FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. おそろしいこと。
  2. tb: 0
  3. cm: 9
  4. [ edit ]

ちまちましてね。


園遊会は「美智子さまには相当なご負担」と宮内庁関係者 11/10(金) 7:00配信

「秋口に入った頃から、以前にも増して首に痛みを抱えられているようなのです。
ひどいときには、一歩踏み出されるごとに痛みが響いて、相当おつらいこともあったと聞いています」(宮内庁関係者)

「報じられている2019年3月末の退位となれば、園遊会は今回を除いて残りあと2回。
ですが、昨年秋の園遊会は三笠宮さまの薨去に伴い中止となったこともありましたし、
今後両陛下のご体調によっては出席ができない可能性もあります。

一方、退位後は新たな天皇皇后への配慮から、園遊会のほか
一般参賀などにも両陛下はお姿を見せられないのではないかということも囁かれています。
そうなると、今回が“最後の園遊会”となることもありうるのです」(皇室記者)

f90418fe.jpg

まずは、おまけ。

最新の、この晩秋のK・こむろさん。面変わりしてはります・・・私感です。

巷に降る雨はつべたいですか。

ひゅうっと吹く風は、うなじにふところに、つめたいですか。

まこたんの曰くの「太陽のような笑顔」、安売りしては見せてあげないご決意か。

K・ブーム、来ませんなあ。


今ではアキミチ、とかよばれる始末。呼ばれる方がわるいです、そうですよ。

あのご夫婦がさ来年に退位するとかどうとか、私には関心の無いことです、次代とやらが「即位」して元号が変わるらしいが、もう元号は使わずいようと考えています。仕事上の各種書類なども「平成」で、今は出しておりますが、それは何とかしようと。それはともかくとして。

園遊会って、美智子さんにとってそんなご大層な、こんなにしんどいことなのに出てあげてるのよ、ということなのか。

一歩踏み出すのにも頸に痛みが走るとか。お気の毒ですね。まことに畏れ多いことで。

最新の女性誌のカラーグラビアに(美容院で見ました、最近は買わないのです女性誌)、夫婦で何かに出席して、どこかのお子が花束贈呈の場面。お子さんが、何かを落としてしまった。

こうごうさんは、さっと軽々と屈んでそれを拾ってあげて、と書かれていました。その写真を見ました。

さっと屈んでものを拾う、いつものツートーンカラーの中ヒールで。お達者やなあと思いました。よろけながら天皇である夫君に数段の段差を(今年の初めの皇居の行事などでも)支え てもらった させておられたのと同じお方か。と思った。

もう、あの方についてどうだこうだと書きたくないな、イヤな気分を、読む方々にさせるだけだものな、と、そんな気持ちは大きいのですが、なんだかなあとモヤモヤがありまして。

園遊会のお着物が、白っぽいとは見えましたが(ほぼどうでもいいのですが)、どうもこの季節に、単衣の着物をお召しだったと読んで      「それはないやろ」      と。

1510323101300.jpg

単衣のお着物だとか。

ま、もうええ、知らん知らん、と通り過ぎようとして、

その夜にバレエを観に行かれた、お一人で、と読んで、再び「お達者なのね~」と。

演目が「白毛女」であると。なんやねんそれは。

第二次世界大戦の始まる何年か前の中国の話だったと思います。

河北省のある村の貧農・楊白労には、趙喜児(チャオ・シーアル)という美しい娘がいた。

同じ村の若者・王大春と婚約し、婚礼の日を待っていたが、喜児に目をつけた村の悪徳地主黄世仁によって、喜児は連れ去られ凌辱を受け、結果的にその子供を身ごもってしまう。

王は村を追放される憂き目を見、父親である楊は悲しみのあまり自殺。それでことは済まず、喜児は親の借金のカタに女郎屋に売り飛ばされてしまった。

が、なんとか逃走に成功、山奥に入ってほら穴に住みつき、そこで子供を産む。が、その子を殺めてしまう。ころしてしまったのです。

飢え、悲しみ、絶望にやせ細った喜児の頭髪は、いつかまっ白に変り、村人のあいだに「白毛の仙女」のうわさがひろがった。3

年後の1937年7月には村には侵入してきた日本軍をむかえうつため、八路軍が北上していた。

八路軍の中には、村から追われて八路軍に加わっていたかつての婚約者・大春の姿もあった。

悪徳地主・黄は自分に都合の悪い八路軍の解放運動に対抗して「白毛の仙女」の悪い噂をばらまき、抗日運動を挫こうと策略をした。

そんななか大春は山奥にあるほら穴にいる白髪の女が、なんと喜児であったことを知る。

喜児からさまざまな事実を聞いた王は、軍を村に進めて黄を打倒した。喜児と王大春は結婚し、髪も黒さが蘇ったという。


ざっくり言えばこういうストーリーです。日本の老舗のバレエ団である「松山バレエ」の、当時の団長さんが、1955年にバレエ化された・・日本で作られたバレエです。先日、初演は森下洋子さん、と書いたのは、私のミスだったと思います、お詫びします。

が。外国でも日本国内でも、松山バレエ団では、森下洋子主演で、この演目を踊り続けてこられました。子ども時代から女の子たちの憧れの対象だった(少女雑誌の常連だった)団塊の世代の一人である森下さんは、バレエ団の後継ぎ、一人息子だった清水哲太郎さん・・だったと思う・・と結婚、夫婦で踊っておられる時期もありました。

お子さんは無しです。子を産もうと思えば、一年間はそちらに取られます。団にとって森下洋子さんは、代替の無いプリマ・バレリーナ、舞台から離れることなく来られました、ずっと。

後継者の無いバレエ団、と、云わせてもらっていいでしょうか。次代は育っていないように聞きます。プリマが大きすぎる、と言えば失礼なのか・・哲太郎さんも、バレエを教えることで生計を立てる、というタイプの方では無かったような。

あーちすと ですね。生活のことなど考えるのはアーチストではない・・? 競い合うのはバレエではない、といった世界観でも,おられたような。

森下洋子は、実際、勲章をもらったりの特別な存在になっておられます。が。

大パトロンだった東電が、あの大震災後は難しくなったとも聞いています。ゲージツにはゲンジツにおカネが必要なんですけどね。

娘にバレエを習わせようとする各家庭の感性、感覚も、徐々に変化して来ているでしょうし・・チケットを売るノルマ、などというコトにもシビアになっているとも聞きます。K カンパニーの、現代で日本でお金のとれるバレエ団と云われるそこの、あの熊川 哲也だって、随分アイソがいい。団員さん方のために笑っている時もあると思う、当たり前か、大変ですね、なのか。いいとかよくない、とかでなく。

熊川さんは、性格が明るそうでいいなあと思います。老舗バレエ団の御曹司は・・ううん、どうでしたかしらん。げーじつ。むむむ。メディァをうまくつかめるか「げーじつ」を通すか、など、それはそれぞれとは思いますが。

森下洋子さんは「芸術家」なのでしょうね、ずっと。孤高の存在なのだとも思います。そうだからこその、独特の美学を備えているバレエ団なのかも・・いや、勝手な感想をダダ漏れにして、ごめんなさい。


バレエ団についてはいいかげんなことを言えません、独自の存在でいらっしゃる。だからとうといとも言える、おそらく。

ただ、こうごうさんが見た、という「作品」について、

シンプルに考えて、あの、風は左に向いて吹いていた時代に。一世を風靡するがごとき(自虐史観、なんてコトバを、まだ、フツーの日本人が意識しなかった時代、それどころか「ちゅうごくさんごめんなさい」みたいな空気が、訳知らず存在していた、そんな頃に、踊られていたバレエ、だと、改めて考えてみれば。

言いたいことがズバンと言えなくてむずむずしていますが。

日本の皇后が、昼間は国民の相手をして差し上げた(こういう風に受け取れてしまう、その破壊力)、その夜の部に。

わあざわざ、観に行くような演目ではなかろうに。

と、けっこう強く感じたのでした。

レフトな感受性の美智子さんは、こういったことに、何の違和感も無い・・・どころか、日本は悪かったんだわよ、つまりそうだったのよ、謝ったって足りないのよ、とか、旗降って歩いておられるという、ね。

と。まとまりのない記事になりました。

園遊会にもあと二回?

退位後に住む「東宮御所」改修の間、空いていたどこやら宮邸に一時、住まわれる。とか。

東宮御所って、東宮が住むところだよね、など、訳の分からないことがいっぱい。

隠居されるのだから、不要なおカネをかけないで、静かに、ちまちま。ここでこそ、そのごとくあって頂きたい。

隠居さんって、離れの間に、静かにいるものだと思います、お楽しみは少しくらいはあって。

コーシツ菌で胃潰瘍七つくらい、発生しそうです。勝手にさせているのではありますが。


スポンサーサイト





  1. 2017.11.13 (月) 19:16
  2. URL
  3. [ edit ]

そらきた。

分かりやすぅーーー(笑)。「そらきた」ですわ(笑)
『やっべ、満身創痍の設定忘れてた、チッ』とは仰いませんでしょうが(笑)
似たようなものでございましょ?
ご自分でもどこかでわかっておいでなのでしょ。
トラウマがありますものね、オオウチタダスの。あら、ごめんあそばせ。


まあ何にしろ「超敏感」なんでしょうねえ。
或いはクレバーだけどワイズではない証拠。
あの方からはどこか「小心」なものを感じます。
セーシンではございません。ショーシンです。
ごめんあそばせ。

「小心」だから浅い穴ふさぎをしようとする。
したつもりになっている。
それが通じなくなった今日このごろ。

丘の上の着物姿・・・本物の画像だとするならばですが。
口にしとうはないお姿が透けて見えました。
あけっぴろげに大統領に抱きついたヒトの方が
「明るさ」が見えただけ(イイなんて絶対に思っていませんが)、
まだ救いがあるような。。

もう見たくない、感じたくない。何も言わんとこ・・そうも思いましたが、
物言わぬは腹ふくるる・・で健康に良くありません。

KUON様、吐き出させて下さり感謝しております。
そして、年を迎え撃つ身として。良い反面教師のお姿を、
丘の上から見せて下さったと思うことにします。

末筆ながら。私の拙いコメントにお返事を下さって。
あんなにしっかりと、ありがとうございます。
とても嬉しく拝読いたしました。
直ぐにもお返事したい!そう思いましたけれども、
それもまたまたご負担を生むかもと。
なので流れに任せて、にさせて下さいませ。

寒くなって参りました。
KUON様、皆さま、暖かくしてどうぞご自愛下さい。




  1. 2017.11.13 (月) 22:56
  2. URL
  3. アイリス@
  4. [ edit ]

ご無沙汰しています

こんばんは。
最近コメントしていませんが
いつも、一日の始まりには真っ先に
拝見している、
kuon様のブログです。

本当に、
ニュースを見るのが嫌になりました。

ミテコさんに関しては
色々思うところがあります。

まず、数年前の80歳の誕生日、

何故にあれほど数多く祝典を開いたのか?

私思うに
多分複数のミテコサマ
それぞれに必要だったから。

何故にあの様に天皇にひっつくのか?
多分、複数のミテコサマが
毎日日替わりでお供されるのでしょうが

自分が、一番!と
周りにアピールしているのでは
ないでしょうかしらん、、?
それぞれミッチーチームの中で
争いがあると解釈すると
すんなりとわかる様な気がします。

(アテクシの
考えすぎかもしれません。笑)


本当にお顔や髪型、身長が その日によって違う
のですもの、。
ミテコサマ。
まことに
不思議な
ミテコサマです。


  1. 2017.11.13 (月) 23:33
  2. URL
  3. ラム酒
  4. [ edit ]

ひ、単衣の、、、?

そりゃ、ないわー

でも、色合い、風合いとか、
単衣っぽいですね。

もう、季節も関係なし、
それより、
アタクシの感覚が大事なのでしょう。

招待された方達も、単衣の着物に驚かれたでしょうね 。。。

  1. 2017.11.14 (火) 00:07
  2. URL
  3. ラム酒
  4. [ edit ]

先の私のコメントに、付け加えさせて下さいませ。

この季節に単衣とは…と
驚いたのですが、同時に、

「ミチコさん、らしいなぁ」
と思ってしまったのです。

(宮中の慣例を破った喪服の話など、読んだ事がありましたので、、、)
  1. 2017.11.14 (火) 21:18
  2. URL
  3. ラム酒
  4. [ edit ]

キムコロ。
記者会見での西暦。
バレエ。

言いたいこと、書きたいこと、、、有ります。

少しずつですが、書かせて下さいませ。


〜キムコロ ブーム〜 来ませんなぁ〜

そうですね。でも、コレも、ちょっとコワイですね。

なりを潜める…というか、
将来、女性宮家 云々の時の為に、、、

気がついたら、皇居の敷地内に住み着いていたとか…ありえそうで…

今は、あまり目立たない方が得策とか、、、
時が来たら?シレーっと、どこかに収まって居そうな気がするのです。

婚約会見で、眞子さんが、
西暦で応えていたのは、

キムコロが、
「俺達、国際人なんだから〜」
みたいに、そそのかしたのかな…

眞子さんには、
国際人である前に、

秋篠宮両殿下の御長女
内親王様なのだから、、、


森下洋子さん、
バレエ一筋、ある意味、バレエ バカ で
いらっしゃるのかも、、、

誰かに、利用?洗脳?
気になりました。


kuon様の「レフトな感覚」の表現がなんともグッドです。








  1. 2017.11.16 (木) 02:09
  2. URL
  3. はるせん
  4. [ edit ]

私も「レフトな感受性」が、ツボでした!
  1. 2017.11.16 (木) 11:30
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

今日はとても寒い日です。

両ヘーカは屋久島へ行かれたとか。大金つこて何しに行ったやら。観光です。とか、きっぱりお答えくださいね、いっそ。雨の多いところですが、もう当分雨は要らん・・

・柊さん

敏感、小心、うぬぼれや・・・が、思い上がり屋、独善屋、浪費家エトセテラ・・・夜更かし屋さんになって夜中にインスタントラーメンを所望するとか(これマサコさんのことかとおもっていましたが一代前からの慣習・・まさこさんならラーメンぢゃなくデリ言いつけますね)、昔の週刊誌は今より大胆に書いてました、銃撃されたりしたらビビったのもとうぜんとは言えますか・・でも書いてましたようですね、以下のごとく。


皇居に映画ルームがある、贅沢な改築をする(長男もそれに倣う)女帝さんはは宵っ張りでリンゴやカップラーメンを女官に夜中に所望した(前記、ここです、宮内庁のヒトだったという大内タダス氏の投げた爆弾。

昭和天皇が大事にしてた樹木を切ったやら、服を着替える機会が多いのはしょうがないが(限度越えてますけどね)何から何まで変えるから洗濯とアイロンがけが大変(でもきちんとした下着は省略、きちんとはしていないだけだということ)。

皇太后様に会いに行かないなどとも書かれ、当時女性誌に美智子様、国民の嫁として皇太后様の介護をしてください!」という記事が踊っていたそうです。まあ、変われば変わるあれもこれ。今はこういう風に「よめ」云うたらあかんそうです。

で「週刊誌のバッシングのせい」で失語症になったとも。

ひすてりーで自己愛(のも)強い、と。

他にカラオケ好きで東宮御所に頻繁に出向くのでイヤがられたとか。愛唱歌は「ここに幸あり」、ずっと読んで行って思いつく言葉。

それは

「俗の極み」

これです。

私も、もう行っても仕方がないの境地に達しており、それは楽ではありますが。

積もる思いは吐き出された方がよろしいですわよ。どうぞどうぞ。


・アイリス@さん

ごぶさたでしたね、ちょっとだけ(笑)。ようこそ(笑)。


>まず、数年前の80歳の誕生日、

>何故にあれほど数多く祝典を開いたのか?

あの方は、自分以外の祝宴の嫌いなお方とみています。

常陸宮殿下の祝宴を何か理由をつけて取り止め、以後、忘れてる。

最近おかしかったのは、三笠宮殿下のご逝去の折、さっさと園遊会を中止されたこと。バランス的には中止の必要は無く、自分たちが招く側で、招いて置いて(きっと用意をされていたでしょうに)やりません、で終わらせた。あれは納得できません。私が納得できなくてもどうってことないが(笑)。

一人娘さんの結婚もしょぼかった、自分以外には「皇室は質素を旨とし」なんです。

自分だけには大甘。仰るように複数の「みちこさん」が存在して、それらが

>自分が、一番!と
>周りにアピールしているのでは
>ないでしょうかしらん、、?

ぞっとする状況。でも、一番おえらいミチコサマは、あの目つきでその他をけん制して来たのかな・・人相悪くなって当然ですね、美智子さんと言えども、ちょっとくらいはストレスかかりますよね。ふつうの神経なら・・あ、フツーぢゃないなら・・もご。

アテクシたちの考え過ぎでしょうかしら?。


・ラム酒さん

単衣の着物。

一般のどっかの奥方なら、びっくりして陰口きいて笑って、でいいのかもしれません。

>それより、
>アタクシの感覚が大事なのでしょう。

>招待された方達も、単衣の着物に驚かれたでしょうね 。。。

招待する側の女主人が、こういうことは、つまり、ものすごっく失礼なこと、客への無礼。着物は格がすべてとも言います、思い切りお客さんを侮辱したんだと(気づかなかった云々は一切通らない)いうことです。

いまさらのことでない、二代続けて盛大にやらかし、夫どもも周囲も黙っている世界。

それと・・

「女性宮家」とかいうものは。私には個人的にあり得ないものです。仮定の話も、私には無いです。勝手にやってろ、という感じです。

>眞子さんには、
>国際人である前に、

>秋篠宮両殿下の御長女
>内親王様なのだから、、、

このお気持ちはよくわかります。でも、しょせん、結婚なさるまでのこと。あれと本当に結婚するなら、もう私には無縁の方となります。お幸せは、本気で願う気はあります。きついことを書いていますが、嘘でないので。みな、もっと怒られないのが個人的に不思議です。

森下洋子さん。

バレエバカでいらして、だからあの方なのだと思う。バカでないと貫けない世界がありますよね。書けば長くなりますので・・・


・はるせん さん

ツボ? 笑って下さった? わあい、ありがとうございます。あの方は、どうやら皇后さんらしいですが、濃縮されてここまで来た極・レフトな方ですね。




  1. 2017.11.17 (金) 02:18
  2. URL
  3. ラム酒
  4. [ edit ]

そうですね。

女性宮家は要りません!
あり得ません!

でも、美智子さんが、いろいろ画策していそうで、

識者??を取り込んでいそうで心配です。

「愛子の女性天皇の前に、先ずは、女性宮家をつくって、、、」とか、、、

記事中の着物姿のミテコさんの顔、よく見ると、なんだか、何か、憑いていそうです。邪気を感じます。


  1. 2017.11.20 (月) 10:13
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・ラム酒さん

かつては存在しなかった「女性宮家」とかいう言葉、実態は、私には無縁のものです。無縁ですから、誰が画策していようが無関係ですし、心配のしようもありません。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・