FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 今の思い
  2. tb: 0
  3. cm: 11
  4. [ edit ]

昨日は秋の園遊会でした。

秋の園遊会が催されたようです。今までああやこうやと書いて来ましたので、少しだけ。。

1510231271053.jpg

いいお天気でした。皇族の女性方は和服姿。雅子妃とやらも和服着ておられました。今年は

「体調を考慮して途中退席」

b01c68c8.jpg

と、きっぱり発表されていて(正確にそう報じたメディアは少なかったですが)、案内役がちょろちょろと皇族にお尻向けたり招待客にお尻向けたりしないで済みましたし、あの方も「お客様用の肉を大量に かっぱらった 持ち帰った」など云われずに済んだと思われ、まずはメデタシ。  か?。食べたかったかな、ぢつは。

眞子さまも皆さまと進んで話しておられたようです。

b5f56f08.jpg



どうしても私は奇妙な感じを否めません。

昨日などはあの方は、筆頭宮家の内親王さんで。日本の善男善女たちは、そのようなお方にお会いできて嬉しい、よかった、との感慨をお持ちだったと思われる。

あの男と、来年、結婚されたらば、と、ふつうに考えてしまうのです。

天皇が主催する園遊会に招かれるような方々は、いろんな分野で頑張った、努力を重ねられた、実際に結果を出して来られた方々です。

眞子さんと結婚するつもりらしいあの男性は、将来のことはわかりませんが(と、しておきます)今は、何も示せないひと。

眞子さんを守ってさしあげられる、男としての何をも、今は持っていない(としか見えない)猛烈チャラ男君。その男を夫にした眞子さんは、では、何をお持ちでしょうか。あれと並んで、どんな風に、例えば皇居の園遊会にお招きにあずかられるような方々の前に、まっすぐお立ちになられるでしょうか。

Kのことは、おそらく何かの予定? 思惑? があって、もしかして外れて?。

わたしは民の一人でしかありませんが、降嫁をなさるという内親王さんには、文字通り、そうあって頂きたいと考えています。

特別な立場にあることによって得られるもの、こと。それをわきまえないでの自由。好きになったのなら(好きになったのだとして)仕方がない、以前も書きましたが水かけて引っ張って引き離すこともできようまい、なら、そういったやり方を、と、願ったりしました。

だけを生きるよすがに、自分たちで頑張ってそれを守って行く、というなら、違って来るものもあると思います。ええとこ取りはあきませんのです。

ま。無理と思いますが。

双方、ちがう意味で。

先日、気難しいことを言うようやけど、と前置きして、けして気難しだけではない、よくよくものの分かっておられる方、と、私は感じている(でも強いてそばに寄りたくはない(笑)八十路の大奥さんが仰ったこと、いつものようでなく感情をそれなりに露わに、吐き捨てられるように口から出されたことば。

「(皇太子のお相手が見つからなかったころは)ミチコさんの親戚にならんなんような、そこまで落ちぶれとうはないなあ、思うてたもんやけどなあ」

この後の言葉は控えさせていただきますが。

眞子さんが笑ったり微笑んだりしておられるのを見ると、何とも言えない気分になるのは、ミジンコKUONのお節介、傲慢、そんなことになるのでしょうか。でも。

嫁いで、実家を頼ってはならないお方なのですし。


1509547506879.jpg

おまけと申してはナンですが。

今上陛下のsignにてあらせられます。平成二十九年十一月一日。ほんこないだの、天皇のご署名です。


スポンサーサイト





  1. 2017.11.10 (金) 14:51
  2. URL
  3. ichika
  4. [ edit ]

うーん

何歳頃のご署かは存じませんが、あまりお上手では。。。

溥儀さん、溥傑さんのお手は、さすが大清帝国皇帝、皇弟と

身が震えるような感動を覚える事もありますが、

なんかなー。

私より下手糞じゃ情けなくって税金払いたくないわ。

兵隊さんがお気の毒、戦没された方がお気の毒すぎて

涙ちょちょぎれるわ。

こんなの庇って処刑された戦犯呼ばわりされる方々は

ほんっと死にきれないよね。
  1. 2017.11.10 (金) 18:00
  2. URL
  3. [ edit ]

うーん

報道を全部見た訳ではないのですが、
眞子様の所作に違和感があるのは私だけでしょうか?
こんな事書くと、ヤレ「偽物説」だとか埒外な意見を
呼び込み兼ねないのですが。
そうではないですから先に申し上げておきますね。

他人の身体に付いているもの、装飾だろうがメダルだろうが、
およそ他人の身体とほぼ一体のものを、「自分だけが」触っておられる。
ここに違和感を感じます。
持ち主が首から下げたものを本人が手に取り、お示しする。
それへ手を差し伸べる、添えるとかして会話するのは
無理のない行為と思いますが、
本人が触っていないものを、手に乗せておられる行為は・・・
どこか乱暴なと言うか。
眞子様らしくない他人との「距離感」の崩れと言うか、
何かそのような感じを受けます。
アテクシの感じすぎでしたでしょうか。

美智子さんの親戚になることは「そこまで落ちぶれる」と言う
感覚を持つ方が、お近くにいらっしゃるのですね。
それこそ日本が戦後に一気に「なかったこと」にした
階層辺りの方なのでしょうか。

何がイヤかって。園遊会一つキチンとこなせないヒトが、
しゃあしゃあとしていること。
「申し訳ございません」と言う態度、謙虚さが見えぬこと。
「体調に考慮して」て何だよ(怒)
そこまでせないかん病気なら立后辞めれ。

この最も日本人らしくない感覚のヒトの事を
褒めそやすマスコミも日本人ではないですね。
ハッキリ言って北のおん方と取り巻きの感覚です。
いちばん、日本に要らんもんです。

てゆうか一度、ネクタイだかお皿だかをガクガクさせて
「これで国民が納得してると本当に思ってるか?」
って聞いてみたいです。
  1. 2017.11.10 (金) 21:13
  2. URL
  3. マーガレット
  4. [ edit ]

柊さまと同じことを思いました

眞子さまが招待客の首にかかったメダルを手に取っている写真をみて、私も違和感を覚えました。その違和感を言葉にすると、「思い上がりも甚だしい」、でしょうか。この行為って、自分よりもものすごく身分の低い人、もしくは小さな子供に対してする行為ですよね。

今回の眞子さま、何かがつがつした感じを受けました。もしかして、女性宮家を意識している? 
  1. 2017.11.11 (土) 00:28
  2. URL
  3. ラム酒
  4. [ edit ]

私も、眞子様の所作に違和感が。。。

画像、映像は一瞬の動きを切り取られ、
貼り付けられて〜のものだけど、、、
やっぱり違和感。

眞子さん、どうしちゃったの…??

  1. 2017.11.11 (土) 00:54
  2. URL
  3. 春日野
  4. [ edit ]

この写真がとても気になります。

http://www.asahi.com/articles/photo/AS20171109004636.html

振袖、どうかなさいましたか???彬子さまに何やら気を遣われているようですが・・・

ヘコヘコとやたらとうなずき、金メダルを軽々しくベタベタと触るなど、ずいぶんと庶民的なお嬢さんにおなりですね。

コーゴーさんとやらは夜にバレエ鑑賞したそうです。
それも日中国交正常化45周年記念「白毛女」。
え?何これ?笑うところ???

ちなみに、信子様は今オランダ訪問中とのこと。
海外に行けるほどとってもお元気になられて、でもなぜかちょっと気になるのはワタシの感じ過ぎでしょうね。

宮中は魑魅魍魎の館、あ~コワイ、コワイ・・・
  1. 2017.11.11 (土) 08:59
  2. URL
  3. アルジェリマン
  4. [ edit ]

>KUON様、
きれいな着物で、みなさんきれいなはずなのに、
どーしたことか、おぞましいです。

あの姫君は進んで身を落としめるような表情や所作で。
ここまで軽々しく、下品だとは。

今までもこうしたシーンはあったけれど、
マスコミの好意?で伏せられていたのかもと思いました。

柊さんの文章がところどころミテコおちょくり風で、
みなさまがたのコメントにも、無念残念怒りが感じられ、
大いに同意しながら深い絶望に沈んだ園遊会の画像でした。

それになんやねん、このヘタクソ署名は!
抗議の意味でわざとヘタクソに書いたのでしょうか?
そんなに自民党政権が嫌い?
・・・なんてね。

  1. 2017.11.11 (土) 10:25
  2. URL
  3. つつじ
  4. [ edit ]

薄い

前回やその前よりも園遊会の注目度は下がっている印象です。トランプさんの来日もありましたし。

どんどん薄っぺらになっていくのですね。
どこかでマタ子妃はお別れを告げるために回っていると見たのですが、もう普通に歩くことすら困難なのではないかと。
眞子さんも、あと1年近くただダラダラと過ごすのか?弟君の立場を考えるならそもそもあんな婚約はしないでしょう。
平安の嵯峨天皇の孫の皇女という、以前のドラマのエピソードを見ていわゆる眞子さんの噂されている末路とのリンクに身震いしました。

それもこれもミテ子さんを入れた結果のこと。
馴れなれしい、下品な所作に皆落としめられていく。安い皇族になってしまった。嘆いている方は少なくないでしょうね。
  1. 2017.11.11 (土) 11:12
  2. URL
  3. 白萩
  4. [ edit ]

久しぶりにコメント致します。

今回の写真を見るにつけ、園遊会はやはり女性皇族の方に和服をお召し頂くのが良いなあと感じます。
眞子様、お袖をどうなさったのでしょう?その後にも袖を少し気になさるような写真がありましたが…。

陛下の署名、ご自身が小学生の頃に書かれたものよりも稚拙ですね。認知症だと文字がうまく書けなくなると聞いたことがありますが、最近式典等での行動を考え合わせますと、よもや、と…。
  1. 2017.11.11 (土) 17:03
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

こんにちは。

・ichikaさん

漢字の国のラストエンペラーと弟君の書跡を、コメントいただいて、どれだけぶりかに見直させていただきました。ご立派ですね。こんな評しかできなくて、どうも。

私は短歌を学んでいましたので、やはり「お習字」もたしなみました。40歳後半からは遠ざかってしまい、今は40肩から60肩まで引き続いて(笑)文字もひどくなってしまっています。ものすごくひどいです。

しかし、楷書から基本的な止め、はね、などは、体に染みついて残るのではないかと感じています。天皇さんはいわば、署名するのが、オシゴトの大きな部分を占める方、とも考えています。お若い頃のお手も残っていますね。そこには基本の形があったような。

書も、うたも、高齢になって、めっきりと衰えられる方、勢いや力は失せてもそれに代わる何かが加わって、枯れながら魅かれるものになって行かれる方・・・おありと思います。

今上陛下は「明仁」とお書きになられるだけ「まだしも」なのか、身に滲みついた遺産だけで書いておられるのか、勝手には描けませんが。控えめに書いておられる

>あまりお上手では。。。

のレベルでは無いと、つい、考えてしまいました(笑)。

字はヘタクソでも(まあ乱暴)天皇としてのオツトメをして下さっていれば、お国と天皇陛下にすべてを捧げた方々に、顔向けもおできになるのでは、と・・・


・柊さん

>眞子様らしくない他人との「距離感」の崩れと言うか、
>何かそのような感じを受けます。
>アテクシの感じすぎでしたでしょうか。

いえいえ、アテクシもそのごとく感じ過ぎてしまいましたことよ。

・・と言いつつ。ブータンへ行かれた時の眞子さんにも、???が点灯しておりました。こんな雑なお嬢ちゃんだったのかな? など。これ言うと、

>こんな事書くと、ヤレ「偽物説」だとか埒外な意見を
>呼び込み兼ねないのですが。
>そうではないですから先に申し上げておきますね。

もの言ってクチビル寒し、になりかねないので難しいのですが・・随分「雑」、その感が大きい。と言いつつ。

わたしそんなに、雑でない眞子さま、を、知っていたのか???ということになります。

実にみごとな「眞子さまの外国でのお姿」に、感嘆したのは事実だったのですが。

・・美智子さんと親戚になるほど落ちぶれていない、落ちぶれたくない、というセリフと、セリフの底の「思い」は、そんなに珍しいものでなくあるように思います。確かに、本人は黙っておられるが実は「・・・の出の方」とかは、古いまちだからか、あります。実は、まででなくても、お家の「旧さ」をひたすら気にかけ続けている方々は、そういう感じ、あるように思います。私は傍から見ているのですが、そういう方々にとっては、美智子さんは

「大した家の大した女じゃない」

の感覚があるようで。町の一区画ぜんぶが自宅の敷地、敷地内を電車が通って、という家で、朝は茶がゆ、昼はトースト、晩ご飯になってようやくご飯を炊いて味噌漬けの魚を焼いたり野菜を煮つけたりの食事になる。しょっちゅう服等新調しない、買う時はババンと買うが、とっかえひっかえしないで、自分は「家」のつなぎ目でしかない、次代に伝えて行くが大事、みたいな生き方している(させられているとも言います)女性には、ミチコさんは異界の女でしょう。わたし、それはよくわかるのです。今ではとても。

旧いが値打ち、という価値観では、昭和以降の皇室のあの・・あくまで私はミジンコ傍観者ですが。ボーっと来ていて、いろんな付き合い、姑の後をあれこれするようになって、少しだけわかったことです。

このたびの縁談は、ってことで「もの言う値打ちも無い」ようなこと。でも言うてはりますが。恐ろしいのは、親から祖父母まで「アカン」になることですね。

わたしはこういう「旧い」から解放されたいと願いましたが、あのお家にどんな選択肢があったのか、無いままなのか・・あんな話許さはって、長女さんだけですまへん、というお題目は、当然、つきますし・・長くなりすみません。



  1. 2017.11.11 (土) 20:03
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

こんばんは。

・マーガレットさん

>今回の眞子さま、何かがつがつした感じを受けました。
>もしかして、女性宮家を意識している?

金メダルを手に、の場面への違和感を、多くの方が持たれたのですね。

サッと手を伸ばして手に取って(左手を添えてはおられますが)、ということは、あの方の胸のあたりに手を伸ばしちゃったのですね。

がつがつした感じ…でしたね。こくこくとせわしない頷きように違和感がありました。まさこはそうしますが、まさこと同じなら「いい」ではないので。

女性宮家。そんな話はあり得ないです。あってはなりません。もしも「そう」なのなら、その方向へ行きながらのことなのなら。根底から考えを改めなければ。ミジンコ、何をでいなくても、イヤだ、とは、考えられます。

女は男で変わる、なんて生臭い話を、こんな風に聞きたくないですよ。でも、あの男が落ち着きのない品の無いオトコだから、そーゆーのって、伝染るのでしょうか。

情けない話。アホな話です。真っ白だと染まり易いとは、昔から言われることではあるが・・情けない。


・ラム酒さん

>眞子さん、どうしちゃったの…??

いやはは、キム菌は強烈なのかも・・・親の云うこと聞かね子は、なまはげにかじられるんだけどな。


・春日野さん

>ヘコヘコとやたらとうなずき、金メダルを軽々しくベタベタと触るなど、ずいぶんと庶民的なお嬢さんにおなりですね。<

ん~。ご存じないかも、ですが。

ボクシングの世界チャンピオンの一人である、井岡選手28歳。父も叔父も(伯父だったか)ボクシングで名を成した人。その世界のサラブレッドと呼ばれて、若い頃から激しい訓練を続けてチャンピオンに。その彼、結婚以来、ホームである大阪でなく、結婚相手が「歌手」さんなので(か)ずっと東京住まい、二人でお洒落して出かけたり。チャンピオンを返上することになり、父親が「モチベーションが足りないなら引退させる」という騒ぎになっています。

十代からボクシングひとすじ。彼女は、大変胸の大きなタイプ、一緒にいてとても楽しくて、練習だけに明け暮れる世界には戻れなくなったのか…井岡くん。

あるんですよね、こういうこと。

眞子さんも、お行儀よく間違えず、だけでない世界を、教えてくれるチャラ君を、見ているだけでキラキラするのかな。

。。楽しくてチャンピオンやめて、どうやって食べて行くつもりか、元チャンプ。私もずっと見て来たけど。チャンプでない井岡くんには、正直、興味ないです。やり切って負けての引退なら話は別。中途半端な今ではアホらしいだけ。

でも、ま、どーぞ、おシアワセに、ですが。

皇室のひめさまとは、まったく違う話ですよ・んん、そうだったかな・・ジャンク・フードって、はまるんですよね、脂にも甘さにも、つまりその。

>コーゴーさんとやらは夜にバレエ鑑賞したそうです。
>それも日中国交正常化45周年記念「白毛女」。
>え?何これ?笑うところ???

ええ、ええ、そうなんですってね。お昼は園遊会、夜はバレエを、ですってね。

後、違う形でご紹介したいですが、このバレエ、確か初演は森下洋子さん。内容がすごいのですよね。

でも、(ここをご紹介したい)こーごーさん、首が痛くて脚を踏み出すさえ大変だと、出ておりますよ。

園遊会はサボれなくても、バレエは無理して行かれなくても。

いや。中国様への忠誠のあかし、バレエ鑑賞の方がきっと、なんですよね。じっとしていると、マグロやカツオみたいに、息がとまってしまうのかしらん。




 
  1. 2017.11.11 (土) 22:43
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・アルジェリマン さん


>あの姫君は進んで身を落としめるような表情や所作で。
ここまで軽々しく、下品だとは。

驚くほど軽々しい感じになられました。民へのサービスのつもりか(皮肉)、カレシさん流を気取っておられるのか。

バカですよ。他でもない内親王さん、ご自分らしいところがつまり値打ちですのに、簡単に「あのさー」みたいな。井戸端会議の〇ちゃんみたいな大仰な表情までつけて。あなた、みっともないですよと、咎めて差し上げられないのかな、聞かれないのかな。

>今までもこうしたシーンはあったけれど、
マスコミの好意?で伏せられていたのかもと思いました。

このご指摘、スルドいと感じました。そうかもしれません、民KUONも、見たいように見ていた、ということかも。

ホントに結婚されるのなら、あと一年、どんな風に過ごされるのか。ビンボくさくなられた内親王さん何ぞ、見たくないですが。清冽なビンボーなら(客観的に言えば)すてき、それなりに。それは、あの男相手では無理ですわ。「清」の文字が、思い切り似合わない男・けーくん。

・・・ヘタクソ署名は、書かれただけマシ、なのかと、私なんぞは思っていやすがね。てえへんだよ。

奈良の平城宮跡にそびえる「大極殿」の中の御署も、なかなか見事にがっくりさせて下さる見ものですぜ。遊んでいる暇があったのなら、おしゅうじ練習なさればよかったのにね。ツマ大事にのみ生きた人生の晩年の大恥か。


・つつじ さん

>どんどん薄っぺらになっていくのですね。

仰せの通りと思います。トランプさんがどんな風にあの夫婦を見たのかなと。リップサービスで

「私の妻はあなた(みてこさん)をリスペクトしている」

と仰ったそうですが。しっかりからかって下さいました。私は今回、メラニア夫人の存在のありかた、すてきと拝見しましたので、出たがりこーごーは、どうにもこうにも。変な色の服着て。みっともない。気付いていないのが恥ずかしい。


>どこかでマタ子妃はお別れを告げるために回っていると見たのですが、
>もう普通に歩くことすら困難なのではないかと。

できればどういうことだったか、知りたく思いました。どうしましょう、すっごく嬉しかったりするのですが(・・・)。

>眞子さんも、あと1年近くただダラダラと過ごすのか?弟君の立場を考えるならそもそもあんな婚約はしないでしょう。

同感です。でも、結局、そういうことは身につかなかった、ということでしょうか。周囲による修正、あるいは矯正(!)もなされないようで。まこと、本人たちの意志ということなら、あれと結婚することが決まっているなら、運転手つきの車でどこやらへお通いになる、など、笑止千万にしか思えず。ではえどうなさればいいか、そんなことは、何をどうすることも出来ない民に、わかろうはずもなく。

女性宮家など、とんでもない話です。納采の儀の使者も不在のようですし、いっそはやいとこ、などとも思う次第です。来年まで待たせる意味が無いのではないかと考えます。花嫁修業なんて、そんな。紀子さんには、お華の稽古に通う写真もおありでしたが。ね。

薄っぺらのぺらぺらになりました。胸にしみるような美しいエピソードもナンも無い。情けないです。


・白萩さん

私も久しぶりに言いたい放題、書きたい放題、こういうお前はどんなんじゃああ、と、口をつままれるような醜態晒しております(自覚あるんですよ)。

>眞子様、お袖をどうなさったのでしょう?その後にも袖を少し気になさるような写真がありましたが…。

三笠宮家の彬子さんが、親身な感じでしたね、見た感じ。彰子さんは着物に慣れておられるし、いい物もお持ちのようですし。島津貴子さんがお召しだった着物も、あそこへ行ったようなのですね。

私にはよくわからないのですが、ふくら雀に結んだ眞子さんの帯の、横から見た時の、雀の羽根(?)の形が、浮いていて、気になったと仰る方がありました。なんだかなあ、という感じです。一般の家の、めったに着物を着ないお嬢ちゃん、の立場でない、皆の、いわば注視の的・・というには、華やかさもあまり感じられなかったですね。


ああああああ。

人さまのこと、いっぱい云うてしまいました。明日は口が8指が)腫れるかなあ。。。などとは、実は思っていません。やるならもっとちゃんとやれよ~~、と、どなたか責任をとれる方の叱咤激励、無いものでしょうか。

きっと、そんなの無いのですよね。堕ちた、落ちた、墜ちてあいまいました、でしょうか・・残念。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・