KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. ゆれ・ふら・とーく
  2. tb: 0
  3. cm: 9
  4. [ edit ]

たあいないタオルの話

タオルが好きだ。

どんなタオル、と問われて、こんな、と、具体的にあげられはしないけれど。

書きやすいあたりから書くと、トイレの中には、ぽわぽわと柔らかいオリーブ色の無地のタオルと、同じく柔らかい淡い薔薇色のそれともう一枚、トイプードルみたいな濃い茶色の厚手の無地のものを、日替わりに掛けている。その日がどのタオルでも、見るたび嬉しいお気に入りのものを使っている。

風呂場のバスタオル掛けには、白地に青い鳥の模様の大判のそれを掛けている。実はこれは実用でなく、つまりは飾り。ドアを開けた時にぱっと目に付く位置に、絵画のようなデザインのそのバスタオルを、隅っこをぴしりとつまんで揃えて掛けていて、ふろ上がりには使わない・・・実際には、洗われて干されてを繰り返して、たたむ時には固く真四角にたたまれてくれるけれど・・真四角にはならず、一部がどよ~んと伸びてしまっている物もある・・濡れた肩に置くと瞬時に、水滴を引き受けてくれる、親しい友のようなバスタオルを使っている。

枕カバーはかけているけれど、その上をまた、ものすごく大きなタオルでくるんでいる。言うまでもなく、寝入るときにタオルを必要とする年齢ではない、が、頭を置くあたりが好きなタオルで覆われていると、安心なのだ。

他にも、まだ使っていない「大好きなタオル」がある。自分で買ったものもあるし、友人が、大切に集めていたタオルを、バタバタと引っ越しした私にと、送ってくれたものもある。その方が多い。タオルとひとくちに言っても奥の深いもので、一目で魅かれても手の出しにくいスゴい品もある。友人が送ってくれたタオルは、私の好きなものばかりだった。届けられた段ボール箱を、収納庫のある板張りの玄関先でさっそく開けて、出て来た美しいタオルたちを見て、私は、どんなに嬉しく、ときめいたことだったか。

台所では、ごく普通の、何かの挨拶で配られたり銀行でもらったりする、白地のタオルを使うことが多い。惜しげなく使えるのがいい。友人は、掃除にでも使ってと、そういったタオルをも潜ませてくれていた。すぐに台所で使わせてもらった。

で。お風呂の中で使うのは、私は、ぺらっぺらの、旅行に行って気軽な宿で入浴用に一人あて一枚、用意してくれているような、使い捨て扱いされてしまっているようなタオルが使いやすい。上等な、みっしり目のつまったタオルは使いにくい。それを、使用後、ぎゅううっと絞って部屋に干しておいて、持ち帰って、お風呂用にする。

ひとさまの家のことを書くのはマナー違反と思うが、私が、これはどうかなぁと感じたことを、書いてしまう。

ある方の家にお招きいただいて、最近近くなっているので、トイレをお借りした。トイレを使うたび、この頃は、なんだか感謝したいみたいな気分になる。その時も感謝して、手を洗って・・手には、自分のハンカチを使うのだが・・・中に掛けてあるタオルを見て、あ、と、思った。

こんなことを書く自分はイヤな女だな、と思うが、イヤな女であっても書きたい。
そのタオルは、知る人ぞ知る有名ブランドのタオルで、厚手で、そして、タオルの中央あたりが、くろづんでいた。

何度洗っても元の色には戻れないタオルなのだった。・・でも、ブランド(笑)。

・・その家の主は、トイレのタオルに似つかわしい女性だった。こう書いて、どんな女性を想像されるか、私にはわからない。

やはりタオルが好きで、大切に集めていたのであろう素敵なタオルたちを、どんな風にも使ってねと、どーんと送ってきてくれた人とは、まるで違うタイプのひとでは、ある。・・・・・性格悪いですね、わたし(笑)。


スポンサーサイト


  1. 2018.05.11 (金) 00:40
  2. URL
  3. よみびとしらず
  4. [ edit ]

貧乏贅沢

かの、森茉莉氏も、タオルが、お好きだったようです。

橄欖色、菫色、檸檬色。

かのひとのお部屋は、かのひとの夢の魔法で、安価な硝子のコップが、ヴェネチアの洋杯に、ボロボロの絨毯は、ペルシャ絨毯に。

件のお宅のご不浄のブランドタオル。

茉莉さんの一番嫌う貧乏くささ?でしょうかね?
贅沢貧乏の真逆、貧乏贅沢?

寒暖差激しきおり、お身体には、ご留意下さいませ。
  1. 2018.05.11 (金) 01:39
  2. URL
  3. ラム酒
  4. [ edit ]

kuon節がピリッと効いていて、楽しく拝見しました。

私も、タオル好きです。

トイレのそのタオル、想像できます(笑)

私は、タオルの色に応じて、塩素漂白、
酸素漂白しています。


  1. 2018.05.11 (金) 08:33
  2. URL
  3. RYU
  4. [ edit ]

うふふ

はじめまして
RYUと申します。ずっと読ませていただいています。
時にスカッとしたり、にやりとしたり、鼻の奥がツン・・・とすることがあったりと 大好きな場所です。

さて、今日のお書きになったこと。最後の『性格悪いですね。わたし(笑)』に即「はいっ!!悪い!!だから KUONさん好きっ!!」と声に出していました。
そばにいた猫が「ん?」って顔してましたけど・・。

どうぞ お身体お大切になさって ご自分のブログですから
たくさんたくさん 想いのたけを・・・。
  1. 2018.05.11 (金) 16:02
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・よみびとしらず さん

そうなんです。ただいま机の上に著書積み上げて森茉莉色全開中。面白くてたまらん、です。まことノーブルな魂。一般的にはおんぼろと呼ばれる「アパルトマン」の一室を棲み処として。伝説の、と称された床の具合の不明な(崩れ落ちた古新聞が溶け込んでいたという)部屋で,好きなものだけに囲まれて・・それも、おっしゃるように森茉莉的視線で見ての豪奢絢爛。ブリアリやアラン・ドゥロンを目で愛でて独自の世界を創り上げ、生涯を「茉莉さん」としてだけのみ、生きた、楽しんだ、幸せだった。まことの贅沢貧乏。

私もね。思います。貧乏は時の流れにもよる、貧乏するのは仕方が無いと思う、ただ自分自身は、電気とめられたりはした時期もありましたが、あれは本当の貧乏でなかったと思っています。多分、本物の貧乏は知りませんし、今後もならないと思います。ただとにかく、貧乏は仕方ない。

貧乏くさいのは、耐えられない。貧乏くさくなりたくない。友達は多くないですが、全員一致、貧乏くさくない人ばかりです。お金のあるなしでは無い。理屈でもない。こういうことを書いていると、石つぶても飛んで来ますが、よけるすべも覚えましたし。

美智子さんチの、あるいは雅子さんチのタオル?、とか書きかけて、やめました。下品がうつるのは御免です。



「幸福はただ私の部屋の中だけに」いまこれを読破中なのです。以前に読んでいた時よりもっと強く感じます、今風のセレブや今どきのブランド観やいま人間の薄・・・(自分を含めて)
  1. 2018.05.11 (金) 19:22
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・ラム酒さん

想像できますか(笑)。その方、何につけても身振りが大きいというか。たとえば「うちの親せきがミカン山を幾つも持っていまして」などと仰り、ミカン三つ、ビニール袋に入れてお裾分け下さるとか。私は性格とガラがわるいので、その前ブリならミカン、七個(笑)くらいはお渡ししないと。などと、突っ込みたくなって。

ご自分で「私は芸術家なので、細かいことは私に考えさせないで」とも仰る。ほへえ、そうなのであらせられるか、と、イヤミ屋さんの私は、感嘆しております。ある身内の裏話。

気取ってる人とは合いません。多分,衣裳部屋(笑)に積み上げてあるという舞台衣装(音楽家なんです)は、洗っていないと思う。彼女もいる姑の家へ行くと、ああ、私、鼻ツンでよかった、と思う。

しつこいですが問題のタオル、漂白云々のレベルでない気がします。このごろ愚痴の多い(笑)KUONです。


・RYUさん。

うふふ。ほんとに性格悪いんです、わたし。ココロのなか、毒まみれです。きっついこと考えてるのに、からだが丸くてニコニコしてるので、優しそう、とか言っていただいたり。犬や猫や気の合う方には「優し」いかもしれないですが、嫌いな対象には、どうもこうも。

性格悪いの認めて下さって(イバることではないですな)好き、とか絶賛してもらっちゃうと、どんどか増長しそうな気がします。実際、放たれてどこへ行くやら、の昨今ではあります。

猫さんによろしくお伝えくださいね。
  1. 2018.05.11 (金) 19:33
  2. URL
  3. 黒猫アビ
  4. [ edit ]

KUON様

今晩は。

私もタオル大好きです。
自分にはブランドものは不釣合い・・・な~んて!
思いながらも、ハンドタオルやタオルハンカチ位なら
許せると、たくさん集めて使用しています。
家の中で使用するマグカップもお気に入りのブランド^^
ささやかな幸せ感にひたっています。

KUON様の最後の一行に思わず吹き出し笑い^^
それを言うなら、私も性格悪いです。
そういう人、たくさん見てきましたから~

おかしなお天気が続いております。
お身体に気をつけて下さいネ。
  1. 2018.05.11 (金) 19:59
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・黒猫アビさん。

を身の回りに好きなもの置いて、ささやかな幸せを。ほんと。私もそうです。

森茉莉という作家は、それを、徹底していた女性なんです。ささやか、でなく、生活のすべてを、自分流の美意識で貫き切った。森鴎外の長女。おうばさんの付いたお育ち。若い結婚、欧州での暮らし。二人の息子を婚家に残して離婚。

アビさん、マグもお気に入りの。私もそうですよ。マグなら、思い切りお気に入りの一個を、自分のものにできますものね。あとタオルやハンカチや、ハサミやボールペンも好きなものを。ささやかですが最上の幸せです、おかしいくらい、そう。今はまとめ買いできる中古の本、おかしいくらい楽しみの日々。

楽しんで暮らしたいですね、お互いに、ですね。
  1. 2018.05.14 (月) 14:09
  2. URL
  3. 夢花火
  4. [ edit ]

汚れた偽ブランドのタオルは捨てませう

KUONさん、我が意を得たり、です。
拭くところが黒ずんだ(茶色ばんだ)ような、ブランドもののタオルは、ちょっと・・・敬遠します。
さて、美智子さん雅子さんは、一度も洗ったことのない、汚れたタオルに見えて仕方がない。
ブランド名だけは、一人前のでしゃばりようで、大きく示されている、これみよと。
今、上の方々から、(その真摯な生き方に反して)貶められている紀子妃殿下は、ふんわりと、柔軟剤の効いた、洗い立てのタオルのように思います。
それも、純日本製の手仕事で制作された、上等の、気持ちのいい、品質の高いもの。

KUONさんのお好きな、森茉莉さんのお言葉に、こういったものがございました。

礼宮に対して
>皇室アルバムの番組に、アーヤ(礼宮=現 秋篠宮)がお出になる時のよろこびはたとえようがないものがある。
>アーヤはきちんとしていられるだけでなく、自由な雰囲気をお持ちになっていられる。
>胸が開けてくるような、自由の気配を、持っていられる。

秋篠宮親王殿下に対して
>今や不敬罪はないのでいい気になって言わせていただくと、皇位を継がれる方は賢くいられるだけでは駄目で、人間の偉さがなくてはならない。
>私の押し申し上げる次の天皇は礼宮(現在の秋篠宮)である。
>若しお若すぎる場合は三笠宮寛仁殿下に補佐をお願いすることにするのである。

まったく、そうだなぁ・・・と、これまた、我が意を得た記憶がございます。
ここには、明仁さんのお名前も、ナルさんのお名前も、みじんも出てきませんね。
若しお若すぎる場合は、(今は亡き)三笠宮寛仁殿下に補佐を、とまでおっしゃって。
ましてや、美智子さんという、思い上がった偽ブランドの真っ黒に汚れたタオルなどは。
雅子さんは、工業用油にまみれた、粗品タオルのようなものでしかありません。
  1. 2018.05.14 (月) 20:19
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・夢花火さん

(笑)。きっつぅ!。めちゃきつい、でも、この堂々とした辛辣は、いっそ快感にてござります。

>さて、美智子さん雅子さんは、一度も洗ったことのない、汚れたタオルに見えて仕方がない。
>ブランド名だけは、一人前のでしゃばりようで、大きく示されている、これみよと。

>ましてや、美智子さんという、思い上がった偽ブランドの真っ黒に汚れたタオルなどは。
>雅子さんは、工業用油にまみれた、粗品タオルのようなものでしかありません。

>よくぞ仰って下さいました。ここに、紀子さまを並べて(上下にでも)記すことは、私にはできにくいです。

森茉莉さんは。とにかく、ものの真偽を見極める目は、すごい方だったと思います。

三笠宮寛仁殿下は、基本の根っこは、まこと皇族であられるお方だったと今も思います。皇太子にも親身な渾身の手紙などをお書きになられましたが、残念なことにお気持ちは届きようが無かった。何せ、寛仁殿下が皇太子さま、と呼ばれたあのお方は、なにせ、あれなのでしたから。まともな思いや言葉が通じるわけもないのでありました。あれですからね、まったく。無残なことです。と、こう書きつつ、もやもやしてはいるのでございます。もやもや。濃く。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・