FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 今の思い
  2. tb: 0
  3. cm: 8
  4. [ edit ]

放ったらかしにしていた洗剤みたいな

空はきれいだし雲も遠いところに浮かんでいて白くてきれいだし、風の吹き加減もよろしく、まだ色の浅い赤とんぼも、まだ疲れていないパリパリ感のある羽根、きらきらさせて飛んでいて、ええ感じですし。

月もいいです、夜の色が濃くて深くて、月、よいです。

今日。娘の運転で用があってワンコ連れ出して、膝の上に抱っこしていて何ともいえない温かさにジワンと来て肩の凝りもほぐれる思いで、撫で、撫で、しながら話しかけていると、犬は、わかっている目をして、斜めに見上げてくれるのです。この犬は、主に娘ムコの犬ですので、在宅時間の長い私は、日ごろ、この子とは意識的に距離をおいて接しているんです。ヘタすると、私の部屋で仰向けになって(ヘソ天で)イビキかいて寝るのが習慣づきそうで。

それは嬉しいことではありますが、ムコ君は、私なんかよりずっと、この犬を愛しているんです。グダグダ書いておりますが、つまり、日常的にはこの犬を、抱いたり撫でたりはしていない・・・できていないカンケイなのです。笑いかけたり声をかけたりは、機会のある限り、楽しんでおりますが・・・アーモンド色のトイ・プードルです。太らせ過ぎと言われています。

で。

帰りついて抱っこしたまま門を入って放ってやると、タタタと先に行って、よちよちと犬の後をゆく私を振り向き、数歩戻って立ち止まって見上げて。

おいでおいでと言うように、後ろ見ながら先に歩き、ついて行くと立ち止まって、舌を長~くヘッヘと出して笑って(笑うんです、銀蔵)、やっと、ドアの中に走りこんでいました。ここ、玄関まで随分あるような記述になっていますが、そういうことではないのです。私がのろいのです。

玄関へ入ってからも犬は、私を待ち受けるかのように待っていてくれました。

犬が私を待ってくれた。それが、とても嬉しくて、いま思い出すと、犬の優しさが、胸にジンジン来ます。おやつも私はあげないのに。


・・・何か、まとまったことを書きたいのですが。

洗濯用の洗剤の話。

ある時に知った液体のがいいなあと思って使い始め、次に、液体を閉じ込めたような、指でつまんでポイと入れたらいいようなタイプのものを、使うようになっていました。
買い足すときも、ジェルボールを買って、使っていました。

今日、洗濯機の回りを、ちょい大掃除していて、ずいぶん以前まで使っていた粉末の洗剤の箱をみつけました。

よじれて歪んでいるけれど、箱の形のままで、どれくらい放置されていたのやら。

中身の洗剤は、色はそのまま、白いままで、湿気を吸ってまた乾いたのか、さらさらしていないで、頑固な感じに固形化してしまっていて、悪かったな、という気分になりました。

素敵なうたを読んでも、美しい月を眺めても、心が固まってしまっているみたいに、何も書けない。

いっときのこととは思いつつ、放ったらかしておいた洗剤みたいなココロに、なっているんだな、と、感じたのでした。




スポンサーサイト





  1. 2017.10.09 (月) 01:36
  2. URL
  3. らむ酒
  4. [ edit ]

なんだか、心が ホワンとあったかくなる記事でした。

洗剤だから、まだ、使えるけど、

食べ物だったら、食べれなくなってるので、虚しさ残る記事になってたかも、、、

  1. 2017.10.09 (月) 15:29
  2. URL
  3. アルジェリマン
  4. [ edit ]

ひざにワンコ

KUON様、
ひざに抱っこできるワンコ、なんてうらやましいのでしょうか。

ちょっとやってみようかな、うちの20キロの万太郎を。
毎日100回、200回…となでていたら、
ようやく呼んだら顔を見るようになりました.

電子レンジでチンしたら、
心もほどけるといいのに。

  1. 2017.10.10 (火) 13:58
  2. URL
  3. 黒猫アビ
  4. [ edit ]

KUON様

こんにちは。

秋だから・・・?
何だか心が空しくて
そんな時に銀蔵ちゃんとの心がほっかりする記事
読んで春に見送った愛猫との日々を思いだして
おりました。
ありがとうございます。

  1. 2017.10.11 (水) 19:35
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・らむ酒さん

食べものもねえ。魔の上段奥って場所がありまして。

とても背の高い冷蔵庫なのです、幅を細くしたかったらしく。で、迷宮に迷いこんだがごとき1パック残ってた納豆とか、底にわずか残ってしまったチーズの袋とか、縁のめくれあがって色の変わってしまったハムとか・・わたしのだらしなさの被害物たちが、定期的な捜索者たちの手によって陽の目を見る・・・何の話をしているのやら。

なじぇかわたし、KUON,ココロが、もどす前の高野豆腐みたいに渇き果てておりまして。

そのうち元に戻るやろと、庭でぼおっと空を見たり月を眺めたり、しております。

銀蔵の顔も、同じ高さになるように寝転がって、さく越しにふがふが鼻を鳴らしながら「銀ちゃああん、可愛いでしゅね~いい犬でしゅね~、など、甘い言葉をかけまくって・・・かなりヒマな日々なんだと、書いていて気づきました。障子に開いたでっかい穴、ふさがなければと、もう10日ももっとも、見るたび思いつつ(笑)。


・アルジェリマンさん

黒犬万太郎クンは、魅力的なワンコですよね。膝に抱っこは

ううん、難しいですか・・20キロあったらなあ。でも、聞いたことがあります。

大きな犬は可愛いと。わあそうなんだ~、と感じ入った記憶。

もう少し二人{一人とひと犬)の仲が深まって、一緒に横たわって一緒に寝んねとかできたら、いいのではないかしら・・温くてなめらかで、・・・いいだろうなあ。

レンジでチン、は、今日、してみました。ええい食べてしまえ、と、お餅、お醤油、バター連合で。ぬっっちゃりくっちゃりとゆっくり頂いて、口のなかにお餅がいてくれ、後にも余韻が残ってくれ、こんな楽しみもあるよね~、と。

そのうちどこかからほどけて来る気がします。明後日は奈良の町へ出て行って、雑貨買いを愉しんでこよう(笑)。

・黒猫アビさん

大人になってからは主に猫と暮らす日々が多かったので、ムコクンが買って来た銀蔵によって、犬の可愛さを再確認。

家へ来た日、真っ先に私に抱っこさせてくれたのでした。生後二か月ほどの子犬。私の胸におなかぺたっと密着させて抱かれていてくれたのです。銀蔵。

共に暮らして死別した動物たちのことは、忘れられないですね。私も、結婚後さんびき飼った猫たちのこと、今も鮮やかに覚えています。どの子も本当に、本当に、愛おしかった。さんびきとも違う個性で、どの猫も愛おしいです、今も。

  1. 2017.10.12 (木) 10:11
  2. URL
  3. ROM
  4. [ edit ]

先月の朝、突然に愛猫を亡くして以来毎日泣きくれていました。
一歳の、お庭遊びと私と一緒にするお散歩の大好きな、それはそれは愛おしい子でした。
あの子も黒猫でした。

KUON様と黒猫アビ様のお便りに深く慰められています。
ありがとうございます。
  1. 2017.10.12 (木) 22:57
  2. URL
  3. 黒猫アビ
  4. [ edit ]

ROM様

ROM様のコメントを読み
思わず涙がこぼれました。
ROM様の黒猫ちゃんもきっと傍にいて、ROM様を
見守っていると思います。
私も未だに愛猫に見守られていると感じています。

※KUON様
 コメント欄をお借りし失礼いたしました。
  1. 2017.10.13 (金) 09:33
  2. URL
  3. ROM
  4. [ edit ]

黒猫アビ様

やさしいお言葉をありがとうございます。
愛しいものを亡くすというのは辛いものですね。
私もそう信じられるようになりたいです。
ありがとうございました。
  1. 2017.10.13 (金) 10:29
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・ROMさん

・黒猫アビさん

愛するものを失うことは、本当に辛い悲しいことですね。

どこかの犬さん猫さんの話を聞くと、気持ちが判るだけで、うまい言葉が出て来ません。

どこかで、誰かに吐き出せば、すこそ、いっときでも慰むこともあるように思います。

・・私は、気持ちを込めて暮らした対象は、見えなくても傍にいてくれるよね、と、感じています。信じたいだけかも知れませんが。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・