FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. ゆれ・ふら・とーく
  2. tb: 0
  3. cm: 13
  4. [ edit ]

なんということもない一日。

今日はいちにち部屋にいました。早朝から数時間集中して仕事をしました。テレビで高校野球の試合を見ました。優勝候補に挙げられている大阪のあの学校は、あきれるくらいスキが無い。

21世紀枠とやらで初出場、初の甲子園であの学校とぶつかってしまった高校、初回からたったかたったか打たれ走られ点を取られ、見ていて胸苦しいものがありましたが、最終的には2点とって。対戦相手であるあの学校は14点だったから、勝ち負けはともかく、ボコボコにやられたというより、何か、その2点の喜びがあったような気がして、後味はわるくはなかったです。

第一試合で負けて帰る初出場校の皆にとって、今日の甲子園は、おそらく生涯こころに残る一日だったのではないかと思います。

桐蔭高校にとっては、また違う試合だったのでしょう。たくさんこなす、たくさん勝ってゆく中の、その、一つ。でも、そうは言っても、初めて出してもらって次には他の誰かが自分の代わりに晴れの舞台へ・・・100名を超える部員数だそうで・・・という、地味な部員には、今日の試合はやはり、生涯の思い出になるのですね、きっと。

お昼にはチャーハンを作って食べました。だいたいはオリーブオイルとごま油、こめ油の他は使わないでいるのですけど、残りごはん利用の炒飯、ラードを使って作るとおいしい。高菜とたまごの、シンプルなチャーハン。

食べながら考えていたこと。

けっこう前の回になりますか、はじめワルクチを言いまくった朝の連続ドラマ。ひっこしがあって途中見なかったのでしたが、なんだかおもしろくなっていて。

先週のことでした、この住まいに「えぬえいちけー」の人が二人、訪ねて来られて。私は、嘘をつくのも逃げるのもドアをバタンと締めちゃうことも、よしとせず。作り笑いも大変だな疲れそうだなとなるべく見ないようにしながら、言われるままにけいやくを済ませたのでした。

絶対に払わない、とか、よう言わんのです、私、ヘタレなのか。ひどく偏向しているのは事実でも、目の前の相手に言ってどうなる、など、つまり思ってしまうし。実際、台風の時は見ますし。

で、タダのもの苦手なわたし、以後はゆうゆうとテレビを見ていました。(笑)。

伊能栞、という名の登場人物が、失意の中で、おうどんをすすっていました。関西で言う「ええしのボン」で、でもお母さんは正式のひとでなくて、という役回り。いつもいい服を着ていて、それが自然に身についているような。私、数か月前に親しい友人に、彼のことを、痩せたヤギみたいで~、と、ワルクチ言ったことがあります。友人は私の性格の悪さを知っているので、怒りもせず(多分、彼女は彼をいいと思っていた・・俳優を見るセンスのとても冴えている女性なのです)少し何か、その高橋一生の演技は「いい」ということを、穏やかに口にしたのみであったのですが。

見ているうちにだんだん、その俳優が、単なる「痩せたヤギ」でないことが明白になってきたのでした。

いろんなもの、何もかもを失うことを受け入れて、何を恨むでなく。

斜め後ろから撮られるシーンで、その役者は、うどんを、ずぅっとすすったのでした。寂しい姿で、うどんも素うどんっぽい、でも、何というか非常に、そのひとの表に出さない気持ちのリアルに見えるシーンで。

うわぁあ、と、ほんの短いそのシーンを見て、ごめん、高橋一生。あなた凄いです。そんな風にこころの中で謝っていたのでした。

…昨日は日曜日。あのカフェの前を、バスで通りました。日曜は休みの店ですので、窓のカーテンはびっしり引かれていて、暗くて、生気の無い顔つきの店に、昨日は、見えました。

求人の紙は、バスの中からは内容は見えませんが、剥がされずに貼られたままのようでした。


スポンサーサイト


  1. 2018.03.26 (月) 21:48
  2. URL
  3. たまき
  4. [ edit ]

気持ちが劇的に変わるって、面白いですよね。
大好きなのが、ある日突然大嫌いになる。
大嫌いなものが、ある日突然大好きになる。

よく、「新婚さんいらっしゃい」とかで最初大っ嫌いだったんですよ〜〜、とか話してますよね。
それをまだ体験してないので、大っ嫌いから大好きに変わる体験を、死ぬまでにしたいなぁ、と思う今日この頃。
  1. 2018.03.27 (火) 13:34
  2. URL
  3. ROM
  4. [ edit ]

私もNHK集金人に払ってしまいました。。というか、払わなければずっとつきまとわれるわけで、なんだかやっぱり私には無理。
偏向報道は納得できないから上に伝えてね、という一言は付け加えましたけど、NHKだからできる私にとってはいい番組もあって観てるのは事実だし、なので、払って堂々と批判するってのでいいかなと。。
もちろん、不払いによる批判のかたちもありだから、各自できる方法で、っていうことでしょうかね。

でも、生協、パルシステムは、はっきり理由を言って断りましたね。
あの「のりこえねっと」の仲間であるところのあなたがたなんかとは契約したくない!って。
そしたら、薄っぺらい貧相なあんちゃんが、あー・・はいはい、みたいな返事をしたかしないかで、さっさと帰っていきました。
ちょっと怖かったけれど、あれは私のささやかな左翼撃退成功体験ですわ。

・・って、私の家の表札かどこかに「ウヨク」印の暗号が書かれてたりして(笑)


  1. 2018.03.27 (火) 16:33
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・たまき さん

大っ嫌いから大好きに変わる体験・・・ううむ。生きてるうちに体験したいと仰る。

でっきるっかなあ、ううむ。このコメントを初めて読ませていただいてから、そーゆーパターンを、アタマの中で組み立てておりましたが。どう思われます? あ、私があなた様に尋ねてはいけないのですね、ははは(乾いた笑ひ)。

大好きが一転、大嫌いというか、なんじゃ、あほか、と転回するのは、過去生に幾度も経験済の気がします。嫌い、というのでなく。

(この部分7行・削除)=あのね、と、書き始めて自粛、削除。あまり面白くないと気づきまして。

嫌いになるのと、関心が一気に引くのと、どっちがどうなんですか? ああ、あきません。

真面目に考えられません。もう、今では、イヤとなったらつまり即、放っておくよな~、なので、この問題は私には、大変難しいものになりました。

基本自分だけ大事な性格が、真摯にこれを考えることを妨害している気がする・・ごめんなさい、あなた様の「生きてるうちに」が、うまいこと行きますように。この気持ちは、本物ですぞ。


・ROMさん

私は優柔不断でめんどくさがりで喧嘩するなら払っちゃうよで、どーどーと自分の権利の主張することのできにくい(恥ずかしいんです、ひたすら恥ずかしい)体質の気がします。

あのう。生協、パルシステムとは、なんですかの?。こちらでも生協の個配は早々に申し込みました,お米やお茶、重いし。生協の店内、けっこう綺麗ごとの文言があちこちにあって鬱陶しいと感じるが、自分の便利はそこのみ正義(笑)。

ホントのガラケーはすでに亡く、と言われ、ガラホとやらを買って、やはり(主に仕事の)電話かけて受けてたまに(できた時は)メールはします、これくらいで許しておいてくれないかと思っています。

テレビは、ほとんどの場合うるさいから消している。音も、欲しい音だけあればいい。と脱線しとりますが、そのシステムって、何なのかな?きっと、要らないものみたいに思いますが、合っていますか? 要らんものは要らん、と生きて参りましょう。と考えております。

  1. 2018.03.27 (火) 17:15
  2. URL
  3. ドラえもん
  4. [ edit ]

なんということもない一日

こんにちは^^
なんということもない一日...いい響きですね〜( ´ ▽ ` )ノ

親子でありながら生まれた時から32年、長い間お互いにしっくり来なかった母と息子...
なんということもないある日の出来事ですが、二人でマイン川を見ていたら、お互いの心の傷が雪解けした一瞬がありました。
The roseの歌詞が頭の中を巡り…私たち親子にも初めて春が来たんだなと思えた瞬間でした。

高橋一生さんの演技はいいですね、ちょい役の時から注目してました。
主役が同じ事を言っても泣けなかったセリフも、高橋一生さんがボソッと言ったセリフに、グッときて泣けたこともあります。

一周回って解った事がありました。KUONさん...ありがとう♪( ´▽`)
  1. 2018.03.27 (火) 19:27
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ドラえもん さん

The rose。。ベット・ミドラー、探し出してYOUTUBE見てしまいました。ジャニス・ジョプリンを描いた映画で・・

一人暮らしの時期、わざわざ、冬は冷えるのに元は倉庫だったという部屋を借りて。大きな音を立ててもいいのが好条件に思えてね。隣は昼間だけ営業の当時の「原野商法」(?)とやらをやってた不動産屋、向いの部屋はホステスさん、斜め前は同棲カップル。こうして書くと迫力ありますね、そういうアパートで、聴いていたのは、ジャニス。アニマルズ。ピンク・フロイドとか。アース・ウィンド・あんどファイアー。ハードロックですがな。毎日聴いてた曲は「ハート・ブレイカー」「クライ。ベィビー」、ジャニスの祈りエトセテラ。ヘッドホンつけて、頭の中ぐわんぐわんで。

ジャニス・ジョプリンは特別でした。

・・・息子と母親が、普通に当たり前に仲が良くて互いを想い合って。それはそれで素敵な話と思うけど。そういう幻想を現実として、そうでないのは愛情が薄い、とかやられるのは苦しいですよね。そう思っています。

どういう状況でか、息子さんの一人と(多分)ドイツの? 川辺で、どこか何か、ほわんとするものがあったなら。とってもよかったですね、と、思います。

良かったよね、ドラえもんさん。理屈はいいですよ。

で。なんで、なぜに、ホワイ? 「KUONさん ありがとう」なのか? わからないけど、ありがとうと言って下さって、ありがとう、ですよ。
  1. 2018.03.28 (水) 21:09
  2. URL
  3. ドラえもん
  4. [ edit ]

追記

今晩は。 そうですね〜私の勝手な想いの有り難うです(笑)
私とKUONさんの小さな小さな歴史の有り難うです♪( ´▽`)
KUONさんに頂いた匂い袋の匂いはもうなくなってしまったけど、形は残っているみたいな...想い出は消えない、有り難うですね。

この自分探しの旅で気がついたのは、ずっと自分を愛せなかったけど、最後は自分で自分を幸せにしようと思いました。

後、ROMさんの言う、生協・パルシステムは都内だと公安の対象になります。
日本社会の裏事情が大変なようで...一流企業の不正会計の多さや、世の中の悪事の対処で、2号と3号は命を削って仕事してます(・_・;

足の加減や顔の神経痛など、そしてお互いにボケ防止など、乗り越えていきましょうね♪( ´▽`)
ボヘミアン&ロッカーに心酔した時期、自分らしくカッコいい生き方をして来たKUONさんに憧れますね。特に正直な生き方がイイ(>_<)
  1. 2018.03.29 (木) 01:08
  2. URL
  3. ROM
  4. [ edit ]

そうか、KUON様は関西の方だからパルシステムをご存じないんでしたね。
こちらでは、地上波でもガンガンCM流してます。
パルシステム のりこえねっとでご検索あれ。
のりこえのほかにもかなりあれな団体と関係してるみたいですね。


>ドラえもん様

フォローをありがとうございました。(*´ω`*)
公安対象とは知りませんでした。けどさもありなんですね。
  1. 2018.03.29 (木) 06:10
  2. URL
  3. 今煮える・ウナ
  4. [ edit ]

殿に会えそうでしゅ・・・・?

おはようございます

目覚めと同時に一升瓶の肩に
『手』を架けるおいらはアル中でしょうか
それとも
ひとくちお酒を口に含めば
『皆様』に会えるという
思惑(理想)の成せる業でしょうか

奈良の櫻が観とうございます
(手元にはパントーン、ディックの)
(カラーサンプル帳がございます・・ですが)
(おいらは『上野』と『奈良』では)
(櫻にも微妙な風合いがあるように)
(思えてなりませぬ)
この答えを持っているお方と話がしたい



あはは
儚い夢で御座います
櫻の『色』のように・・・・



櫻咲く おいらはいつも 満開だ





あはは







  1. 2018.03.29 (木) 12:09
  2. URL
  3. パール
  4. [ edit ]

気持ちの良いお天気です(*^_^*)

KUON様、こんにちは。
花粉症は辛いですが、爽やかな季節になりました。
こちらの桜は今が盛りです。

年度末新年度、人事異動、栄転、新生活に何やかや。
それぞれの春でございますね。
下支えの身も落ち着きません。
お正月に詠みましたおうたそのもの
「可も不可もない日々は尊し」
なんということもない一日は最高です。
後しばらくは、エイエイオー!の毎日です。

KUON様、皆様、ご自愛くださいませ。

  1. 2018.03.29 (木) 14:21
  2. URL
  3. たまき
  4. [ edit ]

思い出しました!

特別大好きってほどでもなかったのですが、大大大ッキライになったことが近年ありましたのを、コロッと忘れてました。
あの…額にゾロリと何か貼り付けてる人ですわ。

反対に嫌いだった人を好きになったためしがありません。
大抵、自分の直感が当たってると後になればなるほど思います。
  1. 2018.03.29 (木) 20:49
  2. URL
  3. ラピスラズリ
  4. [ edit ]

ロバート・ブラウニング 「春の朝(あした)上田敏訳」

時は春
日は朝(あした)
朝(あした)は7時
片岡に 露満ちて
揚げ雲雀(ひばり)なのりいで
蝸牛(かたつむり)枝に這ひ
神、そらに知ろしめす
世はすべて こともなし


何という美しい日本語の響きでしょうか。
最後の二行は赤毛のアンの中でアンが呟いた言葉としても有名だそうですが、あまりにものどかな陽の光の中にいるとつい浮かんでくる一節です。

すべて世はこともなし。
そう思えないことが多いからなおさら大切に思えます。
KUONさんのタイトルから連想しました。

因みに西洋に「春はライオンのようにやって来て羊のように去っていく」という諺があるそうです。
ヨーロッパの春先は日本のようにとてものどかどころではなく荒れることも多いのでしょう。
動物に例えたのが秀逸ですね。

今年の日本の春は何か不穏な感じがします。何か大きなことが起こらないように願うばかりです。
  1. 2018.03.30 (金) 01:13
  2. URL
  3. ラピスラズリ
  4. [ edit ]

昭和天皇と国民

神、そらに知ろしめす
世はすべてこともなし

思えば昭和天皇に対する国民の思いはこの通りではなかったでしょうか?

昭和天皇は滅多に国民の前に現れることはなかったけど、日本の中心、皇居の中にいつも変わらず居てくださることに安心して、天皇陛下が居てくださる限り日本は大丈夫だと日本人は素朴に信じていたような気がします。

それが今はしょっちゅう夫婦でアチコチ目まぐるしいほど出歩いては親しみやすさと自称慈愛を振り撒いている。
世の平穏どころか自分たち自身が騒動の発信源にさえなっている。

貧しい人達や弱い立場の人達を自分達の虚栄心や自己満足の引き立て役の道具にしているとさえ思える。
どんなに悲惨な現実を目にしても壮麗な贅沢の限りを尽くした皇居に一歩入ったらまるごとスッポリと頭から抜け落ち忘れ去っているのではないか?

それでなければ我が儘の果てに必要のない誰の得にもならない生前退位を押し通し国民のお金をジャブジャブと惜し気もなく湯水の如くは使えない。
この夫婦は狂っている。
政府も言いなりになって下僕に成り下がっている。
こんな夫婦にこれからもしたい放題のことをされていいのか?

私は心底怒り軽蔑しかない。
もはやこの者たちは天皇でもなければ皇后でもない。
欲まみれの薄汚い皇室破壊者でしかない。
こんな人間と皇太子が後に続くなら皇室は国民に取って害悪でしかない。嫌悪感で一杯だ。
  1. 2018.03.30 (金) 22:53
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・ドラえもん さん

>ずっと自分を愛せなかったけど、最後は自分で自分を幸せにしようと思いました。

この自分探しの旅で旅で気がつかれたのが、↑ のことであったと。

よかったですねと素直に申し上げますよ。せっかく人間にうまれて(と私は思っている)、来世は鳥になりたいと、何度も読みました。他人がどうこう言えることではもちろん無いが。

ご自分を愛して、ご自分を幸せにできるといいなあ、と、思います、ホント。もったいないもん。私の思いです。

・ROMさん

その、何とかシステムのこと、調べてみましたが、あまりよくわかりません。あまりよくわからないことは、わからないままでいいかぁ、と。(笑)。

・今煮える・ウナさん

上野の桜と奈良の桜。

そうですね、バーンと比較はできないでしょね。私は、上野のお花見を経験したこと無いですし。現実的な話をすれば。

私はけっこう「満開じゃない」タイプですので、どうお返事しようか惑うこともありますね。

吉野では、鮎が、水面に浮かんだ桜の花びらを食べるのですよ。綺麗でしょう、イメージが。

・パールさん

もしかして、三月と四月の区切りのくっきりとある日常のお方なのでしょうか。

そして春は、お忙しい?。

>「可も不可もない日々は尊し」

あらたまの年のはじめに、そう詠んでおられた。若い頃なら、あ~あ、そんなの生きてるとは言えないよ、そんなこと押し付けないでよ、と反発した(ワタシの過去ですが)、今ではまことその通り、と、がくんがくんとうなずきますじゃ。

お体に留意されて、えいえいおー、お励みになられますよう。

えい、えい、おー。

・たまき さん

同じです。大嫌いな人を好きになれたことは、ほぼ、無い。仕方ないな、あの人は私じゃないもんな、くらいで、流せる範囲は流しておく、とか。

しかし、ばっと。同じです。あのへんてこな妖怪皿マント・ちま手遣い。あれ、もう、触れたくないくらい、ノー。ですわ。周辺のあれもあれもあれもあれも、大嫌いの限度超え。こんなにも人を嫌悪する自分になるとは。

欠点だらけでも他の人の目にはどうかしら、であろうとも。好きにはなれます、大好きにも。

でも。まだ行っていない島のあるとて、政府専用機を飛ばして行ってあげて、お手手たたいて土地の芸能、楽しそうに見てあげていたあの。

いわずもがな、のことは、もうあまり、言いたくなくなりました。これからもずっと。あのひとたちはああですよ。

・ラピスラズリさん。

ブラウニングのあの詩。上田敏の訳。上田敏の訳詩は、本当に美しいです、日本語が美しい。

この頃、大切に残した本を再読している時間も多いです。

私にとって、と前置きしますね、穏やかで失い難い時間が、日々が、いま、あるのです、ごほうびのように。

・・昭和天皇に対する思いも、言うならばあなた様と異なる気はあります。

庶民は、天皇さんのことを、日常で気にすることは少なかったと私は考えています。全く別世界の話でした、かつての「天皇家」に関しては。戦争があった時代は、また、別の意識の持たされようがあって。建前や強制や幻想や。

ラピスラズリさんの怒りや腹立ちは、わからなくはない、かなりの時期、わたしも似たような思いを抱いていました。

「就職が決まって髪を切ってきたとき もう若くないさと 君に言い訳したね」

「いちご白書をもう一度」の歌詞、普遍的なものではあるでしょうね。私は、激しく書いていた時期の読者さん方から、それこそ「逃げた」だの「日和った」
だの、言われそうでも。無関心になってどうする、と迫られても。あのひとたちは何とでもおっしゃって、です。放っておいて、の方が近いかな。

あの薄っぺらでげひんで不遜で空っぽな特権者夫婦、その周囲の〇〇たちについて、もう、熱い思いで書きません。

きついお返事かもしれませんが、現在のわたしの気持ちです。





 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。