FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. うたのおべんきょ。
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

11月22日 おべんきょ前半


今日もマジメに(!)おべんきょさせていただきます。

.・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  白萩 のうた

栗サンマりんご新米さつま芋
秋のキッチン楽しかりけり

今日からは同い年だと我に言う
君の産まれし七五三の日

参詣の帰路で出会いし地の人に
いただく色もあたたかき蜜柑

来し方と行く末を思い煙噴く
山に向かいて君と佇む

ようやく今月は参加できました。
できる限り月に1度、三十一文字に今の思いをうつす楽しさと難しさを味わって参りたいと思います。

参加できるようになって下さり嬉しいです。ぼちぼちでも、欠かさず続けたい、続けていただきたいものです。
わたしが師とお呼びしたお方は

「抒情の泉は汲まねば涸れる」と。継続を勧めておられました。続けているうちに、全く詠めなくなることもあったりするのですが。そこをまた、行く(笑)。

「参詣の帰路で出会いし地の人にいただく色もあたたかき蜜柑」

色さえあたたかな蜜柑。「地の人に」いただいた、と、この「地の」、こういう小さなところに、詩は宿るのですよね。

詠みにくい・・でも詠みたい・・何か秘めたる思いなんぞも、まだまだお詠み下され。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  おてもやん のうた

〇買う物を忘れぬようにメモに書きそれをバッグに入れるの忘れ

〇並木道黄色い落ち葉踏みながら孫とパピヨン繋いで歩く


皆勤のおてもやんさん。

一首目は、かつては若かったけど、のどなたも思わずニンマリ、首をこくこく、のうたですね。

よくわかります。よ~くわかる。で。最後の「入れるの忘れ」。これ、そにままと思うけど、うたの最後としては少し、収まりがよくない気がします。「れ」は。よかったら「る」=「忘る」にすると、締まると思います。もう少し変えて

「買う物を忘れぬようにメモに書きバッグに入れるの忘れてしまう」

とかすると、せっかくメモしたそのメモを忘れてしまった自分の「おバカさん」加減を、しっかり示せますよ。ニヤリ。

2首目。光景は秋らしく、お孫さんと愛犬と一緒で、寒い中にも満たされた気持ちも伝わって、よろしいですね。ただ、「孫とパピヨン繋いで歩く」。厳密に読むと、孫とパピヨン(ここではこのワンコの固有名詞=パピヨン、は生きています)どうつないでいるのかが分かりにくい。大勘違いで読むと、孫と犬をいっしょにして・・繋いで、歩いてる??とかとも。おそらく「孫と、(いっしょに)ワンコを繋いで歩いている」のだとは思いますが、「いささかわかりにくいのです。細かいこと言いますが、もしかして「孫とパピヨンを繋いで」と「を」を入れた方がすんなり行きますかね? お好みですが。



スポンサーサイト





  1. 2017.11.22 (水) 16:27
  2. URL
  3. おてもやん
  4. [ edit ]

ありがとうございます。
あぁ、そうなんですね、おさまりの悪いとこ、「バッグに入れるの忘れてしまう」にすると、正にそれ!マヌケな私ってなります。
〇買う物を忘れぬようにメモに書きバッグに入れるの忘れてしまう

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・