FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. ことばのたのしみ
  2. tb: 0
  3. cm: 14
  4. [ edit ]

ふしぎなカフェ 3  強引な終章

海の色が濃い。濃い青だ。好きな色だ。

桜の花はほぼ散ってしまった。海からの風は強くて、ブワンブワン吹いて、花吹雪などという風情に遠く、咲ききって力を使いつくした花を散らして、どこかへか、さらって行ってしまった。

今日もバスに乗って、あの店の前を通った。店のカーテンは久しぶりに開け放たれていて、バスの中から、窓の向こうにいる人々が見えた。窓に近い席はほぼ埋まっているようで、おそらく「日替わり定食」を注文して食べているのであろう人々は、通り過ぎる間に見えた限りでは、きげんがよさそうで、くつろいでいる風に見えた。

私が食べた日のランチの主役は身の厚いアジと、まん丸く成形されたホタテ味の小さいフライ二つだった。冷凍食品、それはそれ。業務用のスーパーの大袋入りのものでなさそうな・・おそらく店で作られた・・マカロニサラダと刻みたてのキャベツとがふんわりと皿に盛られていた。アジフライは小気味のいい硬さに揚がっていた。味噌汁はたっぷりで熱くて、少量ではあるが肉じゃがの小鉢が添えられていた。朝から仕事をして来た人々が、普通の日の昼間、落ち着いて普通に昼ご飯を、食べていたのだった、あの日も、今日も。

あの日は、彼女の姿は無かったのだ、背の高い色の白いハンサムにドアを支えてもらって店に入った日は。

つとめ始めて数日、といった感じのパート・タイムの女性が注文を取りに来て、厨房の奥からもう一人の、いかにも普通っぽい女性が注文を確かめに出て来て。ハンサムな若者は、客ではないのか、テーブルの上にカラフルな何やかや、ひろげて、真剣な表情で何かを選んでいる様子だった。愛想のいい感じのいいハンサムで、時々顔を上げて、自分なりには遠慮をしつつ、店内の様子を見まわしている私に、かまえの無い笑顔を向けて来たりしていた。

食べ物が届いて私は、食べることに集中した。皿の上のものは残さない、ごはんも残せない。アジのしっぽの際まで食べて、箸袋に箸を納めたころ、不意に彼女はかえって来た。

私が心中で呼ぶところの「シモーヌ」が。

近くのスーパー・マーケットの袋を提げ、シモーヌは、厨房の奥へ入って行った。すぐに出て来て私のテーブルに来て、

「コーヒーと紅茶、どちらか」

と言ってくれたので、紅茶を頼んだ。あ、はい、と離れて行ったシモーヌの、右手に、真っ白な包帯が、けっこう派手に巻かれているのを私は見ていた。

ケガをしたのか。初めてここへ来た日から、今日、おひるどきを選んで来た今日までに、彼女は。

紅茶が運ばれて来て、私は、ゆっくりとそれを飲んだ。

流行っていない店ではない。私が勝手なストーリーをこしらえていただけだ。それがわかって、一人、笑った。

シモーヌはこの店の主で、ランチタイムには(たぶん)近所から、パートタイムの援軍が来る。シンプルにそういうことのようだ。

だぼだぼのヨット・パーカーをずどんと着込んでいて。前垂れ(昔の町の公設市場で魚屋のおかみさんが着けていたような)は膝の下まで、足元はごついスニーカー、頭には手編みの黒い正ちゃん帽。ものすごくへたくそな手編みだ。目が飛んで小さな穴が開いていたりなんというか。個性的、という言葉がこの世には便利に存在するが、そう呼ぶには雑駁すぎる、と言うには、堂々としているのだ、この女性は。

前回ぐちゃぐちゃだった頭髪は、帽子の中に押し込まれていて見えなかった。顔はすっぴんで。

どう形容すればいいのか。雰囲気がある。そう言おうか、では、何の、どんな雰囲気。うまく言えない。

どうも彼女は、色白のハンサムの母親なのであるらしく。屈みこんで小さな声で、話しかけていた。

かすかな小声で話していた内容を、少しだけ記すと。聞こえてきたのは

・みぶんを考えなさいよ。

・ぼしかていなのに。

対する若者の声は、

・せっかくのそつぎょうなのに。

そういうことだった。

このあたりは推測で書かないことにする。

常に妄想うずまくわが脳内に於いて、マダム・シモーヌは、一人で息子を育てた。店の名が「母」を意味するものであるのは、開店時の彼女の決意をものがたるものなのかもしれない。

母は頑張り、息子は笑顔の優しい、客へのふるまいも柔らかいオトコに育った。

・・・以上のことくらいを、示して、この不思議なカフェの話は、終わることに決めた。

実在の店、実在の彼女、息子さんも。だから。

ワタシの妄想でよごしてはならないのだと思う。

そのカフェが、周囲に桜の爛漫だった、花の盛りだった数日、カーテンを閉ざして休んでいた「なぞ」についても、もう触れまい。







スポンサーサイト


  1. 2018.04.08 (日) 01:43
  2. URL
  3. モエ
  4. [ edit ]

私も…

kuonさん、不思議なカフェのお話、小説になりそうですよね!(o^^o)
私も、続きを考えちゃいました(笑)

ハンサムな息子さんには、好きな彼女さんがいて、その彼女さんが高校(大学)を卒業するので、何かプレゼントをしようとカタログで見ていたら、母親(シモーヌさん)が、うちは母子家庭だから、彼女さんとは身分違いよ。みたいな会話をしていたとか。
桜の満開の時の休業は、息子さんも学校を卒業して就職も決まり、シモーヌさんは肩の荷を下ろしホッとして、しばらく寝込んでしまった。とか(笑)
私も近くにそんなカフェがないか、探してみたくなりました。(o^^o)

先週からの風邪がなかなか治りきらず、咳と鼻水に苦しみ眠れない夜でした。
  1. 2018.04.08 (日) 05:00
  2. URL
  3. ROM
  4. [ edit ]

自由時間を手に入れられたKUON様のこれからが楽しみですね。
天賦の才の開かれる時来たり。
私も私なりにこれからを頑張らなくちゃ、と思いました。

で、すみません、余計な事、なんですが、新しいブログデザイン、とてもとても素敵なのですが、文字をもう少しおおきくしていただけないでしょうか?
背景のせいもあるかと思いますが、以前くらいが、おうたをよむのにもとても読みやすい大きさでした。。
でも、私だけかもしれませんので、とりあえず、そういう要望もある、ということで。。。もちろん、今のママでも全然よめますのでOKなので。

  1. 2018.04.08 (日) 08:04
  2. URL
  3. ROM
  4. [ edit ]

うわー・・す・すみません。デザインぶちこわしになっちゃいますね。。

次の段階の文字がこんなに大きいなんて・・・なんか、2,3はポイント上がったようなですね。。申し訳ないです。

余計なことを、申しました。元にお戻し下さいませ。<(_ _)>お願いします。

お忙しいところ、お手数をおかけして本当にすみませんでした!
  1. 2018.04.08 (日) 08:15
  2. URL
  3. Nちゃん
  4. [ edit ]

おはようございます

横からすみません
ブラウザ閲覧するのに
拡大縮小の便利機能があります
Windowsだけかも?ですが
ちなみにMacはコマンド+『+』『-』

【表示サイズを拡大する】
『Ctrlキー』+『+キー』を押す

【表示サイズを縮小する】
『Ctrlキー』+『-キー』を押す

【表示サイズを100%(元のサイズ)にする】
『Ctrlキー』+『0キー』を押す

ショートカットキーを使わず直す場合は、
『コントロールパネル』→『ディスプレイ』を開くと
小、中、大と設定が出来ます。


桜バック綺麗で好きだったんですが
このサイドバーが表示される
設定の方が最新記事やコメントが
一目で見られるので便利です(≧∇≦)
PCとスマホでは表示が違うかもしれませんね。

シモーヌ親子物語が気になる(≧∇≦)
Nちゃんでした

  1. 2018.04.08 (日) 08:34
  2. URL
  3. ROM
  4. [ edit ]

Nちゃんさん ありがとうございます。
ええ、私もPCで仕事をしているので、それで対応するつもりです。(#^.^#)
それを一言書けばよかったですね。すみません。

きれいな背景のブログ、私もすきです。
私は海のほうが好きかな(*´ω`*)
今の野良猫ちゃんをひきとったのも、私にとって思い出の海辺の保護施設でした。
いつもこんな海がひろがっていて、富士山が真正面にいるのです。

KUON様
お手数をおかけして本当にすみません。
ありがとうございました。

  1. 2018.04.08 (日) 08:49
  2. URL
  3. ROM
  4. [ edit ]

なんだかお礼がさっぱりしすぎと気になって。。

Nちゃん様、ご親切にご丁寧に、本当に、ありがとうございました。



  1. 2018.04.08 (日) 09:00
  2. URL
  3. 瓢箪・ウナ
  4. [ edit ]

はなぐもり

おはようございます
久遠さんに措かれまして
おこころ穏やかなるご様子
なぜかおいらも少し嬉しいでしゅ
『花曇り』とは櫻の時期には言うそうですが
今時はなんといえばいいのでしょうか

元気なころには
しっかりとした死生観を持ったひとでも
老いることによってなにやら「ゆらぎ」が・・

今は無き母は
倅の命を文字通り救った順天堂医院にへの
検体を強く望んでおり約束もさせられましたが
その快諾した約束は
軽く反故と致しました・・・あはは

死は向こうから遣って参ります
だから『お迎え』と言うんでしょ
静かにその日を待ちましょ
うふふ

おいら
交通事故でぐちゃぐちゃになる以外でしたら
なんでもいい、受け入れます
父(育ての)も母も潮が引くように
静かに息をひきとりました
お手本でしゅ
あはは

KUON さん
(本当はおてしょのお師匠様とよびたい)
拙ブログにも「訪問者リスト」があります
そこにはなにやらの安心が御座います
ありがたいことでございます




  1. 2018.04.08 (日) 09:31
  2. URL
  3. アルジェリマン
  4. [ edit ]

熱い味噌汁とアジフライ

>KUON様、私も続きを想像してしまいました。

と同時に、熱い味噌汁とアジフライが気になりました。
その組み合わせ、最高にうまそうで。
読み終わった今も、海を背景に味噌汁とアジフライが目に浮かびます。
潮風と味噌汁とアジフライ・・・。

ごちそうさまでした!


  1. 2018.04.08 (日) 11:05
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018.04.09 (月) 12:00
  2. URL
  3. ゴネコ
  4. [ edit ]

ラ・メール

こんにちは。
シモーヌの日常雑記がシモーヌの物語になりそうな気配が漂い始めたところで、
「おしまい」になった「ふしぎなカフェ」。私は、これでよろしかろうと思いました。
(なんだか上から目線ですね。すみません)
シモーヌの持つ雰囲気は、三好達治の「母」にも似て。
そんな印象が、私にはありまして。
ハンサム君は、自分のことはよくわかっておいでだ。
家庭教師か塾で教えている子かボランティアで関わった子の
卒業なのかもしれないな、と。
なにかお祝いのようなことをしたかったのだろう、と。
シモーヌは、実際的な女性で、また、そうでなければ女手一つで息子を
立派に育てるのは難しいことでしょう。
(はばかりながら、私自身もそう思っておりまする)
だけど、人間には限られたエクス(世界)で豊かに生きることが必要で、
シモーヌは、そのへんをしっかりとわかっているのだろうと。
だけど、若い頃はそうではなかったのだろうと。
それがシモーヌの包帯の理由なのではないかな、なんて思いました。
木を植えるシモーヌもステキです。

とりとめのないコメントですみません。
  1. 2018.04.09 (月) 19:36
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

No title

華やかな桜、ゆったりと雄大な海、どちらにも魅かれて背景にお借りしておりましたが、やはり読んでいただきやすいのは白地かなあ、と。

「空」をお借りして来ました。これからは空のいろにも日々、気持ちをあらわれる季節ですね。


・モエさん

さまざまな空想をしていただける記事を書けたんだなと、嬉しく思っています。素材が魅力的なので、妄想部分を膨らませて書いて行こうかと。

陰の作業になります、ひとりで陰でコツコツと…(笑)。

今年の風邪はノドや鼻がやられて、夫も咳がひどく水さえ飲めなくなって、再度の梗塞を起こすのがおそろしくて、昨日から入院して点滴漬けです。あさってには元気に戻って家に帰れるでしょう。

どうぞ、おからだ、おいといになって下さいね!。


・ROMさん

読みやすくなってますか? 私は、空も好きなのです。風も好き。これからしばらく、いい季節ですね。季節を楽しみたいです。

・Nちゃん さん

教えて下さりありがとうございます。思いやりに感謝。私の部屋から見える海の向こうは、去年、とれとれの魚のテンプラなどいただいた方角のようです。

山の幸も捨てがたいが、私は、海鮮が好きだなあ。りんちゃんさんのご帰還、よかったですね!。

・瓢箪ウナさん

死生感。多くのナマイキな女の子たちのように、私は、25歳を過ぎた自分、というものをユルせない気分が強かった。ジュリーにも、25歳くらいで・・んで欲しかった。ジュリーはいい迷惑でしたね(笑)。

生き延びて、いまここにいる自分を、ありがたいものに思います。

ウナさんの底が「善」であることは、よく分かっている。わかっているが、私に「静かに待ちましょう  ウフフ」と言っていただくと、それが「まこと」であっても、うっせいわい、放っておいてよ、となるのが、私という人間の「業」でありましょうか。いや、そんなかっこいいもんでなくて。

「善」であるにしても、かすかなお説教臭であっても、イヤだと思うわがままを、自分では、許しているワタクシですのよ。これからもっと、わがままに勝手になってゆくと思われます。

・アルジェリマンさん

アジのフライって不思議な食べ物です。家では揚げない、わたし揚げたことが無いです。定食界では大きな位置を占める存在のようです。

子どものころソースと言えばウスターでした、それが、あれこれいっぱい、我が家の冷蔵庫にもたくさんの種類が。あの店のアジフライを、ウスターソースで食べました。美味しかったんですよ~。

味噌汁は・・引っ越して以来、自分の食べたかった赤だしの味噌汁を仕立てられるようになり、嬉しい。角久かイチビキの、ごく普通の味噌が、おいしくてノドが喜んでおります、名古屋生まれの血が騒ぐ(笑)。夫は今でも本籍地は愛知県、舅は知多半島の生まれの人。赤味噌文化でオーケー。

シモーヌさんの店のお味噌汁は、中間色の色のもの、おだしが利いていて、具はワカメと豆腐の定食系バージョンでした、熱くしてくれていてね。

お豆腐は、崩し豆腐かというくらい角がとれているのが好みです。きちっと角の立った、料理本のいわくの「煮過ぎられていない」すました豆腐より、ぐじゃ、の方が好き。人間も同じ、とか言っちゃったぁ(笑)。

・秘密の〇さん

「時の過ぎゆくままに」です。こわれたピアノで 思い出のうた・・・

よろしゅうおすなあ。

・ゴネコさん

いいえ、上から目線などとは思いません。

陰にもぐらせるシモーヌさん、どんな具合になるのかなあ。いやすでに書き始めているのですよ。

「息子の大きなごついトレーナーを干す。その向こうに海が広がっている。」

みたいな。

三好達治、書いていてくださっていたので、読み直していたら、あまりにも「いい」ので、三時間くらい身動きとれなくなっていました。

もう少し後の夜、今夜はおっとが病院でいい子して寝ていてくれるので、多分、三好達治ナイトにある予感が致します。


  1. 2018.04.10 (火) 09:09
  2. URL
  3. まりん
  4. [ edit ]

No title

「かあちゃん、無事おれも卒業できたんで、ちょっと旅行でもいかへんか?」
「みぶんをかんがえなさいよ。ぼしかていなのに。」
「せっかくのそつぎょうなのに。」

ははと息子は、どこか旅にでも出たのかなって勝手に思うことにします。「かあちゃん、いままでありがとう。」って息子は言ってくれたかな。
  1. 2018.04.10 (火) 15:25
  2. URL
  3. 黒猫アビ
  4. [ edit ]

No title

KUON様

こんにちは。

シモーヌさんが、なんとなく自分の昔の姿に重なって・・・。
子供達の教育費を得るため頑張って働いていた頃を思い出しました。
娘と息子はもういい大人にはなってはいるけど、無関心を装って
は内心は心配しながら見守っています。
シモーヌ母もそんな感じで子離れしながら見守って生きていくのかと
・・・。
勝手に想像しています~

海の壁紙素敵でした~!
3年程前に、夫と二人で房総半島をドライブし
その時の昼食が黄金アジフライ定食でした。
海辺のドライブまた行きたくなりました。

  1. 2018.04.10 (火) 17:24
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

No title

・まりん さん

>ははと息子は、どこか旅にでも出たのかなって勝手に思うことにします。
>「かあちゃん、いままでありがとう。」って息子は言ってくれたかな。

・・・そうだったらいいなあ、と、私もボンヤリもの思いにふけりました。

この話、ずいぶん皆様の想像力を刺激したようで。コメントたくさんいただき嬉しかったです。本当にうれしかったです。

自分の中で設定やら入れ替えて、あの(たぶん)親子さんに失礼の無い形にして・・・シモーヌの過去の恋なんぞにも(わが妄想のままに)当然つっこんで行くから・・それができたら、読んでいただきたいと考えました。

湿っぽくなく「かあちゃん」していたシモーヌさんに、あの男前の息子、かあちゃんありがとう。と。言ってくれたかな、それならいいな、と。他人事でないようです私。

一途なものに惹かれます。


・黒猫アビさん

かあちゃんは皆、がんばりますよね。いとおしいこと。

子には子の人生がある。まことその通り。飽食の時代の母の過剰な愛は、毒を帯びて子を蝕んだりもする・・・一面もありつつ。

かあちゃんは、頑張る。アビさんも、涼しい顔して押しつけがましくなく頑張ったかあちゃんさんだったのですよね。言ってよければ私も、そんな日本のかあちゃんの一人であったと思いたい。

壁紙。テンプレート、自分で綺麗に作られる方々も多いようで、すてきにしておられますが、私は、ご存知のように、できることと言えば文字をばんばん打って行くだけのパソコン者。パソを新しくしてからは、画像を張ろうとしてもやり方忘れてできないし~(笑)、あの一族のまがまがしい写真など、もう、自分チに寄せたくないし~、で。壁紙も、どなたかが作られたものを、探して、お借りして、使わせてもらっています。

自分で決めて、お気にのものを使いたい。基本そういったわがまま人間で(笑)。

また。夫さんと、ドライブなさいませよ。行けるとき、できる時に、できること、することだよ。海はいいです、むねがすーっとのものをする。

今日の海には、ヨットの白い帆が三つ、浮かんでいます。







 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。