FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

未明には、月蝕が見られるとか。

こんばんは、えまさん。
遠くは、みやこ蝶々さん、なんて方が〔古!)、したり顔でうん、うん、うなずきながら「・・・と思うあんたの心が宝や」なんぞと、悩める女性に向かってのたまっているのを、むむむ・・・と、うっとおしく聞いているわたくしでございました。母が、蝶々さんは正しいことを言やあす、と、口を引き結んでうなずくのを、横向いて、ドホオ、なんて、聞いていた。

12歳で離れた母と、晩年の十年ほどを、一緒に暮らしました。
母を、好きだったのかそうでなかったのか、わかりません。
現実に、年齢的にも体力的にも、母の方が弱くなっていたので、家事など助けてくれることに感謝し、なんとか、若い頃の苦労が少しでも報われる感じに、のんびり、ゆっくり、生活を楽しんでくれるといいなと、考えていました。苦労するのが似合わなくてかわいそうな、無垢な人ではあったのです。
最後まで一緒にいたい、との願いは、かないませんでしたが。

自分の母親を好きでなかったなんて信じられない、というタイプの方とは、細かい話をしないようしていたのは、本当だった気がします。親と言うものは、ただただ優しくて、頼りになるものだと信じている人は、私には眩しくて・・・と言うのは偽善ですね、別に、そんな話をすることもないから。

えまさんは、早くから弟さんの母代わり、という立場をあたわってしまって、自身にも課して、早くから大人にならなくてはならなかったのですね。子供でいさせてもらえなかった。
懸命に弟達を庇うしかない娘に向かって「あんたは大人びていてこわい」と仰ったお母さん。忘れられない一言、場面と思います。誰のせいで、と、言いたいところだよね。刺さったまんまの 割れガラス、ですよね。
でも、今のダンナに出会って救われた、と仰るえまさん。
弟たちのお陰でなんとか、ぐれずに(え?そんなこと言うてない?ごめんなさ~い)来れたとおっしゃる、とってもまともなえまさん。
ダンナさんには、可愛くて魅力的な奥さんなのでしょう、弟さんには、かけがいのないお姉ちゃんでしょう。

私も、うちのぢいさんのいる所が、自分のいる場所。ここしか無いと思っています。はい、ぬけぬけと。
会社の倒産騒ぎがあった時、姉は、私のことを思って、だとは思いますが、離婚を勧めてくれました。
私のものだけでも残せる、立て直せる、当分ならうちにいてもいい、とさえ、言ってくれた。ありがたいおことばでしたが、今更、もう、誰に気兼ねするのも真っ平ですわ。
いざとなったらダンナと・と思ってたら、なんとかなって来ました。

えまさん、お酒呑んでダンナにからみましょう。それをさせてくれる人を、大切にしましょう。
弟さんも、弟さんのお子も、おばちゃんのムキな無私な愛を、十分に感じておられると思います。

なんて私は、むかし「ふん」もしくは「へん」と思って横向いてた、人生相談おばさんか。
いいえ、違いますよ。
ジェホの話。
いつかじっくり、愛おしい、せつない、ジェホの話もしたいですね。
先は長いですね。
愛って、ものすごく難しいものなのか、超シンプルなものなのか。解らないですね。
でも確実に「ある」ものですね。

ディランさん、こんばんは。
コメントをありがとうございます。
ゼオライト、使ってくださっていてどうも、どうも!。
最近、ご注文が激減してヒマしています。
あまりマスコミも騒がなくなってるし、微妙に、この状態に、慣れてきておられるのか。
私自身、あまりぎゃーぎゃー言うのもいかがなものかと、中だるみ状態、と言うのでしょうか。
目に見えないものを、怖がり続けるって、根気がいりますね。
独自の調べでは、奈良にも和歌山にも、放射能は忍び寄っています。
「ある」と思うか「あるはずがない」と思うか。無い、方が、絶対ラクです。

10年なんて気の長いことは言わない、10年後の自分なんかわかんないし。何を見ることもなくなってるかわからないし、見えなきゃ無いも同然、ってこともある。
「見る」って、意識することですものね。
目に映っていても、意識していなければ「見ていない」なんだ。

しかし、一年後のことを思うと、ディランさんのお嬢さんのように、あれにもこれにも、ゼオの水を使って下さっているとお聞きするのは、とても嬉しいことです。
お願いして使ってもらうわけにはいかんでしょう?。
ご自分の判断だから。

そこが、ジレンマでもあり、ジレンマだけど、しっかりしていなくてはならんとこだと、ほら、鼻息、荒くなって来ちゃってるの、解ってもらえます?。解るわけないですよ、ねえ、おばかKUON。
自衛に励んで下さるお嬢さんに、お節介おばさんから、よろしくお伝え賜りたく候。








スポンサーサイト





  1. 2011.06.16 (木) 16:33
  2. URL
  3. やさい
  4. [ edit ]

安心した・・

KUONねえさん、細かい事は省きます(笑)

<親と言うものは、ただただ優しくて、頼りになるものだと信じている人は、私には眩しくて・・・>

私だけじゃなかったと、ホッとした(^^;


v-280未明までどしゃ降りの雨が続くらしいから、月蝕、私は見られない・・
ざんねん。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・