FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 今の思い
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

お願いでごんす。

ごめんなさい

本日休業でごんす。

夏の疲れがどっと出た~みたいです。

ご心配は不要でお願いします。

ワタシのことをキライな人は、内心で何か思うはご自由でしょうが、ここやらあの場所やらへ、要らんこと書かないように。

ということで、お願い申し上げます。

は~~~。だはははは~。


51D9R3Q56AL__SX330_BO1,204,203,200_

この作家さんのお人形が好きです。




スポンサーサイト





  1. 2017.09.28 (木) 02:03
  2. URL
  3. 虎が雨
  4. [ edit ]

お疲れですか?

疲れは寝るに限ります。
ゆっくり休むでごんす。

与勇輝さんのお人形、
私も大好きです☆
最近なかなか本物を見る機会がないので
残念ですが。。。
昔、妖精目当てで見に行った所、
日本髪の少女に釘付けになり
布である事の限界を超えた
芸術…というか命を宿したとしか
思えない作品に声も出ませんでした。

これ、私の昔からの疑問なんですけど
女優の結城美栄子さんの陶芸作品で
幼児のものがけっこうあるのですが
お顔が与勇輝作品に似ていて。
彼女が誰に教えを乞うたのか
この手の顔を作る作家が多いのか
私にはわからないのですが。。。。
女優叩きではなくって何気に以前から
似てるな~と思っていたので
今回ちょっとコメントしちゃいました。
m(__)m



  1. 2017.09.28 (木) 22:10
  2. URL
  3. ワ・タ・シ熟女N
  4. [ edit ]

こんばんは

食欲の秋、Nちゃん肥ゆる秋
大きな三笠饅頭かぶりつきながら仕事してます

人形は四谷シモンとジュサブローしか
見に行ったことがないです

よくこの表情の凹凸をだしはるなぁと感心します
色合いは好きなんですが
でも、どこかみんな淋しそうに見えてくるんです・・・

この、本の表紙見てたら
『この子の七つのお祝いに』ってコワイコワイ映画
思い出しました(笑)


  1. 2017.10.01 (日) 07:05
  2. URL
  3. 千鳥足・ウナ
  4. [ edit ]

おてしょでなんぼ

まどろみて
すぎゆくひとを
おもいせし
あきあかねまう
あきのゆうぐれ

情けがないことに
お醤油の小皿を撤去した回転寿司があったとか
行かないから関係ないですけどね

お早う御座います
おいらは湯豆腐温かい
ごゆるりなど
如何ですか?
あはは。
  1. 2017.10.01 (日) 19:04
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

お返事遅くなりました

・虎が雨さん

私も、与さんのお人形、何度も拝見しました。小店を営んでいた時、与さんとお付き(?)の方々がふらりと入って来て下さったことがあり。お付きさんたちは「話しかけるな」オーラバンバンでしたが(笑)、与さんは穏やかなやさしい方でした。奈良にそごうがあった頃でした。

結城三栄子さんのお人形? 寡聞にして存じ上げなく、検索してみました。今まで知らなかった私の感想ですが、与さんの作品は布ですし、陶製のものとは比べにくいかな・・

お人形って、魅せられてしまう力がありますね。


・ワ・タ・シ熟女Nさん

私も若い頃は四谷シモン、ジュサブロー、でしたよ。四谷シモンの人形には(世界そのものも)憧れました。ジュサブローは大きくて重い作品集を、何冊も持っていました。それが、

与さんの作品に、ふわーっと惹きつけられ。何度もそごうに通いました。

きれいなきれいな世界、そこへ、入り込みたかったのかな。
淋しそうなのがいいんだな~。

思い出されたその映画、覚えています。岩下志麻さん噛んで無かったですか? そっちを連想するNたん、大笑いですよ(笑)。

・千鳥足・ウナさん

真面目にもう一度、書かせてもらいます。

おうたは私には大切なもので、いいかげんに向かえないもので、ですから「みんなのうた」の折にお寄せいただきたいと、お願いしていたのです。

あなたさまにその気は無くても、私、時々本当に腹を立てていることも、もう一度、書かせておいてもらいます。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・