FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 今の思い
  2. tb: 0
  3. cm: 19
  4. [ edit ]

好きだった写真

1504266494887.png
  

好きな写真の一枚でした。



スポンサーサイト





  1. 2017.09.02 (土) 22:20
  2. URL
  3. ツグミ
  4. [ edit ]

明日ですね

こんばんは。
本当に素敵な父娘ですね ♪
眞子様、少し疲れちゃったのかな・・・
明日が来るんですね(;゜0゜)
  1. 2017.09.02 (土) 23:25
  2. URL
  3. パール
  4. [ edit ]

素敵な父と娘ですね。

夜分に失礼いたします。
おうたで、一度コメントさせていただきました、パールでございます。

お二人の愛と慈しみを感じる素敵なお写真です。
ご紹介下さり、ありがとうございます。
わたくしは、屈まれた殿下の背中から、抱きつくようにされた眞子さまとのお写真が、好きでございました。
眞子さま、五歳くらいでいらしたかと。

これ程までに祝福されない結婚をなさるのですね。眞子さま。
本当にお許しになられたのですね。両殿下は。

明日は、終わりの始まりとしか思えません。
メディアのお祝いムードと、国民の失望と。
差が激しすぎる一日になりそうです。

  1. 2017.09.03 (日) 07:43
  2. URL
  3. 美絵理
  4. [ edit ]

お写真、ありがとうございました。
もうかなり前から、テレビは見ていません。
今日も見ません。
  1. 2017.09.03 (日) 08:22
  2. URL
  3. えむな
  4. [ edit ]

今日が来てしまいました

KUONさん、おはようございます。ついに今日が来てしまいました。此の期に及んでなお、神風が吹いて延期にならないかと一縷の望みに縋っています。「ドッキリ」のプラカードを持った人が現れて「なーんちゃって。国民のみなさん、騙してごめんねー。タチの悪い冗談でしたー」なんて言う展開を夢見てしまっています。
  1. 2017.09.03 (日) 10:12
  2. URL
  3. たまき
  4. [ edit ]

今日が来てしまいました

どうしても信じられない。
今でも信じられない。
木室圭氏に、眞子様が惹かれたということが信じられない。
あのすべてお見通しの眼差しが
小室圭氏を選んだということが
どうしても信じられない。
  1. 2017.09.03 (日) 10:39
  2. URL
  3. うーすけ
  4. [ edit ]

複雑な気持ちでこの日を迎えました。

諦めたつもりでもやはり心がざわつきます。

関東に地震が起こるか、某国のミサイルが日本に着弾するような緊急事態が起こらない限り発表は滞りなく行われるのでしょう。
地震もミサイルも絶対に起こって欲しくない事柄です。

おめでたい慶事にそう思うのがこの結婚の間違いなんだと思います。
哀しいことです。
  1. 2017.09.03 (日) 11:22
  2. URL
  3. 黒猫アビ
  4. [ edit ]

KUON様

こんにちは。

青空だった空が曇ってきました。
国民の心を反映しているような気がします。
今週は靖国神社参拝に行ってきます。

※素敵なお写真ありがとうございました。
 
  1. 2017.09.03 (日) 11:28
  2. URL
  3. ROM
  4. [ edit ]

心配ごとふたつ

私は秋篠宮家は大好きでした。けれど、特に個々の誰かに思い入れがあったわけではなく、ただ花橘様の言をお借りすれば、「神の一族」にふさわしい麗しいご一家として拝見していた、という程度なので、皆さまとは温度差があるのかもしれません。

この度のご婚約は、がっかりし、怒りもわきました。
が、眞子様の卒論などでのご見解(思想そのものは自由なので悪いと言う意味ではなく)と今回のご婚約を合わせれば、あーやっぱり・・という感慨しか湧きません。とてもとても残念ですが。

なので、それならば悠仁様は大丈夫なのかと。
むしろ、そういう心配が先に立ってしまうのです。
これが心配事のひとつです。

もうひとつは、これが皇室(「神の一族」)の明らかな終わりの始まりではないのか?ということです。
眞子様は素晴らしい日本が誇れるお姫様でした。
が、それはともかく。
これから先、マスコミが発信する眞子様純愛物語もしくは純愛破たんスキャンダルなどで操作される皇室破壊活動が一層心配になってしまう、という意味で、眞子様、秋篠宮様、これが平成皇室の目的だったのですか?と、鼻白み、喧嘩腰になる自分しかいません。

テレビも多分みないでしょう。
皆様の反応だけで十分わかる気がしますし。

白けることを言って申し訳ございません。

  1. 2017.09.03 (日) 13:21
  2. URL
  3. 乃花
  4. [ edit ]

秋篠宮ご夫妻のコメントが発表されました。
二人の結婚を喜び、楽しみにしている、と。

私は今でも、長男さんではなく秋篠宮様が天皇になられるべきだと思っております。秋篠宮様、紀子さまのこれまでのお働きぶりや、お言葉、お振舞い、どれをとっても長男夫婦とは比較するのも失礼なほど、素晴らしいと思っております。
でも、この結婚を喜んでおられる、この結婚を認めておられる、その点に関しては、秋篠宮ご夫妻の…失礼な言い方ですが…汚点であると思います。

もしかしたら、本音は発表されたコメントの通りではないのかもしれませんが、それでも、娘さんの立場を分かった上で、あのような男性との結婚を喜んでいると率直な表現をもって表明したことは、税を納め皇室を仰ぎ皇室を支える国民の気持ちに、何の配慮もないと感じずにはおれません。

とてもじゃないけれど、私には「喜んで」1億数千万円もの国民の汗と努力の結晶を差し出せる結婚ではありません。
何が悲しくて、一般庶民でも忌避するような男性が天皇家の親族になるのを見せられなければならないのでしょう。
嫌だと思っていても、これはもうどうにもならないのだと諦めるしかない心境の民に、喜んでいる、という言葉をよくぞお選びになったものと思います。

  1. 2017.09.03 (日) 13:27
  2. URL
  3. 白萩
  4. [ edit ]

祝福…

とてもできないです。
梨本宮伊都子様の「日本ももうだめだと考へた」を思い出しました。

KUON様の選ばれたこのお写真、素敵ですね。
何となくですが、眞子様はお父様っ子、佳子様はお母様っ子のような気が致します。
ぱーる様と同じく、眞子様が殿下の後ろから抱きついておられ、その傍で双眼鏡を覗いている佳子様の肩に妃殿下がそっと手を置かれているお写真も大好きです。

と書いている間に、北朝鮮が核実験…。
眞子様、今なら引き返せます。お考え直し下さい。
  1. 2017.09.03 (日) 14:00
  2. URL
  3. 鈴蘭
  4. [ edit ]

北朝鮮が核実験を行ったようです。
婚約内定記者会見、
やめましょうよ。
  1. 2017.09.03 (日) 16:50
  2. URL
  3. さやか
  4. [ edit ]

大海原
君漕ぐ船は小さくて
海図も無しに何処(いずこ)へ流るる

…真の海姫ならば海図など無用の長物でしょうが、水槽からお出になったことの無い人魚姫であれば臣民は心配です。
同乗する水夫の力量はいかに?
  1. 2017.09.03 (日) 17:00
  2. URL
  3. さぶた
  4. [ edit ]

素敵な親子だったのに

北朝鮮、核実験。
小室顔デカ会見。

「日本ももうだめだと考へた。」

頭痛いです。
  1. 2017.09.03 (日) 18:14
  2. URL
  3. らむ種
  4. [ edit ]

秋篠宮家と両陛下(ミテコ)密約を疑う

会見をネットで見ました。

女性宮家への布石かしら。。。

北朝鮮関係で速報のながれる物騒な日。


秋篠宮家と両陛下の密約を疑ってしまうわ。

  1. 2017.09.03 (日) 19:02
  2. URL
  3. [ edit ]

ふらふらと

会見を見たあと…。
足元がふらつくような気持ちでこちらへ来ました。
きっと皆さま、同じような心持ちで、でしょう?

どこかに寄りたい、まっすぐ帰宅したくない。
どこかで「落として帰りたい」サラリーマンの感覚。
(落として帰るなぞ、主のKUON様に失礼な発言申し訳ごさいませんが)

ですが今日のところは、沈黙でおいとまします。。
  1. 2017.09.03 (日) 19:37
  2. URL
  3. ことね
  4. [ edit ]

終わりの始まり・・

さようなら 眞子さん(もう『樣』はつけません。つけたくありません)

日本の大事な巫女姫であった方。

結婚式まではお幸せでしょうね。次の日からは、護ってくれるのは、法律事務所「正規職員」の夫君だけですよ。

決してご実家は頼らないでくださいね。電車に乗って通勤し、お二人揃ってパート勤めの給料をやり繰りし、庶民としてお暮しになるのですよ。
夫婦生活の詳細まで噂され、プライベートまで晒されますよ。
それでも泣きつかないでくださいませ。

25歳まで税金でお育ちになりながら、宮中に襟無しの服で参内するこの年になるまで何一つ確立してこなかったツラの皮の厚さだけがとりえ(?)の素性知らずの男に嫁ぐあなたの責任ですよ。

絶対に悠仁さまには金輪際近づかないでくださいね。
  1. 2017.09.03 (日) 20:33
  2. URL
  3. とんこ
  4. [ edit ]

こんばんは~
コムロなる男、私は気持ち悪くて静止画も動画も見たくありません~
秋篠宮様本当に喜んでいらっしゃるのか?
なぜ眞子さん(私もこう呼びます)あんな職もないショーもない男となにが悲しくて結婚する気になったのか~~?
ホント世も末ですわ!皇室もう終わってますね!
kuonさんのブログで今日の出来事読んでます~

KUONさん、応援しています~
これからもKUONさんのペースで気持ちのままブログ続けてくださいね!

  1. 2017.09.13 (水) 15:56
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

みなさま。同じ思いで過ぎたあの日でしたのか。

ひとことずつでも、お名前を呼んで、と痛烈に願いました。


・ツグミさん

・・見せられた方は、なすすべもなく、もっと疲れたびー・・・。

・パールさん

あの写真、見つけだしておりますが、出す勇気が湧きません。

こんなにも祝福されない・・との思いが、重なり過ぎて。

・美絵里さん

わたし見ました。ブログ主としてのヤらしい根性、つまり多分、そういうことで。祝意はいっさいありませんのに。

・えむな さん

もしそうだったら、ふざけるな~っと怒りながらも、ものすっごくホッとしたのでしょうか。壮大なドッキリに?

・たまき さん

正直に申し上げます。わたし初めから、こうなんだと思っていました。このごとき不条理を。だから黙っていました。自分が間違っているなら、多分、その方がいいんだと。

不条理も世の常です。とか、澄ましていられないんですが。

・うーすけ さん

>おめでたい慶事にそう思うのがこの結婚の間違いなんだと思います。
>哀しいことです。

同感です。哀しい。これも同感。同時に、怒りも。

・黒猫アビさん

いつもありがとうございます。

若い人たちが暴走するのは、ありそうなこと。周囲の大人の存在の意味を考えてしまいます。でも、聞かないのよね・・

・ROMさん

私は、皇族らしい皇族として、うやまって来ました。「神に一族」が、タテマエ抜きの存在に墜ちたなら。ここです。こだわりは。

・乃花さん

おかしなコメントでしたね・・

ホントでないとかなんとか、かまびすしいですが、現実にあれが公式コメントとして出された、という解釈しか無く。

あちらの方にむしろ、大きな落ち込みを感じた気がします。

・白萩さん

どちら方面から考えても、祝福どころではないです。

お父さまを、全幅の信頼と愛情とで見上げていた眞子さん。

見ると、虚しくて悲しくなる写真になってしまいました。

信頼できる相手があれでは・・



  1. 2017.09.13 (水) 21:30
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

遅くなりました、ごめんなさい、せめてひとことずつを。

・鈴蘭さん

国の大事のことを押しのけるように強行された会見、と見えましたが、録画だったとも言われています。「LIVE」の文字を、私は見ていましたが・・

・さやか さん

>水槽からお出になったことの無い人魚姫であれば臣民は心配です。

純であることはあやういこと。まことその通り。

おうたは、よろしければ、明日からお呼び掛けする「みんなのうた」に、ぜひ、ぜひ。

あの水夫は真っ先に自分、逃げますよ。


・らむ種さん

>秋篠宮家と両陛下の密約を疑ってしまうわ。

何があるやら、ですね。女性宮家などなりません。でも、疑問符だらけです。

「酒」さんとは別のお方ですか?

・柊さん

お気を確かに持たれませ。

お気持ちはよくよくわかります、「失礼」などと思いませぬ。女は大地、どんなものも抱え込んで滋養たっぷりの大地になりたい。希望的個人的願望。

・ことね さん

>さようなら眞子さん

このリフレインが、鳴り響いています。手のひら返しなどではありません。悲しんでのリフレインです。そして

>絶対に悠仁さまには金輪際近づかないでくださいね。

こう願うしかないのでもあり。

・とんこ さん

抑えようとしても自制心の追いつかないお相手です。お母さんも。

意地悪言うようですが、いや、止めておこうかな・・あまりにも酷いので、なんとも。

応援ありがとうございます。長く応援して下さっていますね、ありがとうございます。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・