FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 今の思い
  2. tb: 0
  3. cm: 5
  4. [ edit ]

慎みなのか?

こんにちは。ごぶさたしています。

この一週間ほどの身近な出来事とプチ感想です。今日の話題は身近なことばかりです。その前に。

・・秋篠宮家のご長女・眞子さんは、先日お誕生日だったとのこと、車の中のお姿をチラリと拝見しました。



婚約したばかりの若い女性の、その時期のみにかもしだされる(と思われる)、匂いたつような華やかさを感じませんでした。

親御さんの代から(と云われるように)世情のことには疎く、世間のウワサなどには目も耳も向けずお暮らしになって来られたお方も、自らに向けられている、温かいばかりでない民の視線にいささかはお気づきなのか、気づけば傷つくようなことは、おありにならないのか。

自分のようには人々は、かの男性を「是」と感じ、あの太陽のような笑顔  を受け入れてはくれないのか、などの疑問も、抱いたりはなさらなかったのか、抱いたとすれば、そーゆー諸々も、気にしないでやり過ごす、というほどには、皇族らしいメンタルの持ち主でいらっしゃるのか。

傷つかないようにご自分を保つには、自分でない方の「せいにする」というやり方だって、存在してしまう。おばばさまのごとく「民の声は雑音」として生きられれば、楽ではあるでしょう。

性、極めて善なる方とお見受けします、眞子さんは。それはそうと、今も感じています。

一族の中に蔓延するまっとうでないことや、いとこではない女の子をいとことして微笑みかけたりできる皇族らしさも備えておられることと、その純真さは、あのあたりに於いては矛盾しない、多分。でも、おかしなことですよ。

公人であり続けながら個人の自由、権利を押しだして追及するのは、おそらく傲慢なこと。眞子さんに自覚はおありでないかもしれませんが。無いでは済まないと思いますよ、あの男性と幸せに暮らす予定でおられる世間では、そういうことです。いいとこ取りはできない、ダメなんです。

もしかしてもう、いややっと、来年には夫となるという男の、いろんなことが・・・何と書きましょうか、肌に添わなくなって来られたか。

気付いて来られたか、猛然と、

これ、違う?。違う!。とか。

などと、目の前にかかっていたピンク色の靄が、晴れてでもこられたか。

委縮して、きれいでなくなっている、眞子さん。私感です、突っ込んで来ないで下さいね。

そんなことだって、ある。のですよ。

ある。と、知っている大人は、沢山います。

気付いて改めるに、遅いということは無いと。考えます。

眞子さん。あの男は、どんな方向から見てもふさわしくないと、多くの大人は感じています。

このような思い、声が、単にうるさいわ、迷惑だわ、ということなら、あまりお利口さんでないと思い続けざるを得ません。

慎みなのか?

・・・などと、お節介なことを、考えたりも、しました。



・高校一年生の孫息子がクラブを辞めました。突き飛ばされても日参して最後は顧問の先生が「わかった、これからもしっかりやれよ」と言って下さった。これまでの10数年分を越える怒声罵声をこの半年間に浴びたようですが、怒鳴られてイヤになったとか練習がきつくて辞めたとは思っていません。自分で悩んで舵きりをして決めたんだからいいんだ。次の目標は決めているらしいし。とても明るくなりました。

・鍼治療に通い始めて、肩から腕への痛みとピリピリがマシになってきました。で、こうしてようやくパソコンに向かえています。

・ハムスターの女の子を、突然、迎え入れました。名前は「モカ」。カラダの色から。小さくて可愛いです。触れると温かい。手のひらに乗っておやつを食べています、信頼されています、うちの人間たち。少し手に力を加えたら死んでしまう、儚い生き物。なま物(笑)。力は入れません、ほんわりと持つ。

・姑が電話をかけて来る。「あんたワタシのサイフどこへ隠した」。昨日から無いそうですが、私が行っていたのは三日前までです。一緒に暮らして世話をしてくれている義弟の妻は「ワタシのサイフをいっつも盗む」と言われてしまっている。としを重ねるのは切ないことです。切手たくさん買うてや、と頼まれて、きれいな図柄を選んでたくさん、お渡ししていた。それを使って姑は手紙を書きまくって、相手方のご家族から「迷惑です」と断られたとのこと。人さまに向かって、「見ないふりして処分してやってくれないか」とは頼めないということ。手紙で紅葉狩りに行こうと誘われると、お友達たちは行く行くと興奮されたりで、それが「ご迷惑」になる。切ないことです。

・娘が結婚するという。相手にもお会いしました。紆余曲折経て来て後の落ち着きを感じるひと。無職ではもちろんなく、経歴現況、嘘をつく必要も無さそうな(笑)。共にバツ持ち、このご縁を大切に、しっかり二人で生きて行ってくれればいいと思う。望むのはそれだけ。

・選挙の投票には、早くから行った。今度はダメかな、と感じていた。以前から党では無く個人として立派な政治家だと思って来たが、今もそうだと見ているが、あのKの党なんかに巻き込まれず、無所属で出られたら、敗北は無かっただろうに、と残念に感じた結果でした。

・ボクシングの村田選手。すばらしい試合でした。

前回、奇妙な判定負けをして、しかし「判定は判定」と、いっさい愚痴や何や、口にしませんでした。相手を責めることも無かった。今回の試合は完璧な勝ち。ノックアウト勝利。思いが溢れて泣き顔になった村田選手を見て、もらい泣きしました。オリンピックの金メダリストにして、ミドル級チャンピオン。おめでとうございました。



お返事は今夜ゆっくり。お待ち下さいね
スポンサーサイト





  1. 2017.10.26 (木) 07:26
  2. URL
  3. ワ・タ・シ熟女N
  4. [ edit ]

おはようございます

嫌な事、嬉しい事お忙しそうで
娘さんのおめでたいのは良かったですね!


うちの婆さんそんなにひどくなかったけど
施設に入って、お金お金って言ってました
初めは1000円握らせてたんですが
どうせ施設では 使い道ないし
なんちゃってメモ帳100億円札
1束渡したら、ビックリして手合わせて拝んでました(笑)

認知って分かってても正面から対応してしまうので
家族ほど、疲れや苛立ちが増しますよね
KUONさんにお疲れ様でませんように・・・

ハムスター可愛いでしょう〜
私もリサ、ジャックいなくなって
鳥かハムちゃんか? とも思ったんですが
亡くなるの嫌やなぁ・・・と。

もうなんか最近カラスまで可愛いなぁと思ってしまいます(笑)

  1. 2017.10.26 (木) 19:41
  2. URL
  3. 古希
  4. [ edit ]

お晩でございます。

日が短くなりましたね。
夕暮れが、とても忙しく感じられます。

娘さんのご結婚がお決まりになった由、少し肩の荷がおりますね。
おめでとうございます。
数年前友人の娘さんが、お子さんを連れて戻られてから再婚が決まったことを聞いた折
「〇ちゃん良かったわね、おめでとう」と云う私に、「うん、この前の結婚は予行練習だったから」とさりげなく云う友人に、母親とはこれくらい肝っ玉の据わった心構えで居なければならないものと、思ったことでした。

眞子さん、品位も感じられず哀れです。
どうなるのでしょうね。

10月に入って、友人と従兄を続けて失くしました。
夫々にとても親しく、大変お世話になった方でした。
この歳になると同世代の方が亡くなることには、自分に重ね合わせ悲しさ寂しさをより深く感じるような思いが致します。
孫娘の成人式には綺麗な振袖を用意して、その姿を見るまでは認知症にならず生きていたいと思うのですが
切なさを感じる歳になってしまいました。
  1. 2017.10.27 (金) 16:19
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017.10.28 (土) 23:52
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

お返事遅くなりました。


・ワ・タ・シ熟女Nさん

娘のことは控えめに控えめにカンサツしておりましたが、年末にケッコンするようで。まあ嬉しいかな(笑)。

うちのおかあさまは、1000円札ではあかんのです。精魂込めてつくった100億円札を拝めるお方でもにゃい。一万円札が一番お好き。私だってそうだわ。90歳、いつまで続くかわかりませんが、後味わるい思いするのはイヤなので、好物を捧げ祀っております。割り切ってる。私の気の済むように、それだけ。イヤな奴やわワタシ。(笑)。断ることができなくて、旅行したかったのにね、とか、ぶつくさ言うてる。でも顔見ますとね。ぐうらぐうら。

ハムスターは、悲惨な運命を免れる必要のあったコで。なんとかこの一匹だけは守ってやれるのかな。解ってるのか(笑)、よくなついてくれてます。自分の範囲で全生涯、見届けてやれますしね。可愛いですよ。目を合わせられるしね。猫さんだと、全生涯見られるかどうか自信なくて。入れ込み型の性格、せんでいい悩みを抱えたりしますな。


・古希さん

お晩でございます。

夜が長いです。夜長は嫌いではありませんが、夕方など気忙しいですね。

上の娘は、二十歳そこそこで、自分でなんとか生きて行くと出て行って。家のことで辛い思いもさせたと親は思っているのですが、本人は「え、そうだったの?}とか、本気でヌケたことを言う。幼時にクラシックバレエを始めて以来、踊り一筋、なんとか頑張って来ていますが、親としてはあれこれと思いがあったのは事実でした。

結婚しなければならない、子を持たねばならない、という思いは無かったのです私。いろんな生き方があるのですし・・いわば主治医みたいだった方と結婚すると聞けば、実際、嬉しかったです。体のことは面倒見てもらえるんや、それは安心だし~って(笑)。本音を言えば「食べさせてもくれはるんや~」って。ダンサーなんて、身体的にも経済的にもとても厳しい職業で。それはまこと、そうでした。お会いして、「これは欲しい、それは要らない」。「大切なのはこれ、それはぜんぜん重要でない」の具合が、私にとてもよく似た方で、それが一番うれしいですかしらん。親が出しゃばるトシでもない、二人でじっくり生きて行ってくれれば、と。
そうですね、肩の荷がおりた感じはありますね。もう自立していた娘でも、めったに会わなくても、心配だったりしていましたし。

眞子さんのこと、できるなら祝福させていただきたいと、その気は当然あったのですが、今は全くそんな気持ちになれません。周囲の大人の無責任具合に愕然、という感じです。もっと言えば・・やめておきましょう。私の気持ちが離れただけだということに。

>孫娘の成人式には綺麗な振袖を用意して、その姿を見るまでは認知症にならず生きていたいと思うのですが
>切なさを感じる歳になってしまいました。

孫娘さんに、ぜひ、そうしてさしあげて下さい。若いお嬢さんの振り袖姿って、本当に美しいもの。思い出に残るもの。認知症、それ何のこと、です。

文章を書く習慣は、認知症恐怖症の特効薬とも言えるかも。書いて書いて下さい。おうたも詠まれたらいいと思う・・自分自身に言っているみたいですね、(笑)。 でもホント。


・ヒミツの〇さん

息子さん、おめでとうございます。春になったらもう一度、本気でおめでとうと言わせて下さいね!。しばし保留。

孫息子のことも、貴重な例を挙げて下さり、ありがとうございます。仰って下さる通りです。継続は力なり。それは事実ですが、考え直すことだって真剣ならあっていい。そこからだ、とも、私も思います。シンプルに、

ばあちゃんは、いつだって、本気のキミの味方だよ~~~ん。って感じです。ばばばかだ(笑)。
  1. 2017.10.31 (火) 05:32
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・