FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 3
  4. [ edit ]

間違えてはいけないと思う。

表に出て来ないで裏から執拗に言って来られる何人かの方から受けるさまざまな言葉の中に、自分は安全なところに住んでいて、私(たち)の気持ちの何がわかる、という意見があります。

昨日の動画についても、私は、経産省と東電とマスコミとの関係や、それに立ち向かう個人、の構図として、大変よくできていると、感じたのです。

私自身が、問題の根っこであると考えていることについて、大変わかりやすい。

小出裕章という名の一人の科学者が、お金や名誉や、その他あらゆる欲から遠い所におられる、と、私には思えるので、なさることが嘘に感じられません。

目立つのも群れるのもイヤ、自分のしていることをしていられればいい、という小出先生が、中で、わかってもらえるためなら、自分にできることは何でもする、と言っておられる、その気持ちの上での「コント出演」でしょう。

この「スイシンジャー」というものは、なんかのフェスティバルで勝った人々の作り出されたもののようです。

・・・私の立ち位置でない所にいれば、自分たちの苦しみを、面白おかしくコントにして、という、自分の目線からの感想を、抱かれることは、あるのでしょうね。ふざけるな、とお思いの方もおありのようで。

知人の中にもいろいろいる大変な人々の、大変さや、苦労や、お先真っ暗さを、では、あなたはわかりますか、と、言いたい自分もいます、正直なところ。

個人の不幸は当事者だけのもの。まったく自分のせいでない理不尽なことを、抱え込んで、苦しんでいる人、沢山知ってる。皆、黙って生きている、それしか無いから。

きっと、たとえば公害病の問題も、基地の問題も、いろんな種類の差別も、当事者にしかわからないあれこれに、人は、耐えているんだ、と、思います。

原発マネーとやらで、潤って来た人もいれば、このたび、不遇だけを背負い込んで、おそれない言葉で言えば恩恵をこうむれないで、大変さばかりがかぶさって来る地域の人々もいるでしょう。

現実の生活をしているのだから、きれいごとではない、いろんな思いがあると考える。

被災地に遠い人々の、無関心ぶりは、信じがたいほどひどいもので、本当の風評被害も凄まじいものだと思います。

それは、普通の人々の、昨今の生き方のせいでもあるでしょうが、まず、憎むべき相手、対象を、間違えてはいけない気がします。

きちんとしたことを、きちんと発表しない。まずこれが、この国に責任を持つべき人々の怠慢、怠慢なんて生易しいものでない、もう、どうしようもなく、どっち向いてるやらわからない、もう、何と言えばいいのかわからない。

愚痴に託して書きます。

先日も書いたように「除染」して出て来た、他へは運べない、処理できない汚染物を、持って行く、積んでおく場所に、すでに行き詰まっています。

それでかどうか、除染でなく、覆土すると。

「除染」するべき高線量の土の上に、きれいな土を覆いかぶせるのですと。

埋めて隠しちゃえ。今までして来たやり方が、ここに。

汚れたものは土かぶせて見えなくしちゃえ、汚れた水は、川や海へ流しちゃえ。それです。

今まで出て来たものでさえそうだ、その上に、まだ、出続けている、それを、どうすることもできない。

方法はある。あるのですが、既に発生している新たな利権が、この先の、将来につながる空気や水より、今の自分たちが得るお金の方が大切、という思想(思想・・・ずっと、そうだったからなぁ・・・」。

先日、武田邦彦先生のブログから、4号機の水の温度が上昇、危険、というあたりを、貼らせて頂きました。

不可解な東電の発言はあったものの、このたびは、とりあえず、大事には至らなかった様子です。

「このたびは」です。

農業、漁業、酪農業、観光業、普通の働き人だって、いま、どうしようもない状況にあられる、それについて、知ろうとしなければ何もわからない。

風のようにあちこち、目についたことに怒ったり共感したりする(だと思う)マスコミの方々が、さんざんな人情話などで本質に触れないで来た中、あるところでは、避難している人々が、生活費をどれだけかもらえるので、震災前よりリッチだとか、企業からもらうお金で、する仕事も無いのでパチンコ通いしているとか。

そういうことも書き始めている。目につきやすい話ですね、それは。

実は私も、ごく短期間、パチンコで遊んだことがあります。

あっという間に、中毒化しました。行きたくて行きたくて、うずうずした。普段なら使わない余分なお金を、パチンコになら使えた。パチンコ店の駐車場の隅に、高利のお金をその場で貸す人が待っているとも聞いたし、見たし、サラ金で借りて来るのよ、と、勝手に話しかけて来る女性もいました。来る人は、毎日、来ているらしかったです。

忘れられないのは、自分の隣に、ただ座らせていると店員に叱られるので、姑さんと思われる年頃の女性も、そこで遊んでいるように見せかけて球を少し入れて、自分は、じゃかじゃか、お金を入れて遊んでいた中年女性。居直った顔をしていた。おばあさんは、隣にいるその人に背を向けるように斜めに座り、体を硬くして、まったく表情を失った顔で、じっとしておられた。
すごい騒音も、そこにいる自分も、おばあさんにはきつかったでしょう。
パチンコって、たまに少しするもの、とは、思えない自分がいます。

私は、はじめ決めた一か月で、止めることが出来ました。脱線していますが。

パチンコがいいかどうか、私には言えません。ただ、そうして、ヒマとお金を費やすしかない人々が、新たに増えてしまっているのは、事実ということですね。

憎む相手を、間違えてはいけないと思います。

一番悪い経産省、ひとごとに徹するみたいな東京電力、何と言おうか、みじめなマスコミ。

その三位一体のしたこと、していることが、問題なのに、と、ミジンコは考える。

先日のアイリーン・スミスさんの言葉にありました。


・・・・・・・■水俣と福島に共通する10の手口■

1、誰も責任を取らない/縦割り組織を利用する

2、被害者や世論を混乱させ、「賛否両論」に持ち込む

3、被害者同士を対立させる

4、データを取らない/証拠を残さない

5、ひたすら時間稼ぎをする

6、被害を過小評価するような調査をする

7、被害者を疲弊させ、あきらめさせる

8、認定制度を作り、被害者数を絞り込む

9、海外に情報を発信しない

10、御用学者を呼び、国際会議を開く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水俣病と異なる点―今はインターネットがある





スポンサーサイト





  1. 2012.04.19 (木) 01:09
  2. URL
  3. yuuta
  4. [ edit ]

NoTitle

憎む相手を間違えてはいけない

KUONさん 私もそう思います 間違ってはいけないのよ
  1. 2012.04.19 (木) 11:54
  2. URL
  3. えま
  4. [ edit ]

NoTitle

kuonさん こんにちわ

軽率に拍手マークを入れた私のコメントは
読む方に誤解を与えかねないものでした。
お気を悪くされた方、ゴメンナサイ。

しかし、ふざけた気持ちも、コントだからと笑って許してなんて気持ちも全くありません。
最後に手錠をかけられ、冤罪攻撃の果て連行される
小出男・・・
現実にそうなるかもしれない・・・その覚悟を知って欲しいです。
その覚悟が小出先生の揺ぎ無い覚悟が見えたから、拍手を送りました。

kuonさんの仰るとおり、憎むべき相手は、誰か。
間違えてはいけないと思います。
  1. 2012.04.19 (木) 13:51
  2. URL
  3. ようこ
  4. [ edit ]

NoTitle

kuonさん こんにちは

自分からの目線から
私は純粋にこの動画はわかりやすく
よくできていると思いました。

小さいミジンコが
憎むべき相手を間違わず憎んだとしても
汚染水が今でも川へ海へと流れているという現実
何か変わりますか
ただ黙って見ているしかないのです。

震災前よりリッチになり
パチンコ通いしている人たちがいたっていいと思います
明日がどうなるかわからない世の中
捨て鉢にならなくても、好きなことをやって
今を楽しく生きればいいと思います。

kuonさんが言われていた
「個人の不幸は当事者だけのもの」
自分を助けるのは
自分しかいないと思うべきなのでしょうか

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・