FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 書いてみる
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

不思議なカフェ リアル篇 1

四月の「みんなのうた」呼びかけ中ですが、ちょいと外れてあのカフェのこと書きたい・・・。

私の頭の中の「シモーヌの物語」は違う方向で歩き始めています、ので、わたしの好きなあの店の、現実の、なんともいえない話を、書いてみたいのでした。



マジですか?と言いたいくらい酷い風邪を、なんとかやり過ごしつつあった土曜日。

久しぶりに足を向けてみた。貼り紙が増えていた。

・開店時間が遅くなっていてすみませんでしたが、11時からあけています(原文のまま)。

・4人分さんくらいまとまれば、飲み会女子会男子会、お申し付けください、お料理いろいろ頑張ります(これは原文のままでない、意訳です・笑)

・地区を見回ってくださっている〇〇の皆さまいつもありがとうございます。おかげさまで安心して営業させてもらえます(ほぼ原文)。

・ランチ時間人手募集・16歳~75歳まで(原文)。

も少し何やらあった気もするが、いま、昼食後の風邪薬のせいか、アタマが19パーセントくらいもーろーとしている、必要事項はこんな感じだったか。

うつむいてムフフと笑いながら入店、いらっしゃいませと、シモーヌが迎えてくれたのでびっくり。驚く話ではないのだが。

以前の二回は入って右側の席についたのだったが、トイレに近い左側に座る。何にされますかと、若いお姉さんが水を持って来る。ここで本気で驚いた。おなか、でっかい。

16歳から75歳までの人手募集に応じて、この妊婦さんが来たのか。来たのだな、実際、いるし。

「今日の日替わりは」

と言いかける彼女の背後から

「とんかつありますよ」

と、シモーヌ。

初回のこと、覚えていてくれたのかいシモーヌさん。

実は、表に出ている手書きのメニュー・ボードに、あったのだ。日替わり・牛肉と玉ねぎのオムレツ、とある下に、魚のフライ、なんたらかんたら、酸っぱいカレー、と。

酸っぱいカレーがいいなと何となく決めていたのだ、で、モーニングタイムにとんかつ食べたがったこの店の初日の私を、うう嬉しい、覚えていてくれたシモーヌの意見も取り入れ、カツカレーを注文。

朝までお粥とおからのたいたんを食べていた胃袋には忖度無し。来てよかった、の思い溢るる私であった。

さて。

入店したのは11時5分だった。先客があった。八十歳に近いと思われるご夫婦。身だしなみきちんと、よく磨かれた靴をはいておられて、奥さまの脇には買い物用カート。卓の上にはほとんど空になっているコーヒーカップ。・・・何時にご来店だったのかしらん・・・奥さまは店に備え付けの新聞を手に、ひっきりなしに夫君に話しかけ続けている。

「ビフォーアフターあるのね、見ても仕方ないけど見ようかしらね、あらら、イーストウッドいまこんな風になっているのね、明日投票日か、市長は〇〇で決まるんだわね   云々」。

夫君は黙ってうなずくでもなく、首を横に振るでもなく、すんなりと奥さんの声を聞き流す修行の成果を発揮されている様子。

シモーヌが私の前に盆を置き、灰皿要るかと聞く。要らないと答えると、ニコッと笑った。喫煙者のままだったら、毎日でも来たな、ここ。

カツカレーのカツは、手作りに見え、一口かじって、美味しい、と、嬉しかった。あれから他の店でも食べたが、嬉しくない味だったのだ。今のマンションでは揚げ物しないとはじめに決めている、私は台所を綺麗に保てない人間と自覚していて。そういう自分を変えよう、の気持ちは、今や無い。きっぱり。

夫は揚げ物を要しない人間で、なんでもすきなもの食べたらいいじゃないと私に言ってくれるが、とんかつ一人分作るの大層ですし。私の食べたいものは外で食べる宣言をして、家では、酢の物煮物、魚料理に和え物その他。じじい食に合わせている現状、それが自分にも心地いい年にはなっているのも事実。

でも、時々食べたい、とんかつ海老フリャア、グラタンにチーズたぷたぷパスタ。そんな願望に、予想以上にこたえてくれる「かつ」で。カレーもよかったです。欧風カレー。色の濃い具材見えずの、とても好きなタイプの、なかなか最近では出会えない、昔の喫茶店の缶詰カレー。喫茶店の(笑)。こういうのが食べたかったの。で、満足。

食べながら、夫婦連れの奥さんがお腹大きいウェイトレスさんに話しかけているのを聞いていた。

「えええ?来月、〇日に産まはるの? もうひとつきも無いわねえ。でもお元気そうやし、からだ動かしてやから、安産よきっと。そうなの、男の子なの、ええ子が生まれて来やるねえ、私はね、男の子でも女の子でも    」

延々と話は続き、妊婦さんはにこにことお腹を撫でながら話を聞いている。新しく客が来る。若い、男の子、とよべるようなその彼は、入り口右側の、窓に面した席でなく、壁側の、湾曲したカウンターになっている椅子に座った。常連ぽい。

厨房から出て来た女性が、何とかにしなさいよ、野菜も食べないと、と勧めるのに、いや、日替わり、と告げて、今どきの若いコらしい長い脚をぶらぶらさせながら煙草を喫い始めた。私の目には「若いコ」であるが、ベンディング関連の仕事中らしいのが、会話から聞き取れる。

もう一人、今度は中年か熟年か、もう少し上か、女性が入ってきて

「コーヒちょーだい、ねえ、あましんどこにあるか知っとう?」

カウンター席の彼に話しかけた。すぐに出て来た定食を食べ始めていた彼は、スマホを取りだして何やら調べ始める、女性は、

「きのう入ったいうんやけど、今日出しにゆかんでもええんかなあ」

など、大きな声で一人、しゃべっている。スマホから目を離してお兄さんが、わかった、あそこを、こうで、と教えている、年金が振り込まれた話で(絶対に初めてではないと思われる年齢とみられる)早く出さないとお金が溶けてしまうのではないか、みたいなことを言っている、大丈夫やて、となだめている彼が、非常にやさしいまともな人間に見える。

外まで高齢の夫婦を見送りに出て、外で夫人のおしゃべりにつかまっていたシモーヌが戻って来てカウンターに入り、銀行へ入ったお金は、出さない限りどこへも行かないと説明している、食べ終えたお兄さんは、うまかったごっそさん、と、素早く店を出て行った。

私も食後のコーヒーを飲み終えて、レジに向かった。

!。!。

また!、びっくり。

レジスターが全開状態。お札も硬貨も全種類、オープンに見えております。一瞬固まっていたら、シモーヌが来て、私が出した紙幣を受け取って、無造作に、ふつーに、レジに入れて、お釣りをくれた。

今日のシモーヌは、美容院へ行ったのか髪はまんべんなく茶色で、ショート・ボブ、といった感じ、大きなマスクは着けているがふつーのトレーナーに、普通のエプロン姿。ごく普通のようであるが、なんとも形容のしがたいチャームが、漂っているのは、わたしの嗜好性のせいか。私は、ふつうにストレートの人間として生きて来たと思うのだが。

とまあ、深く考えなくてもいいのだろ。

ゆる~くて。人間の集まる空間ぽくて(なんかおかしな言い方であるな)、昔っぽい、ふしぎなカフェではある。

また来て下さいね~、と「~」付きで言われ、またきま~す、と「~」付きで答えて店を出た。

作業服姿のおっちゃんが二人、たたたと歩いて来て、

「やってるか?」

「お、やっとお、やっとお」

嬉しそうに中に入って行った。


スポンサーサイト


  1. 2018.04.16 (月) 16:30
  2. URL
  3. [ edit ]

素敵ですね。

今まではROM専で拝見させていだだいていました。
なので、「はじめまして」ですね。

素敵な生活を送られるようで、いつもこんな人が母だったらな。と思っていました。
(現在父母とは、接見禁止となってます)

私の理想のお母さんです
いつか、そのカフェでまったり時間を過ごしたいです(*´ω`*)
  1. 2018.04.16 (月) 18:35
  2. URL
  3. パール
  4. [ edit ]

KUON様、こんばんは。

この喫茶店、ランチの人手に応募したいですわ!
リアルのお店、羨ましいです。
近くは、ス○バとかタリ○ズとか
何処でも同じのお店ばかりです。

知っとう。
やっとお。
神戸弁ですね(*^_^*)
今何しとぉん?
若いお嬢さんが話すと、とっても可愛らしいです。

続きを楽しみにしております。
  1. 2018.04.17 (火) 13:16
  2. URL
  3. かりそめ
  4. [ edit ]

読みながらずうっとクスクス。映画にもなりそう。
素敵なカフェ、素敵なKUONさん。
「続き」も是非ぜひ。
  1. 2018.04.18 (水) 10:47
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

No title

今日はお天気いいです。海のホントの向こうは海だけど、向こうの左側にある建物群がかすんで見えていて。のっぽの建物も見えちゃっていて。

うはぁ、NYだ、ブルックリンみたいだ。行ったことないけど。そんな具合にキゲンいいです。

・苑さん。

初めてコメント、ありがとうございます。せっけんきんし。重々しい言葉と思われます。

あのね。私は、理想のお母さんというのとは、違うと思います、自分で。でも、そう書いていただいて、嬉しかったです。ありがとう。

確かにあの店は、まったりできる店と思います。お店紹介とかなんとかログとか、ネットで探せるような情報いっさい、出していないみたいですし。

思いがけなく「好きな空間」を見つけられたし、わたしは常連ぽくなることなく、たまにフツーに、訪れて、ゆったりしたいなと。そして苑さん、お互いに、自分を好きな自分で、いられるといいですね。人に「はぁ?」と見られてもね。

またいらしてくださいね。


・パールさん。

16歳~75歳までの求人チラシ、まだ生きてると思います。先日の可愛い妊婦さん、五月にはさすが無理と思われるし…って、何をあっせんしようとしていますか私。

ちょこちょこは行かないでおこうと、わけなく思っています、いつも新鮮に感じたい、みたいなすけべ心かもしれません。自分の気持ちはなかなかすべては見えませんよね。よね、って、何を了承求めてるのか、わたし。

パソコンに新しく入れた、経理関係の打ち込みをずっと風邪のせいにしてさぼっております。もうやらないと自分の首を絞めるよなあ・・数字は苦手です、数字の無い世界でなら、幸せだろうなあ。・・自分で計算しなくてもいい、みたいなのですが・それさえわかっていないんです。


・かりそめ さん

映画に、もしもなるなら、シモーヌは誰が、とか、すぐに妄想が始まるオメデタさ。ふつーに美人の人はダメ。今は「美人」と言いえるような美しい女優もいない気もしますが。わたしも一場面だけ、隅っこに、出てみたいですなあ。

「タイタニック」映画で、モリー・ブラウンの役をやってた、ええと名前が出てこない、ふっくらした、「ミザリー」の、キャシー・ベイツ?ああいう感じ(厚かましいなあ・笑)、しっかりメイクしてもらって、それを消しゴムかけて薄ぼんやりさせた風に・・とか、あれこれ妄想、仕事しなくちゃ、なのに楽しい方へ流れるワタシ。



 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。