FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. ゆれ・ふら・とーく
  2. tb: 0
  3. cm: 7
  4. [ edit ]

あのビール

いろんな方といろんなところで、主に昼食を共にしている。仕事の延長のこともあり、私的なお付き合いの場合もある。

さいきん行ってよかったのは、神戸の居留地のオリエンタルホテルと、最寄りの駅の近くの居酒屋のランチ・タイムだった。

オリエンタルホテルには予約なしで行って、メイン・ダイニングは無理だが、予約フリーの方なら、と受けてくれて、実際、狭かったが、友人と二人、席に就けた。この友人はものすごい方向音痴で、私は、自分よりすごい方向音痴が存在するなどと、、何度会っても理解できず。その日は、スマホで探しておいてくれたグリルに、なんとか二人たどり着いたものの、あまりに思うところと「違う」ということで、中へ入らず逃げたのだった。予約はまだだったので、ご迷惑はかけておりません、念のため。

友人いわく、その店は口コミというものが「よかった」そうなのだが、友人、尚いわく、自分で書いている口コミもあるのよ、と。へえ、知りませんでした。ブログにもそれは、当てはまるらしい。ふええ。

そのオリエンタル・ホテルは、日本最古のホテル、なのだそうだ。もう一つの方は港のそばにあり、長女がそこで、結婚時のすてきな写真を撮っていた。正確には、撮ってもらった。

タイのオリエンタルは、世界一の、との評価なそうで(今もそうなのか?)随分むかしに、品数豊富のランチを何度か食べた。白人のウェイターが、とても丁寧な態度だった。待たせていた現地人の運転手のことは、目に入らない態度だった。ヒトと思っていないのね。私は日本生まれ、日本育ちのふつうの日本人なので、だからなのか、あちらでは普通のそういうことが、身に添わない。あまりにも落差のある態度の前では、居心地が悪いのです。ついに馴染めないうちに、東南アジアの国々へ旅する日々は、終わってしまった。

この友人とは、ずいぶん以前から神戸のお洒落なホテルやレストランあちこち、フラフラと歴訪して来た仲。お互いここのホテルは初めて。道路からの眺めさすが重厚、一歩足を踏み入れれば好みのほの暗さで、スタッフのどの一人も躾がいい感じ(わたしに躾のことなど言えない自覚はあるので、さらりと書いておく)、ごく普通のランチのメニューの一つを頼んだ。

ふかふかのパンが最初に出て来て、溶かしバターたっぷり、私は、日ごろ控えているが、美味しいバターが大好き、嬉しくてムフフと、いただきました。前菜ちょっぴりでも綺麗、サラダの生ハムが美味しかった。パスタは二種類とって、分け分けしていただいた。たぶん私の方が沢山、食べた。

デザート、コーヒーと出て、二千円に満たないお支払。どこで食べようか、迷った時には、ホテルはいいと改めて思った。

水をサーブされるグラスが、濃紺の足付きのもので。このデザインは、舅が誘われて乗ったタイの合弁企業・・いっときは800人ほどの人が吹きガラスで大量のガラス製品をつくっていた頃の、もの。・・と、酷似している。よく見かけはする。あちらの経営陣は華僑で、もの知らずのお人よしの日本人などうまいことやられてしまった(こちら側からの印象です)、あの頃の。夫がずっと、タイに張り付いて技術提供していた頃の・・・今は知らない、おそらく今は、ベトナムあたりで作っているか・・100円ショップで同じようなものが売られるようになって、いろんな齟齬があらわれて、なんとか出資金引き揚げて撤退したのだった・・・などと、思いを投げてしまう、グラスなのであった。違うかもしれない。ここでこれを言うのは筋違いだが、大きな時代の渦がそうさせたのでもあっただろうが、本物のガラス吹き職人さんの生きる場所が、どんどん、無くなっていった時代を、見た。

二階建ての倉庫いっぱいに溢れていた、素晴らしい吹きガラス製品の山を、埃まみれになって探させてくれたUのおっちゃん。もう今は、亡くなっているのだろうな。

話がどんどん流れてとめどの無い、KUONのへたれブログ。

海鮮丼、味噌汁付きで580円。上海鮮丼が980円。生きのいいネタが山盛り。美味しいもの大好きで、よく知っている食いしん坊の若い友人と一緒に行って、「ワタシここへ通いますわ!」と言わしめた、身近にある居酒屋の昼営業のごっそう。

なにせお刺身が絶品、あんどチープ。絶対イケる、喜んでくれはる、と、お誘いしたのが大外れ、その人は、ゆっくりとお酒を飲みたい方向のお方。ザワザワの居酒屋はお気に召さなんだ、なんてことも、ありまして。

私は下戸。酒のことはわからん、どっちでもいい人種なのだ、と、改めて思ったり。

なんだかわけがわからない記事になった感じ。でも、飲めるといいだろうな、楽しいだろうな、と、感じることもあります。

熊本へ人を訪ねていった時、円卓を囲んで食べた時に、グラス半分ほどもらって、のんでみたビール。エビスの、黒ビール、なるものだったと記憶する。小さな黒っぽい瓶だった?。

美味しかった。あれ。。探したりもしたが、再会できないでいる。本気で探せばあるのでせうか。

もう一度、あのビール、飲んでみたいなどと、思うなり。


スポンサーサイト


  1. 2018.06.01 (金) 23:22
  2. URL
  3. 長屋の爺
  4. [ edit ]

ヱビス黒ビール

こんばんは

ヱビスの黒の瓶は今は見かけないですねw

サッポロの黒ラベルくらいでしょうか

缶なら今でもヱビスの黒(プレミアム黒)は売っていますが

ビールが得意でない長屋の爺です(笑)


肴無しの部屋呑みの酒は美味しゅうございました(謎)
  1. 2018.06.02 (土) 01:48
  2. URL
  3. ラピスラズリ
  4. [ edit ]

ぜひ店の名前を教えて下さいませんか?

最寄り駅近くの居酒屋のランチに私もぜひ行ってみたくなりました。
宜しかったらぜひ名前を教えて頂けたら嬉しいです。

海鮮丼の美味しい店も同じ店でしょうか?
私は丼の中で海鮮丼が一番好きなのです。
スーパーやデパートで買う時は必ず「ご飯は酢めしですか?」と聞きます。
上に乗っている魚は美味しそうでも酢めしなら買いません。
熱々の白ご飯に乗っている海鮮が美味なのです。

だから刺身を買ってきて山芋や大根の千切りや大葉やもみのりを乗せて自家製の海鮮丼をよく作って食べます。
時々甘ったるい海鮮丼のタレがあって閉口したことがありますが、あの甘さは何だったんでしょうか?

因みにサーモンとホタテとイカと生の甘エビが好きでマグロなどの赤身の魚やイクラは苦手です。

かなり前に手術して後急にカツや天ぷらなどの油っぽいものが苦手になりました。
海鮮丼が大好きになったのはその頃からだったかもしれません。

好みが変わるのは色々なきっかけがありますね。
蕎麦も以前は好きではなく、子供の頃から年越し蕎麦も家族の中で私だけうどんを食べていた変り者でしたが、学生時代に信州に旅行して戸隠で名物の蕎麦を食べて、蕎麦ってこんなに美味しかったのかと心底感激し以来蕎麦も好きになりましたが、やはり蕎麦のだしは関東の方が美味しいような気がします。
  1. 2018.06.02 (土) 19:24
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・長屋の爺さん

爺さま。今日はバスに乗っていつもと違うスーパーマーケットに行きました。で、缶の黒ビールを簡単に見つけて(笑)、ひとつ手に取り、あ、と思って三つにし、最終的に2缶,かごに入れました。マグロのブツも買い、晩ご飯はフツーに済ませましたので、夜、ペドロ&カプリシャスを聴きながら、ビール飲もうと考えています。なんか、大層ですが(笑)。

私はP&カプリシャスは、高橋真梨子より、初代の前野耀子が好きなんです。


・ラピスラズリさん

くいついて読んで下さり、ありがとうございます。

ええと。お住まいは関西ですか?。わざわざ食べに来られる?。

どうしようかと迷いました。店の名を書くのは容易いことですが、「もよりの」と記事に書いたので、駅名を明記するのにためらいを覚えます。海の傍に引っ越したことはさんざん書いていますが、駅名までを具体的に記すと、かなり知られることが多くなる感じ・・去年、イヤな目に遭った時期がありまして、あまりあからさまにしたくない思いがありまして・・ごめんなさいね。

ざっと書けば。港に近いカジュアルな店は,海鮮丼等の美味しくて安いところも多いような。私も、境港や淡路島やのお店で、廉価で新鮮な海鮮丼、楽しんできました(笑)。まちなかですと3000円はカクゴのレベルのものが、1000円前後で頂けるとか。

私が書いた店も、特別な有名店というのでなく、魚屋さんの経営だとか。中身も、その日の水揚げによるらしく。ホタテやイクラは、まあ、あまり、見当たらないような(笑)。ごはんは寿司飯ではないですよね、丼なので。なので。食べ物にも好みは影響するので、今までもあまり固有名詞では、お店のこと書いたり、していません。

もしも、どうしても、とお思いなら、裏コメントで、連絡先をお教え下されば、店の名前も所在地もお教えします。ただし、この件一件に関してのことで、ね。

めんどくさい性格でごめんなさいね、こういうことです。


  1. 2018.06.03 (日) 21:21
  2. URL
  3. ラピスラズリ
  4. [ edit ]

流儀

仕事に流儀があるように生き方にも流儀があります。
KUONさんの流儀を尊重します。

皇室のことは頭も回り深読みも出来るのに身の回りのことについてはからっきしでいけません。

野暮な質問をして申し訳ありませんでした。
  1. 2018.06.04 (月) 09:01
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・ラピスラズリさん

私の、流儀なんて上等のものでない「我流」を理解して下さり「尊重」していただけると。

ありがとうございます。

これからはワガママで行くよ~、っと、何度か書いた通り、わがまま気まま、ソンタクも無しに行ってるよ~(笑)、すみません。

美味しい、お気に召す海鮮丼を、召し上がって下さいね、あれこれ。私は,いまだに天ぷらもとんかつも「旨!」」でおりますが、昔ほどは食べられません。時々、ケーキをいつくしむ感じで、嗜好品のようにいただいております。

お豆腐が好きになりまして。
  1. 2018.06.04 (月) 10:40
  2. URL
  3. ラピスラズリ
  4. [ edit ]

豆腐料理の店

ご存知かもしれませんが神戸市内に「梅の花」という豆腐料理の店があります。
デパ地下にも惣菜やお弁当を出しています。

私も豆腐が好きになった頃「豆腐百珍」という確か江戸時代からの豆腐料理の数々を紹介した本を読んだかことがあります。
最近は絹より木綿の素朴な固さの方が好きになりました。
  1. 2018.06.06 (水) 10:39
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・ラピスラズリさん

教えて下さりありがとうございます。そこ知ってましたぁ(笑)。

最近は絹より木綿、で思い出したこと。脱線です。

名古屋での子ども時代。近くにあった豆腐屋さんに、お使いに行くことも多くあり。小さな店で、朝早くから小父さんが一人で豆腐と油揚げを作っておられました。あの頃は絹濾し、でなく、うちは木綿を買っていたと思う・・一丁買うと、小さいお揚げさんを二枚、おまけにくれていたんです。赤だしのお味噌汁、豆腐とお揚げの。今も大好物です。

それと、お昼御飯用だったのか、豆腐の中におろし生姜の入ったのを売っていた。大人は美味しいとたべていましたが、私には辛かった。もう、とっくに無い店ですが、あの生姜入りの木綿豆腐。今いただけたら、どんなに美味しいだろう、と。




 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。