FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. うたのおべんきょ。
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

一月のおべんきょ 一



なかなか進みませんが、ていねいに、一緒に、学ばせていただきたいと考えています。

よろしければお付き合いくださいね。

この色が作品です。この色は詠み人さんの付記や添え書き。この色がKUONの意見、感想、お直し部分です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   おてもやん さん
  
◯今年こそ短歌ノートを作ろうと小学こくご十マス選ぶ

↑悩みましたが、これも「うた」扱いでお願いします。リーダー線のある10マスノートは、たてに20文字書けるので、五七五、改行して七七、うたの文字数にちょうどよく、手書きペン字の練習にもなります。

◯あずき炊く北側にある台所昼になっても吐く息白い

〇蓋を開け湯気のま下のあずき風呂餅を温めぜんざいできる

◯年賀状宛先不明の束にある家を移りし被災地の友

◯我が家では庭の雪には目もくれず犬はソファで丸くなるなり

ぜんざいのうた追記しました。
漢字とか ひらがなとかで 悩みます
書くと 読むとで かんじがちがう


一首目は、まとまっている以上のすてきな出来と思います。北側の、の具体的な表現がいい。宛先不明の賀状の切なさ。年とった愛犬は、ソファでぬくぬく丸く。ぜんざいの一首、苦心の果てのお作なのでしょうね。

漢字とひらがなの使い分けは永遠のテーマ。目に見える文字のイメージが違うから。一般的には、ひらがなは柔らかい優しい感じに見えますね。でも、魑魅魍魎、のようなものは、ぜひ漢字でないと。
たくさん読んで書いて、自分のやり方をつかんで行かれたら、と思います。


   まめはな さん  

・冬の海銀杏の枝にひび割れてモザイクの如し波きらめきぬ

・冬の朝日射し次々降りそそぎ洗濯物のなきが残念

一首目。イメージ的にはとても美しいです。ただ、すこし、わかりにくいかも。
銀杏の枝の、向こうに、冬の海があって?  それが、モザイクのようであって? 波が、きらめく?。
きれいな歌ですので、KUONの???だらけはもったいない、よろしければ「これこれこうで」と教えて下さいね。

二首目。これもイメージいいです。お直しするとすれば
「日差し次々降り注ぎ」。ここ。次々、というより、平凡ですが「燦々・さんさん」などとすれば、ずううっと降り続いている風景になります。
「あまねく」という言葉があります。広い範囲にまんべんなく降り注いでいる感じが出ると思います。
結句「残念」は、詠み人の個性が出ていて実感がこもっていて、すてきです。



スポンサーサイト


  1. 2018.01.19 (金) 16:10
  2. URL
  3. まめはな
  4. [ edit ]

KUONさま、添削ありがとうございます。

やはり、伝わりにくかったですか…

・冬の海銀杏の枝にひび割れてモザイクの如し波きらめきぬ

遠景の冬の海を、近くの銀杏の枝越しに見ると、枝がモザイクのひびのように海を区切っていて、海がモザイク画のように見え、その海の波が日の光に輝いている情景を詠みました。


・冬の朝日射しさんさん降りそそぎ洗濯物のなきが残念

さんさんは、ずっと降り続くという意味なのですね。

ありがとうございました!

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。