
  2. URL
  3. 咲良
  4. [ edit ]

祖母の場合

ご主人もお元気なようで安心しました。膝の痛みはお辛いですね。祖母はよく周りに当たり散らし、発狂(?)する程でした。それくらい痛いんだなと見てて思いました。
祖母は西洋医学を全く信用しないのです。(祖母が言うには誤診で両親と子供を亡くしているからだと言います。)母が駆けずり回って探し当てた中医の先生に会い少しずつ変わって来ました。その先生は漢方は使いません。要は生活習慣が悪いから病気になるのであって、それを直せば自分の持っている治癒力で治るのだとか…
  1. 2018.07.01 (日) 15:41
  2. URL
  3. 咲良
  4. [ edit ]

続きです。

祖母は食習慣から改善しました。以下はその内容です。
1)朝食は握りこぶしより大きいオニギリ3個
2)鉄観音茶カップ1杯に対し砂糖大さじ4杯入れたものを1日に何倍も飲む
3)昼は何を食べても良いが夕飯は豚バラ肉(なるべく脂身の多いところ)を茹でたものを1センチ幅に切り、ポン酢に砂糖と酢を利かせてニンニク生姜ネギを刻んだものを沢山入れて薬味も食べる。
というものです。祖母はパン食が好きなので朝のオニギリは辛かったそうです。中身は3番の豚バラを甘味噌で和えた具です。また祖母は甘いものはキライなので砂糖入り鉄観音茶は『地獄の味』だったらしいです。(笑)
豚バラは、これまた脂身のキライな人なので『死ぬ思いで口に運んだ』とか!
祖母の食生活とは真逆な食生活はその後、3ヵ月欠かさずに続きました。
  1. 2018.08.12 (日) 10:53
  2. [ edit ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。