FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. ことばのたのしみ
  2. tb: 0
  3. cm: 11
  4. [ edit ]

ミラボー橋


ミラボー橋

                      ギョ-ム アポリネェル   堀口大學 訳

 
   ミラボー橋の下をセーヌ河が流れ
      われらの恋が流れる
     わたしは思い出す
   悩みのあとには楽しみが来ると

      日も暮れよ、鐘も鳴れ
      月日は流れ、わたしは残る

   手に手をつなぎ顔と顔を向け合おう
       こうしていると 
     われ等の腕の橋の下を
  疲れたまなざしの無窮の時が流れる

      日も暮れよ、鐘も鳴れ
      月日は流れ、わたしは残る

   流れる水のように恋もまた死んでいく
      恋もまた死んでゆく
     生命ばかりが長く
   希望ばかりが大きい
                                    

      日も暮れよ、鐘も鳴れ
      月日は流れ、わたしは残る

   日が去り、月がゆき
       過ぎた時も
     昔の恋も 二度とまた帰って来ない
   ミラボーー橋の下をセーヌ河が流れる
 
      日も暮れよ、鐘も鳴れ
      月日は流れ、わたしは残る

                  詩集「アルコ ール」(1913)
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・. 

 
    ミラボー橋のしたセーヌは流れ
      そしてわたしたちの恋も流れる
     せめて思い出そうか
    悩みのあとには喜びが来ると
 
     夜は来い鐘は鳴れ
     日は過ぎ去ってわたしは残る
 
    手と手をとり向きあって
      こうしていると
     わたしたちの腕の橋のした
    永遠の眼差しのあんなにも疲れた波が通って行く
 
     夜は来い鐘も鳴れ
     日は過ぎ去ってわたしは残る
 
    恋は過ぎ去るこの流れる水のように
      恋は過ぎ去る
     何と人生の歩みはおそく
    何と希望のはげしいことか
 
     夜は来い鐘は鳴れ
     日は過ぎ去ってわたしは残る
 
    日が経ちいくつもの週もまた
      過ぎた時も
     恋ももうもどって来ない
    ミラボー橋のしたセーヌは流れ
 
     夜は来い鐘は鳴れ
     日は過ぎ去ってわたしは残る

                                   飯島耕一 訳
 
               青土社版『アポリネール全集』第一巻




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

若い頃からお酒は吞めず、言葉に酔っ払っていました。

美味しいと思えたら、どんどん吞めたなら、りっぱなアルコホル中毒者になっていたと思います、控えて飲まなかったわけではありませんので。

吞めていたらあったかもしれないこと、吞めなかったからある、今のいろんなこと。

・・・このアポリネールという詩人。ファンの多い画家の、あのマリー・ローランサンの恋人だった時期があり、その恋に破れたあと、書いた詩だということです。

アポリネールは30代後半で死に、ローランサンは70代まで生きた。

     日が去り、月がゆき
               過ぎた時も
           昔の恋も 二度とまた帰って来ない

まことシビれました、こけし顔だった、黒い髪がうるさいほど多かった、かつての私は。

あれこれ経てきた今のわたしも、やはり、いいなあと、ゆる~くシビれます。。
   
ミラボー橋。

スポンサーサイト





  1. 2017.08.29 (火) 16:01
  2. URL
  3. orenge
  4. [ edit ]

大変でしたね

大好きなミラボー橋。
ありがとうございます。
久し振りに目にすると感慨深いものがあります。
とても嬉しいです。

別のことですが大変な思いをされましたね。
よく耐えられました。
これからのご活躍をお祈りいたします。
  1. 2017.08.29 (火) 19:58
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・orengeさん

orengeさんも、この詩。お好きでしたか。

かつて感動し、愛唱した詩やうた、時を経て巡り合うと、何ともいえない感慨がありますよね。

仏蘭西の詩であっても、つまり、日本人の訳詩が(も)とても素晴らしかったのだということを、改めて感じます。

韻をふんだ言葉が、身近に無くなっているとも思い知り・・言葉は移り変わるものだとしても、美しいコトバが欲しいな、と。

今回のこと、ご心配をおかけしました。あの付近にあったのは、美しい言葉でも、思いのこもった言葉でも無かった。真逆のことでした。

呑気な言い方をすれば、残念なこと、悲しいこと。グザグザの世界でした。

私は、詩やうたの言葉に撫でてもらっていました。

まだ過去形でないのかも知れませんが、私の気持ちでは、言葉に救われて行けるなら幸せだと思っています。

ありがとうございました。

  1. 2017.08.29 (火) 21:41
  2. URL
  3. ぼけなす・ウナ
  4. [ edit ]

かえれソレントへ

こんばんは
おいらのか~ちゃんもよく聴いていた
そのころは蓄音機だった

おいらはフランス語は
べれんめ~だと思った。
  1. 2017.08.29 (火) 22:06
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・ぼけなす・ウナ さん

ぼけなす さん(自分でそう名乗っているものね)、ソレントはイタリヤで、帰れソレントはカンツォーネだよん。とか言っても、きっと無駄、多分むだ、それは、それはね、ウナはオトボケが第二の天性だ~か~ら。

ともかく。その歌は、とてもいい歌ですね。私も好きです。

「うるわしの~海~は~   うつつにも夢~む~

きみの声の~ご~と~ わが胸を~うつ~」

と始まって。

「か~あ~え~れよ~  われを~捨つる~な~」

と盛り上がって、帰れソレントへ、帰れよ~、と。

テノールで唄い納める。イタリア人は、そのあたりのお兄ちゃんだって名歌手だと聞いたことがありましたっけ。

か~ちゃんは、母ちゃんですよね? 母ちゃん恋しいのですよね。

母ちゃんも冥府で、ウナさんのこと、可愛い可愛いと、ずっと、思って来られたでしょうね。

蓄音機。懐かしい。

  1. 2017.08.30 (水) 16:18
  2. URL
  3. ROM
  4. [ edit ]

コトバ(音)の感じ

ええ、ええ。ミラボー橋!
その語感の美しさ。
もしかしたら「ゴジバドボ※▼×◇橋」だったら胸キュンしなかったかもw

というのはさておきw

詩は韻をふんだ文語体に胸キュン度があがったものです。
なぜかわからなくても。ただただ。
でもそういうことだったんだなって、今頃思います。
堀口大学派かな、わたしは。

ありがとうございました。
  1. 2017.08.30 (水) 20:31
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・ROMさん

お返事をちゃんと書きたいのですが、今夜は時間が不足しております。

明日、用から戻ってロックアイスがグラスにちりんからん鳴るお茶をごくごく飲んで、はーっと、エアコン効きはじめた部屋でゆっくりしはじめられたら、書かせてもらいたいと考えます。

明日までお待ち下さいね!。
  1. 2017.09.01 (金) 08:24
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・ROMさん

随分お待たせしました(深々~)。

韻について書こうと思いましたら、とんでもなく大変なことと気づき、挫折。いずれ記事の方で、ってことでご容赦いただきたく。

・・の代わり、堀口大學の、やわらかい美しい詩を、一篇。

  夕ぐれの時はよい時  堀口大學

夕ぐれの時はよい時、
かぎりなくやさしいひと時。

それは季節にかかはらぬ、
冬なれば煖炉のかたはら、
夏なれば大樹の木かげ、
それはいつも神秘に満ち、
それはいつも人の心を誘ふ、
それは人の心が、
ときに、しばしば、
静寂を愛することを
知つてゐるもののやうに、
小声にささやき、小声にかたる……

夕ぐれの時はよい時、
かぎりなくやさしいひと時。

若さににほふ人々の為〔た〕めには、
それは愛撫に満ちたひと時、
それはやさしさに溢れたひと時、
それは希望でいつぱいなひと時、
また青春の夢とほく
失ひはてた人々の為めには、
それはやさしい思ひ出のひと時、
それは過ぎ去つた夢の酩酊、
それは今日の心には痛いけれど、
しかも全く忘れかねた
その上〔かみ〕の日のなつかしい移り香〔が〕。

夕ぐれの時はよい時、
かぎりなくやさしいひと時。

夕ぐれのこの憂鬱は何所〔どこ〕から来るのだらうか?
だれもそれを知らぬ!
(おお! だれが何を知つてゐるものか?)
それは夜とともに密度を増し、
人をより強き夢幻へとみちびく……

夕ぐれの時はよい時、
かぎりなくやさしいひと時。

夕ぐれ時、
自然は人に安息をすすめるやうだ。
風は落ち、
ものの響〔ひびき〕は絶え、
人は花の呼吸をきき得るやうな気がする、
今まで風にゆられてゐた草の葉も
たちまちに静まりかへり、
小鳥は翼の間に頭〔かうべ〕をうづめる……

夕ぐれの時はよい時、
かぎりなくやさしいひと時。


  1. 2017.09.01 (金) 18:55
  2. URL
  3. ROM
  4. [ edit ]

KUON様

二度もコメントいただいて、とても得した気分ですw

み・ら・ぼー・ば・し!
この語感にキュンがわかるわかると言っていただくだけでうれしかったコトバの世界のど素人ですのに。

堀口大學という天才訳者がいて、日本は詩の世界が豊かになりましたね。

優しさをありがとうございました。


  1. 2017.09.02 (土) 10:50
  2. URL
  3. たまき
  4. [ edit ]

日が暮れて鐘が鳴る
月日は流れわたしは残る

誰の訳かは存じあげねど、
私にはこれがぴったりくる。
  1. 2017.09.03 (日) 00:59
  2. URL
  3. ツグミ
  4. [ edit ]

水の流れのように愛は過ぎ去る

こんばんは。
若い頃、シャンソン喫茶 銀巴里で金子由香利さんのライブやコンサート会場で切々と歌い上げるミラボー橋を思い出しました。

日が去り 月が行き 過ぎた昔の恋は再びかえらない
ミラボー橋の下をセーヌ河が流れる
日が暮れて 鐘が鳴り 月日は流れ 私は残る ♪

私の心は自由なのに見えない価値に縛られて、ありのままの自分を認めて、自分の出来る事をすれば人生もまた変わっていたのかなと思うけど、幼い頃から落ちこぼれな私には勇気も自信もなかった。
人生が二度あれば・・いやもう今世で十分、来世は人間には二度と生まれたくないですね。
知り合う人間の中にはどなたにも少しずつ『自分のカケラ』があると、未完成で未熟な自分だから欠片の分身があるのだとKUONさんに教えて頂いた言葉を胸に残りの人生は心して生きていきます。

  1. 2017.09.11 (月) 12:28
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

たいへんたいへん遅くなりました。


・ROMさん

私の方こそありがとうございます。

折々に美しい言葉を味わいたいですね。

・たまき さん

私も同じ、おんなじ。上田敏氏と堀口大學氏が、大大好き。


・ツグミさん

銀巴里とか聞くと(読むと)羨ましい。多分そんな年頃、私は、ロックとか変わった芝居とか、そっちへ傾いていました。

>知り合う人間の中にはどなたにも少しずつ『自分のカケラ』があると、未完成で未熟な自分だから欠片の分身があるのだと<

こんなこと言ったんですね、わたし。もうここまで生きて来ました。今の自分を、優しく大切に、すこし甘く、見てあげましょ、ね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・