KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. みんなのうた
  2. tb: 0
  3. cm: 24
  4. [ edit ]

六月。水無月のうたを、どうぞ。

六月。水無月の「みんなのうた」、詠草をお寄せ下さいとお呼びかけいたします。

五七五七七の定型が基本、いささかの字足らず、字余りはそれはそれ。

お一人何度でも、幾首でもお待ちしております。HNですし、うたを詠むためのみのお名前でもけっこうですので、裏コメントでなく、表のコメント欄へお願いします。

ご一緒に、うたの世界でたのしみましょう!。

今夜から17日の日曜日の夜まで、さ、さ、さ、れっつ・うた詠み。(笑)。



スポンサーサイト


  1. 2018.06.14 (木) 21:16
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

KUONまいります。

・はつなつの記憶はBLUE空のいろ海のいろあの子のシャツの藍いろ

・濃い影がビーチサンダルの足元に短くなって来るまでを無言

・なんにも持ってはいない手を伸べぬ太陽が灼いた金色の腕を


・潮騒は胸に響し(とよもし)糊固きシーツに過ごす夜長かりき

・かき抱く何を持たねば自らを胎児のやうに 朝の来るまで

  1. 2018.06.14 (木) 22:38
  2. URL
  3. 白萩
  4. [ edit ]

風待月のうた

kuonさま 今回もどうぞ「ぷりーず たっち みー」でお願い致します。

・くちなしの香は濃やかに雨上がりレインブーツで水たまり跳ぶ

・新しきフューシャピンクの傘に落つ雨音を聴く帰路は楽しき

・雨音のほかは聞こえぬひとり居もあと二十日ほどとなりにけるかな

・シルク サテン レースにタフタ オーガンジー 白にはかくも色ありけるか

・眼差しは亡き母上に似たりとふ君を頼むと父上のたまう
  1. 2018.06.15 (金) 07:08
  2. URL
  3. アルジェリマン
  4. [ edit ]

六月もたっちみーぷりーず

逆光にくらむ景色は灰青の影と転ずる ネガのごとくに

黒犬と日陰求める畦道は延々続くケリのなわばり

苗の列整然の田の鏡面を乱さず二羽のカモすべりゆく

アメンボとカエルの波紋 黒犬の顔は揺れるよキラキラ光る

まぶしくて眼鏡をかけず風強く帽子かぶれぬ過酷な散歩


・・・とはいえ総合的に見て、犬との散歩は非常に楽しいものであります。
  1. 2018.06.15 (金) 08:56
  2. URL
  3. パール
  4. [ edit ]

水無月のおうた

KUON様、今月も宜しくお願い致します。
れっつ・うた詠み まいります。

⭐梅雨晴れにカーテン揺らぎ我れ独り
 難なき一日(ひとひ)午睡の幸よ

⭐紫陽花の「移り気」という花言葉
 移らぬものはこの世に有りか

⭐清(さや)き朝穏やかな昼憂う夜
 今この瞬間(とき)もすぐ過去になる

⭐長生が幸多きとは思えねど
 親には永くと願うわがまま

⭐雨が好き!そんな時代もあったけど
 洗濯の山今は恨めし

★四半世紀何も学ばず努力せず
 銀メダルとは選手に失礼


たっちみーぷりーず お願い致します。
  1. 2018.06.15 (金) 10:22
  2. URL
  3. 黒猫アビ
  4. [ edit ]

KUON様

おはようございます。
今月もご指導お願いいたします。

6月のおうた

 ・梅雨空の合間くぐりて靖国へ
  願うはひとつ絵馬に託して

 ・いつの日か我も行きたい思いあり
  伊勢神宮と出雲大社へ

 ・パソコンでいろいろ調べ旅をする
  動けぬときは空想の旅

 ・若き棋士 光り輝く活躍に
  我もつられてAI将棋を


  1. 2018.06.15 (金) 12:12
  2. URL
  3. まめはな
  4. [ edit ]

KUONさま、今月も添削よろしくお願い致します。

・梅雨晴れの空に干したる毛布二枚重ねて持てばふわりと軽(かろ)し
・おもらしの度重なれば羽根のようなパンツの並ぶ午后のベランダ
・よその子を抱き上げあやせば遠くから心配そうに吾子は見ており

私には子供はおりませんが、お歌にはフェイクもあり、とのことでしたので…。
昔、とても可愛がっていた小さい子がいて、その子を見ていた時のことを思い出して、自分がおかあさんになった心算で詠んでみました。
…なんか嬉しかったです…

  1. 2018.06.15 (金) 12:27
  2. URL
  3. 温泉郷
  4. [ edit ]

6月のうた

こんにちは、ご指導お願いします。

梅雨晴れ間半襟替えて虫干しす吹き抜けてゆく樟脳の香よ

花器に咲くあじさいしゅんと萎みだし元気になれと光にあてる

マリーゴールドが咲いて、、、
意味知らず育ててしまい残念だ聖母マリアの黄金の花

九条を唱えておれば平和来る勘違いにも程があるわな

  1. 2018.06.15 (金) 14:22
  2. URL
  3. おてもやん
  4. [ edit ]

水無月のうた

○縁側の外壁も替え雨漏りの心配もなく梅雨をむかえる
○パジャマ縫うミシンの響き心地よく檜の香る新しき部屋

※建設会社のコピーみたいになってしまいましたが、実家のリフォームが完成したので詠んでみました。
  1. 2018.06.15 (金) 14:59
  2. URL
  3. 温泉郷
  4. [ edit ]

6月のうた

お手数をおかけしてすみませんが、三首めのうた、下記のものに差し替えます。

マリーゴールドが咲いて、、、
意味知らば育てぬものを我が庭に聖母マリアの黄金の花
  1. 2018.06.15 (金) 17:36
  2. URL
  3. おてもやん
  4. [ edit ]

水無月のうた

○紫陽花は何色かなと問ふ孫にアジサイ色と答えてしまえり
○晴れた日は庭に飛び出る愛犬も濡れた芝には降りようとせず
  1. 2018.06.16 (土) 22:30
  2. URL
  3. [ edit ]

こんばんは〜
仕事に遊びに 忙しい今日この頃でした
ヒマは人をダメにしますね

今月は初夏の、挺身隊慰安婦の嘆きです


初菜刈る
爽やかな空
でもな うち
嫉妬フツフツ
心貧しき

真夜中に
包丁研いで
目が滲む
オカズ持たせて
うちだけ一人

これでもか
ツラミを込めて
刻む葱
山盛りになる
極細になる


真っ直ぐに
真竹割り炊く
真夜中の
ヒガム心は
すぱっといかず


うじうじと
山椒摘まみて
笊(ざる)いっぱい
黒く指染む
痛みとソネミ


泉州の
水茄子切りて
指も切る
青紫が
真っ赤に染まる


生温く
湧きし鮮血
広げゆく
うちの悋気(リンキ)は
黒く滴る


考えず
見聞きせずやと
言い聞かし
嫁の日々聞く
うち・・・根性曲り


諸恋の?
八十路と五十路
四十年
棺桶思えば
嘆く刻惜し


Nちゃんでした〜


  1. 2018.06.17 (日) 14:01
  2. URL
  3. かりそめ
  4. [ edit ]

水無月のうた

今月もぷりーずたっちみーでよろしくお願いいたします。
と言ってもたった2首。でも参加することに(私にとっては)意義がありますのでご容赦くださいませ。
おうたの前後に余計な文言をいれてしまいましたが、削ってくださってかまいません。

「温泉郷さんのおうたに触発されて」
*中国が襲ひきたれば身をもちてわれら守れよ九条信者
(うんなこと絶対にしませんよね。真っ先に逃げるのが九条信者でしょう)

*わが町の額紫陽花の青深しかつては鰡の飛ぶ海なりし
  1. 2018.06.17 (日) 18:01
  2. URL
  3. アイリス@
  4. [ edit ]

こんにちは。
数日前の雨をぼんやり眺めていましたら
何の前触れもなく、
遠い昔、
現代国語で習った詩人の歌を思い出しました。

暖かき、慈雨口に受け
突然に、
脳裏に浮かんだアムバルワリア

水無月の雨
白ワインに例えたる
明治の漢(おとこ)に
逢いたく思ふ

空中の水に
その色溶かし込み
立葵の群れ
すっくりと 在り

暖かい慈雨という言葉、
私の古ーい部分の脳が覚えていた言葉
かもしれません。
もし、逢いたきお方が使っておられた
言葉ならば ごめんなさい、です。
今月も、お直し宜しくお願いいたします!
毎月、楽しみをありがとうございます。
  1. 2018.06.17 (日) 18:31
  2. URL
  3. アルジェリマン
  4. [ edit ]

またきました、追加です。

いつまでも帰りたくない黒犬と角でたたずむ日曜の午後

梅雨の日のツツジにかかる蜘蛛の巣に捕らわれるのは花と雨粒

立ち止まり匂い嗅ぐ犬ふと見れば先日失くしたお散歩ライト


犬の首輪につけていたお散歩用LEDライト、
木曜の朝か夕方にどこかに落としたのですが、
今日つい先ほどの散歩で、うちの犬が見つけてくれました!


さすが犬!です。


  1. 2018.06.17 (日) 19:59
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・窓の外(と)にいま展がるは日本海音のするものみな消して見る

・ほぐれゆく思ひに向かふ奥能登の海の青さが胸に沁みこむ

・家移りをしたる夢見ぬその家のどの窓よりも海が見えたり

・かの朝(あした)海を描きゐし君のシャツ海のいろほどあをかりしかな

・海見たし海を嗅ぎたし波音に胎児となりてあやされたかり

・海沿ひのホテルに宿り腕時計投げてありたしごろんごろんと

・全身をスポンジにして海鳴りを吸ひこまむかな夕べを真夜を

・海へ行く鈍行列車イメージの内にては窓をいっぱいに開け

・おむすびの湿れる海苔の指につくその塩の味 海へ行かむか

・千里浜を飛ばしたる日の海のいろ黒きまで青かりし海青かりし

・太陽の溶けゆく海を溶くるまで見てゐて巷に帰らんとする

  1. 2018.06.17 (日) 20:08
  2. URL
  3. 黒猫アビ
  4. [ edit ]

6月のおうた

追加お願いいたします。

 ・梅雨の雨 私の好きな 紫陽花が
  おちこむ心 やさしくつつむ

 ・年金の暮らしになれて 早一年
  のんびりとした 時にまかせて

 ・ママチャリが スピード出して 走りゆく
  ゆっくり歩く 歩道も危険


 梅雨時は身体が痛くてだめです~
 楽しいことだけ考えて過ごしております。
 
  
  1. 2018.06.18 (月) 00:13
  2. URL
  3. 空の音符
  4. [ edit ]

KUON様、はじめまして

はじめまして
以前より、ひっそりとブログ読者でおります。
毎月のお歌の会、羨ましく拝見していました。
ごくたまに、時々、思いつきで、一人で歌を詠んでいますが、勇気を出して投稿してみます。
お歌の文化が、また日本人の日常に戻ってきたら素敵だなと思います。



美し(うまし)水たたえたる森 杳杳と
原初の神がここに座しまし



さくら降る逢魔が時の四つ辻に
ひた世紀末の気配(いろ)迫り来む
(2016年 春)



雨音に混じりて聞こゆ断末魔
誰の 百鬼の 人の 邪(よこしま)の
(2018年 春)
  1. 2018.06.18 (月) 01:27
  2. URL
  3. こぶ
  4. [ edit ]

まにあった!

ワールドカップが始まり昼前眠く、
なかなかまとまらずにいました。

○ 着ないかも知れぬと思った夏服で
寄り道する子 笑って叱る

今月もよろしくお願いいたします。
  1. 2018.06.18 (月) 02:14
  2. URL
  3. たまき
  4. [ edit ]

星雲を
ただ映すだけの
天気予報
あなたの町を
雨だと伝える
  1. 2018.06.18 (月) 02:32
  2. URL
  3. たまき
  4. [ edit ]

プレアデス
この美しき
天体で
巡りあったり
別れいったり
  1. 2018.06.18 (月) 03:14
  2. URL
  3. 空の音色(空の音符と、さきほど入力されていました。すみません)
  4. [ edit ]

さきほど、名前を間違えて入力していました。
「音色」のつもりが「音符」となってしまっていて…
初めての書き込みなのに、そそっかしくて本当に申し訳ありません。
HN「空の音色」でお願い致します。

それから、歌の添削、ご指導、お願いできましたら嬉しいです。

追加で一首、上げさせてください。



雲居月 夜陰につぶやく君の名よ
我を包みし清けき光

  1. 2018.06.18 (月) 06:58
  2. URL
  3. アイリス@
  4. [ edit ]

おはようございます。
ただ今自分の投稿読み直して、
お直しはないなぁ、と反省いたしまして、、
(洋服ではあるまいし、、、)
ご指導の程宜しくお願い申し上げます。
と、訂正させてくださいませ。
何卒宜しくお願い申し上げます!
  1. 2018.06.18 (月) 14:59
  2. URL
  3. アラ50
  4. [ edit ]


御無事で何よりでした。
大阪に暮らすいとこのことよりおねーちゃまが先に頭に浮かんだのでした。
  1. 2018.06.19 (火) 20:26
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・アラ50さん

お久しぶり。お変わりなくいらっしゃいましたか?

コメントありがとうございます、私は無事です。

またいらして下さいね。まさこのこととか、笑ってもらえなくなっていますけどね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・