KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. ことばのたのしみ
  2. tb: 0
  3. cm: 3
  4. [ edit ]

さくら満開です。

さくら、満開です。

桜をうたったうたはたくさんあります。

今日はこのうたをご紹介したいと思います。


  さくら花幾春かけて老いゆかん身に水流の音ひびくなり

          さくらばな いくはるかけて おいゆかん みにすいりゅうの おとひびくなり  

                                       馬場あき子



はじめの「さくら花」と「いくはるかけて」と「おいゆかん」とは、どうつながるのか、とか。

「みにすいりゅうの おとひびく」って、どういう意味なのか。とか。

気にしないで、なんとなく、いいな~、と。そう読まれたら、いいな~、と、思います。軽いうたでは、決してないのですけどね。

もう一首。


  桜ばないのち一ぱいに咲くからに生命をかけてわが眺めたり

          さくらばな いのちいっぱいに さくからに いのちをかけて わがながめたり

                                      岡本 かの子


さまざまな感想はあるのでしょうね。おおげさだ、とか。

私はこの、いのちいっぱいなうたが好きなのです。大正13年、関東大震災のあった次の年の桜の季節、震災のおよそ半年後に、詠まれているうたです。

この時かの子は、一気にさくらのうたを139首、発表しています。

どれもぜんぶいいかと言えば、そういうことではないです。中に、以下の一首もあって、なにごとにも過剰な、溢れかえるような岡本かの子らしいな、と、読むたび、頬がゆるんでしまうのでした。愛情も特濃。のどかな春の光景のなかの親豚子豚が、いとしくてかわいらしくてたまらなかったのでしょう。

溺愛していた一人息子の太郎・・・あの岡本太郎・・・を、創作の興のっているときは、柱にくくりつけて書いていた、とも逸話の残るひとでありますが。


  丘の上の桜さく家の日あたりに啼きむつみ居る親豚子豚

          おかのへの さくらさくいへの ひあたりに なきむつみをる をやぶたこぶた
 


……コメントへのお返事は、あす、お昼過ぎに、させていただきます。



スポンサーサイト


  1. 2018.03.30 (金) 07:21
  2. URL
  3. Nちゃん
  4. [ edit ]

おはようございます

バックのテキスト変えたんですね
(๑>◡<๑)
淡くてきれいです、
お詠にぴったり〜

うちの近所にお寺や神社が
たくさんあって、
天気もいいので毎日花見散歩です

昨日は大阪城の入り口まで
歩きましたが
まーもー、エライ人!
賑やかなの好きですが
なんか、桜はしんみりと
眺めていたいです。

何とかの皇子を
御祭神してる神社や
西鶴、近松、義太夫
何代目かの扇雀、文枝など芸能系
色な宗派のお寺も密集していて
どこにも歌碑があったりします

それを詠んで
あーだ、こーだ解釈しては
またひとつ勉強になるなぁと
瘋癲とブラブラです

昨日の玉造神社は
小野小町でした

湊入の玉造江にこぐ舟の
音こそたてね
君を恋ふれ

大阪城のすぐ横まで
大昔は湊だったんです
古地図見るのもこれまた楽し
(≧∇≦)

Nちゃんでした



  1. 2018.03.30 (金) 15:29
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

いま、お昼過ぎのまっただなかです。

   花を追ひ花に酔ひしれ帰りきて閉づる瞼に花影の顕つ

どれだけぶりの花酔いの午後だったでしょう。

いまだ酔い醒めやらず、勝手ですが、いましばし花の幻影のなかに潜り込んでおりたく存じます。
  1. 2018.03.31 (土) 22:04
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・Nちゃん さん

・爛漫の春を楽しむ、という。いいですね~、私もそうです(笑)。

とにかく桜がいっぱい。今日は朝から奈良へ帰り、いつものお墓参り・・・まわり桜だらけ・・午後から用があって大阪・太子町へ・・・ここも花でいっぱい、いつも奈良側から見る「二上山」を、反対側から見上げまして。
帰る時間も晩御飯のことも考えないで桜狩りとはまああ、なあんと、優雅、ぜーたくなことでありましたでしょう。

あ、そうだ、ご存知かも、ですが、ちらっと読んで覚えたつもりが忘れてる(悲)、四月か五月に、四国こんぴらの金丸座で、歌舞伎が・・けっこうなメンバーのようでした、一緒に行っていらっしゃいよ、と、強くお勧めしたいです。何年か前に連れて行ってもらった時、楽屋や奈落まで見せていただきました、小さな小屋ですが(取りにくいだろうな・・)雰囲気ありあり。行ってらっしゃいよ、二人で。ぐい。ぐい、圧しますKUONです。

今夜はブルー・ムーンだそうで。さっき、ライトアップされている桜のそばまで行って、満月と桜、というシチュエーションを、楽しんだ・・と言いたいが、片方ずつしか見ることができませんでした。

綺麗だった、よかったです。





 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・