KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 書いてみる
  2. tb: 0
  3. cm: 8
  4. [ edit ]

ふしぎなカフェ(仮)。


ふしぎなカフェを見つけました。

今日は洗濯をしない日と決めて実行、ぢいさんがオベント持って仕事に出て行った後の朝の時間を、ソファにどってんと転がって新聞読んで過ごし、どれだけ細かく読んでも、飽きる。

空が青い、海がまぶしい。お天気がいい、気持ちいい。

お天気の良さに誘われてふらふらとドアの外へさまよい出て、エレベーターで地上まで下る。海からの、けっこう強い風に逆らわないでタタタと流され、目の前に来たバスについ乗って、バスストップの名前にんん?と魅かれて降りて、そこに、見つけた。

すすけたような大きな窓、船のキャビン風の外観にまったくそぐわない「日替わりランチ」ののぼり旗、何度も塗りなおした感のある赤い自転車が入り口の半分を占拠していて、あらら、風に殴られて自転車、転びました、中から、あたまくっちゃくちゃの・・・もしかしてそういうヘアスタイル?、 黒っぽいセーターにずり落ちかけたデニム、というスタイルの、お姉さん? おばさん? が出て来て、えいやっと自転車をつかまえ、ぼーっと立ちすくんでいる私を見て、え、何? みたいな顔を、無防備にさらしたと思えば突然にっこり笑顔になって、

「いらっしゃいませ」

と言い、

「ですか?」

と付け加えた。私は、いっしゅん「え?」とはなったが、「ですか?」に応じるには、はいはい以外のタイドしか無いだろう、はいはいそうそう、いらっしゃいました、ですよ、とおなかの中でお返事して、店内に入りました。

おどろくべきことに・・でもないか、ここ、カフェなのですし・・カフェって書いてある、看板に。

ふつうにスーツにネクタイといった姿の中年の男性二人、モーニング・サービスのセットらしいお皿を前に、しきりに言葉をやり取りしながら煙草を吸っている。

煙草オーケーの店なのか。

今は、喫煙者受難の時代。タバコ好きのあの人やらあの人やらと、ゆっくり話をしたくても、昔みたいに、い続けさせてくれる場所が無い。どこも、妙に店内明るくて、清潔そうで、挨拶や笑顔の作り方は丁寧風でカーテンはとても白くても。

落ち着かせてくれない店ばかり。これって私の私感ですか、私感ですね、私感そのものです。

煙草はノー、の店がどんどん増殖している。タバコは「悪」なのだ。私はとうに、もう10年以上も前に、たばこ、やめました、だから辛くない。苦しくない、切なくもない、喫いたいときに煙草を吸うことができないなんての悲しみからは、遠くなっております。

ふうん、ここ、煙草オーケーなんだ。

珍しいことに行き当たった感じ、お姉さんだかおばさんなのだか未だに見当がつかないシモーヌが、そこ、座ったらいいですよ、とおっしゃる席につきました。シモーヌ、というのは、思いついただけの名前で。

たとえば昔の仏蘭西映画、ジャン・ギャバンか何かが(失礼な言い方ですがこのまま)くわえたばこで、国道沿いのモーテルか何かに入って来る、乗ってきたトラックは埃だらけ、ロックなんかされていません、停めただけ。その、ジャン・ギャバンが入って来たモーテルに、いたのが、シモーヌ・シニョレで・・とか、どんどん脱線しておりますが、この話はどこへ行き着くのか、だいたい、この店の主なのか何なのか、女の人は、シモーヌ・シニョレとは、完璧に、まったく、似ていません、似ていないが・・・あれれ、私にメニューを渡しておいて、さっき、さささあ、と店を出て行ったのではありましたが、いま、食パンを一斤、むき出しに持って帰って来ました。

パン、買いに行ったのか、シモーヌ(じゃないって)。

私は、注文するものを決めなければなりません。

妥当なところでは、トーストとコーヒーと目玉焼き、らしい、モーニング・サービスを、とお願いするのが、世の中的には妥当な・・・でもしかし私は、朝、トーストとコーヒーと目玉焼き、という朝ごはんを、すでに、いただいていたのでした。

自分チで。いつものように(茶粥を食べる朝もあります、念のため)。どうしてだか入り込んでしまったかふぇで、もう一度、朝ご飯を、食べるのか。私は。


・・・・・とうとつに書き始めましたが、いま、まだ23時10分ではありますが、たいへん眠くなりましたので、今夜はここで終わります。
続きは、おそらく、あると思います。
タイトルは、仮のものになります(でしょう)。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
おやすみなさいませ。





スポンサーサイト


  1. 2018.03.21 (水) 00:20
  2. URL
  3. パール
  4. [ edit ]

続きを楽しみにしております。
是非!是非!

お休みなさいませm(__)m
  1. 2018.03.21 (水) 08:33
  2. URL
  3. ROM
  4. [ edit ]

私は「まだ」タバコをやめてません。
私の友人も次々と「裏切って」やめていくので、切ない気持ちと焦りと、どうせいいよ私は死ぬまで抵抗して吸ってやる、なんだこの禁煙ファッショは!みたいな怒りと開き直りで続けています(笑)
ので、私は白いカーテンの明るい喫茶店を憎んでおります(笑)

あと、KUON様がかつては喫煙されていたなんて、なんだかすごく勝手に親近感(笑)すみません。

すごく楽しみなエッセイ。KUON様の文章、大好きです。
  1. 2018.03.21 (水) 15:28
  2. URL
  3. アルジェリマン
  4. [ edit ]

続きが気になる

そこは異世界への入り口かもしれんぞKUONさんっ。
・・・とか思うほどに、ちょっと白黒映画のイメージがぽわっと浮かんだのでした。

続き、気になります。

コーヒー?
いやいや、メロンソーダ、かもしれない。
レトロな感じで・・・。

雨の春分の日、妄想ふくらんでおります。

  1. 2018.03.21 (水) 16:02
  2. URL
  3. Nちゃん
  4. [ edit ]

こんにちは

雨が降ったりやんだりで
お彼岸の天王寺さんは中止になりました
祭日の彼岸は忙しくなりそうだから
嫌やなぁと思ってたんで
小雨の中、伸びた髪を刈り上げ
近所のカフェ(・・?) で茶しばいてます。

カフェと言うのか?
喫茶店と言うのか?
その町や客人によって変わりますよね

海辺の船をイメージして作られても
客人がサラリーマン休憩や
ご近所さん、モーニング、ランチ
煙もくもく、お茶しまひょか
となると、どうしても
地元ザ喫茶店になりますよね(≧∇≦)

ママのお店は一日中、
大サービスモーニングしてる
ワイワイご近所が集まって賑やかな
ザ・喫茶店でした

カフェで一人黄昏るのも好きだし
喧嘩しながらも皆んな集まってくる
喫茶店も好きだし
昔ながらの煙くささと
コーヒーの匂いが混じったお店で
バタートーストとにぬきのモーニング
食べるのも懐かしいし (´∀`=)

一人でボーっとお茶するのもいいですが
でもやはり、ヒマな時
あの喫茶店へ行ったら誰かいる
ママがいて話聞いてくれる
と、551の豚まん土産に
ワイワイご近所が、集まってくる
お店がいいなぁ〜と (๑>◡<๑)


海辺に遊園地を作りたいウエイター
友情や恋を描いた
イブモンタンが軽やかに給事をしてる
『ギャルソン』って映画思い出しました。


それで!?
モーニングはやはり食べたんですか
(=^▽^)σ


Nちゃんでした


  1. 2018.03.21 (水) 20:21
  2. URL
  3. わがまま、親父
  4. [ edit ]

素敵なエッセイでした。

KUONさん、今日は、

日常のさりげない、でも味わい深い一文でした。

私はKUONさんのお歌も好きだけれどこういう素敵な文章も好き、

私もこんなお洒落で素敵な文章を書きたいけれど、ま、才能の問題でしょうが、ダメですね。

そういえば、昔のフランス映画、なんとなく情緒がありましたね。
  1. 2018.03.22 (木) 01:56
  2. URL
  3. たまき
  4. [ edit ]

なんでかしらん?

ルドルフとイッパイアッテナが浮かびました。

長編を望みます。

  1. 2018.03.22 (木) 10:48
  2. URL
  3. ねこやま
  4. [ edit ]

お祝いが遅くなりました

kuonさん
ご無沙汰しています。怒涛の2月、3月を過ごされ落ち着いたご様子、おめでとうございます。海の見える高層階のお住まいいいなぁ〜ご主人様とゆったりと過ごされますように。
後編、5973楽しみにしています(笑)まさかカレーに紅茶をご注文なんて〜
  1. 2018.03.22 (木) 23:07
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

こんばんは。

パールさん。

まあ。そんなにあつくご所望いただけるなんて。本当は、伊根の舟屋をイメージした恋の物語を、新しい環境で、書き始められたらいいな、と。けっこう強い気持ちで願っておりました。

そこへ行くまでに・・このカフェは実在するのですが、なんだか不思議な女の人に出会ってしまい、・・興味がうずうず湧いて湧いて。もちろん、あるところからは創作方面へ切り替えて行くと思うのですが。

楽しいな~と思いながら、勝手に書いています。
いつまでどう続くかわかりません。でもね。

・ROMさん

高校時代は寮に入っていまして。厳しい寮でした。そこで、卒業の少し前に、何度も同室になって気心知れていた「れいこ」と二人で。私物管理室ってとこで、ひそかにたばこ吸いました。もの書くことを始めていて、物書きは煙草喫わなあかん、と、勝手に決めていました。

子どもがお腹にいた間、母乳をあげていた産後一年ほどは禁煙しました。いま思えば、たばこ臭いお母さんだったんですね私。なんか何とも言えません。たばこやめたのはでも、単に喘息みたいになって、周囲の空気が吸えないことが恐ろしくなって。三日でやめられました。

未だ煙草の楽しみを続けておられるお方には申し訳ないいいようですが、たばこ止めて自由にはなりましたね。ひこーき乗ってどこへも行ける。長編映画も落ち着いてみていられる、エトセテラ。

正直言いますと今も、(最後に吸っていた軽い)セーラムの、一口目のあの、メンソールの香り、極上だったなあと、懐かしいです。


・アルジェリマンさん

(笑)。なんか、ほんま不思議な感じで。

メロンソーダ、頼んでみようか、とか、読ませていただいて本気でふと思い。あの「シモーヌ」なら、メロン色の液体はなんとかしても(夜はカウンター部分でバーになりそうな店)クリームは無い。とか言いそうな。

甘い飲み物はほぼ飲まないですが、ベロが染まりそうな緑色のクリームソーダ、時々、ものすっごく恋しくなります。亡母が、ちょっと寝付いた後などに、クリームソーダとサンドイッチの食べたい人だったのです。

今後書いて行きたい方向のヒントをもらえたようで、嬉しい気分なのですが。モノになるとかならないとか、気にしないで書いていたい、そのうち、現実よりリアルな「ものがたり」になっていって欲しいなあ、と。

・Nちゃん さん

髪、ああやってまた、刈り上げた? 私はもう、二か月も美容院に行かずライオンみたいなジャングルみたいなアタマになっています。明日やっと、予約入れました。

大げさなデザイナーやらディレクターやらのいる小じゃれた(大じゃれ?)美容院でなく、ふつーの店が無いものか、どうも明日行く店は、しゃれていそうで、あまり気が進まず。行ってみますよ、駅に最近なの。イヤなら他、探すわ。と思って。

イブ・モンタンね。シモーヌ・シニョレのハズは、モンタンでしたね。ジャン。ギャバンの「ヘッドライト」の相手役はアルヌール。

ハリウッドの華やかな映画より、ヨーロッパの映画が好きでした。昔は入れ替え制でなかったし、一日中でも映画館にこもっていられました。

いま、案外好きなようにしていられます。とても解放されて。551の豚まんは好き。御座候も好き。

ベランダに来るスズメは、6羽くらいに増えています。恋猫の声が、10階までも響いて来ています。
もしも子猫が生まれて、目があってしまったら、と。もう飼えないのに、と。


・わがまま親父さん

親父さんに「おしゃれ」な文章とか言っていただくと、とても嬉しいです。

いまどきの、明るい、清潔そう、丁寧そう、でもカランカラン。みたいないろんなものが、いやなんですよね。たとえば珈琲飲むにも。言葉遣いも訓練されていてね。コーヒーも実際に美味しかったりね。そういう店あります、でも、なかなか通う気になれないのよね。

若い頃に見たフランスやイタリアの映画はよかった。白黒の小さな画面でも、おっしゃる通り情緒がありました。毎週映画を見に行っていました、時に嘘ついたりもしながら。この記事を書くのに、ネットであれこれ見て。うっとりしている内にも、窓から見える海の色は、刻々と変化して行くのです。

海の近くで暮らす夢は、はからずも叶ったみたいです。


・たまき さん

ルドルフとイッパイアッテナ。なんじゃそれ? でしたよ。

ルドルフって、え、ヒトラーか? とか。そうじゃないやろ、と、ネットで調べて分かりました。

そうだったんですか? 不思議な心地。

今のところは事実そのまま(当然、作り事部分はありますよ、私、境目のわからない人間なので。でも、基本、身近なホントの話、今のところは。

これからは違ってゆくと思います。そうでないとイケナイのです。長編に。なるやろか?。


・ねこやま さん

お久しぶりです、こんにちは。コメントありがとうございました。

いや。お祝いとか、すこうし、違う、いや違いませんか。

脳梗塞を起こして、やはり体にダメージの残った夫が、どうしても続けたいという仕事を続けられるために、強引に決めた引っ越しなのです。はじめは、同居していた娘も怒っていたし、もう奈良へ帰ることはないと思うし、あれこれありましたが、強行した。

と言いつつ。したかった税理士のチェンジも叶いましたし、つまりは共依存状態だった娘とも距離をおくことができました。

そういう意味では、お祝いをしていただいて、ありがとうございます、ですかしら。

ゆったりと老後を、という気分ではさらさらなく、まだしたいこと(しなければならないことも)あります。

カレーに紅茶も、いいですね。(笑)。またいらして下さいね。

 






 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・