FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 今の思い
  2. tb: 0
  3. cm: 23
  4. [ edit ]

春は、来る。

春は来る・・・やろ。

節分の日に、ネットで探して越そうと思った部屋を見に行った。気にいった。

古希を迎える年だがまだ当分仕事をさせてもらいたいと言う夫と二人で、工場の近くへ住まいを移す。高速道路で片道一時間前後。自分の運転ではなくても、朝夕の行き帰りが、脳こうそくを起こした身に「きつい」と言う。それはそうだと思う。

身の周りの処分をこの際、大々的に行う。服も本も大幅に減らす、「婚礼セット」のほとんどはもう使っていない。無理を言っておまけに買ってもらった北海道の民芸家具の整理タンスだけ、マンションへ持って行く。

電話もデスクもテレビも置いて行く。今の家は娘家族が住み続けるのだから、食器や家電類も持ち出さない。いまこれを打っているパソコンは、孫娘が使うとか。

夫と私、和室を使って来たが、爺ちゃんのカラダの都合での引っ越しを告げるとすぐに、娘婿が「おれが下へ来てここ使おうかな」と言った、で、完璧に出てしまうことに、決めた。不要な荷物はすべて処分して。婿さん、二階のいちばん狭い部屋で、文句も言わず暮らしていてくれたのだ。

今月中に移れると思う。

10階に住む。窓から海が見える。

海の見えるところに住むのは、昔むかしからの夢、憧れだった。叶うとは思っていなかった。なんとなくだが、奈良の今の家に、ずっと住んでいるのだろうと感じていた。この家は気に入っていたのだし。去年、たくさん、チューリップの球根も植えた・・・。

夫は、基本的に、アタマだけ無事なら仕事は続けられる。体は、ゆっくりだが充分機敏に自力で動いていられる。工場の中二階にある実験室にも、日に何度も上り下りしている。仕事を絶対に停められない夫の気持ちが、発作直後のリハビリになっていたのだと、勝手に解釈している。医師もそう認めてくれている。

ゆっくりこのまま動いていてくれていればいい、それを願う。

結婚後は私は「家」のことあれこれ「嫁」の立場で大わらわで、夫の方をきちんと見ていなかった。子どもを二人授かって、母親どっぷりでいた。子どもが成人したら孫育てが始まった。夫は、娘を二人とも、それなりの時期に出して(夫さんに頼んで)、と考えていたのだったが、思うように行くことばかりではない。

ああもううもない状態で孫を保育園へ送り迎えする役割りの日々が始まった。

夫と私の五十代は会社のこと親のこと疾風怒濤の期間だった、何もかも失ってすっからかんになった。

身内からさんざんな目に遭い(他人の方が優しいと思い知った・笑)、どうしようもなかったが「親戚付き合い」の重圧からかなり解放され(会社倒産、借金まみれになったことの僥倖)たのは、よかったこと。

仕事も日常も大変だった。大変な中で、自分の仕事を丁寧に考える夫の理解者、大きな救いの手を、いただけたのだった。

娘二人は、結果的に「その家の子ども」として巻き込まれてエラい目に遭い、苦しい思いもさせたが、気持ちがまったくぐれずにいてくれたのは幸いだった。

いま、孫息子は高校生になり、自分のしたいことがはっきり見えているようで、ずっと祖母ちゃんっ子だったが、別れて暮らすことになったのをきちんと受け止めてくれた、だからもう、いい。

孫娘に「ここにいなくなる」と伝えたら、一瞬目がうるんでうつむいた、が、大丈夫だと感じられることを口に出してくれて、この子も、もう、いい。

会おうとすればなんぼでも会える。泊まりに来るならお布団用意しておくと約束した、奈良から電車一本で行ける町への転居だ。甘いばかりの祖母ちゃんは、ほぼ引退で、それで、いい。

私の仕事もまだまだ続く。するべきことは真摯に続けて行こうと思う。

夫の食べるものに心を配り、孫どもの食べ物も、できる範囲で作って持たせてやろうと思う。娘も、夫と同じ場所で週に何日か働いている、終業後は父親を、住まいまで送ってくれるだろう、その時に渡してやりたい。あと二年くらいは、それをしてやりたい。

毎日ではない。祖母ちゃんの未練、執着だとは思うが。それでいい。

海の見えるところで、海を見て暮らす。夢のようだ。本当に、夢のよう。

いっしょけんめい作ったへそくりを使います。

自分の時間はたっぷりと取れるだろう。自分自身の仕上げと思えることを、ゆっくりと、して行きたい。

姑のこともちゃんとできる。これは最後まで、させてもらう。

郵便局も病院も近くにある。介護付きのホームまで近くにある。

胸が、静かに、わくわくしています。

立春の朝、定まったこと。

・・・春は、来る。





スポンサーサイト


  1. 2018.02.06 (火) 16:12
  2. URL
  3. まりん
  4. [ edit ]

どうぞ、これからはご自分のために。あったかい時間を過ごしてくださいませ。
  1. 2018.02.06 (火) 17:54
  2. URL
  3. ドラえもん
  4. [ edit ]

春は、来ます‼︎ KUONさんのもとに必ず来ます♪ ガンバ( ; _ ; )/~~~
  1. 2018.02.06 (火) 18:45
  2. URL
  3. 虎が雨
  4. [ edit ]

ずーっと頑張ってこられたご褒美の
静かな時間なのでしょうね。
そこから、色々な景色を眺めて
ゆっくりお過ごし下さいませ。
今までとはまた違った趣の
新しいお歌も生まれるのかな?
楽しみに待っております。
  1. 2018.02.06 (火) 19:18
  2. URL
  3. えむな
  4. [ edit ]

話題違いますが

やった!たった今速報出ましたね!
マコさんの結婚延期。やったー。
  1. 2018.02.06 (火) 19:18
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

お師匠~!

「眞子さまの結婚に向けた行事を延期 結婚は再来年になる見込み 宮内庁発表」(NHK)
とのニュース速報が。
「見込み・・・」実質的に、無期延期になればいいのですが。
  1. 2018.02.06 (火) 20:03
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018.02.06 (火) 20:55
  2. URL
  3. アルジェリマン
  4. [ edit ]

お引越しは吉

KUON様、お引越し、いいですね!

引越しは片付けの大チャンス。
大好きなものだけ持って、
新しい場所、好きな海、
なんて素敵でしょうか。

好きなカーテン、つけたいな・・・
と、私がワクワクしちゃっています。

  1. 2018.02.06 (火) 21:04
  2. URL
  3. まりりん
  4. [ edit ]

KUON様、良かったですね。
念願の海が見えるお家にお引越し。

春は来る・・・

ですよね。
眞子様も結婚延期です。
2020年に延期って・・・
一応、延期ですが白紙に持って行くと思います。
  1. 2018.02.06 (火) 21:15
  2. URL
  3. ROM
  4. [ edit ]

ほんとうに春ですね。

いいですねーいいお話。晴れ晴れとしていらして。
なんだかこっちが涙ぐんでしまう(笑)

・・・いろいろ、大変でしたね。

月並みなことしか言えないのがもどかしいけれど、なればこそのいい春を迎えられて。

どうぞこれからますますお元気で健やかにお過ごしください。
  1. 2018.02.06 (火) 21:21
  2. URL
  3. たまき
  4. [ edit ]

Kuonさんの春は来るが呼び水

のような、結婚延期の発表が出ました。ひとまず「ほっ」です!

私もいつかは海の見える家に住みたい、が願いです。
  1. 2018.02.06 (火) 22:47
  2. URL
  3. [ edit ]

とても清々しく拝読しました。

 以前、天皇陛下の御製「「夕やみのせまる田に入り稔りたる稲の根本に鎌をあてがふ」につきまして、KUON 様にお伺いした者です。

 その節は、有難うございました。あの時は、ほんの少しだけ期待感を持ったことも思い出します。

 ずっとKUON 様のページを読ませて頂いておりますが、今日は心から嬉しく、書かせて頂きました。

 ポアロ役の、デヴィッド・スーシェがお好きと仰っていらした時、我が意を得たりでした。私もオリエント急行〜の時の彼の渾身の演技と目を忘れることができません。

 どうぞこれからも、鋭さと優しさと逞しさに溢れた KUON 様でいらしてください。

 新しいご生活への乾杯をさせて頂きます。

 そして、眞子様にも新しい人生が開けることをお祈りします。

  1. 2018.02.06 (火) 23:27
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

お師匠、改めまして

先ほどは慌ててしまいまして、失礼しました。

海を眺めながらの二人暮らしの始まりですね。

夫は、仕事へ向き合う気持ちは青年のままで、
妻は、部屋をお気に入りの物たちで満たして、
新婚のお二人のような^^

梅の蕾が膨らみ始めました。
  1. 2018.02.07 (水) 01:49
  2. URL
  3. はるせん
  4. [ edit ]

KUON様の今回の記事を拝見し、芥川賞を取った「おらおらでひどりいぐも」という、小説を思い出しました。
もちろん、KUON様は、ご主人様とのお暮らし、舞台設定は違うのですけれど。

胸にわき上がる、ワクワク(活力)の種類が似ているような気がしました。
新しいお家での読書に是非!

  1. 2018.02.07 (水) 02:04
  2. URL
  3. [ edit ]

おめでとうございます

鼻の奥がツン、となりながら読みました。
春は、、来る。
この言葉、長く忘れないでいたいです。


  1. 2018.02.07 (水) 08:17
  2. URL
  3. 白萩
  4. [ edit ]

おめでとうございます

子育て、孫育てから身軽になられて、ようやくの2人暮らし。素敵ですね。
潮風は健康にも良いと聞いたことがあります。
ご主人とお2人で、どうぞ良い日々をお過ごし下さいませ。
  1. 2018.02.07 (水) 13:40
  2. URL
  3. やさい
  4. [ edit ]

♫もうすぐ春ですね~

とっても寒い日が続いていますが、ほんとにもうすぐ春!
心機一転 ですね。

春になったら、会いましょうね!
  1. 2018.02.07 (水) 13:44
  2. URL
  3. ラム酒
  4. [ edit ]

お題が、とても素敵だったので、
なんだか、励まされる お題だったので、
そしたら、
眞子様の良いニュースも参りました。

kuon様、御家族にとられまして、
新たな生活。おめでとうございます。

うらやましいです。

私も、春なので生活を変えたい。
五十歳の春、少しずつ終活始めます。
寒いけど気が付いたら春でした。


キムコロなのSPどうなるのかな…?
今は、五人付きの日もあるらしいけど…
少しずつ、SPの人数減らすのかな…
これも税金。
結局、この騒動なんやったんやろ。。。。。。。




  1. 2018.02.07 (水) 14:17
  2. URL
  3. まめはな
  4. [ edit ]

門出

なんだか私までほんのり嬉しい気持ちになりました。

ご主人、ご無事で本当によかった…
おふたりの新しい生活のはじまりですね。
10階から眺める海の歌を楽しみにしています。
  1. 2018.02.07 (水) 18:57
  2. URL
  3. Nちゃん
  4. [ edit ]

こんにちは

急な?お引っ越しだったんですね?
でも、周りが便利よさそうで
景色もよく、もしかして海が近いと新鮮なお魚もありですか?

いいなぁ〜窓からの景色
山や海見てると癒やされますよ
うちからは生駒〜金剛です(笑)

新しい地で安くて美味しいお店探してくださいね
旦那さんとも探検に
ウロウロするのも楽しくなるかもです

寒い中、大忙しでお疲れがでませんよう・・・

どこへ行っても食べる事しか考えてない
Nちゃんでした。



  1. 2018.02.09 (金) 12:00
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

みなさま。

へろへろとしたためたわたくしごとに、温かいメッセージをたくさんいただいて。

春は名のみの風の寒さや・・・そんななかにあって、こころ嬉しくあったかく、とにかくゴミをまとめなあかん、と(笑)、奮闘しております。

優しいお気持ちを、本当に、ありがとうございます。



・まりん さん

コメント真っ先にいただいて、胸がドキンとして、ああ、よかった、と。
急に決めたことが、これでよかったのね、と認められたようで、安心して、嬉しかったのでした。ありがとうございました!。
  1. 2018.02.09 (金) 15:54
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・ドラえもんさん

熱のこもった声援、ありがとうございます。

私、自分はボーっとしているのに運がいいのかな、最後は「おーけー」になるのだな、と、ずっと、感じています。

まだわかりませんが、このまま行って、けっこう上等の人生やったなあ、で負われたらサイコ―と思います。まだもう少し、現世のあれこれ、前向いて、行くぞ!。


・虎が雨さん

でへへ。ご褒美、とか言っていただくと、大きい誉め言葉をいただいたようで、きょうしゅくですし、でもでも、嬉しいです。

海の見える窓辺で、落ち着いて、美しい言葉を探したいと願います。十代の頃の夢を、ほんとうのものに出来たら幸せだなあと。励みます。ありがとうございます。

  1. 2018.02.20 (火) 08:50
  2. URL
  3. 普通のおばちゃん
  4. [ edit ]

悪しき予言をする者は

KUON様、皆様、おはようございます。
悪しき予言は100%当たらないそうです。
人の不幸を祈る者は悪魔に魂を売ってしまって、
悪魔のコントロール下にあるそうです。

そしてもちろんKUON様も皆様も受け取る謂れの無い文言ですので、
誰も受け取らなかった呪いは、発した者の元へと返って行きます。

そんな大変な御役目を担って下さって、呪いの言葉を書き連ねるお方に
「御役目御苦労さまです。」と心より感謝申し上げます。

学ばせて下さいましてありがとうございます。
  1. 2018.02.26 (月) 19:35
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

待って待ってと言うてるうちに、2月も残りわずか。

おかげさまでノタノタながらコトは進み、自分でも「うひょ、ええやん」な住処ができました。いささかレトロな感じでまとめてみました。

壁の時計の色までこだわったので、満足です。へそくりきれいに無くなりました。

ここで、どんな日々が流れて行くのやら。おそらく、終の棲家の一歩前。よろこんで暮らしたいと願っています。

暖かいお気持ち、お言葉、ありがとうございました。

一言ずつでも、お返事させて下さい。


・えむな さん。

週刊誌の格好の餌食になっておられます。正直、ここまで、と思います。

・sarahさん

びっくりのニュースでしたね、延期。周囲のあまりにもな甘さと無責任に腹が立ったが、まあ、今はもう腹の立てようすらないです。

私の新生活は、満足です。

・秘密の〇さん。

後でお返事させていただきますね。コメント欄が、基地の外のヒトもいたりして、めちゃくちゃになってるのです。すみません。

・アルジェリマンさん

けっこう家移りもしてきましたが。今度はきっと、最後の一つ前と思います。好きなものの中で楽しみます。

・まりりん さん

・延期・・普通、こじれるケースでしょうね・・宮内庁の言うように(宮内庁もあほですが)「あの男がKYなのがわるい」か。そんなやつをなぜ、と、思っていますが。

・ROMさん

ありがとうございます。まだ問題は残っていますが、自分の場所と時間は確保できました!。

・たまき さん

延期。今のヒメさんは、尼寺へお預け、とも参りませず。引っ越しは、急に決めて実行してしまいました。無茶しましたが、よかったと思っています。

・青さん

今朝の海は、春の、やさしい青でした。乾杯してくださってありがとうございます、ぐっと干させていただきました。

・はるせん さん

あの方かっこいいですね。おらおらでひとり・・というわけにはまいりませんが。自分流にオラの世界をつくりたいです。

・柊さん

・むかしから・・走るときは、必死で走るわたしでした。転んだことも多々。でも、いつもそれなりにシアワセでした。春は、来ますよね。

・白萩さん

自分の性格が「こわい」と思います、もう、まだ10日ほどで、今の自分の周囲のことしか見ていません。奈良の家が恋しいというでもないのです。自分はそれでラクです(笑)。

・やさい さん

んだんだ。会いましょう。会ってくだせえ。会うぞ(笑)。

・ラム酒さん

確かに身辺整理になったです。でもまだ、余分なものがある、きっと。終活といえども、一日生涯、たのしくいたいです。

・まめはな さん

朝も、昼も、ふと、窓の外の海を見ます。夫もだんだん元気で、おかげさまで仕事に通っています。

・Nちゃん さん

以前から考えてはいましたが、夫の病気がきっかけになりました。大急ぎでしたが、結果オーライで、〇。

・普通のおばちゃん さん

そうなんですか。何度も、招かざる方が来られて。あまり言わないことにしますが。私ビビってる、というほうがいいのか、平気だぴょ~ン、と申し上げていいのか。コメントありがとうございました。

・秘密の〇さん

おおかたは全くおんなおんなしていない住まいになりましたが、トイレマットにローラ アシュレイを。バスルームにカンサイの鳥の絵の(シャガールみたいな)バスタオルを飾って、そのあたりだけ色彩のある風にやってみました。お気に入りの空間になりました。タオル好き(笑)。




 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。