FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. うたのおべんきょ。
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

11月20日 おべんきょ 前半

11月の詠草を、続いて読ませていただきます。

赤い文字が感想と、こうされてもいいのでは?の部分になります。KUONは難儀なタチで、やはりムキになってくらいついているなあと自分で自分をわらう気分でもあります。おうたはもちろん詠まれた方のものですので、めんどくさいこと言うてはるなあ、という部分は、さらりとお流し下さっても、と思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ラピスラズリ のうた

今月も歌の世界にお邪魔させて頂きます

白露に 風の吹きしく 秋の野は
つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける
                         文屋朝康(37番) 『後撰集』秋・308



烈風吹き荒ぶ野分きの様子を玉が飛び散ると詠んだ動きのあるこの歌は好きな一首のひとつです。

  枯れ葉散り 昔は土に 還りしを 今は掃除の 袋の中に

子どもの頃は身近にあった懐かしい物や風景が今はことごとく消え失せて別の国になったような感じさえします。
日々便利になっても少しも嬉しくないし不快なことばかり。
皇室のアラもダダ漏れで何の有り難みもなくなりました。
この先も思いやられます。

下さった一首、このままで完成しておられると思います。強いて何か申し上げるとすれば

「枯葉散り→(それは)昔は土に、とつづいて行くのですね。これをたとえば

散る枯葉 昔は土に、とすんなりと続けて行くやり方もあるのでは、と感じました。枯葉が散った、ということと、散った枯葉が、では、いささか言葉の方向に違いがあるようでもあり。もっともこの一首は「今は掃除の袋の中に」この部分を仰りたかったのだとは、よくわかります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  パール のうた

今月も宜しくお願い致します。

(みんなのうた)楽しみでございます。
このような場を設けてくださり、有難うございます。

☆暖かき光に満ちた霜月の
 遠きあの日は母となりし日

☆恐々と宝のように抱きし子を
 愛しげに見る夫(つま)の横顔

☆同じ事何度も話す義母(はは)見つめ
 遠くて会えぬ実母(はは)を思う日

☆新年のあいさつ欠礼届く頃
 亡き方の歳我が近づく

☆断れぬ雑用の波次々と
 我も言いたし体調の波


寒くなってまいりました。
KUON様、皆様、ご自愛なさってくださいませ。

遠い遥かなものとなったある年に、母となられたのですね。寒い時期ではありましたが、「温かき光に満ちた」と詠んでおられるその霜月は、胸の中で、かけがいのない素晴らしい霜月であることでしょう。

やさしく詠んでおられる中に、私だって「体調の波と言ってみたいわ」と、気持ちそのままに(笑)。私だって言ってみたいわ、みたかったわ(笑)。です。

ひとつ申し上げるとすれば、2首目。

>恐々と宝のように抱きし子を
 愛しげに見る夫(つま)の横顔

内容はよくわかります、初めて父となられたご夫君へのまなざしも温かい。自分は母となった喜びにいるが、夫君の胸内をまで思いやっておられる。

実際は過去の瞬間を詠んだうたですが、「愛しげに見る」と現在形で書いておられる、これは全く問題ないと思います。過去のうたとするなら「愛しげに見し」としてもいいわけですが。「見しですと、昔をしのぶうたになります。

で。「宝のように抱きし子」。宝物そのものですよね、お子は、実際。「抱きし」とは、よくよくあることですが「し」は、過去のことを表現する言葉になるんです。いま、現在抱っこして、なら、ここ「抱ける」=抱く、となさる方法もあります。過去と言っても数秒前だって過去、こわごわと抱いた子、を、いとしげに見る、で、何も間違いは無いです。ただ

「抱ける子」=(いま)抱く子、を、とすると、距離が近くなる、臨場感があるかな、とも細かいことを。


スポンサーサイト





  1. 2017.11.20 (月) 18:35
  2. URL
  3. パール
  4. [ edit ]

有難うございます。

夫を詠みましたおうた、遠い昔のことですので
(愛しげに見た)にする?とは思いましたが
抱きしは考えませんでした。

恐々と宝のように抱ける子を
愛しげに見る夫(つま)の横顔

ベットから見た情景が、より思い出されます。
感謝致します。

  1. 2017.11.20 (月) 23:29
  2. URL
  3. ラピスラズリ
  4. [ edit ]

お師匠さまへ

うたのおべんきょはとてもためになりました。
有難うございました。

近くに古い神社があり時々参道の落ち葉を奉仕の方々が掃き清めていくつもの大きなごみ袋に掻き集められている情景を見たときに浮かんだ感想です。

和歌を学んだこともない素人の素朴な歌ですのにこれなりに完成しているとの思いがけないお言葉を頂き嬉しく思っております。
丁寧に添削して頂き有難うございました。

急に真冬の寒さが襲ってきました。いよいよ冬が始まります。
どうぞ御自愛下さいませ。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・